TIPS

【飛距離が伸びる知識】ゴルフスイングの運動連鎖

ゴルフスイングのパフォーマンスを最適化するためには、正確にタイミング調整された身体の一連の動きが必要です。
この身体の一連の動きについてゴルフの記事では、「運動連鎖」や「キネマティックシーケンス」と表現されます。

この「運動連鎖」は、地面から受けとった力(地面反力)や脚力、腹筋、背筋など大きな筋肉から発生したエネルギーを、インパクトの瞬間まで減少することなく使うために大切な要素です。
これからの内容をすべて理解し、細かく説明できるようになる必要はありませんが、「運動連鎖」について理解を深めることは、素晴らしいショットを打つ上で重要なヒントになります。

また、このサイトでは、いかにして「運動連鎖」を高め、筋力に頼らずに飛距離を伸ばしていくかを最も大切に考えています。
今回紹介する内容は、少々難解かもしれませんが、ぜひ読み進めてください。

 

ゴルフスイングにおける「運動連鎖」の流れ

ゴルフスイングのエネルギーは、地面や体の大きな筋肉から生まれ、最終的にはクラブヘッドへ到達します。
この「運動連鎖」が正しく発生すると、力と速度が生成され、身体の各セグメントを通過するたびにエネルギーが増していきます。
ゴルフスイングの「運動連鎖」を理解する最良の方法は、体の主要なセグメント(腰・骨盤、胸部・上半身、腕、ゴルフクラブ)の動きについて理解を深めることです。

 

運動連鎖が発生するタイミング

まずはこちらの図をご覧ください。

キネマティックシークエンス

出典:https://www.mytpi.com/

グラフの構成

  • マイナスの回転速度はバックスイング
  • プラスの回転速度はダウンスイングとフォロースルー
  • 青色:クラブ
  • 赤色:腕
  • 緑色:胸
  • 紫色:尻

スイング全体の各セグメントの回転速度のグラフを見ると、ゴルフの運動連鎖がどのように発生しているかはっきりと見ることができます。
ゴルフのダウンスイング中、クラブは正確かつ最大の速度でインパクトに到達するためには、体の各部分が正確かつ特定のタイミングで正しい順序で加速および減速する必要があります。

ダウンスイングでは、腰(骨盤)、胸、腕、そして最後にゴルフクラブの順番に加速させることで、最も効率的に運動連鎖を発生させることができます。

この動きのポイントは、各セグメントが前のものよりも速い速度に達し、エネルギーを増幅させながら次のセグメントへ受け渡しているという点です。
ゴルフスイングの運動連鎖では、体の各部分にエネルギーを効率的に伝達し、脚と腰からゴルフクラブに至るまで、内側のセグメントから外側のセグメントへと徐々にエネルギーを増加させます。
腰や胸などの大きな内側のセグメントはゆっくりと動き、腕、手、クラブなどの小さな外側のセグメントにエネルギーが進むにつれて速度が増します。

また、次のセグメントにエネルギーを渡すタイミングで、そのセグメントは減速していることにも注目しなければなりません。
加速→減速→次のセグメントを加速という流れを繰り返します。

ただし、この減速は意識的にブレーキをかけたりするものではありません。

正しい「運動連鎖」によって、次のセグメントにエネルギーが移動する事によって引き起こされます。
エネルギーを受け渡すタイミングと順序が正しい場合、各関節の筋肉はエネルギーを増加させ、そのエネルギーを運動連鎖に沿って伝達します。

一方、エネルギーを受け渡すのタイミングが間違っていると、伝達されたエネルギーが失われ、速度が低下します。
また、筋力を使って体の一部を補正しなければならなくなり、怪我をする可能性が出てきます。

 

セグメントの加速と減速の順序

  1. ヒップ(紫色)は加速し、他のセグメントよりも低速でピーク(A)になり、その後急速に減速します。
  2. 胸部(緑)は腰よりもはるかに速い速度(B)でピークに達し、その後急速に減速します。
  3. リードの上腕(赤)は胸部よりも速い速度(C)でピークに達し、その後急速に減速します。
  4. クラブ(青)は激しく加速し続け、インパクト直後(D)に最高速度に達します。

このように、各セグメントがエネルギーを受け渡すたびにエネルギーを受け取ったセグメントは、前のセグメントの2倍の速さに到達します。
また、これら一連のの動きは0.2秒以内に完結し、スイング中での動産としても手が30センチ程度動く間での出来事です。

この動きを意識して減速&加速させることが不可能なのは容易に想像できます。

 

アマチュアが犯すミス

腰の減速が発生しない

多くのアマチュアは、インパクトまで腰を強く回転させるというミスを犯します。
そのため、コアの大きな筋肉によって生成されたエネルギーは、インパクト後まではクラブに放出されません。
見た目はパワフルですが、エネルギーの伝達が十分に行われないため、筋力を十分に活かせていないスイングとなります。

 

