TIPS

PING「G425」ドライバーLSTとPING「G425」ドライバーMAXを試打比較!!

2020年9月28日発売予定の、PING待望の新作「G425」シリーズ。
PING所属選手の活躍から、年々日本でのシェアを伸ばしてきている中で待望の新シリーズ発売となりました。
最近「G410」シリーズがマークダウンしていた事から、そろそろ新作出るな?と待ち構えていた人も多いでしょう!

そこで早速、GC4で「G425」ドライバーLSTと「G425」ドライバーMAXを試打してきましたので、レビューします!!
マークダウンしたタイミングで「G410」ドライバーLSTも試打していたので数字を載せていますが、そこはデータがあまりにもひどいので参考にもならないかも…??

 

「G410」から「G425」シリーズへの変化点

まずは、「G410」から「G425」へモデルチェンジされるタイミングで、どのようなテクノロジーの変化ががあったか、確認してみましょう!

 

可変式ウェイトの変更

「G410」シリーズではスライドする可変式のウェイトで弾道を調整していましたが、「G425」シリーズでは、ドロー・ストレート・フェードの3つのポジションにウェイトを設置することで調整します。

プレーヤーからすると、「G410」と比較して「G425」は微調整しにくくなった面はありますが、それ以上にウェイトの重量が重くなったメリット、ポジションを3通りにする事でどのポジションでも高MOIをキープできてるメリットの方が大きくなります。

「叩いても、ブレない。PING史上最もブレない高MOIヘッド」の実現にはこの設計が不可欠で、極薄クラウン設計とソールウェイトをヘッド後方部に搭載することで、前作比で重心を約4%深くすることができました。→ミスヒットにさらに強くなっています。

モデル別でみると、「G425」ドライバーLSTでは、「G410」ドライバーLSTと比較してスピン量が約200回転減少しています。
また「G425」ドライバーLSTは「G425」ドライバーMAXと比較して重心を約10%フェース寄りに配置することにより、強弾道と低スピンを生み出す設計です。

Yanagi
バックスピンが多くて困ってるからG425はすごく気になる!!
Yanagiはクラブよりスイングの問題だがな
Mr.T

 

フェースとクラウン素材は変更なし

フェースに使用されている高強度・極薄の反発素材「FORGED T9S+チタン」は、「G410」シリーズから変更がなさそうです。
また、ドライバーのクラウンに使用されている「811チタン(ボディ)」も「G410」シリーズと同様のテクノロジーです。
空気抵抗を抑えるために「タービュレーター」も搭載されていますが、機能的に大きな違いがなさそうです。
※ゴルフクラブにおいて、空気抵抗によって何ydも飛距離を変える事は現時点不可能です。もちろん、数センチなら飛距離が伸びるかもしれませんが…

 

クラウンの設計は変化あり

極薄の「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」によって、「G410」シリーズより約4%深く低い重心設計へと進化しました。
アッパー軌道になりやすく、低ロフトでも高打ち出し&低スピンを生み出しやすくなっています。

 

ヘッドサイズは変更あり

「G410」ドライバーLSTは450ccのヘッドでしたが、「G425」ドライバーLSTでは、445CCへと少し小さくなりました。
一方で、「G410」ドライバーPLUSや「G410」ドライバーSFTは455CCでしたが、「G425」ドライバーMAXでは460CCへと少し大きくなっています。
それぞれ、低スピンを求めるのか、高MOIで簡単にビッグドライブを求めるのか、より特性が出やすくなっています。

 

サウンドリブの効果には変化あり

サンドリブというテクノロジー自体は「G410」シリーズでも搭載されていましたが、「G425」シリーズでは少し味付けが変わっています。
「G425」シリーズでは、打音がやや控えめになった結果、打感もマイルドに感じます。
「G410」シリーズの金属音が好きだった人には物足りないかもしれませんが、個人的には好印象でした。

 

MOIには変更あり

PINGの設計は、上下のミスにも強いのが特徴です。
そして「G425」シリーズはGシリーズ史上最大値となった上下左右のMOIとなっています。

 

 

試打レビュー

今回は、PINGの純正シャフトを使って、本命の「G425」ドライバーLSTと比較対象の「G425」ドライバーMAXを試打させてもらいました!

