TIPS

飛んで曲がらないゴルフグリップはコレだ!~「捻じれ」を管理するイオミックのススメ~

みなさんはゴルフグリップを選ぶときは何を基準に選んでいますか?

クラブのヘッドやシャフトにはこだわる人は多くても、グリップ選びとなると何となく選んでいる人も多いのが実情のような気がしています。
国内のグリップ市場は1300万本~1500万本と言われており非常に大きい市場にも関わらず、「いつもこのメーカーだから」「全部交換すると高くつくからコスト重視で」という人も多いようです。

そこで今回は、私が考えるグリップの重要性と、愛用しているイオミックの特徴についてご紹介したいと思います!
2020年8月現在、ステマではありません!イオミックさんからグリップ供給してもらえるようになったらこの部分を書き換えます笑

 

身体とクラブの唯一の接点が「グリップ」

当然といえば当然ですが、身体から生み出したスイングエラーをゴルフクラブに唯一伝達するのが「グリップ」です。
車で言えばタイヤですので、どんなに高出力なエンジンを積もうと、グリップ力がなければ全く飛びません。

ゴルフでの「グリップ」は、「タイヤ」以上に「ハンドル」としての役割にフォーカスされがちなため、グリップの「握り方」についての談義ばかりなのが少し寂しいところです。
どんなにスイングを改善しても、「グリップ」が滑ってしまったり、「グリップ」が合わずに力んでしまっていては元も子もないありません。
ですので、どのような「グリップ」を選ぶかも是非楽しんでもらいたいのです。

 

「グリップ」の素材は樹脂系がオススメ

もともと皮製が中心であったグリップは、今ではほとんどのグリップがラバーへと進化しました。
ラバーのグリップは皮製と比べグリップ力が高く、経済的です。
しかし、ラバーは時間とともに「硬化」していきます。

「硬化」したグリップを握れば、本能的に強く握ろうとします。
余計な力みはスイングを乱し、腕や肩に負担をかけてしまします。
また、「硬化」したグリップで雨の日のラウンドは絶望的でしょう。

そこで私は、時間が経っても「硬化」しないグリップとして「イオミック」を選んでいます。
イオミックのグリップの素材には、プラスチック素材メーカーとの共同開発から、ゴルフグリップのための新素材「IOMAX」(樹脂)が使われています。
そのため、イオミックのグリップは「硬化」するのではなく、「摩耗」していきます。
長く使っていると明らかに親指部分が凹んできますので、これが「交換」のサインです。

一方、普段からあまり使わないイオミックのグリップは中性洗剤で洗ってあげれば、抜群のグリップ力が復活します。
毎年すべてのグリップを交換しなくても済むので、経済的でもあります。

 

「グリップ」のトルク管理

ゴルフクラブに少し詳しくなってくると、シャフトの「振動数」や「トルク」にも注意を払うようになります。
シャフトの硬さや捻じれについては頭を悩ませるのに、グリップの「捻じれ」(トルク)については検討したことがない人が殆どではないのでしょうか。といっても、グリップの「トルク」を管理しているのはイオミックさんくらいしかないので、当然かもしれませんが…
※このメーカーもグリップをトルク管理しているよ!という情報があれば、ぜひ教えてください!

最近のグリップや柔らかく、グリップ力が高いものが増えてきましたが、実はトルク管理をせずに柔らかいだのグリップはフェースが開きやすくプッシュ傾向のミスが出やすくなります。

特に最近の大型ヘッド+柔らかいグリップを使っている方で、テイクバックで腕の旋回を多く使う方はグリップ選びに注意が必要です。
もしかしたら、プッシュのミスが多いのは柔らかいグリップのトルクの多さが原因かもしれません…

