TPI LESSON

TPIとは

TPI

TPIとは「タイトリスト パフォーマンス インスティテュート」(以下TPI)をいいます。
フィジカル、スウィング、クラブなどの研究や開発を目的にタイトリスト後援のもと設立された組織で、ゴルフスイングに関連して人体がどのように機能するかを研究する世界最大の教育機関です。

2003年の創設以来、TPIはツアープレーヤーからアマチュアゴルファーまで、何千人ものゴルファーを研究してきました。
リッキー・ファウラーは14歳、ジョン・ラームは16歳からTPIで指導を受けており、過去20のメジャー大会では18勝、世界ランク30位以内のプレーヤーのうち25名、アメリカのゴルフダイジェストのトップ50のコーチのうち47名がTPI認定エキスパートからの助言を受けています。


開設以降、あらゆる形、サイズ、年齢、フィットネスレベルのプレーヤーに関する膨大な量のデータが収集されました。
このデータを使用して、TPIは、適切に機能しているボディが、プレーヤーが可能な限り最も効率的な方法でゴルフクラブをスイングする方法を発見さらに、TPIはプレーヤーの身体の物理的制限がゴルフスイングに影響を及ぼし、怪我につながる可能性があることを分析しました。


TPIの理念

TPIの理念

  • TPIは、あらゆるゴルファーに、身体の重要性とゴルフスイングとの関連性を教育することを目指しています。
  • TPIは、ゴルファーが健康で効率的なボディから最も恩恵を受けると信じています。
  • TPIは、スイングする1つの方法ではなく、無数のスイングスタイルを信じています。
  • TPIは、ゴルファーにとって効率的なスイングは1つであり、ゴルファーが物理的にできる動きに基づいていると私たちは信じています。

 

ゴルフの上達はチームサポート

出典:https://www.mytpi.com/

ゴルファーを上達させるには、チームでサポートすることが大切です。
スキルに特化したコーチングだけではなく、フィットネス、メディカル、クラブ、それぞれの専門家とタッグを組み、課題を解決しながら上達へと導く必要があります。
求めるスイングができないのは、技術を知らないためなのか?クラブが合っていないのか?それとも身体的な制限があるのか?を知らずに、ゴルフが上達する事はありません。

私たちTPIトレーナーは、「スイングの問題点を見極め、それが身体とどう関係するのか」、「スイングに影響している身体的な制限を特定し、改善」へと導きます。
求めるスイングができない原因が、「技術的な問題」なのか「身体的な問題」なのかを特定し、即効性のあるエクササイズやドリルを提供します。

最高レベルでラウンドし、怪我をすることなく生涯ゴルファーでいるためには、身体の制限がゴルフスイングにどのように影響するかを理解し、適切なチャネルを通じてこれらの制限に対処する事が大切です。
TPIトレーナーは、最新のテクノロジーを理解し、そのテクノロジーを通じてスイングの指導、リハビリ、筋力やコンディショニングの方法を提供します。

 

 

コーチングの変化

出典:https://www.mytpi.com/

タイガー・ウッズが現るまで、ゴルフのコーチングは、「技術」「クラブ」「メンタル」の大きな3つのトライアングルで選手を育ててきました。
しかし、タイガー・ウッズのダイナミックなプレーが、より細かな総合的なアプローチによるものだと判明して以降、過去のゴルフ育成3要素(技術、クラブ、メンタル)は、ゴルフ育成6要素(基本技術、応用技術、コースマネジメント、クラブ、メンタル、身体的コンディショニング)へと変化していきます。

  1. 基本的なインストラクション:グリップ、アドレス、アライメント、スイングの基礎、ボールの軌道など
  2. ショット・メーキングスキル:ショートゲーム、特殊なショット、危険回避など。
  3. コースマネージメント:各コースのプレーのしかた。まとめ方やゲームプランなど。
  4. メンタル
  5. クラブ
  6. 身体的コンディショニング

これら6つのカテゴリーによる総合的なアプローチが求められる時代になっています。

そして、プレーヤーを指導し上達させるためには、下記の項目を評価、共有することで、初めて上達の道が見えてきます。

 

プレーヤーを上達させるには

  • 病歴やゴルフでの怪我
  • 基本的な技術評価(効率とスタイルテスト)
  • ショット・メーキング・スキル評価
  • コース・マネージメント評価
  • クラブ評価
  • メンタル評価
  • 身体的コンディショニング評価
  • 集約データの解説
  • データの優先順位決め
  • 評価レポートの説明
  • 治療計画の作成
  • ドリルの提供


