TIPS

ソニースマートゴルフセンサーの効果的な使い方

スマートゴルフセンサーは、日本プロゴルフ協会(PGA)監修のもと開発されたクラブ取付け型のスイング測定センサー&ティーチングツールです。

ソニースマートゴルフセンサーはスマホやタブレットと同時に使う事でスイングの自動録画や画像の自動連続再生といった映像とデータを表示するアプリケーションが大きな特徴です。(エプソンのMトレーサーと同じような機械)
また、ソニースマートゴルフセンサーを使用しているティーチングプロとオンライン上でデータの確認が行えるという、いかにもソニーらしい今の時代ならではの機能も備えています。

コロナ渦の影響によって、これからはオンラインレッスンも増えてくるので導入するティーチングプロも増加していくでしょう。
関東や関西の大都市ゴルファーは様々なレッスンスタジオからお気に入りのコーチを見つけやすのですが、地方に住んでいる場合は中々コーチとの良縁に恵まれない場合もあります。

そんな時、遠く離れたお気に入りのコーチからレッスンを受けられるのは、大きな利点だと思います。
私自身は特定の師匠を持たず、独学でゴルフ練習しているため、どうしても自分のスイング俯瞰することができません。

スマホで動画は取れますが、細かい数値が分からずに、どうしてもイメージ先行の修正になってしまうので、ソニースマートゴルフセンサーを使って練習しようかなと購入してみました!
今回は、「ソニースマートゴルフレッスン」の効果的な使い方についてご紹介していきます!!

Yanagi
スマホの動画だけじゃ分からない部分がたくさん!!
トラックマンを買えとは言わないが小型センサーは活用した方がいいな!
Mr.T

 

ソニースマートゴルフセンサーで計測できる事

  • フェース角
  • スイング軌道
  • アタック角
  • ヘッドスピード
  • スイングテンポ
  • 3Dのスイング軌跡

測定できる項目は、エプソンのMトレーサーの方が多いですね!

スイング動画を撮影しつつお手軽にスイングデータを同期させたいという方はソニースマートゴルフレッスンが、スイングデータを細かく取りたいという方はエプソンのMトレーサーがオススメです。

 

ソニースマートゴルフセンサーの便利機能

自動でスイング撮影

スマホの録画スタート/ストップ操作を行うことなく、インパクト時の前後数秒を自動で録画してくれます。
この機能はめちゃくちゃ便利!!

エプソンの「M-Tracer」は、アドレスで数秒間停止したり、1スイング毎にスマホを操作しないと軌道確認できなかったのですが、
ソニースマートゴルフセンサーでは、いつものリズムでショットするだけで録画&ループ再生してくれます。
この機能があったからソニースマートゴルフセンサーを買ったといっても過言ではありません!

※正確にデータを取るためにはソニースマートゴルフセンサーも1秒程度静止する方がよい

 

スイング比較機能

2つの動画とデータを左右に並べて比較できます。
左右で比較できるので、リズムの違いも良く分かります。

センサーを取り付けて何も考えずに打ったスイングが左、右肩の使い方を意識したスイングが右!

スイングをデータで可視化する事で、練習の濃さが変わってきます。

 

エムトレーサー

※エムトレーサーにはテイクバックでのフェース回転量も計測できる

 

重ね合わせ機能

2つの動画を重ね合わせることができます。
軌道の違いや姿勢の崩れをチェックしやすいですね!

 

ペン機能

ゴルフスイングチェックでは定番の「線」や「円」を書き込むことができます。

 

レッスンレビュー&リモートレッスン

ソニースマートゴルフセンサーをもっているコーチとつながれば、スイング動画に「線」や「円」を書き込みつつ、音声でアドバイスを入力してもらうことができます。

※この場合、コーチ側はソニーに500円/人の費用を支払います。

 

ソニースマートゴルフセンサーの効果的な使い方(マニアック編)

今からマニアックですが、すごく重要な事をお伝えします。

これは、ソニースマートゴルフセンサーやエプソンの「M-Tracer」等の「スイング測定機器」を使っている方、スカイトラックやミーボなど「弾道測定機器」を正しく使う上で、必ず知っておかなければならない事です。
しかし、そこを意識しているプレーヤーやコーチは少なく、スイング迷子に陥る原因ともなりうるファクターです。

ボール軌道を変えるためには、インパクトでのクラブフェースの向きとクラブパスを変える必要があります。
そのためには、どのようなインパクトになっているのか、どのようなインパクトにしなければならないのかという点を明確にしなければなりません。
それらを分析するには、2つの方法があります。それは、

  1. 「スイング測定機器」を使用しスイングそのものから原因を導き出す方法
  2. 「弾道測定機器」のデータから逆算して原因を導き出す方法

の2つの方法です。

ボール軌道は「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」、「スピンロフト」によって決まります。

スイングに悩む方の多くは、「球の曲がり」を修正したいと考えているはずですから、スイングを修正する上で特に重要なのは「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」です。