 

試打クラブ

「G425」ドライバーLST

  • ロフト角(度) 9
  • ヘッド体積(cc) 445
  • ライ角(度) 58
  • シャフト PING TOUR 173-65
  • 総重量 約317g
  • ウェイトポジション:センター

 

「G425」ドライバーMAX

  • ロフト角(度) 9
  • ヘッド体積(cc) 460
  • ライ角(度) 59.5
  • シャフト PING TOUR 173-65
  • 総重量 約312g
  • ウェイトポジション:センター

 

試打結果(GC4データ比較)

LST MAX 弾道

青色:LST 赤色:MAX

 

ショットデータ(平均値)

「G425」ドライバーLST
  • ヘッドスピード:48.3m/s
  • ボールスピード:69.3m/s
  • キャリー:263yd
  • トータル飛距離:295yd
  • スピン量:1813rpm

 

「G425」ドライバーMAX
  • ヘッドスピード:48.5m/s
  • ボールスピード:70.1m/s
  • キャリー:260yd
  • トータル飛距離:289yd
  • スピン量:2170rpm

※先月「G410」ドライバーLSTも軽く準備運動した後に5球程打ってみましたが、その時のデータはちょっとスピン量が多くなってしまいました…これはの問題…

 

ファーストインプレッション

軽く準備運動した後、3球ずつ試打してみました。
青色が「G425」ドライバーLST、赤色が「G425」ドライバーMAXのデータです。

やはり「G425」ドライバーLSTの方がバックスピン量が10%程度少なく、曲がり幅も少なくなっています。
純正シャフトは「G410」シリーズのものと変わらないのですが、クラブが優しくなった感じで、フェーダーの私でもドローが連発でした。
「G425」ドライバーMAXの方が、簡単な感じはありましたね。

Yanagi
まさかのドロー連発!!!
Yanagiにしては球がまとまってるな!!!
Mr.T

 

飛距離性能

G425 LSTとG425 MAXのヘッドとしての飛距離性能は同等です!(同じ技術、同じルールの元開発しているので当たり前ですが…)

飛ばしたいから◯◯を選ぶのではなく、自分のスピン量や弾道からどんな性能を求めるかで決めましょう!

 

打感

今回は打音が少し控えめになった影響からか、打感も少しまろやかになった感じです。PING G410の金属音との弾き感が好きだった人には物足りないかもしれませんが、それほど大きな変化という訳でもありません。

 

 

「G425」ドライバーLST/「G425」ドライバーMAX試打レビューまとめ

距離性能自体は、「G410」シリーズと「G425」シリーズ、「G425」ドライバーLSTと「G425」ドライバーMAXそれぞれに大きな差は無さそうなので、スピン量やミスした時にどれだけ救ってくれるかを考えてチョイスするといいと思います。

「G410」シリーズで問題ない人は買い替える必要はありませんが、ミスヒットが多い人やスピン量が多くて困っている人は、是非「G425」ドライバーを検討してください!

ヘッドスピードのあるけどスピン量が多くて困っているという人は、「G425」ドライバーLSTがめちゃくちゃオススメです!!

Yanagi
テーラーメイドから乗り換えようかな…
またお小遣いの前借りか…?
Mr.T

G425シリーズ

  • G410と最大飛距離は変わらない
  • 寛容性UPで平均飛距離は伸びる
  • LSTはスピン量減で曲がり幅も減少
  • ハードヒッターはG425LST超オススメ!!

 

「G425」ドライバーLST

 

「G425」ドライバーMAX

PING G425 FW 比較
PING「G425」LST/MAXフェアウェイウッドを試打比較!!

