ソニースマートゴルフセンサー

TIPS

ソニースマートゴルフセンサーの効果的な使い方

スマートゴルフセンサーは、日本プロゴルフ協会(PGA)監修のもと開発されたクラブ取付け型のスイング測定センサー&ティーチングツールです。

ソニースマートゴルフセンサーはスマホやタブレットと同時に使う事でスイングの自動録画や画像の自動連続再生といった映像とデータを表示するアプリケーションが大きな特徴です。(エプソンのMトレーサーと同じような機械)
また、ソニースマートゴルフセンサーを使用しているティーチングプロとオンライン上でデータの確認が行えるという、いかにもソニーらしい今の時代ならではの機能も備えています。

コロナ渦の影響によって、これからはオンラインレッスンも増えてくるので導入するティーチングプロも増加していくでしょう。
関東や関西の大都市ゴルファーは様々なレッスンスタジオからお気に入りのコーチを見つけやすのですが、地方に住んでいる場合は中々コーチとの良縁に恵まれない場合もあります。

そんな時、遠く離れたお気に入りのコーチからレッスンを受けられるのは、大きな利点だと思います。
私自身は特定の師匠を持たず、独学でゴルフ練習しているため、どうしても自分のスイング俯瞰することができません。

スマホで動画は取れますが、細かい数値が分からずに、どうしてもイメージ先行の修正になってしまうので、ソニースマートゴルフセンサーを使って練習しようかなと購入してみました!
今回は、「ソニースマートゴルフレッスン」の効果的な使い方についてご紹介していきます!!

Yanagi
スマホの動画だけじゃ分からない部分がたくさん!!
トラックマンを買えとは言わないが小型センサーは活用した方がいいな!
Mr.T

 

ソニースマートゴルフセンサーで計測できる事

  • フェース角
  • スイング軌道
  • アタック角
  • ヘッドスピード
  • スイングテンポ
  • 3Dのスイング軌跡

測定できる項目は、エプソンのMトレーサーの方が多いですね!

スイング動画を撮影しつつお手軽にスイングデータを同期させたいという方はソニースマートゴルフレッスンが、スイングデータを細かく取りたいという方はエプソンのMトレーサーがオススメです。

 

ソニースマートゴルフセンサーの便利機能

自動でスイング撮影

スマホの録画スタート/ストップ操作を行うことなく、インパクト時の前後数秒を自動で録画してくれます。
この機能はめちゃくちゃ便利!!

エプソンの「M-Tracer」は、アドレスで数秒間停止したり、1スイング毎にスマホを操作しないと軌道確認できなかったのですが、
ソニースマートゴルフセンサーでは、いつものリズムでショットするだけで録画&ループ再生してくれます。
この機能があったからソニースマートゴルフセンサーを買ったといっても過言ではありません!

※正確にデータを取るためにはソニースマートゴルフセンサーも1秒程度静止する方がよい

 

スイング比較機能

2つの動画とデータを左右に並べて比較できます。
左右で比較できるので、リズムの違いも良く分かります。

センサーを取り付けて何も考えずに打ったスイングが左、右肩の使い方を意識したスイングが右!

スイングをデータで可視化する事で、練習の濃さが変わってきます。

 

エムトレーサー

※エムトレーサーにはテイクバックでのフェース回転量も計測できる

 

重ね合わせ機能

2つの動画を重ね合わせることができます。
軌道の違いや姿勢の崩れをチェックしやすいですね!

 

ペン機能

ゴルフスイングチェックでは定番の「線」や「円」を書き込むことができます。

 

レッスンレビュー&リモートレッスン

ソニースマートゴルフセンサーをもっているコーチとつながれば、スイング動画に「線」や「円」を書き込みつつ、音声でアドバイスを入力してもらうことができます。

※この場合、コーチ側はソニーに500円/人の費用を支払います。

 

ソニースマートゴルフセンサーの効果的な使い方(マニアック編)

今からマニアックですが、すごく重要な事をお伝えします。

これは、ソニースマートゴルフセンサーやエプソンの「M-Tracer」等の「スイング測定機器」を使っている方、スカイトラックやミーボなど「弾道測定機器」を正しく使う上で、必ず知っておかなければならない事です。
しかし、そこを意識しているプレーヤーやコーチは少なく、スイング迷子に陥る原因ともなりうるファクターです。