意識して「タメ」る

前腕とクラブの間の角度を生き式的に維持する動きが入る人がいます。

クラブヘッドを「遅らせる」、いわゆる「タメ」という動きは、筋肉を緊張させてこの角度を「保持」する事ではありません。

「タメ」は、ヘッドスピードを上げるうえで非常に重要ですが、「キャスティング」を防ぐ意識をもつ程度で、手、手首、腕が柔らかくリラックスした状態を維持できていれば自然に発生します。

意識して「タメ」て、意識して「リリース」という動きでは、運動連鎖が途切れ、ヘッドスピードは上がりません。
「タメ」と「リリース」は、正確なタイミングでヒップ、胸、腕を動かすことで実現できます。
身体で生成したエネルギーを適切なタイミングでクラブに放出することに集中しましょう。

ダウンスイングの最初の3分の2は、エネルギーを蓄積していくステージです。
最初は胴体、次に前腕で順調にスピードを上げ、そして最後の最後にエネルギーをクラブに投入し、インパクトします。

ヘッドスピードを上げようと考えると、どうしても腕や肩の動きに意識を向けてしまいがちです。
しかし、効率的にヘッドスピードを上げるためには、地面から足、腰、そして上半身を通して、増幅させてきたエネルギーを放出するイメージが必要です。
図のポイントAの直前まで、腕は重力などによる外力によって受動的に振られます。
決して、自分の力で「タメ」を作り、頑張って腕を振るのではありません。

 

運動連鎖を使いこなすために

まずは、先ほど説明した効率的なエネルギーの生み出し方、ヘッドスピードをあげるための身体の動かし方があるという事を理解してください。
スイング中は自分の体の中のエネルギーの流れを意識し、インパクトの瞬間ではエネルギーが最も集中した状態クラブヘッドを解放していきます。

また、スイング理論としてはアドレスから始まり、P1~P10すべてのポイントについて、いかに効率的な動き(自分の特徴にあわせた)ができるかという点を積み上げていく必要があります。
内容は多岐にわたるため、それぞれのポイントについては、別記事にてご紹介していきます。

記事のポイント

  • 「運動連鎖」は、地面反力や筋力のエネルギーを保持するために必要要素
  • ダウンスイングでは、腰、胸、腕、ゴルフクラブの順番に加速させる
  • 各セグメントが加速と減速を繰り返しながらエネルギーのバトンを渡す
  • 各セグメントの減速は意識的にブレーキをかけたりするものではない
  • ダウンスイングの最初の3分の2は、エネルギーを蓄積していくステージ
  • スイング中は自分の体の中のエネルギーの流れを意識する

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
チキンウイング修正

YouTube

2021/4/27

チキンウイングの直し方は超簡単!フォロースルーで左肘が抜ける癖がある人は片手素振りで改善しましょう!!

【概要】 左肘が引けてしまうチキンウイングは、飛距離が落ちるだけでなく、肘や手首の怪我にも繋がるスイングエラーです! チキンウイングの直し方は意外と簡単で、ヘッドをローテーションさせエネルギーをリリースする感覚を掴むことができれば修正できます!お手軽ドリルで直していきましょう! 一方でカット打ち(アウトサイドイン)が原因でチキンウイングとなってしまう場合は、まずは、肩周りの硬さや上半身と下半身の分離ができるようにストレッチやモビリティドリルでの改善が必要です。 チキンウイングの原因に合わせて、適切なドリル ...

ReadMore

カット打ちの直し方

YouTube

2021/4/25

カット打ちの直し方!!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! ボール3つを使った簡単は修正ドリルでカット打ちのスライサーから卒業しましょう! 一方でカット打ち(アウトサイドイン)となってしまう原因として、肩周りの硬さや上半身と下半身の分離ができないという身体的な制限がある場合は、まずは肩周りのストレッチや股関節のモビリティドリルで改善していきましょう!   【目次】 00:00 カット打ちのデメリット 02:13 カット ...

ReadMore

肩の回し方

YouTube

2021/4/19

正しい肩の回し方!ゴルフスイングは縦回転?横回転?飛距離が伸びる正しい肩の動きのチェック方法&準備運動・ドリルをご紹介!

【概要】 みなさん、正しい左肩の回し方出来ていますか?テイクバックでの肩の動きが悪いと、前傾姿勢が崩れ飛距離ロスや再現性の低下につながります。 ゴルフスイングを縦回転や横回転といったキーワードで考えるのではなく、まずは自分の身体に合わせて正しく肩を動かせているかチェックしましょう。 肩の入り方が甘い人は、動画後半で紹介する準備運動やドリルを取り入れ、肩の動きを改善してください。 【目次】 00:00 今日のトピック 00:14 正しい肩の動き 01:09 肩の動きと前傾姿勢 02:26 フラットショルダー ...

ReadMore

飛距離アップストレッチ

YouTube

2021/4/19

飛距離が伸びるスタート前の準備運動!!3分で10ヤード飛距離アップするゴルフウォームアップ!!

