TIPS

ストロークゲインド(SG)を知ればゴルフが変わる!!パットイズマネーという神話

ストローク・ゲインド(SG)は、コロンビア大学のマーク・ブローディ教授によって確立された、ゴルフの実力を測る「指標」の1つです。

統計学者であるマーク・ブローディ教授は、10年以上に渡りショットのあらゆるデータを分析し、「ゴルフメトリクス」というデータベースにショットデータを蓄積してきました。
他方、PGAツアーでは「ショットリンクス」というショット毎のデータ収集システムを2003年から運用しており、マーク・ブローディ教授は、これら2つのデータを「ダイナミックプログラミング」という手法に基づき「ストローク・ゲインド(SG)」と呼ばれる新しい指標を生み出しました。

現在では、PGAツアーにおいて、ドライバー、アイアン、アプローチ、パットなどの技術力を示すために以下の6カテゴリーの「ストローク・ゲインド(SG)」を公表しています。
「ストローク・ゲインド(SG)」を和訳すると「打数を何で稼いでいるのか」です。

 

「ストローク・ゲインド(SG)」の種類と意味

Strokes Gained Putting (SG: Putting)

ストロークゲインド・パッティングは、プレイヤーがグリーン上で獲得した(または失った)ストローク数を測定します。

 

Strokes Gained Tee-to-Green (SG: T2G)

ストロークゲインド・ティー・トゥ・グリーンは、第1打の打ち出しから、ゴルファーがグリーンに到達するまでのすべてのショットです。

 

Strokes Gained Off-the-Tee (par-4s and par-5s tee shots)

ストロークゲインド・オフ・ザ・ティーは、すべてのパー4とパー5のホールの、ティーからのパフォーマンスを測定します。

 

Strokes Gained Approach-the-Green (outside 30 yards 含む par-3s tee shots)

ストロークゲインド・アプローチ・ザ・グリーンは、アプローチショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。
アプローチショットには、パー4およびパー5のホールのティーからのものではなく、ストロークゲインド・アラウンド・ザ・グリーンおよびストロークゲインド・パッティングに含まれないすべてのショットが含まれます。
アプローチショットには、パー3のティーショットが含まれます。

 

Strokes Gained Around-the-Green (any shots within 30 yards)

ストロークゲインド・アラウンド・ザ・グリーンは、グリーンの端から30ヤード以内のショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。
この統計にはグリーン上のショットは含まれません。

 

Strokes Gained Strokes Gained Total (SG: Total)

ストロークゲインド・トータルは該当試合の平均スコアから自身のスコアを引いた値です。

 

「パット数」ではパターの実力が分からない

パッティングはゴルフスコアを構成する1つの要素に過ぎず、パット数はスコアへの貢献度やパットの実力を示す指標にはなりえません。

例えば、アイアンの調子が悪く常に12m以上のファーストパットから2パットでしのぎ続け36パットだったAさんと、キレッキレのアイアンながらも2mのパットを外し続け35パットであがったBさんでは、Bさんの方がAさんよりパターが上手いと言えるのか?という事です。

2003~2012年のPGAツアー平均パット数では、12mを超えてくると「2.06」であり、2.5m程度の平均パット数は「1.42」です。
この時、パット数でいえばBさんがAさんを1打上まっていますが、ストロークゲインド・パッティングという指標で考えると、Aさんはパットで1打稼ぎ、Bさんはパットで10打失ったことになります。

このような説明を聞くと、「ストローク・ゲインド(SG)」という指標が、実力を測るのに適切な指標であると、理解できてくると思います。

ストロークゲインドパッティング

※出典:「ゴルフ データ革命」(マーク・ブローディ)No.1166 表3.10

 

「パットイズマネー」という神話

ゴルファーなら誰でも聞いたことのある「パットイズマネー」というフレーズは、長い間多くのゴルファーが盲目的に信じていた神話のひとつです。

確かに、ゴルフ中継をみていると、「このパットを決めれば優勝です!」というシーンに多く出くわします。
そして多くの著名なゴルファーがパットの重要性について言及してきました。
確かに、「パットイズマネー」が正しい場合も多くありますが、しかし真実は違います。
パッティングは他のショットと比べ、その重要性を過大評価されているのです。

2004年~2012年の間に米PGAツアーで優勝したプレーヤーの、優勝した試合におけるパッティングの貢献度(パットで「稼いだスコア)は、平均で約35%にすぎませんでした。

つまり、パット力よりも、ショット力が優勝に貢献する割合のほうが、圧倒的に高かったのです。
そしてこの傾向は、アマチュアゴルファーになるほど強くなってきます。

 

