パットイズマネー

TIPS

ストロークゲインド(SG)を知ればゴルフが変わる!!パットイズマネーという神話

ストローク・ゲインド(SG)は、コロンビア大学のマーク・ブローディ教授によって確立された、ゴルフの実力を測る「指標」の1つです。

統計学者であるマーク・ブローディ教授は、10年以上に渡りショットのあらゆるデータを分析し、「ゴルフメトリクス」というデータベースにショットデータを蓄積してきました。
他方、PGAツアーでは「ショットリンクス」というショット毎のデータ収集システムを2003年から運用しており、マーク・ブローディ教授は、これら2つのデータを「ダイナミックプログラミング」という手法に基づき「ストローク・ゲインド(SG)」と呼ばれる新しい指標を生み出しました。

現在では、PGAツアーにおいて、ドライバー、アイアン、アプローチ、パットなどの技術力を示すために以下の6カテゴリーの「ストローク・ゲインド(SG)」を公表しています。
「ストローク・ゲインド(SG)」を和訳すると「打数を何で稼いでいるのか」です。

 

「ストローク・ゲインド(SG)」の種類と意味

Strokes Gained Putting (SG: Putting)

ストロークゲインド・パッティングは、プレイヤーがグリーン上で獲得した(または失った)ストローク数を測定します。

 

Strokes Gained Tee-to-Green (SG: T2G)

ストロークゲインド・ティー・トゥ・グリーンは、第1打の打ち出しから、ゴルファーがグリーンに到達するまでのすべてのショットです。

 

Strokes Gained Off-the-Tee (par-4s and par-5s tee shots)

ストロークゲインド・オフ・ザ・ティーは、すべてのパー4とパー5のホールの、ティーからのパフォーマンスを測定します。

 

Strokes Gained Approach-the-Green (outside 30 yards 含む par-3s tee shots)

ストロークゲインド・アプローチ・ザ・グリーンは、アプローチショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。
アプローチショットには、パー4およびパー5のホールのティーからのものではなく、ストロークゲインド・アラウンド・ザ・グリーンおよびストロークゲインド・パッティングに含まれないすべてのショットが含まれます。
アプローチショットには、パー3のティーショットが含まれます。

 

Strokes Gained Around-the-Green (any shots within 30 yards)

ストロークゲインド・アラウンド・ザ・グリーンは、グリーンの端から30ヤード以内のショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。
この統計にはグリーン上のショットは含まれません。

 

Strokes Gained Strokes Gained Total (SG: Total)

ストロークゲインド・トータルは該当試合の平均スコアから自身のスコアを引いた値です。

 

「パット数」ではパターの実力が分からない

パッティングはゴルフスコアを構成する1つの要素に過ぎず、パット数はスコアへの貢献度やパットの実力を示す指標にはなりえません。

例えば、アイアンの調子が悪く常に12m以上のファーストパットから2パットでしのぎ続け36パットだったAさんと、キレッキレのアイアンながらも2mのパットを外し続け36パットであがったBさんでは、Bさんの方がAさんよりパターが上手いと言えるのか?という事です。

2003~2012年のPGAツアー平均パット数では、12mを超えてくると「2.06」であり、2.5m程度の平均パット数は「1.42」です。
この時、パット数でいえばBさんがAさんを1打上まっていますが、ストロークゲインド・パッティングという指標で考えると、Aさんはパットで1打稼ぎ、Bさんはパットで10打失ったことになります。

このような説明を聞くと、「ストローク・ゲインド(SG)」という指標が、実力を測るのに適切な指標であると、理解できてくると思います。

ストロークゲインドパッティング

※出典:「ゴルフ データ革命」(マーク・ブローディ)No.1166 表3.10

 

