SWING

地面反力を使おう!お手軽練習器具とドリルの紹介!!

最近のゴルフスイング理論では「地面反力」という言葉がよく出てきます。
「何やら小難しい、新しい理論が出てきたぞ?」と思う方もいるかもしれませんが、スポーツの運動力学において「地面反力」に関する研究は何十年も前から行われていました。
それが最近、ゴルフスイングでも話題になってきているだけで、どちらかというとスポーツの運動力学の中でゴルフは周回遅れである感が否めません。

ではなぜ、ゴルフスイングで「地面反力」が話題になってきているのか、またどうすれば「地面反力」を使えるのかという点について解説していこうと思います!

Yanagi
地面反力を上手に使えるかが飛距離UPのポイント!
怪我に苦しむ私を救ってくれたのは「地面反力」を使ったスイングだった!!
Mr.T

 

科学の進歩でようやく「ゴルフスイング」を解明できるようになってきた!

ゴルフスイングで「地面反力」が話題になってきている一番の理由は、「ようやくゴルフスイングを解析できる」ようになってきたからです。
ゴルフスイングは非常に複雑な動きをするスポーツである事、またクラブやボールの動きが速いことから、容易に分析はできないスポーツでした。

10年程前から「ハイスピードカメラ」や「解析ソフトウェア」の性能が高くなり、ようやく分析できるようになってきたのです。
そして様々な分析を進める中で、ゴルフスイングにおける「地面反力」についても「スイング理論」の中に取り込めるようになったのです。

世界のゴルフ事情でいえば、2014年~2017年の3年間タイガーウッズのコーチを務めていた「クリス・コモ」のメソッドが「地面反力」の重要性が日の目を見たといえます。
怪我に苦しむタイガーウッズのスイングを、「地面反力」という自分以外のパワー(外力)を使えるスイングに変えていったのです。
「クリス・コモ」はその後、米国ゴルフダイジェスト誌が選ぶ、2013~2014年の「ベスト・ヤング・ティーチャー賞」を受賞。2015年以降は米国ゴルフダイジェスト誌の「米国トップ50ティーチャー」に連続して選出されています。

 

 

「地面反力」は誰しもが使っている

陸上で生活している私たちは、必ず「地面反力」を使いながら生活しています。
そして、ゴルフスイングでも必ず「地面反力」を使っています。
むしろ「地面反力」を使わずにスイングする事はほぼ不可能で、意識しているかは別として必ず使っています。
具体的には「地面反力」を「回転運動」に転換してスイングしているのです。

「いや、俺は地面反力なんて使わん!難しいし使わなくても飛んでる!」という方は、ふっかふかのクッションの上でスイングする事を創造してみてください。
歩く事すらままならないくらい、ふっかふかのクッションです。
スイングできる気がしませんよね?

無意識にも地面を踏み込み、その反動(反力)を使って、クラブにエネルギーを伝えているのです。

 

 

「地面反力」の使い方

「地面反力」は体の「回転運動」を加速させるうえで非常に重要な役割を果たしています。

具体的には、ダウンスイングで左足を踏み込むことで左腰辺りを突き抜けるように「地面反力」を発生させます。
「地面反力」は地面から垂直に伸びますので、その上向きの力を使って、身体の回転運動を後押しするのです。
筋力+αの力を使い、ヘッドを加速させます。

細かい説明をするとなれば、専門書1冊を超えるボリュームになるのでここでは割愛しますが、「地面反力」を上手に使うには

  1. 左足を踏み込み
  2. その反動を使って腕を回転させる

という動きが必要になります。

「地面反力」について詳しく勉強したい!という方は、ゴルフスイングの「地面反力」第一人者であるDr.クォンの書籍がオススメです↓↓↓

 

「地面反力」を使えるようになる練習道具

ゴルフはクラブをはじめ、ウェアも高額…もちろん練習道具も高額なものばかり…

しかし!我々には「100円ショップ」という強い味方がいます!!
自称「100均の魔術師」である私が、お手軽にしかも効果的に「地面反力」を使える練習道具をご紹介します!
それはズバリ!!
「ドアストッパー」

もう1度言います!
「ドアストッパー」

これを上手く使うことで、「地面反力」を使いやすい「左足」の使い方が身につきます!