これらを診断・評価せずコーチングをするのであれば、それは単なる思いに過ぎず、1つのスイングを押し付けるコーチングです。
そのスイングがプレーヤー自身にあっているとは限りません。

TPIでは、上記項目を15分で評価する方法、指導するための2000種類を超えるドリルとエクササイズをTPIトレーナー全体で共有しています。

 


セカンドオピニオンとしてのTPI

出典:https://www.mytpi.com/

TPIトレーナーによるスクリーニングや指導は、これからゴルフを始める人、まだレッスンを受けた事がない人のためだけのものではありません。
現在進行形でレッスンを受けているがなかなか結果が出ない人、競技ゴルファーとして技術は完成している中でのあと1打を改善したい人にぜひ体感してもらいたい世界です。

例えば、いま流行りの「シャローイング」を習得しようと練習している(指導を受けている)人は、それを実現できるだけの身体の準備が出来ているでしょうか?
肩関節の外旋、肩甲骨の安定、股関節の柔軟性は十分でしょうか?それらを評価せず、ただただ形を求めていても怪我につながるだけです。

また競技ゴルファーとして、あと1打、あと5ydというレベルで戦っている人には、技術的な指導以上に、自分自身の身体を知ることが遥かに重要な場合が多くあります。
おそらく、競技ゴルファーやトップアマの方は、スクリーニングによる身体的な評価を行うだけで、打ちやすいショット、苦手な動き、改善すべき点、伸ばす点をすぐに見出すことができるでしょう。


ピンポイントで効くドリル、エクササイズで長年の悩みが改善されるかもしれません。

 

TPI Lessonはこんな方におすすめ

  • 今のコーチは信頼しているが、何度練習しても出来ない動きがある
  • トップアマとして技術は完成しているが、もう1打を追求したい
  • 身体的特徴を理解した上でレッスンして欲しい

 

TPIスクリーニングの流れ(オンラインセミナー)

TPIトレーナー専用ツールを使い、16項目にわたるスクリーニングによって、身体的特徴を評価します。
身体的な制限や強みを探し、課題を見極め改善方法を提案する、最初のステップです。
※TPIレッスンを行う場合は、必ずスクリーニングテストを実施します。

TPIを日本に広めるため、レッスン体験をSNSで投稿していただける方限定で無料スクリーニング&ドリル提案を行っていきます。

 

プロセス1:カウンセリング

まずは、平均スコア、スポーツ履歴、過去の怪我の履歴、TPIトレーニングで何を強化したいのか、ゴルフスイングのどういうところを改善したいのかといったカウンセリングを行います。
質問フォームをお送りしますので、スクリーニング前日までに回答してください。

 

プロセス2:ボディスクリーニングテスト

TPIトレーナー専用のツールを使い、スクリーニングテストを実施します。
チェックは16項目に分かれ、細部にわたりチェックしていきます。
ここで身体的特徴(欠点ではありません)を評価することで、今後の課題を明確にしていきます。

※スクリーニングはLINEビデオ通話もしくはzoomで行います

 

プロセス3:スイング分析

アイアン、ドライバーのスイング動画を事前にお送りください。
※正面スロー、飛球線後方からのスロー(なるべく高画質なもの)
カウンセリングでの回答、スクリーニングテストでの結果を踏まえ、トレーニングの優先順位を決定していきます。

 

プロセス4:ドリル・エクササイズ提案

ゴルフに特化したモビリティ(可動域、柔軟性)、スタビリティ(筋力、バランス力)を改善する方法をご提案します。
2000種類を超えるドリルやエクササイズの中から、まずは最も基本的なドリルをご紹介し、2週間程度トレーニングを継続してもらいます。

 

プロセス5:フォロー

初回のスクリーニングテスト時にご紹介したドリルによる、身体的特徴の変化をピンポイントで計測します。
効果の度合い、負荷の大小に合わせてドリル継続or新たなドリルの提案を行います。

 

プロセス6:TPIレッスン

ドリルやエクササイズによる変化点を確認しながら、オンラインでゴルフレッスンを行います。
改善点、新たな課題を確認し、ドリルやエクササイズを提案します。
また、その他コーチからレッスンを受けている場合、求めらるスイングに必要な柔軟性や安定性についてアドバイスやドリル、エクササイズを提案します。

 

申し込み方法

TPIボディスクリーニングで身体的特徴を評価したい方、TPIに基づくレッスンを希望される方は「LINE」お友達登録の上メッセージをお送りください。
※スクリーニングやレッスンについてのご相談もLINEにて承ります。

 

 

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2020 All Rights Reserved.