【概要】 飛距離を伸ばす裏技のご紹介!スタート前の準備運動を工夫するだけで、5〜10ydの飛距離アップが可能です! 自分の筋力を呼び覚まし、本来持っている力を発揮させましょう! たった3分でお手軽に飛距離が伸びるゴルフのウォーミングアップを取り入れましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:41 準備運動 04:44 まとめ #ゴルフ #飛距離アップ #ウォーミングアップ #準備運動 #練習 #スイング #レッスン #アドレス #姿勢 #基本 #飛び #飛ばし屋 【Twitter】 http ...

ReadMore

飛距離が伸びるアドレス(猫背)

YouTube

2021/4/19

猫背を直して飛距離アップ!!ドライバーのアドレスを見直そう!飛距離が伸る正しい前傾姿勢の作り方!〜猫背のアドレスでは飛距離が伸びません!

【概要】 猫背のアドレスでは上半身の回転や胸椎の伸展に制限がかかるため、大きなトップが作れず飛距離が伸びません。 また、猫背を修正せずに大きなトップを作るには、身体の軸をずらしたり、腰に負担のかかるテイクバックが必要で、デメリットしかありません。 この動画では、『猫背』(C字ポスチャー)になっている方のチェック方法や修正方法を解説しています。 いま一度アドレスを見つめ直し、飛距離アップを目指しましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:53 猫背のデメリット 02:55 反り腰の直し方 05 ...

ReadMore

反り腰

YouTube

2021/4/19

ドライバーのアドレスを見直そう!飛距離が伸る正しい前傾姿勢の作り方!〜怪我につながる反り腰の直して飛距離アップを目指す〜

【概要】 正しいアドレスは、飛距離を伸ばす上で必要不可欠なチェックポイントです。 また正しくアドレスを作れない場合、飛距離が伸びないだけでなく、腰や肩を怪我してしまう可能性もあります。 この動画では、『反り腰』(S字ポスチャー)になっている方のチェック方法や修正方法を解説しています。 いま一度アドレスを見つめ直し、飛距離アップを目指しましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:36 反り腰のデメリット 02:54 反り腰の直し方 04:08 正しい前傾姿勢の作り方 04:53 まとめ #ゴル ...

ReadMore

飛距離が伸びる女性スイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座④ヘッドスピードが上がるダウンスイングでドライバー飛距離アップ〜瞬発的なエネルギーの使い方〜

【概要】 上半身と下半身を分離させ、強烈な捻転差から飛ばす…確かにこれが理想的なダウンスイング・切り返しの動きではありますが、女性やシニアゴルファーにとっては難しい動きです。 そこでまず、筋力に頼らずにヘッドを加速させるエネルギーの使い方を身につけましょう!! 効率的にヘッドを加速させることで、非力な方でもヘッドスピードは上がります!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 切り返しのコツ 04:23 実践編 06:35 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座③オーバースイングは直す?直さない??ヘッドスピードが上がる大きなトップでドライバー飛距離アップ〜筋力に頼らずヘッドを加速させる方法〜

【概要】 レッスンでは必ず「オーバースイング」を直すよう指導されますが、果たして「オーバースイング」は悪なのでしょうか? ドラコン大会では「オーバースイング」が当たり前… 正しく「オーバースイング」を使う事ができれば、筋力に頼らずヘッドを加速させる事ができます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:33 オーバースイングの可否 01:08 ダメなオーバースイング 02:35 トップでの手の位置 03:50 手の位置と遠心力 05:44 実践編 07:49 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離 ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜ヒールアップ

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座②ヘッドスピードが上がるテイクバックでドライバー飛距離アップ筋力に頼らずヘッドの加速を最大化!〜左足の使い方を覚えよう〜

【概要】 ヘッドを効率よく加速するためには、大きなテイクバックを作り助走距離を長く取ってあげる必要があります。 女性は男性と比べ柔軟性があるため、大きなトップは作りやすいのですが、筋力がない分トップを大きくすると力んでしまします。 そこで、テイクバック〜切り返しでの左足の使い方を工夫すると、力まずに大きなトップを作ることができ、ヘッドを加速させながらダウンスイングに入る事ができます! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:30 テイクバックでの左足 01:27 左足の使い方 02:47 大きなトップ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/4

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座①ヘッドスピードが上がるテイクバックを覚えよう!筋力に頼らずドライバー飛距離をアップするコツ〜テイクバック編〜

【概要】 筋力の少ない女性ゴルファーやシニアゴルファーが飛距離を伸ばすには、筋力に頼らないスイングを身につけなければなりません。 重量・遠心力を上手に利用し、まずはテイクバックを速く上げるコツを学びましょう! テイクバックが速くなれば、その分飛距離も伸びます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:31 テイクバックのコツ 00:57 重力の使い方 03:56 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レッスン #基本 #飛び #飛ばし屋 【Twitter】 https ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.