ボール軌道を変えるためには、インパクトでのクラブフェースの向きとクラブパスを変える必要があります。
そのためには、どのようなインパクトになっているのか、どのようなインパクトにしなければならないのかという点を明確にしなければなりません。
それらを分析するには、2つの方法があります。それは、

  1. 「スイング測定機器」を使用しスイングそのものから原因を導き出す方法
  2. 「弾道測定機器」のデータから逆算して原因を導き出す方法

の2つの方法です。

ボール軌道は「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」、「スピンロフト」によって決まります。

スイングに悩む方の多くは、「球の曲がり」を修正したいと考えているはずですから、スイングを修正する上で特に重要なのは「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」です。

この2つの組み合わせでボールがどのように曲がるのか決まりますから「スイング測定機器」のデータを見ればなぜスライスするのか、フックするのかという点は簡単に言い当てることができます。
また、「弾道測定機器」のデータの「打ち出し方向」や「スピン軸の傾き」から、「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」がどうなっているのか、言い当てることができます。

しかし、ドライバーでは、「スライス」(フェード)が出るスイングデータなのに、そのようにボールが飛ばない場合があります。

ここがマニアックポイントかつ、重要な視点です。
ウッドには、「バルジ」と「ロール」が存在するため、機械ではじき出した数値と実際の「フェースアングル(フェース角)」が一致していない場合があります。
そのため、「打点」を考慮せずに分析を進めると、正しいもの間違っているものを見失う可能性があります。

例えば、身体が突っ込んでヒール側に当たる癖がある場合、「スイング測定機器」の「フェースアングル(フェース角)」はオープンでも、実際のインパクトではフェースアングルが閉じている可能性があります。
この時、ギア効果で「スライス回転」が生まれますが、データよりフェースがやや閉じ気味であるため、ボールは左方向に飛び出し、適度なフェードボールが打てるかもしれません。

「スイング測定機器」のデータだけではすごくスライスしそうなデータにもかかわらず、実際のボールはそのように飛ばない可能性があるのです。
データを見る時には必ず「どこでインパクトしているか」を確認してください!

ゴルフは1°、2°角度が変わるだけで、弾道も大きく変わります。
見た目には小さい角度ですが、「バルジ」と「ロール」によって1°以上「フェースアングル(フェース角)」変わることがあるという事を必ず頭にいれておいてください。

 

「バルジ」・「ロール」とは
ウッドのフェースは平面でなく、曲面になっています。
この曲面に対し、フェースの上下方向(縦方向)の曲がりを「ロール」、水平方向(横方向)の曲がりをバルジと呼びます。
バルジ・ロールは「ギア効果」に基づく打点のバラツキによる飛び方向のバラツキを減少させる方向修正効果をもっています。
引用:https://www.bs-sports.co.jp/callcenter/question/golf/club/basic_knowledge/head/head11.html

 

ソニースマートゴルフセンサーの上手な使い方

「スイング測定機器」を使って上達するためのポイントをまとめます。

  1. Dプレーン理論(「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」と飛球の関係性)を理解する
  2. 打点を確認する
  3. ボール弾道が最高の教師と認識する

Dプレーン理論を理解すれば、スイングプレーンが問題なのか、フェースの向きが問題なのか、アドレスやボールの位置の修正が必要なのかある程度推測することができます。
※打点をチェックし、データと「フェースアングル(フェース角)」に乖離がないか確認してください。

最高のフェードを打つゴルファー
Dプレーン理論~ボールの打ち出し方向と曲がり幅~

ボールの打ち出し方向と曲がる方向は、「クラブパス」と「フェースアングル」によって決定します。 「ドローを打つにはインサイドアウト」というアドバイスを受けたことがあると思いますが、ここに「フェースアング ...