「パットイズマネー」という神話

ゴルファーなら誰でも聞いたことのある「パットイズマネー」というフレーズは、長い間多くのゴルファーが盲目的に信じていた神話のひとつです。

確かに、ゴルフ中継をみていると、「このパットを決めれば優勝です!」というシーンに多く出くわします。
そして多くの著名なゴルファーがパットの重要性について言及してきました。
確かに、「パットイズマネー」が正しい場合も多くありますが、しかし真実は違います。
パッティングは他のショットと比べ、その重要性を過大評価されているのです。

2004年~2012年の間に米PGAツアーで優勝したプレーヤーの、優勝した試合におけるパッティングの貢献度(パットで「稼いだスコア)は、平均で約35%にすぎませんでした。

つまり、パット力よりも、ショット力が優勝に貢献する割合のほうが、圧倒的に高かったのです。
そしてこの傾向は、アマチュアゴルファーになるほど強くなってきます。

 

世界のトッププロでも2.5mのパット数平均は1.5打

ゴルフ中継ではスーパーショットであったり、勝負を分けるシーンにフォーカスされて放送されるので、トッププロはほとんどのショートパットを決めているように感じてしまいますが、世界のトッププロでも2.5mの距離を1パットで沈める確率は50%程度です。

もちろん、グリーンがとてつもなく速いため、切れるラインでの難しさは私たちがプレーするグリーン比ではありませんが、ショートパットでも結構外しているのです。
パットの名手であるルークドナルドでも1パットであがる確率は57%程度です。
これがどれくらいスコアに影響するかというと、2.5mのパットが15回あったとしても、トータルで1打しか平均的なプレーヤーに対してスコアは稼げません。

4日間のトーナメントを戦うトッププロにとっては大きな差になりますが、私たちアマチュアゴルファーにとっては2.5mの距離の精度を上げるより、OBを打たないティーショットを練習する方が遥かに効率的だと考える方が合理的です。
ティーショットでOBを1発でも打てば、2打スコアを失うのですから。

ちなみに、90台で回るゴルファーが2.5mを1パットで沈める可能性は27%程度です。
打数にするとプロと0.25打程度しか実力の差がないのです。

 

ストローク・ゲインド(SG)を計測するには「Garmin ‎Approach」がオススメ

PGAツアー選手であれば、協会がすべての試合でのショットを記録し、ストローク・ゲインド(SG)を知ることができます。
一方我々アマチュアゴルファーの場合は、自分自身でショットの記録やデータ解析を行わなければなりません。

「Golfmetrics」というアプリ(iPhone・iPad)を使えば、ストローク・ゲインド(SG)を算出する事ができますが、その作業はめちゃくちゃ面倒なようです。

そこでオススメなのが「Garmin」から発売されている「‎Approach」シリーズと、それらの時計に連動できるアプリ「Garmin Golf」を使ってストローク・ゲインド(SG)を計測する方法です。

「Garmin ‎Approach」の上位機種は、ショットする度に打点位置をGPS登録する事ができます。
その機能を利用し、ドライバーを何yd飛ばしたのか、真っすぐだったのか、曲げたのか、ショートパットやロングパットはどうだったのかと集計を重ねてくれます。

そして、同じようなハンディキャップのゴルファーと自分のスキルがどの点で優れていいて、どの点が劣っているのかアプリで確認することができます。

これによって、フェアウェイキープ率やパット数などの数値に惑わされず、稼げるショット、損してるショットは何なのか明確に知る事ができるのです。
個人的には、時計型ゴルフナビとして飛距離を計測する以上に、ストローク・ゲインド(SG)を手軽に計測できる点が「Garmin ‎Approach」の最大の強みだと思っています。
※「Garmin ‎Approach S62」のレビュー記事はこちら

この記事を読んで、自分自身のストローク・ゲインド(SG)を知りたいなと思った人は、ぜひ「Garmin ‎Approach」シリーズの購入を検討してみてください!
また、ストローク・ゲインド(SG)をより深く学びたいな感じた人は「ゴルフ データ革命」を読んでみてください!

