TIPS

【飛距離が伸びる知識】ゴルフスイングの運動連鎖

ゴルフスイングのパフォーマンスを最適化するためには、正確にタイミング調整された身体の一連の動きが必要です。
この身体の一連の動きについてゴルフの記事では、「運動連鎖」や「キネマティックシーケンス」と表現されます。

この「運動連鎖」は、地面から受けとった力(地面反力)や脚力、腹筋、背筋など大きな筋肉から発生したエネルギーを、インパクトの瞬間まで減少することなく使うために大切な要素です。
これからの内容をすべて理解し、細かく説明できるようになる必要はありませんが、「運動連鎖」について理解を深めることは、素晴らしいショットを打つ上で重要なヒントになります。

また、このサイトでは、いかにして「運動連鎖」を高め、筋力に頼らずに飛距離を伸ばしていくかを最も大切に考えています。
今回紹介する内容は、少々難解かもしれませんが、ぜひ読み進めてください。

 

ゴルフスイングにおける「運動連鎖」の流れ

ゴルフスイングのエネルギーは、地面や体の大きな筋肉から生まれ、最終的にはクラブヘッドへ到達します。
この「運動連鎖」が正しく発生すると、力と速度が生成され、身体の各セグメントを通過するたびにエネルギーが増していきます。
ゴルフスイングの「運動連鎖」を理解する最良の方法は、体の主要なセグメント(腰・骨盤、胸部・上半身、腕、ゴルフクラブ)の動きについて理解を深めることです。

 

運動連鎖が発生するタイミング

まずはこちらの図をご覧ください。

キネマティックシークエンス

出典:https://www.mytpi.com/

グラフの構成

  • マイナスの回転速度はバックスイング
  • プラスの回転速度はダウンスイングとフォロースルー
  • 青色:クラブ
  • 赤色:腕
  • 緑色:胸
  • 紫色:尻

スイング全体の各セグメントの回転速度のグラフを見ると、ゴルフの運動連鎖がどのように発生しているかはっきりと見ることができます。
ゴルフのダウンスイング中、クラブは正確かつ最大の速度でインパクトに到達するためには、体の各部分が正確かつ特定のタイミングで正しい順序で加速および減速する必要があります。

ダウンスイングでは、腰(骨盤)、胸、腕、そして最後にゴルフクラブの順番に加速させることで、最も効率的に運動連鎖を発生させることができます。

この動きのポイントは、各セグメントが前のものよりも速い速度に達し、エネルギーを増幅させながら次のセグメントへ受け渡しているという点です。
ゴルフスイングの運動連鎖では、体の各部分にエネルギーを効率的に伝達し、脚と腰からゴルフクラブに至るまで、内側のセグメントから外側のセグメントへと徐々にエネルギーを増加させます。
腰や胸などの大きな内側のセグメントはゆっくりと動き、腕、手、クラブなどの小さな外側のセグメントにエネルギーが進むにつれて速度が増します。

また、次のセグメントにエネルギーを渡すタイミングで、そのセグメントは減速していることにも注目しなければなりません。
加速→減速→次のセグメントを加速という流れを繰り返します。

ただし、この減速は意識的にブレーキをかけたりするものではありません。

正しい「運動連鎖」によって、次のセグメントにエネルギーが移動する事によって引き起こされます。
エネルギーを受け渡すタイミングと順序が正しい場合、各関節の筋肉はエネルギーを増加させ、そのエネルギーを運動連鎖に沿って伝達します。

一方、エネルギーを受け渡すのタイミングが間違っていると、伝達されたエネルギーが失われ、速度が低下します。
また、筋力を使って体の一部を補正しなければならなくなり、怪我をする可能性が出てきます。

 

セグメントの加速と減速の順序

  1. ヒップ(紫色)は加速し、他のセグメントよりも低速でピーク(A)になり、その後急速に減速します。
  2. 胸部(緑)は腰よりもはるかに速い速度(B)でピークに達し、その後急速に減速します。
  3. リードの上腕(赤)は胸部よりも速い速度(C)でピークに達し、その後急速に減速します。
  4. クラブ(青)は激しく加速し続け、インパクト直後(D)に最高速度に達します。

このように、各セグメントがエネルギーを受け渡すたびにエネルギーを受け取ったセグメントは、前のセグメントの2倍の速さに到達します。
また、これら一連のの動きは0.2秒以内に完結し、スイング中での動産としても手が30センチ程度動く間での出来事です。

この動きを意識して減速&加速させることが不可能なのは容易に想像できます。

 

アマチュアが犯すミス

腰の減速が発生しない

多くのアマチュアは、インパクトまで腰を強く回転させるというミスを犯します。
そのため、コアの大きな筋肉によって生成されたエネルギーは、インパクト後まではクラブに放出されません。
見た目はパワフルですが、エネルギーの伝達が十分に行われないため、筋力を十分に活かせていないスイングとなります。

 

