SWING

【超重要】上半身と下半身を分離させるコツ〜ドリル紹介〜

ゴルフスイングにおいて、プロとアマとの決定的な差は「上半身と下半身の分離ができているか」です。

多くのアマチュアゴルファーは、切り替えしで上半身と下半身が連動して動いてしまい、『タメ』を作ることができず飛距離を伸ばすことができません。
切り替えしで、胸の向きと腰の向きの差(Xファクター)が大きければ大きいほど飛距離が伸びるとされていますが、残念ながら自然とその動きが出来る人アマチュアゴルファーはほとんどいません。

強烈なXファクターを生み出し力強いインパクトを実現するにはアスリートと同様の筋力や柔軟性が必要ですので、プロと同じ様に「上半身と下半身を分離」しろとは言いませんが、上半身と下半身が連動して動いてしまうのは治したいところです。

そこで今回は、「上半身と下半身を分離」させるために最低限必要な柔軟性を身に着ける準備運動、「上半身と下半身を分離」がイメージしやすくなるドリルの2つをご紹介します!!

Yanagi
プロのかっこいいスイングに憧れる!!
アマチュアは切り返しの瞬間でスイングを台無しにする人が多いな…
Mr.T

 

関節の稼働性・安定性をチェック

まずは、「上半身と下半身を分離」させるための土台、つまり「柔軟性」があるかをチェックします。
「上半身と下半身を分離」することが重要だと理解していたとしても、身体がそれを実現できる状態であるか確認しなければなりません。
無理な動きはスイングを崩し、怪我に繋がります。

 

①上半身の稼働性・安定性をチェック

  1. 胸の前で両手を交差し、両手を肩に当てる
  2. 5番アイアンのアドレスの姿勢をとる
  3. 下半身は動かさず、上半身だけ回旋させる

まずはこの動きを試してみます。

下半身が動いてしまったり、前傾姿勢が崩れるようであれば、関節の稼働性や安定性が欠けています。
ここに制限がある場合、テイクバックやパターでの安定性に問題が出てきます。

 

②骨盤の稼働性・安定性をチェック

  1. 胸の前で両手を交差し、両手を肩に当てる
  2. 5番アイアンのアドレスの姿勢をとる
  3. 上半身は動かさず、下半身だけ回旋させる

恐らく多くの人は、この動きが非常に難しく感じると思います。
見た目は簡単(すこし間抜け)な動きですが、私はこの動きができませんでした。

この動きが出来ないと、切り替えしで下半身の動きに上半身が連動して動いてしまい、「上半身と下半身を分離」させることができません。
切り替えしで「間」を作ったとしても、上半身と下半身に意味のある『溜め』はできません。

「上半身と下半身を分離」させることができない人が作る「間」は、シャフトの運動エネルギーを失ってしまいますし、切り替えの瞬間にリリースが始まってしまいインパクトまでエネルギーを溜めておくことができません。
ぜひ、この動きができるかはチェックしてください。

 

骨盤の稼働性・安定性改善ドリル

今回は、骨盤の稼働性・安定性改善ドリルの中で一番簡単なものを紹介します。
練習を始める準備運動に取り入れてもらうだけで、必ず骨盤の稼働性・安定性が改善していきます。

 

ストークターン

  1. 胸の前で両手を交差し、両手を肩に当てる
  2. 片脚で立つ
  3. もう一方の片膝を曲げて、片脚立ちをしている脚の膝裏に足の甲を当てる
  4. 上半身が動かないように、骨盤と股関節を25秒間前後に動かします
  5. 反対側も同様にやる

※簡単に出来るようになったら、前傾姿勢を保った状態でトライする

片足立ちが難しい様でしたら、ドライバーを杖のように使って行ってもOKです。
徐々にドリルのレベルを上げていきましょう!

 

「上半身と下半身を分離」ドリル

「上半身と下半身を分離」を出来る体になってきたら実際にトライしてもらいたいドリルを紹介します。

 

ステップ・チェンジ・オブ・ディレクション

「上半身と下半身を分離」ができず、オーバートップやカット打ちになってしまう人にオススメのドリルです。

  1. アドレスを取る
  2. 左足を右足にくっつける
  3. 少しだけクラブを左押し出してからバックっスイングを開始する
  4. 足の前をクラブが通り過ぎるタイミングで左足を元の場所に戻す
  5. そのままボールを打つ

最初は素振りで試してみましょう。
「上半身と下半身を分離」が出来る稼働性と安定性がなければできない動きではありますが、ゴルフスイングでは、上半身がバックスイング中に下半身は一足先にダウンスイングに入ります。
「ストークターン」ドリルなどで体の準備を整えたら、「ステップ・チェンジ・オブ・ディレクション」ドリルも挑戦してみてください。

 

捻転差を作る上半身ストレッチ

上半身の柔軟性を改善する、基本的なストレッチを3つ紹介してます!