 

 

 

TPI LESSON

世界最大のゴルフ研究組織「TPI」のメソッドに基づき、あたなのゴルフスイングを進化させてみませんか?
無料ボディスクリーニング実施中です!!

世界最大のゴルフ組織「TPI」の魅力

TPI LESSON

TPIとは TPIとは「タイトリスト パフォーマンス インスティテュート」(以下TPI)をいいます。フィジカル、スウィング、クラブなどの研究や開発を目的にタイトリスト後援のもと設立された組織で、ゴルフ ...

続きを見る

飛ばない動き

SWING

2020/11/21

ドライバーの飛距離が出ないゴルファーの2大共通点!

打倒ゴリマッチョを目指して、飛距離アップ・ヘッドスピードアップトレーニング&勉強を重ねてきました。 そして、圧倒的な飛距離を誇るPGAツアー選手やドラコンプロのスイングと「飛距離に悩む人」のスイングを比較・観察する中で、「絶対的に飛ばない動き」の2大共通点が見えてきました。 ドライバーが飛ばない原因は様々ありますが、その中でも特に注意しなければならない点です。 逆に言えば、飛ぶ人はみんな真逆の動きをしています。 ドライバーの飛距離が出ない2つの原因の1つは「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動き ...

ReadMore

ひ鍼

CONDITION

2020/11/15

肩こりゴルファー必見!その肩こり100円で治ります!!

ゴルファーの皆さん、肩こってませんか?? 日頃から肩こりに悩んでいる人って結構多いかなと思うんですが、みなさんはどんなケアしていますか?? コラントッテとか、ファイテンみたいな磁気・チタンネックレスをしている人も多いですよね! 普段はふにゃふにゃの肩をしている私ですが、時々めちゃくちゃひどい肩こりになるんです。 毎日素振りしているし、しっかりウォーミングアップしてから練習しているので肩は凝りにくいはずなんですけど、疲労が限界突破するとゴリゴリに凝っちゃうんです。 吐き気するくらいのやつ。 でもそんな時は、 ...

ReadMore

ボイスキャディCL2

TIPS

2020/11/14

ボイスキャディCL2(レーザー距離計)を使用レビュー!!

みなさん、レーザー距離計を使ってラウンドしていますか? 私は、ガーミンS62(腕時計型GPS)とニコン「COOLSHOT 80i VR」(レーザー距離計)の2つを使ってラウンドしているのですが、「どっちか片方しか使っちゃダメ!」と言われば間違いなくレーザー距離計を選びます! ガーミンS62のような腕時計型GPSでは、打ち出し方向や飛距離、目標物の目安をざっくり知るにはお手軽でいいのですが、「どの場所に何yd打つのか」「どの方向に何yd飛ばしてはダメなのか」といった細かい戦略を立てるのは苦手です。 一方で「 ...

ReadMore

ヘッドスピード計測器

TIPS

2020/11/3

ヘッドスピード計測器の比較(ユピテルvsプロギア)オススメの使い方

ゴルフ練習道具の中でも人気の「ヘッドスピード計測器」、その精度やメーカーとの違いによって飛距離がどれくらい変わるか気になっている人も多いと思います。 お店で計測した数値やテレビ中継で見るトッププロの数値と比較すると、あれ?こんなに速いの?こんなに遅いの?と感じるシーンが多いはず… そこで、ヘッドスピード計測器でトップシェアの「ユピテル スイングトレーナー」と「プロギア レッドアイズポケット」をレンジで比較してきました! また、GC4やフライトスコープでの計測値も参考に、その精度や飛距離測定ブレを検証してい ...

ReadMore

地面反力の使い方

SWING

2020/10/30

地面反力を使おう!お手軽練習器具とドリルの紹介!!