続きを見る

そして、「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」を修正した結果、どのような弾道になったか、実際のボールを見て答え合わせをします。

これを繰り返す事で、自分が求める弾道を手に入れることができます!
ある程度スイングが出来てきた人は、このデータを知るだけで随分と上達するはずです。

一方、「クラブパス(スイング軌道)」と「フェースアングル(フェース角)」を修正するためにはどうすればいいのか、またはやりたくてもできない動きがある、といった場合はレッスンコーチに相談するのがいいでしょう。
もちろん、私に相談いただければ「TPI」の理論に基づき、全力でアドバイスさせていただきます!!

Yanagi
センサーの数値を見れば自分のスイングの傾向がわかる!
間隔や推測ではなくスイングを分析する事は大切だ!!
Mr.T

TPI LESSON

世界最大のゴルフ研究組織「TPI」のメソッドに基づき、あたなのゴルフスイングを進化させてみませんか?
無料ボディスクリーニング実施中です!!

世界最大のゴルフ組織「TPI」の魅力

TPI LESSON

TPIとは TPIとは「タイトリスト パフォーマンス インスティテュート」(以下TPI)をいいます。フィジカル、スウィング、クラブなどの研究や開発を目的にタイトリスト後援のもと設立された組織で、ゴルフ ...

続きを見る

3種の神器

TIPS

2020/10/17

独学でシングルを目指す方法〜3種の神器〜

ゴルフを上達する上で、素晴らしいレッスンコーチに出会うほどの幸運はありません! しかしながら、いいコーチにめぐり逢えず独学でシングルを目指す人も多くいると思います。私もその1人で、周りに魅力的なコーチがいないので自らトレーナー資格を取得し、プレーヤー兼トレーナーとしてシングルを目指しています。(地方に住んでいる人は優秀なコーチに出会いにくい現実があると思います…) そのため、スイングを上達するための練習道具や、マネジメントを学ぶための本はたくさん試してきました。 そんな中で、いよいよシングルに到達する手応 ...

ReadMore

スーパースピードゴルフ

SWING

2020/10/17

「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」のススメ

TPIトレーナーであり、PGAツアー選手、ツアーコーチの「マイケル・ナポレオン」によって生み出された「スーパースピードゴルフ」は、実に600名以上のツアープレーヤーが愛用する練習器具です。 マイケルは「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」を開発する事によって、多くのPGAツアー選手の勝利に貢献してきました。 正しく使うことができれば、「スーパースピードゴルフ」以上に効果を生み出す練習器具はありません。 一方で、あまりに効果がある(身体が動いてしまう)ためその負担も大きく、自らの身体的特徴を理解しゴ ...

ReadMore

メンタルスコアカード

CONDITION

2020/10/13

【保存版】ラウンドでスコアが出るメンタルコントロール方法

「練習では上手くいったのに!」「肝心なところでミスが出た…」というように、ゴルファーなら誰しも「メンタル」の重要性を痛感しているはずです。 我らがGoogle先生で「ゴルフ メンタル」と検索すると、870万件以上のサイトがヒットしますし、Amazonで「ゴルフ メンタル」を検索すると200冊近く検索にヒットします。誰もが、ゴルフとの向き合い方やラウンドでのメンタルコントロールを学びたいと強く望んでいる証拠ですね。 もちろん、私も例に漏れず「メンタル」につい悩み、もがき、色々な書籍やサイトで「聖杯」を探して ...

ReadMore

ふるさと納税名門コース

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】名門コースプレー券特集!!

ふるさと納税で一番コスパがいい返礼品は「ツアーボール」だと思いますが、納税額が多い人には名門コースでのプレー券もオススメです。 毎年トッププロの試合が組まれる名門、メジャー大会開催の名門コースでのプレー券・宿泊券のふるさと納税を調べました!! いつかはプレーしたい名門コース、実質2,000円でラウンドしちゃいましょう!! ふるさと納税とは もう知らない人はいないと思いますが、ふるさと納税について簡単にまとめると… 自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる 税金の還付や控除を受けられる、 特産品などの ...

ReadMore

ふるさと納税

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】ゴルフボール高還元率特集!!

