TIPS

PING「G425」ドライバーLSTとPING「G425」ドライバーMAXを試打比較!!

2020年9月28日発売予定の、PING待望の新作「G425」シリーズ。
PING所属選手の活躍から、年々日本でのシェアを伸ばしてきている中で待望の新シリーズ発売となりました。
最近「G410」シリーズがマークダウンしていた事から、そろそろ新作出るな?と待ち構えていた人も多いでしょう!

そこで早速、GC4で「G425」ドライバーLSTと「G425」ドライバーMAXを試打してきましたので、レビューします!!
マークダウンしたタイミングで「G410」ドライバーLSTも試打していたので数字を載せていますが、そこはデータがあまりにもひどいので参考にもならないかも…??

 

「G410」から「G425」シリーズへの変化点

まずは、「G410」から「G425」へモデルチェンジされるタイミングで、どのようなテクノロジーの変化ががあったか、確認してみましょう!

 

可変式ウェイトの変更

「G410」シリーズではスライドする可変式のウェイトで弾道を調整していましたが、「G425」シリーズでは、ドロー・ストレート・フェードの3つのポジションにウェイトを設置することで調整します。

プレーヤーからすると、「G410」と比較して「G425」は微調整しにくくなった面はありますが、それ以上にウェイトの重量が重くなったメリット、ポジションを3通りにする事でどのポジションでも高MOIをキープできてるメリットの方が大きくなります。

「叩いても、ブレない。PING史上最もブレない高MOIヘッド」の実現にはこの設計が不可欠で、極薄クラウン設計とソールウェイトをヘッド後方部に搭載することで、前作比で重心を約4%深くすることができました。→ミスヒットにさらに強くなっています。

モデル別でみると、「G425」ドライバーLSTでは、「G410」ドライバーLSTと比較してスピン量が約200回転減少しています。
また「G425」ドライバーLSTは「G425」ドライバーMAXと比較して重心を約10%フェース寄りに配置することにより、強弾道と低スピンを生み出す設計です。

Yanagi
バックスピンが多くて困ってるからG425はすごく気になる!!
Yanagiはクラブよりスイングの問題だがな
Mr.T

 

フェースとクラウン素材は変更なし

フェースに使用されている高強度・極薄の反発素材「FORGED T9S+チタン」は、「G410」シリーズから変更がなさそうです。
また、ドライバーのクラウンに使用されている「811チタン(ボディ)」も「G410」シリーズと同様のテクノロジーです。
空気抵抗を抑えるために「タービュレーター」も搭載されていますが、機能的に大きな違いがなさそうです。
※ゴルフクラブにおいて、空気抵抗によって何ydも飛距離を変える事は現時点不可能です。もちろん、数センチなら飛距離が伸びるかもしれませんが…

 

クラウンの設計は変化あり

極薄の「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」によって、「G410」シリーズより約4%深く低い重心設計へと進化しました。
アッパー軌道になりやすく、低ロフトでも高打ち出し&低スピンを生み出しやすくなっています。

 

ヘッドサイズは変更あり

「G410」ドライバーLSTは450ccのヘッドでしたが、「G425」ドライバーLSTでは、445CCへと少し小さくなりました。
一方で、「G410」ドライバーPLUSや「G410」ドライバーSFTは455CCでしたが、「G425」ドライバーMAXでは460CCへと少し大きくなっています。
それぞれ、低スピンを求めるのか、高MOIで簡単にビッグドライブを求めるのか、より特性が出やすくなっています。

 

サウンドリブの効果には変化あり

サンドリブというテクノロジー自体は「G410」シリーズでも搭載されていましたが、「G425」シリーズでは少し味付けが変わっています。
「G425」シリーズでは、打音がやや控えめになった結果、打感もマイルドに感じます。
「G410」シリーズの金属音が好きだった人には物足りないかもしれませんが、個人的には好印象でした。

 

MOIには変更あり

PINGの設計は、上下のミスにも強いのが特徴です。
そして「G425」シリーズはGシリーズ史上最大値となった上下左右のMOIとなっています。

 

 

試打レビュー

今回は、PINGの純正シャフトを使って、本命の「G425」ドライバーLSTと比較対象の「G425」ドライバーMAXを試打させてもらいました!

 

試打クラブ

「G425」ドライバーLST

  • ロフト角(度) 9
  • ヘッド体積(cc) 445
  • ライ角(度) 58
  • シャフト PING TOUR 173-65
  • 総重量 約317g
  • ウェイトポジション:センター

 

「G425」ドライバーMAX

  • ロフト角(度) 9
  • ヘッド体積(cc) 460
  • ライ角(度) 59.5
  • シャフト PING TOUR 173-65
  • 総重量 約312g
  • ウェイトポジション:センター

 

試打結果(GC4データ比較)

LST MAX 弾道

青色:LST 赤色:MAX

 

ショットデータ(平均値)

「G425」ドライバーLST
  • ヘッドスピード:48.3m/s
  • ボールスピード:69.3m/s
  • キャリー:263yd
  • トータル飛距離:295yd
  • スピン量:1813rpm

 

「G425」ドライバーMAX
  • ヘッドスピード:48.5m/s
  • ボールスピード:70.1m/s
  • キャリー:260yd
  • トータル飛距離:289yd
  • スピン量:2170rpm