この2つの組み合わせでボールがどのように曲がるのか決まりますから「スイング測定機器」のデータを見ればなぜスライスするのか、フックするのかという点は簡単に言い当てることができます。
また、「弾道測定機器」のデータの「打ち出し方向」や「スピン軸の傾き」から、「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」がどうなっているのか、言い当てることができます。

しかし、ドライバーでは、「スライス」(フェード)が出るスイングデータなのに、そのようにボールが飛ばない場合があります。

ここがマニアックポイントかつ、重要な視点です。
ウッドには、「バルジ」と「ロール」が存在するため、機械ではじき出した数値と実際の「フェースアングル(フェース角)」が一致していない場合があります。
そのため、「打点」を考慮せずに分析を進めると、正しいもの間違っているものを見失う可能性があります。

例えば、身体が突っ込んでヒール側に当たる癖がある場合、「スイング測定機器」の「フェースアングル(フェース角)」はオープンでも、実際のインパクトではフェースアングルが閉じている可能性があります。
この時、ギア効果で「スライス回転」が生まれますが、データよりフェースがやや閉じ気味であるため、ボールは左方向に飛び出し、適度なフェードボールが打てるかもしれません。

「スイング測定機器」のデータだけではすごくスライスしそうなデータにもかかわらず、実際のボールはそのように飛ばない可能性があるのです。
データを見る時には必ず「どこでインパクトしているか」を確認してください!

ゴルフは1°、2°角度が変わるだけで、弾道も大きく変わります。
見た目には小さい角度ですが、「バルジ」と「ロール」によって1°以上「フェースアングル(フェース角)」変わることがあるという事を必ず頭にいれておいてください。

 

「バルジ」・「ロール」とは
ウッドのフェースは平面でなく、曲面になっています。
この曲面に対し、フェースの上下方向(縦方向)の曲がりを「ロール」、水平方向(横方向)の曲がりをバルジと呼びます。
バルジ・ロールは「ギア効果」に基づく打点のバラツキによる飛び方向のバラツキを減少させる方向修正効果をもっています。
引用:https://www.bs-sports.co.jp/callcenter/question/golf/club/basic_knowledge/head/head11.html

 

ソニースマートゴルフセンサーの上手な使い方

「スイング測定機器」を使って上達するためのポイントをまとめます。

  1. Dプレーン理論(「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」と飛球の関係性)を理解する
  2. 打点を確認する
  3. ボール弾道が最高の教師と認識する

Dプレーン理論を理解すれば、スイングプレーンが問題なのか、フェースの向きが問題なのか、アドレスやボールの位置の修正が必要なのかある程度推測することができます。
※打点をチェックし、データと「フェースアングル(フェース角)」に乖離がないか確認してください。

最高のフェードを打つゴルファー
Dプレーン理論~ボールの打ち出し方向と曲がり幅~

ボールの打ち出し方向と曲がる方向は、「クラブパス」と「フェースアングル」によって決定します。 「ドローを打つにはインサイドアウト」というアドバイスを受けたことがあると思いますが、ここに「フェースアング ...

続きを見る

そして、「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」を修正した結果、どのような弾道になったか、実際のボールを見て答え合わせをします。

これを繰り返す事で、自分が求める弾道を手に入れることができます!
ある程度スイングが出来てきた人は、このデータを知るだけで随分と上達するはずです。

一方、「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」を修正するためにはどうすればいいのか、またはやりたくてもできない動きがある、といった場合はレッスンコーチに相談するのがいいでしょう。
もちろん、私に相談いただければ「TPI」の理論に基づき、全力でアドバイスさせていただきます!!

Yanagi
センサーの数値を見れば自分のスイングの傾向がわかる!
間隔や推測ではなくスイングを分析する事は大切だ!!
Mr.T

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
地面半力

YouTube

2021/10/20

【ゴルフ】地面半力習得ドリル!ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わったお手軽ドリルを紹介!!踏み込むタイミング&解き放つタイミング&身体の動きの全てがわかる?!

【概要】 地面半力を上手に使うためのドリルを、ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わりました! 地面を踏んだ後どのようなステップワークで飛距離を伸ばしていくか、アライメントスティック1本で簡単に習得することができます! 世界一飛ばす男が実践するとても簡単なドリルを取り入れない理由がありますか?! おそらく!日本で初公開のドリルですので、ぜひチェックしてください!! 【目次】 00:00 地面半力とは 00:46 地面半力の使い方 02:47 地面半力飛距離アップドリル 03: ...

ReadMore

腰の回し方

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい腰の回し方??腰ではなく股関節の使い方を意識するだけで動きが激変!!飛距離が伸びる下半身リードが手に入ります!

【概要】 腰の回し方や腰の切り方といったキーワードはよく耳にしますが、そもそも腰椎は5°しか回りません! 大切なのは腰ではなく股関節の使い方や動かす方向です。 今回は、「腰の回し方」という悪魔の様なキーワードに囚われてしまった方へ向けた、正しい「股関節」の動かし方を解説します。 腰を切る!腰の回し方!という言葉に惑わされて、スイングが乱れたり腰痛になっていませんか?? 股関節の正しい動きを知れば、理想的な下半身リードで分厚いインパクトが実現しますよ!!   【目次】 00:00 正しい腰の動き ...