みなさん、ふるさと納税してますか?? 毎年毎年、早い時期に申し込んで美味しい果物でも楽しもうかなと思うのですが、気がつけば今年も残すところ3ヶ月… またしても桃やサクランボなど高級果物を食べずに今年が終わりそうです。 という事で、結局ふるさと納税でゴルフボールを頼んで家族から文句を言われてしまうのですが… OBをよく出す私には、とっても大切なボール補充方法なのです!! 私は、ブリジストンTourBXSがエースボールなのでボール選びに迷うことはありませんが、この際だから普段使わないボールを試してみたい!! ...

ReadMore

SWING

2020/9/30

【超重要】上半身と下半身を分離させるコツ〜ドリル紹介〜

ゴルフスイングにおいて、プロとアマとの決定的な差は「上半身と下半身の分離ができているか」です。 多くのアマチュアゴルファーは、切り替えしで上半身と下半身が連動して動いてしまい、飛距離を伸ばすことができません。 切り替えしで、胸の向きと腰の向きの差(Xファクター)が大きければ大きいほど飛距離が伸びるとされていますが、残念ながら自然とその動きが出来る人はほとんどいません。 もちろん、強烈なXファクターを生み出し力強いインパクトを実現するにはアスリートと同様の筋力や柔軟性が必要ですので、プロと同じ様に「上半身と ...

ReadMore

GOLF SHOP~Drive for Show!!~

TIPS

2020/10/2

「temite」公認アンバサダー(ゴルフショップ)に就任しました!!

ご報告!! なんと! 「temite」の運営様からお声掛けいただきまして、ゴルフアカウントの公認アンバサダーに就任しました! 人生がゴルフに染まっているため、日常を呟くだけでゴルフアカウントになっていたTwitterですが、日々の練習風景やゴルフTIPSの紹介tweetが目に留まり「temite」公認プロとしてゴルフショップの開設のご依頼をいただきました! これからの時代、「個」のつながりが需要になってくるとの思いから、「お前が言うならやってみよう」「お前が言うなら使ってみよう」といってもらえる存在になり ...

ReadMore

シンプルマスターOP

TIPS

2020/9/23

シンプルマスターOP(オンプレーン)を自作したけど結局は購入した話

ゴルフスイングの悩みの分だけ色々な練習器具が開発&発売されていますが、今回ご紹介する「シンプルマスターOP」はアウトサイドインの軌道や手元の浮きを修正する練習器具です。 とてもシンプルな練習器具なので、使い方によってはスウェーやスライド、強烈なインサイドへのフォローの修正にも使えますが、今回はアマチュアゴルファーが最も悩むアウトサイドイン(カット打ち)の練習方法をご紹介します。 Yanagiどうしても外から入る癖が抜けない… 一人で練習していると癖の修正は難しいぞ?Mr.T   シンプル ...

ReadMore

つま先の向きの決め方

SWING

2020/9/18

飛距離の出るつま先の向き~自分に合った開き方の見つけ方~

いいショットを打つためにも、飛距離を出すためにも、まずは「アドレス」が整ってなければいけません。 次に打つショットの狙いに合わないアドレス・スタンスでは、どんなにいいスイングをしようとしても結果は伴いません。 仕事と同じで「段取り八分・仕事二分」です。 スタンスの向きや体の傾き、手の位置などを注意する人は多いのですが、「つま先の向き」については、あまり意識していない人が多いかもしれません。 そこで今回はTPIのメソッドの中から、「飛距離の出る」(パワーを発揮できる)つま先の向きの見つけ方についてご紹介しま ...

ReadMore

猫背(C字ポスチャー)

CONDITION

2020/9/18

猫背(C字ポスチャー)アドレスのデメリットと治し方

アマチュアゴルファーに多いアドレスの崩れ・乱れには、反り腰(S字ポスチャー)と猫背(C字ポスチャー)の2つがあります。 反り腰(S字ポスチャー)は女性に多くみられるスイングエラーで、猫背(C字ポスチャー)は男性に多く見られるスイングエラーです。 アマチュアゴルファーの約30%の人が猫背(C字ポスチャー)になっていると言われています。 反り腰(S字ポスチャー)や猫背(C字ポスチャー)は悪くないと主張するコーチもいますが、TPIではそれら2つを非効率なスイングを生み出す原因、そして怪我(腰痛)につながる動きと ...

ReadMore

-TIPS
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2020 All Rights Reserved.