TIPS

ストロークゲインド(SG)を知ればゴルフが変わる!!パットイズマネーという神話

ストローク・ゲインド(SG)は、コロンビア大学のマーク・ブローディ教授によって確立された、ゴルフの実力を測る「指標」の1つです。

統計学者であるマーク・ブローディ教授は、10年以上に渡りショットのあらゆるデータを分析し、「ゴルフメトリクス」というデータベースにショットデータを蓄積してきました。
他方、PGAツアーでは「ショットリンクス」というショット毎のデータ収集システムを2003年から運用しており、マーク・ブローディ教授は、これら2つのデータを「ダイナミックプログラミング」という手法に基づき「ストローク・ゲインド(SG)」と呼ばれる新しい指標を生み出しました。

現在では、PGAツアーにおいて、ドライバー、アイアン、アプローチ、パットなどの技術力を示すために以下の6カテゴリーの「ストローク・ゲインド(SG)」を公表しています。
「ストローク・ゲインド(SG)」を和訳すると「打数を何で稼いでいるのか」です。

 

「ストローク・ゲインド(SG)」の種類と意味

Strokes Gained Putting (SG: Putting)

ストロークゲインド・パッティングは、プレイヤーがグリーン上で獲得した(または失った)ストローク数を測定します。

 

Strokes Gained Tee-to-Green (SG: T2G)

ストロークゲインド・ティー・トゥ・グリーンは、第1打の打ち出しから、ゴルファーがグリーンに到達するまでのすべてのショットです。

 

Strokes Gained Off-the-Tee (par-4s and par-5s tee shots)

ストロークゲインド・オフ・ザ・ティーは、すべてのパー4とパー5のホールの、ティーからのパフォーマンスを測定します。

 

Strokes Gained Approach-the-Green (outside 30 yards 含む par-3s tee shots)

ストロークゲインド・アプローチ・ザ・グリーンは、アプローチショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。
アプローチショットには、パー4およびパー5のホールのティーからのものではなく、ストロークゲインド・アラウンド・ザ・グリーンおよびストロークゲインド・パッティングに含まれないすべてのショットが含まれます。
アプローチショットには、パー3のティーショットが含まれます。

 

Strokes Gained Around-the-Green (any shots within 30 yards)

ストロークゲインド・アラウンド・ザ・グリーンは、グリーンの端から30ヤード以内のショットのプレイヤーのパフォーマンスを測定します。
この統計にはグリーン上のショットは含まれません。

 

Strokes Gained Strokes Gained Total (SG: Total)

ストロークゲインド・トータルは該当試合の平均スコアから自身のスコアを引いた値です。

 

「パット数」ではパターの実力が分からない

パッティングはゴルフスコアを構成する1つの要素に過ぎず、パット数はスコアへの貢献度やパットの実力を示す指標にはなりえません。

例えば、アイアンの調子が悪く常に12m以上のファーストパットから2パットでしのぎ続け36パットだったAさんと、キレッキレのアイアンながらも2mのパットを外し続け35パットであがったBさんでは、Bさんの方がAさんよりパターが上手いと言えるのか?という事です。

2003~2012年のPGAツアー平均パット数では、12mを超えてくると「2.06」であり、2.5m程度の平均パット数は「1.42」です。
この時、パット数でいえばBさんがAさんを1打上まっていますが、ストロークゲインド・パッティングという指標で考えると、Aさんはパットで1打稼ぎ、Bさんはパットで10打失ったことになります。

このような説明を聞くと、「ストローク・ゲインド(SG)」という指標が、実力を測るのに適切な指標であると、理解できてくると思います。

ストロークゲインドパッティング

※出典:「ゴルフ データ革命」(マーク・ブローディ)No.1166 表3.10

 

「パットイズマネー」という神話

ゴルファーなら誰でも聞いたことのある「パットイズマネー」というフレーズは、長い間多くのゴルファーが盲目的に信じていた神話のひとつです。

確かに、ゴルフ中継をみていると、「このパットを決めれば優勝です!」というシーンに多く出くわします。
そして多くの著名なゴルファーがパットの重要性について言及してきました。
確かに、「パットイズマネー」が正しい場合も多くありますが、しかし真実は違います。
パッティングは他のショットと比べ、その重要性を過大評価されているのです。

2004年~2012年の間に米PGAツアーで優勝したプレーヤーの、優勝した試合におけるパッティングの貢献度(パットで「稼いだスコア)は、平均で約35%にすぎませんでした。

つまり、パット力よりも、ショット力が優勝に貢献する割合のほうが、圧倒的に高かったのです。
そしてこの傾向は、アマチュアゴルファーになるほど強くなってきます。

 

世界のトッププロでも2.5mのパット数平均は1.5打

ゴルフ中継ではスーパーショットであったり、勝負を分けるシーンにフォーカスされて放送されるので、トッププロはほとんどのショートパットを決めているように感じてしまいますが、世界のトッププロでも2.5mの距離を1パットで沈める確率は50%程度です。