2020年9月28日発売予定の、PING待望の新作「G425」シリーズの試打第二段!! 今回は、PING「G425」LSTフェアウェイウッド(3番)とPING「G425」MAXフェアウェイウッド(3番 ...

続きを見る

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
鬼溜めの方法

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】切り返しで鬼の様にタメが入るコツとは?!飛距離が伸びる「タメ」はグリップの使いに方に秘密があった?!

【概要】 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの特性を理解しましょう! プロの様な「タメ」が入った切り返しを手に入れるには、グリップとヘッドをどう動かすかを知らなければなりません!川崎春花プロのコーチである土手陸コーチに切り返しのコツを教わってきましたので、その内容・練習方法をシェアします! 【目次】 00:00 プロの切り返し 01:05 クラブ重心をキャッチする 03:41 タメが入る切り返し 07:00 タメの作り方まとめ ...

ReadMore

グリップ内圧力変化

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるグリップの使い方・握り方のコツとは?!ヘッドが走る感覚が手に入るグリップの使い方を習得しよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるグリップには、使い方や握り方にコツがあります!アドレス、切り返し、インパクトでそれぞれで正しくグリップを使えれば、ヘッドが加速する感覚が手に入ります! ヘッドスピードを最大化するグリップを手に入れて、ドライバーの飛距離を伸ばしましょう!! 【目次】 00:00 グリップ内圧力変化 01:04 クラブの握り方 03:54 飛距離が伸びるグリップ 08:02 グリップの使い方まとめ #ゴルフ #グリップ #ドライバー #飛距離 #ゴルフレッスン 【こちらの動画もおすすめ】 ...

ReadMore

スライス改善

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】ドライバーのスライスの直し方!原因はグリップの動かす方向?!身体のポジションでスライスを直そうと思っても一生直りません!

【概要】 スライスの単純明快な直し方の解説です!スライスの原因はクラブパスに対してフェースが開いてインパクトするためですが、そもそもフェースが開いてしまうのはグリップの動かし方が真逆だから… フェースが緩やかに閉じ、ボールに向かって正面衝突するローテーションを作るには、クラブ重心の管理とグリップの使い方がポイントです。 身体のポジションでスライスを直そうと思っても一生直りません!   【目次】 00:00 スライスの原因 02:23 クラブ重心管理 04:07 スライス修正ドリル 09:22 ス ...

ReadMore

二重振り子

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】飛距離が伸びる二重振り子の練習で1番最初にやるべき動きはこれ!クラブ様を無視して二重振り子は成り立ちません!手首から先の振り子の作り方から練習しましょう!!

【概要】 二重振り子が大切だと分かっていても、何から練習したらいいか分からない人、必見です! ゴルフスイングで1番大切な事は、グリップにどのようなエネルギーを与えるか?です! つまり手首を支点とした振り子(第1振り子)が最も大切なのですが、ただ動かせばいいという訳ではありません。 グリップに与えるエネルギーの方向が間違っていれば、二重振り子も台無し…振り遅れのスライスしか出ません。 飛距離が伸びる二重振り子を手に入れたければ、何よりもまずクラブを引きながら振り子を作る練習からスタートしましょう!! 【目次 ...

ReadMore

飛ばない動き

YouTube

2022/9/24

ドライバーが「曲がる」「飛ばない」人は”下半身”と’”グリップ”の使い方が間違っている?!ドライバーを全力で振っても”飛ばない”人や”ドライバーが苦手”な初心者必見!!

【概要】 ドライバーを全力で振っても”飛ばない”人や、飛ばすために”下半身リード”の意識が強すぎてヘッドが走らない人には共通する動きが2つあります!ドライバーを飛ばすためのグリップの使い方、ドライバーが飛ばなくなるグリップの使い方、ドライバーが飛ばなくなる下半身の使い方してませんか?? 【目次】 00:00 間違った下半身リード 03:53 グリップの使い方 06:21 ヘッドの走らせ方 07:34 飛距離が伸びない動き #ゴルフ #ドライバー #飛距離アップ #練習方法 #下半身リード   【 ...