世界のトッププロでも2.5mのパット数平均は1.5打

ゴルフ中継ではスーパーショットであったり、勝負を分けるシーンにフォーカスされて放送されるので、トッププロはほとんどのショートパットを決めているように感じてしまいますが、世界のトッププロでも2.5mの距離を1パットで沈める確率は50%程度です。

もちろん、グリーンがとてつもなく速いため、切れるラインでの難しさは私たちがプレーするグリーン比ではありませんが、ショートパットでも結構外しているのです。
パットの名手であるルークドナルドでも1パットであがる確率は57%程度です。
これがどれくらいスコアに影響するかというと、2.5mのパットが15回あったとしても、トータルで1打しか平均的なプレーヤーに対してスコアは稼げません。

4日間のトーナメントを戦うトッププロにとっては大きな差になりますが、私たちアマチュアゴルファーにとっては2.5mの距離の精度を上げるより、OBを打たないティーショットを練習する方が遥かに効率的だと考える方が合理的です。
ティーショットでOBを1発でも打てば、2打スコアを失うのですから。

ちなみに、90台で回るゴルファーが2.5mを1パットで沈める可能性は27%程度です。
打数にするとプロと0.25打程度しか実力の差がないのです。

 

ストローク・ゲインド(SG)を計測するには「Garmin ‎Approach」がオススメ

PGAツアー選手であれば、協会がすべての試合でのショットを記録し、ストローク・ゲインド(SG)を知ることができます。
一方我々アマチュアゴルファーの場合は、自分自身でショットの記録やデータ解析を行わなければなりません。

「Golfmetrics」というアプリ(iPhone・iPad)を使えば、ストローク・ゲインド(SG)を算出する事ができますが、その作業はめちゃくちゃ面倒なようです。

そこでオススメなのが「Garmin」から発売されている「‎Approach」シリーズと、それらの時計に連動できるアプリ「Garmin Golf」を使ってストローク・ゲインド(SG)を計測する方法です。

「Garmin ‎Approach」の上位機種は、ショットする度に打点位置をGPS登録する事ができます。
その機能を利用し、ドライバーを何yd飛ばしたのか、真っすぐだったのか、曲げたのか、ショートパットやロングパットはどうだったのかと集計を重ねてくれます。

そして、同じようなハンディキャップのゴルファーと自分のスキルがどの点で優れていいて、どの点が劣っているのかアプリで確認することができます。

これによって、フェアウェイキープ率やパット数などの数値に惑わされず、稼げるショット、損してるショットは何なのか明確に知る事ができるのです。
個人的には、時計型ゴルフナビとして飛距離を計測する以上に、ストローク・ゲインド(SG)を手軽に計測できる点が「Garmin ‎Approach」の最大の強みだと思っています。
※「Garmin ‎Approach S62」のレビュー記事はこちら

この記事を読んで、自分自身のストローク・ゲインド(SG)を知りたいなと思った人は、ぜひ「Garmin ‎Approach」シリーズの購入を検討してみてください!
また、ストローク・ゲインド(SG)をより深く学びたいな感じた人は「ゴルフ データ革命」を読んでみてください!

 

 

 

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
地面半力

YouTube

2021/10/20

【ゴルフ】地面半力習得ドリル!ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わったお手軽ドリルを紹介!!踏み込むタイミング&解き放つタイミング&身体の動きの全てがわかる?!

【概要】 地面半力を上手に使うためのドリルを、ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わりました! 地面を踏んだ後どのようなステップワークで飛距離を伸ばしていくか、アライメントスティック1本で簡単に習得することができます! 世界一飛ばす男が実践するとても簡単なドリルを取り入れない理由がありますか?! おそらく!日本で初公開のドリルですので、ぜひチェックしてください!! 【目次】 00:00 地面半力とは 00:46 地面半力の使い方 02:47 地面半力飛距離アップドリル 03: ...

ReadMore

腰の回し方

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい腰の回し方??腰ではなく股関節の使い方を意識するだけで動きが激変!!飛距離が伸びる下半身リードが手に入ります!

【概要】 腰の回し方や腰の切り方といったキーワードはよく耳にしますが、そもそも腰椎は5°しか回りません! 大切なのは腰ではなく股関節の使い方や動かす方向です。 今回は、「腰の回し方」という悪魔の様なキーワードに囚われてしまった方へ向けた、正しい「股関節」の動かし方を解説します。 腰を切る!腰の回し方!という言葉に惑わされて、スイングが乱れたり腰痛になっていませんか?? 股関節の正しい動きを知れば、理想的な下半身リードで分厚いインパクトが実現しますよ!!   【目次】 00:00 正しい腰の動き ...

ReadMore

前傾姿勢キープ

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】前傾姿勢を体感する自宅用ドリル2選!!伸び上がりを防ぐお尻や左サイドの動きを体感しよう!