余談ですが、私のスイングは飛距離特化型であるため、前腕の旋回をガンガン使います。
そのためドライバーのシャフトは、トルク「2.7」のダイヤモンドスピーダー5SRを使用しています。
一般的に低トルクのシャフトは、重くて硬いため方向性は安定しますが、飛距離を伸ばすには軽くシナるシャフトが優位です。
しかし、軽くてシナるシャフトは高トルクのモノが多く安定しないため、軽くてシナるけど、捻じれない「ダイヤモンドスピーダー」一択です。
昔からゴルフをやっていて、最近の大型ヘッドが苦手な人は是非試して欲しいシャフトです。

 

「グリップ」のトルクとミスヒットでの曲がり

イオミック

出典:http://iomic.com/innovation/

イオミックが独自開発した『グリップトルク測定器』における実験では、

  • イオミックのIOMAX製グリップ:0.2mm〜0.3mm
  • 他社のラバー製グリップ:0.4~0.7mm

の捻じれが生まれるという事が分かりました。

フェースがスクエアかつ芯でボールをとらえる事ができれば、グリップトルクによる方向性の影響はありませんが、オフセンターヒット時(トゥ側)では、他社製品にはイオミック製品を大きく上回るグリップトルクが生じ、ヘッドが右へ開くことがわかりました。

250yd先でプッシュアウトする横のズレは

  • イオミックのIOMAX製グリップ:8.9yd
  • 他社のラバー製グリップ:14.9yd

 

ここにサイドスピンが加わると

  • イオミックのIOMAX製グリップ:17.3yd
  • 他社のラバー製グリップ:30.0yd

ズレるという計算になります。

フェアウェイの横幅は大体40yd程度ですので、30ydのズレが生まれてしまえばフェアウェイに残る確率は殆どありません。
また、狙い方によってはOBまで曲がる可能性もあります。
ミスした時の怪我を少なくするためにも、特にロングヒッターはグリップの「トルク」にも注目してください!

 

 

イオミックの「LTC」(Low Torque Control)とは

イオミックの「LTC」(Low Torque Control)とは、エンドキャップを従来より長くする事で、グリップエンド側の捻じれを軽減する新技術です。
また、高比重素材を使用しているためカウンターバランス効果も期待できます。LTCのグリップエンドは、通常のグリップエンドの約10倍の長さがあり、これはちょうど左手の小指、薬指、中指の長さです。
これにより、ソフトなグリップでも緩まずに握る事が可能です。
ハードヒッターの方は、ドライバー用のグリップを選ぶ時にはぜひ「LTC」モデルをチョイスしてください!

 

ハードヒッターにオススメのイオミックグリップ一覧

ハードヒッター、低トルクのシャフトを愛している人に試してほしいグリップがこちらです!

 

iX touch 2.0(アイ・エックス・タッチ)

硬度-15度(従来より30%柔らかい)の柔らかさと、新サイズの外径2.0にで密着性が向上したグリップ!
捻じれないでほしいけど、グリップは柔らかい方がいいという欲張りなハードヒッター向けグリップ!

  • 外径:2.0(22.0mm)
  • トルク:1.5
  • 硬度:37
  • 重量48±2g

 

iX SA 2.0(アイ・エックス エスエイ)

業界初の衝撃吸収材が練りこまれており、クラブから受ける衝撃をグリップ内で軽減。
手首や肘、肩などを痛めているハードヒッター向けグリップ!

  • 外径:2.0(22.0mm)
  • トルク:1.5
  • 硬度:37
  • 重量:45±2g

 

iX 2.3(アイ・エックス)

エックスパターンの特殊表面を施し、内側の手から外側の手の中頃まで吸い付くようなグリップ感を実現。
ちょっと柔らか目のグリップが好きなハードヒッターにおすすめ!!

  • 外径:2.3(22.3mm)
  • トルク:1.5
  • 硬度:52
  • 重量:50±2g

 

Sticky Evolution SE 2.3(スティッキー・エボリューション・エスイー)

グリップエンド高を短くカットし、Sticky EvolutionにLTC(ロートルクコントロール)機能を装着させたベーシックモデル!