もちろん、グリーンがとてつもなく速いため、切れるラインでの難しさは私たちがプレーするグリーン比ではありませんが、ショートパットでも結構外しているのです。
パットの名手であるルークドナルドでも1パットであがる確率は57%程度です。
これがどれくらいスコアに影響するかというと、2.5mのパットが15回あったとしても、トータルで1打しか平均的なプレーヤーに対してスコアは稼げません。

4日間のトーナメントを戦うトッププロにとっては大きな差になりますが、私たちアマチュアゴルファーにとっては2.5mの距離の精度を上げるより、OBを打たないティーショットを練習する方が遥かに効率的だと考える方が合理的です。
ティーショットでOBを1発でも打てば、2打スコアを失うのですから。

ちなみに、90台で回るゴルファーが2.5mを1パットで沈める可能性は27%程度です。
打数にするとプロと0.25打程度しか実力の差がないのです。

 

ストローク・ゲインド(SG)を計測するには「Garmin ‎Approach」がオススメ

PGAツアー選手であれば、協会がすべての試合でのショットを記録し、ストローク・ゲインド(SG)を知ることができます。
一方我々アマチュアゴルファーの場合は、自分自身でショットの記録やデータ解析を行わなければなりません。

「Golfmetrics」というアプリ(iPhone・iPad)を使えば、ストローク・ゲインド(SG)を算出する事ができますが、その作業はめちゃくちゃ面倒なようです。

そこでオススメなのが「Garmin」から発売されている「‎Approach」シリーズと、それらの時計に連動できるアプリ「Garmin Golf」を使ってストローク・ゲインド(SG)を計測する方法です。

「Garmin ‎Approach」の上位機種は、ショットする度に打点位置をGPS登録する事ができます。
その機能を利用し、ドライバーを何yd飛ばしたのか、真っすぐだったのか、曲げたのか、ショートパットやロングパットはどうだったのかと集計を重ねてくれます。

そして、同じようなハンディキャップのゴルファーと自分のスキルがどの点で優れていいて、どの点が劣っているのかアプリで確認することができます。

これによって、フェアウェイキープ率やパット数などの数値に惑わされず、稼げるショット、損してるショットは何なのか明確に知る事ができるのです。
個人的には、時計型ゴルフナビとして飛距離を計測する以上に、ストローク・ゲインド(SG)を手軽に計測できる点が「Garmin ‎Approach」の最大の強みだと思っています。
※「Garmin ‎Approach S62」のレビュー記事はこちら

この記事を読んで、自分自身のストローク・ゲインド(SG)を知りたいなと思った人は、ぜひ「Garmin ‎Approach」シリーズの購入を検討してみてください!
また、ストローク・ゲインド(SG)をより深く学びたいな感じた人は「ゴルフ データ革命」を読んでみてください!

 

 

 

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離が伸びる左足

YouTube

2021/7/9

飛距離が伸びる左足の使い方!!飛ばし屋の左足を真似してヘッドスピードUP!!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、左足の使い方はとても大切です!昔ながらのレッスンでは、左足を我慢!爪先は真っ直ぐ前に!といった、自分の身体の特性を無視した型にはめるレッスンばかりでしたが、左足の向きや動きの正解は1つではありません! 飛ばし屋は、左足をもっと柔軟に使い、怪我を予防しながら飛距離アップしています! 今回の動画は、左足の爪先の向きやヒールアップでの注意ポイントをご紹介しながら、飛距離が伸びる左足の使い方を解説します! https://youtu.be/s2kiBBBmDe4 【目次】 00:00 ...

ReadMore

ハンドファースト

YouTube

2021/7/9

シャンクが出ちゃう根本的な原因と直し方!間違ったハンドファーストではシャンクとスライスの嵐!!!正しいクラブの使い方を覚えましょう!

【概要】 ゴルフが上達してくると突然シャンクに悩まされる事がありますよね。ある程度、スイングが出来てきてもっといいショットを打とう!と思い始めた時に突然訪れるシャンク病… 特に、間違った「ハンドファースト」を取り入れると、シャンクを直すことはできないので注意が必要です! 一方で、クラブの構造を理解し、正しいエネルギーの使い方ができれば、シャンクは怖くありません! この動画では、シャンクが出てしまうクラブの動き、正しいクラブとエネルギーの使い方をご紹介し、シャンクから抜け出すお手伝いをします!! 【目次】 ...

ReadMore

ジョンラーム切り返し

YouTube

2021/7/9

ジョンラームのような切り返しを手に入れるコツ!簡単なドリルで正しい切り返しのタイミングを覚えよう!!

【概要】 コンパクトなトップからダイナミックに切り返すことができれば、腰への負担を減らしつつ飛距離を伸ばすことができます。 今回は、ジョンラームのような大きな捻転差を手に入れるドリルを2つ紹介します! 切り返しの正しいタイミングを習得するドリルで、飛距離アップ、身体の負担軽減をを目指しましょう!! 【目次】 00:00 トップスイングと腰痛 01:43 ショートテイクバック 02:38 ジョンラームドリル 04:28 まとめ #飛距離アップ #切り返し #ダウンスイング #体重移動 #ドリル   ...