ドリルで改善出来ない人は、身体の動きから改善する必要があるので、1日5分のストレッチを取り入れてください!

 

上半身・下半身を分離させるストレッチ

色々なドリルを試しても、飛距離が伸びない、手打ちになってしまうという人は、スキル不足ではなく身体の準備不足なパターンが大多数です!

日々の生活に、上半身・下半身を分離させるストレッチを取り入れてください!

 

【超重要】上半身と下半身を分離させるコツ~まとめ~

今回は、専門的な体の動きには触れず、代表的なドリルをご紹介しました。
もっと詳しく知りたい!もっと強度のあるトレーニングを取り入れたい!ちゃんと出来ているから分からないからチェックして欲しい!という方はご連絡ください。
TPIのボディースクリーニングテストで、もう少し詳しくチェックしながら体の状態について説明します。

飛距離に悩む人、スライスに悩む人の多くは、「上半身と下半身を分離」が出来ていません。
また、スコアが良くても「上半身と下半身を分離」出来ていない人も多くいます。
この動きが出来れば、間違いなく今いるステージからひとつ上のランクへ上がります。
※1番手以上距離が伸びます。

多くの人は「上半身と下半身を分離」を出来る体になっていませんから、まずは自分の体をチェックしましょう!
今回紹介したドリルだけでもある程度改善できるので是非トライしてください!!

このドリルを準備運動の中に取り入れるだけでも、スイングが安定して力強いインパクトができるようになります!!

Yanagi
練習の度に1分この動きを取り入れるだけで身体の使い方が変わった!!
形を真似する前に、その動きができる柔軟性が必要だ!!
Mr.T

 

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
クラブを引く押す

YouTube

2022/6/18

ゴルフクラブの正しい引き方とは?!「引く」スイング、「押す」スイングは切り返しからのグリップを見えれば一目瞭然!!タメのあるスイングで脱カット打ち!!飛距離アップ!!!

【概要】 クラブは引いて使うと言うけれど、そのイメージが全く掴めない人、必見です! カット打ちが直らない、タメが作れない人は正しくクラブを引けていないのですが、この「クラブを引く」という動きはどのようなエネルギーをグリップへかけているかと言うことです! クラブを引いて、タメのある力強いスイングに進化しましょう!! 【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:55 クラブの引き方 05:10 クラブの引く方向 06:54 引いて叩くドリル 10:04 クラブの引き方まとめ # ...

ReadMore

タメの作り方

YouTube

2022/6/9

飛距離が伸びる「タメ」の作り方!アマチュアゴルファーが勘違いしているやってはいけない動きとは?!強烈なタメを作る簡単練習方法の紹介!!

【概要】 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの特性を理解しましょう! 「タメ」を作ろうと、一生懸命グリップを引き込む動きも一歩間違えば逆にアーリーリリースとなる動きに繋がります! プロゴルファーは自然と出来ていて、アマチュアゴルファーの多くが勘違いしている「タメ」を作る動きの差を解説しながら、「タメ」を作るドリルを紹介します!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:35 タメ ...

ReadMore

飛距離アップ準備運動

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びる準備運動!!その準備運動で大丈夫?!正しいウォーミングアップで飛距離を最大化!!

【概要】 ゴルフに最適化した準備運動を取り入れることで、その場でドライバーの飛距離を5%程度伸ばすことが可能です! 怪我の防止だけでなく、スイングエラーの改善にも重要な準備運動を覚えれば、練習の質、スイングの質がどんどん上がっていきます!! 自分の能力を最大限発揮して、最長飛距離を更新していきましょう!   https://youtu.be/rRCdDIYURI0   【目次】 00:00 ゴルフ準備運動 01:04 足首準備運動 02:24 骨盤準備運動 02:54 股関節準備運動 ...

ReadMore

テイクバックドリル

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離を伸ばす練習方法はこれ!お手軽トレーニングでシャフトを走らせるテイクバックを覚えよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で1番大切なのはヘッドスピードを上げる事ですが、そのヘッドスピードを上げるためにはシャフトを上手に走らせる事ができるかが勝負の分かれ道です。 テイクバックでシャフトに負荷をかける事がで切れば、切り返しの瞬間に強烈なシナリが発生し、ヘッドが自動的に加速します。 リミッターを解除する練習方法は飛距離アップに即効性があるのでぜひ試してみてください!!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:35 シャフトの使い方 01:50 テイクバックドリル 05:02 ...

ReadMore

脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.