  • 外径:2.3(22.3mm)
  • トルク:1.5
  • 硬度:52
  • 重量:50±2g

 

Moebius 1.8(メビウス)

調整機能付きゴルフクラブに対応したロートルクグリップ。
その名の通りどこを握っても、表裏の区別を持たないのが特長のメビウスグリップ!

  • 外径:1.8(21.8mm)
  • トルク:1.5
  • 硬度:52
  • 重量:48±2g

 

Moebius Black 1.8(メビウス・ブラック)

表裏の区別を持たないのが特長のメビウスグリップを硬度-15度柔らかく仕上げたモデル!

  • 外径:1.8(21.8mm)
  • トルク:1.5
  • 硬度:37
  • 重量:48±2g

 

イオミックオススメグリップまとめ

こんなハードヒッターにはコレがおすすめ!

  • 関節に痛みがある:iX SA 2.0
  • 柔らか目が好き:iX touch 2.0、iX SA 2.0、Moebius Black 1.8
  • ちょっと柔らか目が好き:iX 2.3、Sticky Evolution SE 2.3、Moebius 1.8
  • 調整機能を頻繁に使う:Moebius 1.8、Moebius Black 1.8

 

とりあえずドライバーで一度試してみてください!自分でグリップ交換するならコレ↓もチェック!

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
地面半力

YouTube

2021/10/20

【ゴルフ】地面半力習得ドリル!ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わったお手軽ドリルを紹介!!踏み込むタイミング&解き放つタイミング&身体の動きの全てがわかる?!

【概要】 地面半力を上手に使うためのドリルを、ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わりました! 地面を踏んだ後どのようなステップワークで飛距離を伸ばしていくか、アライメントスティック1本で簡単に習得することができます! 世界一飛ばす男が実践するとても簡単なドリルを取り入れない理由がありますか?! おそらく!日本で初公開のドリルですので、ぜひチェックしてください!! 【目次】 00:00 地面半力とは 00:46 地面半力の使い方 02:47 地面半力飛距離アップドリル 03: ...

ReadMore

腰の回し方

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい腰の回し方??腰ではなく股関節の使い方を意識するだけで動きが激変!!飛距離が伸びる下半身リードが手に入ります!

【概要】 腰の回し方や腰の切り方といったキーワードはよく耳にしますが、そもそも腰椎は5°しか回りません! 大切なのは腰ではなく股関節の使い方や動かす方向です。 今回は、「腰の回し方」という悪魔の様なキーワードに囚われてしまった方へ向けた、正しい「股関節」の動かし方を解説します。 腰を切る!腰の回し方!という言葉に惑わされて、スイングが乱れたり腰痛になっていませんか?? 股関節の正しい動きを知れば、理想的な下半身リードで分厚いインパクトが実現しますよ!!   【目次】 00:00 正しい腰の動き ...

ReadMore

前傾姿勢キープ

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】前傾姿勢を体感する自宅用ドリル2選!!伸び上がりを防ぐお尻や左サイドの動きを体感しよう!

【概要】 ゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 その前傾姿勢を維持するために、身体はどんな動きが必要か、自宅にいながら体感出来るドリルを2つ紹介します! どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまう人は、ぜひチェックしてください!! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、毎日の生活の中に取り入れましょう!! 【目次】 00:00 アーリーエクステンション 00:28 ...

ReadMore

アーリーエクステンション

YouTube

2021/9/10

【ゴルフ】前傾姿勢を維持する準備運動を取り入れよう!伸び上がりを防ぐお尻の動きを体感ドリル!!