意識して「タメ」る

前腕とクラブの間の角度を生き式的に維持する動きが入る人がいます。

クラブヘッドを「遅らせる」、いわゆる「タメ」という動きは、筋肉を緊張させてこの角度を「保持」する事ではありません。

「タメ」は、ヘッドスピードを上げるうえで非常に重要ですが、「キャスティング」を防ぐ意識をもつ程度で、手、手首、腕が柔らかくリラックスした状態を維持できていれば自然に発生します。

意識して「タメ」て、意識して「リリース」という動きでは、運動連鎖が途切れ、ヘッドスピードは上がりません。
「タメ」と「リリース」は、正確なタイミングでヒップ、胸、腕を動かすことで実現できます。
身体で生成したエネルギーを適切なタイミングでクラブに放出することに集中しましょう。

ダウンスイングの最初の3分の2は、エネルギーを蓄積していくステージです。
最初は胴体、次に前腕で順調にスピードを上げ、そして最後の最後にエネルギーをクラブに投入し、インパクトします。

ヘッドスピードを上げようと考えると、どうしても腕や肩の動きに意識を向けてしまいがちです。
しかし、効率的にヘッドスピードを上げるためには、地面から足、腰、そして上半身を通して、増幅させてきたエネルギーを放出するイメージが必要です。
図のポイントAの直前まで、腕は重力などによる外力によって受動的に振られます。
決して、自分の力で「タメ」を作り、頑張って腕を振るのではありません。

 

運動連鎖を使いこなすために

まずは、先ほど説明した効率的なエネルギーの生み出し方、ヘッドスピードをあげるための身体の動かし方があるという事を理解してください。
スイング中は自分の体の中のエネルギーの流れを意識し、インパクトの瞬間ではエネルギーが最も集中した状態クラブヘッドを解放していきます。

また、スイング理論としてはアドレスから始まり、P1~P10すべてのポイントについて、いかに効率的な動き(自分の特徴にあわせた)ができるかという点を積み上げていく必要があります。
内容は多岐にわたるため、それぞれのポイントについては、別記事にてご紹介していきます。

記事のポイント

  • 「運動連鎖」は、地面反力や筋力のエネルギーを保持するために必要要素
  • ダウンスイングでは、腰、胸、腕、ゴルフクラブの順番に加速させる
  • 各セグメントが加速と減速を繰り返しながらエネルギーのバトンを渡す
  • 各セグメントの減速は意識的にブレーキをかけたりするものではない
  • ダウンスイングの最初の3分の2は、エネルギーを蓄積していくステージ
  • スイング中は自分の体の中のエネルギーの流れを意識する

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離が伸びる左足

YouTube

2021/7/9

飛距離が伸びる左足の使い方!!飛ばし屋の左足を真似してヘッドスピードUP!!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、左足の使い方はとても大切です!昔ながらのレッスンでは、左足を我慢!爪先は真っ直ぐ前に!といった、自分の身体の特性を無視した型にはめるレッスンばかりでしたが、左足の向きや動きの正解は1つではありません! 飛ばし屋は、左足をもっと柔軟に使い、怪我を予防しながら飛距離アップしています! 今回の動画は、左足の爪先の向きやヒールアップでの注意ポイントをご紹介しながら、飛距離が伸びる左足の使い方を解説します! https://youtu.be/s2kiBBBmDe4 【目次】 00:00 ...

ReadMore

ハンドファースト

YouTube

2021/7/9

シャンクが出ちゃう根本的な原因と直し方!間違ったハンドファーストではシャンクとスライスの嵐!!!正しいクラブの使い方を覚えましょう!

【概要】 ゴルフが上達してくると突然シャンクに悩まされる事がありますよね。ある程度、スイングが出来てきてもっといいショットを打とう!と思い始めた時に突然訪れるシャンク病… 特に、間違った「ハンドファースト」を取り入れると、シャンクを直すことはできないので注意が必要です! 一方で、クラブの構造を理解し、正しいエネルギーの使い方ができれば、シャンクは怖くありません! この動画では、シャンクが出てしまうクラブの動き、正しいクラブとエネルギーの使い方をご紹介し、シャンクから抜け出すお手伝いをします!! 【目次】 ...

ReadMore

ジョンラーム切り返し

YouTube

2021/7/9

ジョンラームのような切り返しを手に入れるコツ!簡単なドリルで正しい切り返しのタイミングを覚えよう!!

【概要】 コンパクトなトップからダイナミックに切り返すことができれば、腰への負担を減らしつつ飛距離を伸ばすことができます。 今回は、ジョンラームのような大きな捻転差を手に入れるドリルを2つ紹介します! 切り返しの正しいタイミングを習得するドリルで、飛距離アップ、身体の負担軽減をを目指しましょう!! 【目次】 00:00 トップスイングと腰痛 01:43 ショートテイクバック 02:38 ジョンラームドリル 04:28 まとめ #飛距離アップ #切り返し #ダウンスイング #体重移動 #ドリル   ...

ReadMore

クラブの引き方

YouTube

2021/7/2

飛距離が伸びるクラブの引き方・グリップの引き方〜ダウンスイングとインパクトで効率的にエネルギーを使う方法!!