最近のゴルフスイング理論では「地面反力」という言葉がよく出てきます。 「何やら小難しい、新しい理論が出てきたぞ?」と思う方もいるかもしれませんが、スポーツの運動力学において「地面反力」に関する研究は何十年も前から行われていました。 それが最近、ゴルフスイングでも話題になってきているだけで、どちらかというとスポーツの運動力学の中でゴルフは周回遅れである感が否めません。 ではなぜ、ゴルフスイングで「地面反力」が話題になってきているのか、またどうすれば「地面反力」を使えるのかという点について解説していこうと思い ...

ReadMore

3種の神器

TIPS

2020/10/17

独学でシングルを目指す方法〜3種の神器〜

ゴルフを上達する上で、素晴らしいレッスンコーチに出会うほどの幸運はありません! しかしながら、いいコーチにめぐり逢えず独学でシングルを目指す人も多くいると思います。私もその1人で、周りに魅力的なコーチがいないので自らトレーナー資格を取得し、プレーヤー兼トレーナーとしてシングルを目指しています。(地方に住んでいる人は優秀なコーチに出会いにくい現実があると思います…) そのため、スイングを上達するための練習道具や、マネジメントを学ぶための本はたくさん試してきました。 そんな中で、いよいよシングルに到達する手応 ...

ReadMore

スーパースピードゴルフ

SWING

2020/10/17

「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」のススメ

TPIトレーナーであり、PGAツアー選手、ツアーコーチの「マイケル・ナポレオン」によって生み出された「スーパースピードゴルフ」は、実に600名以上のツアープレーヤーが愛用する練習器具です。 マイケルは「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」を開発する事によって、多くのPGAツアー選手の勝利に貢献してきました。 正しく使うことができれば、「スーパースピードゴルフ」以上に効果を生み出す練習器具はありません。 一方で、あまりに効果がある(身体が動いてしまう)ためその負担も大きく、自らの身体的特徴を理解しゴ ...

ReadMore

メンタルスコアカード

CONDITION

2020/10/13

【保存版】ラウンドでスコアが出るメンタルコントロール方法

「練習では上手くいったのに!」「肝心なところでミスが出た…」というように、ゴルファーなら誰しも「メンタル」の重要性を痛感しているはずです。 我らがGoogle先生で「ゴルフ メンタル」と検索すると、870万件以上のサイトがヒットしますし、Amazonで「ゴルフ メンタル」を検索すると200冊近く検索にヒットします。誰もが、ゴルフとの向き合い方やラウンドでのメンタルコントロールを学びたいと強く望んでいる証拠ですね。 もちろん、私も例に漏れず「メンタル」につい悩み、もがき、色々な書籍やサイトで「聖杯」を探して ...

ReadMore

ふるさと納税名門コース

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】名門コースプレー券特集!!

ふるさと納税で一番コスパがいい返礼品は「ツアーボール」だと思いますが、納税額が多い人には名門コースでのプレー券もオススメです。 毎年トッププロの試合が組まれる名門、メジャー大会開催の名門コースでのプレー券・宿泊券のふるさと納税を調べました!! いつかはプレーしたい名門コース、実質2,000円でラウンドしちゃいましょう!! ふるさと納税とは もう知らない人はいないと思いますが、ふるさと納税について簡単にまとめると… 自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる 税金の還付や控除を受けられる、 特産品などの ...

ReadMore

ふるさと納税

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】ゴルフボール高還元率特集!!

みなさん、ふるさと納税してますか?? 毎年毎年、早い時期に申し込んで美味しい果物でも楽しもうかなと思うのですが、気がつけば今年も残すところ3ヶ月… またしても桃やサクランボなど高級果物を食べずに今年が終わりそうです。 という事で、結局ふるさと納税でゴルフボールを頼んで家族から文句を言われてしまうのですが… OBをよく出す私には、とっても大切なボール補充方法なのです!! 私は、ブリジストンTourBXSがエースボールなのでボール選びに迷うことはありませんが、この際だから普段使わないボールを試してみたい!! ...

ReadMore

-TIPS
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2020 All Rights Reserved.