ReadMore

クラブの引き方

YouTube

2021/7/2

飛距離が伸びるクラブの引き方・グリップの引き方〜ダウンスイングとインパクトで効率的にエネルギーを使う方法!!

【概要】 「クラブを引く」「グリップを引く」というキーワードをよく耳にすると思いますが、どの方向に?どうやって?なぜ「引く」の?という疑問を持っている方がたくさんいると思います。 今回はクラブを「引く」目的、クラブを「引く」イメージ作りから初め、どのようにしてクラブ(ヘッド)が加速していくのか、具体的に解説していきます! この動きや仕組みが理解できると、あっという間にヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びますのでぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 クラブを引くとは? 01:04 「引く」正体 0 ...

ReadMore

腰痛ゴルファースイング

YouTube

2021/6/30

【ゴルフ】腰痛の原因と改善方法!腰痛ゴルファーがジョンラームのスイングを参考にすべき理由とは??

【概要】 ゴルフで腰痛を引き起こす最もの原因は、自分自身の可動域を無視したトップの作り方にあります。 股関節や肩甲骨、胸椎といった関節の可動域が狭い状態で大きなトップを作ろうとすると、腰を左に曲げながらクラブを担ぐようにトップを作ってしまいます。 このように、本来の動作や運動を行うのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行うことを代償動作(代償運動)といい、腰痛を引き起こす1番の原因です。 そのため腰痛ゴルファーにとって1番の改善策は、関節の可動域を改善しイメージに合うスイングができる身体作りですが、 ...

ReadMore

ジョンラームスイング

YouTube

2021/6/30

身体が硬い・肩が回らない・股関節が動かない人必見!ジョンラームのスイングはアマチュアゴルファー向け?!飛ばしのコツを教えます!!

【概要】 身体が硬い人、肩が回らない人、股関節が動かない人は、どのプロのスイングを参考にすべきでしょうか?意外に思うかもしれませんが、それは「ジョンラーム」のスイングです。 強靭な肉体と柔軟性から繰り出されるレーザービームのようなショットはトッププロの中でも1、2を争う飛距離と精度で到底真似できそうにありませんが、実はアマチュアゴルファーが真似すべきポイントが多くあるのがジョンラームのスイングです。 もちろん、あれほどシャローに振るのは難しいですし、テイクバックの途中から下半身リードで切り返していく部分を ...

ReadMore

ヘッドスピードトレーニング

YouTube

2021/6/30

ヘッドスピードを上げる3分トレーニング!!世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてる飛距離アップドリルの紹介!!

ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げることが大切です! 世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてるドリルを使って飛距離を伸ばしましょう!! 3分のドリルで、確実にヘッドスピードが上げていく練習方法をご紹介します!! 闇雲に練習してもヘッドスピードは伸びません…正しいマン振りの方法で、確実にドライバーの飛距離を伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:57 ヘッドスピード計測器について 01:58 ヘッ ...

ReadMore

ヒールヒット改善

YouTube

2021/6/14

ドローボールが簡単に打てるドリル!?ギア効果を利用してドローを打つコツをご紹介!!

【概要】 ボール1個を使って、ドローボールを簡単に打てるドリルをご紹介します! 体が突っ込んでしまいドローボールを打てない人、インサイドアウトに降っているのに、何故かドローボールが打てない人、ギア効果を利用してドローボールを打つコツを取り入れてみてください! ヒールヒットを改善すれば、素敵なドローボーラーに変身できますよ!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:10 ドロボールの原理 00:59 ギア効果 02:35 ヒールヒット改善ドリル 05:48 まとめ #飛距離アップ #ドライ ...

ReadMore

笹生優花スイング

YouTube

2021/6/14

【祝】2021年全米女子オープンゴルフ優勝!笹王優花のスイングとマキロイのスイングはココを真似したい!!飛距離が伸びる胸と肩甲骨の使い方!!

【概要】 笹生優花選手はマキロイのスイングを目指してトレーニングしてきた事が有名ですが、今回は笹生優香&ローリーマキロイのスイングに近づけるコツを紹介します!! 2人のフィジカルはアマチュアゴルファーとかけ離れていますが、ハードな筋トレではなく、簡単なストレッチでも笹生優花、マキロイのスイングに近づけるポイントですので、ぜひ参考にしてください! 今回解説する動きは飛距離アップにとても大切な動きです! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:51 胸椎の使い方 03:47 胸椎ストレッチ 05:04 ま ...

ReadMore

タオル体重移動

YouTube

2021/6/14

タオルを使った体重移動ドリル!下半身リードで飛距離を伸ばせ!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす体重移動は欠かせないスキルです! 体重移動のドリルは色々ありますが、今回はタオルを使ったお手軽体重移動ドリルをご紹介します! 飛距離で悩む人の多くは、切り返しで左足を上手に使えてません。 体重移動のポイントは、切り返しでしっかりと左踵を踏み込むことですが、このタイミングやフットワークの感覚が分からない方はこのタオルドリルを取り入れて、体重移動の感覚を掴みましょう!!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:51 タオルドリル 01:56 ドリル実践編 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.