ReadMore

前傾姿勢キープ

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】前傾姿勢を体感する自宅用ドリル2選!!伸び上がりを防ぐお尻や左サイドの動きを体感しよう!

【概要】 ゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 その前傾姿勢を維持するために、身体はどんな動きが必要か、自宅にいながら体感出来るドリルを2つ紹介します! どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまう人は、ぜひチェックしてください!! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、毎日の生活の中に取り入れましょう!! 【目次】 00:00 アーリーエクステンション 00:28 ...

ReadMore

アーリーエクステンション

YouTube

2021/9/10

【ゴルフ】前傾姿勢を維持する準備運動を取り入れよう!伸び上がりを防ぐお尻の動きを体感ドリル!!

【概要】 多くのゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまいがちですよね。 そこで今回は、前傾姿勢を維持するための準備運動をご紹介します! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、ぜひ準備運動に取り入れてください! 【目次】 00:00 正しい前傾姿勢 00:34 肩の動き確認ドリル 02:06 胸の向き確認ドリル 03:23 前 ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/9/10

カット打ちの直し方!!そもそもの原因はテイクバック(始動)にあり?!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しやダウンスイングから修正しようという方が多くいますが、そもそもテイクバック(始動)の瞬間にアウトサイドインを誘発する動きになっている人が多くいます。 今回は、カット打ちにならないためのテイクバック(始動)ができているか、アライメントスティックを使ってチェックする方法をご紹介します! 【目次】 00:00 カット打ちになるテイクバック 00 ...

ReadMore

前傾姿勢チェック

YouTube

2021/8/30

【ゴルフ】前傾姿勢キープの第一歩!!切り返しからインパクトまでの下半身の動きをチェックするドリルを紹介!!

【概要】 切り返しから身体が起きてしまう方は、何よりもまず下半身の正しい動きをチェックする事が大切です! アライメントスティック1本あれば、正しく下半身が動いているかチェックできますので、ぜひチャレンジしてみてください!! #飛距離アップ #前傾姿勢 #下半身 #切り返し #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:35 前傾姿勢チェックドリル 01:52 まとめ 【Twitter】 https://twitter.com/Out_Drive300 ↑↑↑ Twitterでもゴルフ情報発信してま ...

ReadMore

ゴルフ右腰痛

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】右腰痛を引き起こす原因は間違った「背骨」の使い方!!原因と対策・修正ドリルを紹介!!

【概要】 腰痛に悩むゴルファーは多くいますが、その中でも「右腰」に痛みを感じる方は、「背骨」の動きが間違っている可能性大!! 飛距離を伸ばそうと大きなトップを作る意識が強すぎて、トップオブスイングで体が飛球線方向へ傾いている方は注意が必要です! 「腰痛」を引き起こす原因と対策&修正ドリルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください! #飛距離アップ #腰痛 #リバーススパインアングル #トップ #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:48 背骨の動き 01:43 腰痛修正ドリル① 02:31 腰 ...

ReadMore

明治の大砲

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】フィニッシュで体重が右に残る「ハンギングバック」の直し方!ダフる・ボールが上がらない女性ゴルファーは要注意?!

【概要】 テイクバックで右に体重移動したまま、インパクトを迎えてしまう「ハンギングバック」というスイングエラー。 特に下半身や体幹の筋力少ない女性ゴルファーに多いミスの一つです。 ドライバーでダフる・ボールが上がらないという方はぜひチェックしてみてください! #飛距離アップ #体重移動 #ハンギングバック #テイクバック #ドリル   【目次】 00:00 ハンギングバックとは? 01:27 ハンギングバック修正ドリル 02:27 まとめ 【Twitter】 https://twitter.co ...

ReadMore

スライド

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい体重移動とは?その動きバンプじゃなくスライドです!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでしっかりと左サイドに体重移動を行なっていくことが大切で。 また左サイドに乗ることで、右サイドに手の通り道ができ美しいスイングにもつながります。 が、しかし!いわゆる「バンプ」という左サイドへの体重移動は、ひとつ間違えると「スライド」という間違った体重移動になります。 スライドが起こると、左サイドがロックされスイング後半は手打ちの状態になってしまい方向性が安定しませんし、ヘッドスピードも低下するので飛距離が伸びません。 今回は「スライド」がどういった動きなの ...

ReadMore

スウェー

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】正しい体重移動できてますか??スウェーのチェックポイントと直し方!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、テイクバックでしっかりと右足に体重移動していく事が大切ですが、あまりにその意識が大きいと「スウェー」というスイングエラーになっている場合があります。 また、身体を捻転差せずにクラブを担ぐようにテイクバックをしてしまいスウェーしているゴルファーも多くいます。 正しい体重移動ができているか?まずはテイクバックで「スウェー」していないか、確認してみましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:07 スウェーとは? 01:56 スウェー対策 02:41 スウェー対策ド ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.