Yanagi
100円ショップは練習道具の宝箱や!!
高い練習器具を買わなくても工夫次第で色々な練習ができるぞ!!
Mr.T

 

 

「ドアストッパー」の使い方

右足外側に置くことで「スウェー」防止グッズとして使ったことがある人もいるかもしれませんが、ここでは左足に使います。
左足つま先にドアストッパーをセットし、左足だけ爪先上がりになる状態を作ります。
この状態でスイング(素振り)すればOK!!

切り替えしでスクワットダウンしながら左を踏み込んだら、ドアストッパーを踏みつけるようにして左足を伸ばしていきます。
この時、身体が左に突っ込んでしまうと「地面反力」が上手く抜けないので注意しましょう!!

左足の角度に任せて足を伸ばすことで左腰が突き上げられるような感覚です。

下半身の動きに連動する形で上半身が加速しながら回り始めます。

 

 

「地面反力」を使うドリル

  1. ドアストッパーを踏み1回素振り
  2. いつも通り1回ショット

これを5回くらい繰り返してみてください。

身体が左に突っ込まないように気をつけ、左サイド(足・腰・肩)が一直線になるような感覚でやや右に傾木ながらインパクト出来れば、「地面反力」を使ってヘッドが走る感覚を少し掴むことができると思います。

練習を始める5分間くらい、取り入れてみてください!!

 

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
クラブを引く押す

YouTube

2022/6/18

ゴルフクラブの正しい引き方とは?!「引く」スイング、「押す」スイングは切り返しからのグリップを見えれば一目瞭然!!タメのあるスイングで脱カット打ち!!飛距離アップ!!!

【概要】 クラブは引いて使うと言うけれど、そのイメージが全く掴めない人、必見です! カット打ちが直らない、タメが作れない人は正しくクラブを引けていないのですが、この「クラブを引く」という動きはどのようなエネルギーをグリップへかけているかと言うことです! クラブを引いて、タメのある力強いスイングに進化しましょう!! 【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:55 クラブの引き方 05:10 クラブの引く方向 06:54 引いて叩くドリル 10:04 クラブの引き方まとめ # ...

ReadMore

タメの作り方

YouTube

2022/6/9

飛距離が伸びる「タメ」の作り方!アマチュアゴルファーが勘違いしているやってはいけない動きとは?!強烈なタメを作る簡単練習方法の紹介!!

【概要】 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの特性を理解しましょう! 「タメ」を作ろうと、一生懸命グリップを引き込む動きも一歩間違えば逆にアーリーリリースとなる動きに繋がります! プロゴルファーは自然と出来ていて、アマチュアゴルファーの多くが勘違いしている「タメ」を作る動きの差を解説しながら、「タメ」を作るドリルを紹介します!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:35 タメ ...

ReadMore

飛距離アップ準備運動

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びる準備運動!!その準備運動で大丈夫?!正しいウォーミングアップで飛距離を最大化!!

【概要】 ゴルフに最適化した準備運動を取り入れることで、その場でドライバーの飛距離を5%程度伸ばすことが可能です! 怪我の防止だけでなく、スイングエラーの改善にも重要な準備運動を覚えれば、練習の質、スイングの質がどんどん上がっていきます!! 自分の能力を最大限発揮して、最長飛距離を更新していきましょう!   https://youtu.be/rRCdDIYURI0   【目次】 00:00 ゴルフ準備運動 01:04 足首準備運動 02:24 骨盤準備運動 02:54 股関節準備運動 ...

ReadMore

テイクバックドリル

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離を伸ばす練習方法はこれ!お手軽トレーニングでシャフトを走らせるテイクバックを覚えよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で1番大切なのはヘッドスピードを上げる事ですが、そのヘッドスピードを上げるためにはシャフトを上手に走らせる事ができるかが勝負の分かれ道です。 テイクバックでシャフトに負荷をかける事がで切れば、切り返しの瞬間に強烈なシナリが発生し、ヘッドが自動的に加速します。 リミッターを解除する練習方法は飛距離アップに即効性があるのでぜひ試してみてください!!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:35 シャフトの使い方 01:50 テイクバックドリル 05:02 ...

ReadMore

脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.