【概要】 「クラブを引く」「グリップを引く」というキーワードをよく耳にすると思いますが、どの方向に?どうやって?なぜ「引く」の?という疑問を持っている方がたくさんいると思います。 今回はクラブを「引く」目的、クラブを「引く」イメージ作りから初め、どのようにしてクラブ(ヘッド)が加速していくのか、具体的に解説していきます! この動きや仕組みが理解できると、あっという間にヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びますのでぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 クラブを引くとは? 01:04 「引く」正体 0 ...

ReadMore

腰痛ゴルファースイング

YouTube

2021/6/30

【ゴルフ】腰痛の原因と改善方法!腰痛ゴルファーがジョンラームのスイングを参考にすべき理由とは??

【概要】 ゴルフで腰痛を引き起こす最もの原因は、自分自身の可動域を無視したトップの作り方にあります。 股関節や肩甲骨、胸椎といった関節の可動域が狭い状態で大きなトップを作ろうとすると、腰を左に曲げながらクラブを担ぐようにトップを作ってしまいます。 このように、本来の動作や運動を行うのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行うことを代償動作(代償運動)といい、腰痛を引き起こす1番の原因です。 そのため腰痛ゴルファーにとって1番の改善策は、関節の可動域を改善しイメージに合うスイングができる身体作りですが、 ...

ReadMore

ジョンラームスイング

YouTube

2021/6/30

身体が硬い・肩が回らない・股関節が動かない人必見!ジョンラームのスイングはアマチュアゴルファー向け?!飛ばしのコツを教えます!!

【概要】 身体が硬い人、肩が回らない人、股関節が動かない人は、どのプロのスイングを参考にすべきでしょうか?意外に思うかもしれませんが、それは「ジョンラーム」のスイングです。 強靭な肉体と柔軟性から繰り出されるレーザービームのようなショットはトッププロの中でも1、2を争う飛距離と精度で到底真似できそうにありませんが、実はアマチュアゴルファーが真似すべきポイントが多くあるのがジョンラームのスイングです。 もちろん、あれほどシャローに振るのは難しいですし、テイクバックの途中から下半身リードで切り返していく部分を ...

ReadMore

ヘッドスピードトレーニング

YouTube

2021/6/30

ヘッドスピードを上げる3分トレーニング!!世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてる飛距離アップドリルの紹介!!

ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げることが大切です! 世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてるドリルを使って飛距離を伸ばしましょう!! 3分のドリルで、確実にヘッドスピードが上げていく練習方法をご紹介します!! 闇雲に練習してもヘッドスピードは伸びません…正しいマン振りの方法で、確実にドライバーの飛距離を伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:57 ヘッドスピード計測器について 01:58 ヘッ ...

ReadMore

ヒールヒット改善

YouTube

2021/6/14

ドローボールが簡単に打てるドリル!?ギア効果を利用してドローを打つコツをご紹介!!

【概要】 ボール1個を使って、ドローボールを簡単に打てるドリルをご紹介します! 体が突っ込んでしまいドローボールを打てない人、インサイドアウトに降っているのに、何故かドローボールが打てない人、ギア効果を利用してドローボールを打つコツを取り入れてみてください! ヒールヒットを改善すれば、素敵なドローボーラーに変身できますよ!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:10 ドロボールの原理 00:59 ギア効果 02:35 ヒールヒット改善ドリル 05:48 まとめ #飛距離アップ #ドライ ...

ReadMore

笹生優花スイング

YouTube

2021/6/14

【祝】2021年全米女子オープンゴルフ優勝!笹王優花のスイングとマキロイのスイングはココを真似したい!!飛距離が伸びる胸と肩甲骨の使い方!!

【概要】 笹生優花選手はマキロイのスイングを目指してトレーニングしてきた事が有名ですが、今回は笹生優香&ローリーマキロイのスイングに近づけるコツを紹介します!! 2人のフィジカルはアマチュアゴルファーとかけ離れていますが、ハードな筋トレではなく、簡単なストレッチでも笹生優花、マキロイのスイングに近づけるポイントですので、ぜひ参考にしてください! 今回解説する動きは飛距離アップにとても大切な動きです! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:51 胸椎の使い方 03:47 胸椎ストレッチ 05:04 ま ...

ReadMore

タオル体重移動

YouTube

2021/6/14

タオルを使った体重移動ドリル!下半身リードで飛距離を伸ばせ!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす体重移動は欠かせないスキルです! 体重移動のドリルは色々ありますが、今回はタオルを使ったお手軽体重移動ドリルをご紹介します! 飛距離で悩む人の多くは、切り返しで左足を上手に使えてません。 体重移動のポイントは、切り返しでしっかりと左踵を踏み込むことですが、このタイミングやフットワークの感覚が分からない方はこのタオルドリルを取り入れて、体重移動の感覚を掴みましょう!!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:51 タオルドリル 01:56 ドリル実践編 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.