【概要】 ゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 その前傾姿勢を維持するために、身体はどんな動きが必要か、自宅にいながら体感出来るドリルを2つ紹介します! どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまう人は、ぜひチェックしてください!! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、毎日の生活の中に取り入れましょう!! 【目次】 00:00 アーリーエクステンション 00:28 ...

ReadMore

アーリーエクステンション

YouTube

2021/9/10

【ゴルフ】前傾姿勢を維持する準備運動を取り入れよう!伸び上がりを防ぐお尻の動きを体感ドリル!!

【概要】 多くのゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまいがちですよね。 そこで今回は、前傾姿勢を維持するための準備運動をご紹介します! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、ぜひ準備運動に取り入れてください! 【目次】 00:00 正しい前傾姿勢 00:34 肩の動き確認ドリル 02:06 胸の向き確認ドリル 03:23 前 ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/9/10

カット打ちの直し方!!そもそもの原因はテイクバック(始動)にあり?!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しやダウンスイングから修正しようという方が多くいますが、そもそもテイクバック(始動)の瞬間にアウトサイドインを誘発する動きになっている人が多くいます。 今回は、カット打ちにならないためのテイクバック(始動)ができているか、アライメントスティックを使ってチェックする方法をご紹介します! 【目次】 00:00 カット打ちになるテイクバック 00 ...

ReadMore

前傾姿勢チェック

YouTube

2021/8/30

【ゴルフ】前傾姿勢キープの第一歩!!切り返しからインパクトまでの下半身の動きをチェックするドリルを紹介!!

【概要】 切り返しから身体が起きてしまう方は、何よりもまず下半身の正しい動きをチェックする事が大切です! アライメントスティック1本あれば、正しく下半身が動いているかチェックできますので、ぜひチャレンジしてみてください!! #飛距離アップ #前傾姿勢 #下半身 #切り返し #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:35 前傾姿勢チェックドリル 01:52 まとめ 【Twitter】 https://twitter.com/Out_Drive300 ↑↑↑ Twitterでもゴルフ情報発信してま ...

ReadMore

ゴルフ右腰痛

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】右腰痛を引き起こす原因は間違った「背骨」の使い方!!原因と対策・修正ドリルを紹介!!

【概要】 腰痛に悩むゴルファーは多くいますが、その中でも「右腰」に痛みを感じる方は、「背骨」の動きが間違っている可能性大!! 飛距離を伸ばそうと大きなトップを作る意識が強すぎて、トップオブスイングで体が飛球線方向へ傾いている方は注意が必要です! 「腰痛」を引き起こす原因と対策&修正ドリルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください! #飛距離アップ #腰痛 #リバーススパインアングル #トップ #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:48 背骨の動き 01:43 腰痛修正ドリル① 02:31 腰 ...

ReadMore

明治の大砲

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】フィニッシュで体重が右に残る「ハンギングバック」の直し方!ダフる・ボールが上がらない女性ゴルファーは要注意?!

【概要】 テイクバックで右に体重移動したまま、インパクトを迎えてしまう「ハンギングバック」というスイングエラー。 特に下半身や体幹の筋力少ない女性ゴルファーに多いミスの一つです。 ドライバーでダフる・ボールが上がらないという方はぜひチェックしてみてください! #飛距離アップ #体重移動 #ハンギングバック #テイクバック #ドリル   【目次】 00:00 ハンギングバックとは? 01:27 ハンギングバック修正ドリル 02:27 まとめ 【Twitter】 https://twitter.co ...

ReadMore

スライド

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい体重移動とは?その動きバンプじゃなくスライドです!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでしっかりと左サイドに体重移動を行なっていくことが大切で。 また左サイドに乗ることで、右サイドに手の通り道ができ美しいスイングにもつながります。 が、しかし!いわゆる「バンプ」という左サイドへの体重移動は、ひとつ間違えると「スライド」という間違った体重移動になります。 スライドが起こると、左サイドがロックされスイング後半は手打ちの状態になってしまい方向性が安定しませんし、ヘッドスピードも低下するので飛距離が伸びません。 今回は「スライド」がどういった動きなの ...

ReadMore

スウェー

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】正しい体重移動できてますか??スウェーのチェックポイントと直し方!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、テイクバックでしっかりと右足に体重移動していく事が大切ですが、あまりにその意識が大きいと「スウェー」というスイングエラーになっている場合があります。 また、身体を捻転差せずにクラブを担ぐようにテイクバックをしてしまいスウェーしているゴルファーも多くいます。 正しい体重移動ができているか?まずはテイクバックで「スウェー」していないか、確認してみましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:07 スウェーとは? 01:56 スウェー対策 02:41 スウェー対策ド ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.