【概要】 多くのゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまいがちですよね。 そこで今回は、前傾姿勢を維持するための準備運動をご紹介します! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、ぜひ準備運動に取り入れてください! 【目次】 00:00 正しい前傾姿勢 00:34 肩の動き確認ドリル 02:06 胸の向き確認ドリル 03:23 前 ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/9/10

カット打ちの直し方!!そもそもの原因はテイクバック(始動)にあり?!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しやダウンスイングから修正しようという方が多くいますが、そもそもテイクバック(始動)の瞬間にアウトサイドインを誘発する動きになっている人が多くいます。 今回は、カット打ちにならないためのテイクバック(始動)ができているか、アライメントスティックを使ってチェックする方法をご紹介します! 【目次】 00:00 カット打ちになるテイクバック 00 ...

ReadMore

前傾姿勢チェック

YouTube

2021/8/30

【ゴルフ】前傾姿勢キープの第一歩!!切り返しからインパクトまでの下半身の動きをチェックするドリルを紹介!!

【概要】 切り返しから身体が起きてしまう方は、何よりもまず下半身の正しい動きをチェックする事が大切です! アライメントスティック1本あれば、正しく下半身が動いているかチェックできますので、ぜひチャレンジしてみてください!! #飛距離アップ #前傾姿勢 #下半身 #切り返し #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:35 前傾姿勢チェックドリル 01:52 まとめ 【Twitter】 https://twitter.com/Out_Drive300 ↑↑↑ Twitterでもゴルフ情報発信してま ...

ReadMore

ゴルフ右腰痛

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】右腰痛を引き起こす原因は間違った「背骨」の使い方!!原因と対策・修正ドリルを紹介!!

【概要】 腰痛に悩むゴルファーは多くいますが、その中でも「右腰」に痛みを感じる方は、「背骨」の動きが間違っている可能性大!! 飛距離を伸ばそうと大きなトップを作る意識が強すぎて、トップオブスイングで体が飛球線方向へ傾いている方は注意が必要です! 「腰痛」を引き起こす原因と対策&修正ドリルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください! #飛距離アップ #腰痛 #リバーススパインアングル #トップ #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:48 背骨の動き 01:43 腰痛修正ドリル① 02:31 腰 ...

ReadMore

明治の大砲

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】フィニッシュで体重が右に残る「ハンギングバック」の直し方!ダフる・ボールが上がらない女性ゴルファーは要注意?!

【概要】 テイクバックで右に体重移動したまま、インパクトを迎えてしまう「ハンギングバック」というスイングエラー。 特に下半身や体幹の筋力少ない女性ゴルファーに多いミスの一つです。 ドライバーでダフる・ボールが上がらないという方はぜひチェックしてみてください! #飛距離アップ #体重移動 #ハンギングバック #テイクバック #ドリル   【目次】 00:00 ハンギングバックとは? 01:27 ハンギングバック修正ドリル 02:27 まとめ 【Twitter】 https://twitter.co ...

ReadMore

スライド

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい体重移動とは?その動きバンプじゃなくスライドです!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでしっかりと左サイドに体重移動を行なっていくことが大切で。 また左サイドに乗ることで、右サイドに手の通り道ができ美しいスイングにもつながります。 が、しかし!いわゆる「バンプ」という左サイドへの体重移動は、ひとつ間違えると「スライド」という間違った体重移動になります。 スライドが起こると、左サイドがロックされスイング後半は手打ちの状態になってしまい方向性が安定しませんし、ヘッドスピードも低下するので飛距離が伸びません。 今回は「スライド」がどういった動きなの ...

ReadMore

スウェー

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】正しい体重移動できてますか??スウェーのチェックポイントと直し方!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、テイクバックでしっかりと右足に体重移動していく事が大切ですが、あまりにその意識が大きいと「スウェー」というスイングエラーになっている場合があります。 また、身体を捻転差せずにクラブを担ぐようにテイクバックをしてしまいスウェーしているゴルファーも多くいます。 正しい体重移動ができているか?まずはテイクバックで「スウェー」していないか、確認してみましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:07 スウェーとは? 01:56 スウェー対策 02:41 スウェー対策ド ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.