ReadMore

YouTube

2022/9/24

ヘッドスピードだけじゃない!!ドライバーの飛距離を最大化するインパクトとは?!「ヘッドスピード別」正しいアッパーブローを知り入射角を揃えよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離を最大化するには、ヘッドスピードを上げるだけでは足りません!ヘッドスピードに合わせて、適切なアッパーブロー(入射角)でインパクトする事によって、適切なバックスピン量と打ち出し角が保たれ、最も効率的に飛ばす事ができます! アッパーブローの意思が強すぎて飛距離を損している人、適正な入射角が分からない人はぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 入射角 00:32 HS別アッパーブロー 03:20 適切な最下点の作り方 04:36 入射角イメージ #ゴルフ #アッパーブロー # ...

ReadMore

正しいダウンブロー

YouTube

2022/9/24

ダウンブローの打ち方「イメージと事実の差」とは?プロはこんなにレベルブローに打ってるの?!正しいダウンブローの意識づくり・練習方法を紹介!!

【概要】 ダウンブローと聞くと、上から叩く、潰すというイメージが先行しますが、実はPGA男子プロの入射角はそれほど鋭角ではありません。一生懸命「ハンドファースト」で打とう、「上から打とう」という意識が強すぎで、インパクトが安定しない…なんて悩みはありませんか?それは間違ったイメージによってダウンブローが強すぎているのかも?!正しいダウンブローのイメージ作りと、基本的な練習方法をご紹介します!!   【目次】 00:00 ダウンブローとは 02:04 適切な入射角 03:06 ダウンブローインパク ...

ReadMore

溜めの作り方

YouTube

2022/9/24

飛距離が伸びる「タメ」の作り方!どうしても力みがとれない人に向けた強制タメ発生ドリルの紹介!!これでダメなら諦めてください…強烈ドリルで脳をアップデート!!

【概要】 どうしても力みが取れずに切り返しでタメが解けてしまうという方、朗報です!! 今回は強制的にタメが生まれてしまう、ちょっと過激なドリル・練習方法を紹介します! 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、切り返しで手首を柔軟に使い時間差を作る必要がありますが、力んでいるとラグが発生しません。 なので…力む暇さえない高速素振りドリルで改善してみてください!!   【目次】 00:00 タメが生まれる動き 01:51 タメ強制発生ドリル ...

ReadMore

下半身リード

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】飛距離が伸びる下半身の使い方をマスターしよう!非力でも飛ばすコツは下半身の踏み込みと重心位置に隠されていた?!

【概要】 ヘッドを最大限に加速させるために下半身を正しく使うコツを取り入れましょう! 単純に下半身リード、左足の踏み込みといういう意識だけでは飛距離に繋がらない下半身の動きになってしまいます。 筋力に頼らず、重力や遠心力、シャフトの力を使って飛距離を伸ばすために、下半身がどのように動くべきなのか? 具体的なポイントとドリルを紹介します!   【目次】 00:00 下半身リードのコツ 02:46 下半身リードドリル① 04:26 下半身リードドリル② 06:37 下半身リードまとめ #ゴルフ #飛 ...

ReadMore

右手の使い方

YouTube

2022/7/15

【ゴルフ】飛距離が伸びる右手の使い方!全力でぶっ叩けば勝手にハンドファースト!!コツを掴めば切り返しで勝手にタメが生まれてシャローイングできる練習方法!!

【概要】 ゴルフで1番大切なのは「右手」を上手に使うこと!下半身リード、左サイドリードはトッププロらの感覚表現で、スイングの80%は右手でクラブをどう使えるかにかかっています! 右手さえ上手に使えれば勝手にハンドファーストは作られますし、切り返しでのタメも生まれてインサイドアウト軌道、シャローイングしながらのスイングが手に入ります! まずは、右手をどのように使うのか、どのようにし右手でボールを叩くのか、そこを極めてから下半身リードや左サイドを気にしてみましょう! https://www.youtube.c ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.