※先月「G410」ドライバーLSTも軽く準備運動した後に5球程打ってみましたが、その時のデータはちょっとスピン量が多くなってしまいました…これはの問題…

 

ファーストインプレッション

軽く準備運動した後、3球ずつ試打してみました。
青色が「G425」ドライバーLST、赤色が「G425」ドライバーMAXのデータです。

やはり「G425」ドライバーLSTの方がバックスピン量が10%程度少なく、曲がり幅も少なくなっています。
純正シャフトは「G410」シリーズのものと変わらないのですが、クラブが優しくなった感じで、フェーダーの私でもドローが連発でした。
「G425」ドライバーMAXの方が、簡単な感じはありましたね。

Yanagi
まさかのドロー連発!!!
Yanagiにしては球がまとまってるな!!!
Mr.T

 

飛距離性能

G425 LSTとG425 MAXのヘッドとしての飛距離性能は同等です!(同じ技術、同じルールの元開発しているので当たり前ですが…)

飛ばしたいから◯◯を選ぶのではなく、自分のスピン量や弾道からどんな性能を求めるかで決めましょう!

 

打感

今回は打音が少し控えめになった影響からか、打感も少しまろやかになった感じです。PING G410の金属音との弾き感が好きだった人には物足りないかもしれませんが、それほど大きな変化という訳でもありません。

 

 

「G425」ドライバーLST/「G425」ドライバーMAX試打レビューまとめ

距離性能自体は、「G410」シリーズと「G425」シリーズ、「G425」ドライバーLSTと「G425」ドライバーMAXそれぞれに大きな差は無さそうなので、スピン量やミスした時にどれだけ救ってくれるかを考えてチョイスするといいと思います。

「G410」シリーズで問題ない人は買い替える必要はありませんが、ミスヒットが多い人やスピン量が多くて困っている人は、是非「G425」ドライバーを検討してください!

ヘッドスピードのあるけどスピン量が多くて困っているという人は、「G425」ドライバーLSTがめちゃくちゃオススメです!!

Yanagi
テーラーメイドから乗り換えようかな…
またお小遣いの前借りか…?
Mr.T

G425シリーズ

  • G410と最大飛距離は変わらない
  • 寛容性UPで平均飛距離は伸びる
  • LSTはスピン量減で曲がり幅も減少
  • ハードヒッターはG425LST超オススメ!!

 

「G425」ドライバーLST

 

「G425」ドライバーMAX

PING G425 FW 比較
PING「G425」LST/MAXフェアウェイウッドを試打比較!!

2020年9月28日発売予定の、PING待望の新作「G425」シリーズの試打第二段!! 今回は、PING「G425」LSTフェアウェイウッド(3番)とPING「G425」MAXフェアウェイウッド(3番 ...

続きを見る

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

ショートパットグリップ

YouTube

2022/2/8

1.5m〜2mのパットを確実に入れるグリップの握り方!必ず芯でスクエアにヒットする最強のグリップはこれだ!!センターシャフトパターでショートパットを確実に入れる方法!!

https://youtu.be/6_6DpcvFbFc 【概要】 スコアを作る上で必ず決めていきたい、1.5〜2mのパット。 センターシャフトのパターと重心アングルグリップを使えば、この距離のショートパットはほぼ確実に入ります! 今回は魔法の様なパターのコツ、確実にパットが入るグリップの握り方について紹介します! パターに限らず、ゴルフのスイングではクラブの重心管理がとても大切で、重心管理さえできていれば、目標に対してクラブをスクエアにインパクトさせることができます。 このグリップは、パターだけでなく、 ...

ReadMore

マン振り練習

YouTube

2022/2/2

【実録】必ずドライバーの飛距離が伸びる練習方法!!1日10分、週に1回、1.5ヶ月でヘッドスピードが5%アップする練習風景を公開します!!

https://youtu.be/cT0vaHgpp50 【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、実際のマン振り練習風景を撮影しました。どんな練習をすれば飛距離が伸びるのか、ヘッドスピードや飛距離を伸ばしていきたい人はぜひ参考にしてください!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! ※動画で使用している「スーパースピードゴルフ」の細かい解説はブログでご確認ください↓↓↓ ht ...

ReadMore

マン振り

YouTube

2022/1/26

ドライバーでマン振りするコツとは??ヘッドスピードを上げたい、飛距離を伸ばしたい人必見!!ドラコン選手はどんなイメージでマン振りしているの?!

https://youtu.be/as3Zo7W88I8   【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、マン振りのコツ、ヘッドスピードを上げる練習のコツを紹介します!! スイングの形を気にするのは、ヘッドスピードを上げてから!身体の動きを気にしている様ではヘッドスピードは伸びないでのです!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 マン振りのコツ ...

ReadMore

体重移動

YouTube

2022/1/26

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる体重移動!!非力でも飛ばせる体重移動のコツとは??ドリルと準備運動の紹介!!

  【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で絶対に必要となってくる正しい体重移動、効率的な体重移動の方法を、具体的な準備運動とスイングドリルで紹介します! 非力でも飛ばすためには、どのようなタイミングでどんな体重移動が必要なのか?? 切り返しでの体重移動のコツやポイント、ドライバー飛距離アップに繋がるドリルを紹介します! ひとつの基準としてまずは一度試してみてください!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:27 正しい体重移動とは? 02:09 体重移動の練習 03:45 体重移動素振 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.