TIPS

【飛距離が伸びる知識】ゴルフスイングの運動連鎖

ゴルフスイングのパフォーマンスを最適化するためには、正確にタイミング調整された身体の一連の動きが必要です。
この身体の一連の動きについてゴルフの記事では、「運動連鎖」や「キネマティックシーケンス」と表現されます。

この「運動連鎖」は、地面から受けとった力(地面反力)や脚力、腹筋、背筋など大きな筋肉から発生したエネルギーを、インパクトの瞬間まで減少することなく使うために大切な要素です。
これからの内容をすべて理解し、細かく説明できるようになる必要はありませんが、「運動連鎖」について理解を深めることは、素晴らしいショットを打つ上で重要なヒントになります。

また、このサイトでは、いかにして「運動連鎖」を高め、筋力に頼らずに飛距離を伸ばしていくかを最も大切に考えています。
今回紹介する内容は、少々難解かもしれませんが、ぜひ読み進めてください。

 

ゴルフスイングにおける「運動連鎖」の流れ

ゴルフスイングのエネルギーは、地面や体の大きな筋肉から生まれ、最終的にはクラブヘッドへ到達します。
この「運動連鎖」が正しく発生すると、力と速度が生成され、身体の各セグメントを通過するたびにエネルギーが増していきます。
ゴルフスイングの「運動連鎖」を理解する最良の方法は、体の主要なセグメント(腰・骨盤、胸部・上半身、腕、ゴルフクラブ)の動きについて理解を深めることです。

 

運動連鎖が発生するタイミング

まずはこちらの図をご覧ください。

キネマティックシークエンス

出典:https://www.mytpi.com/

グラフの構成

  • マイナスの回転速度はバックスイング
  • プラスの回転速度はダウンスイングとフォロースルー
  • 青色:クラブ
  • 赤色:腕
  • 緑色:胸
  • 紫色:尻

スイング全体の各セグメントの回転速度のグラフを見ると、ゴルフの運動連鎖がどのように発生しているかはっきりと見ることができます。
ゴルフのダウンスイング中、クラブは正確かつ最大の速度でインパクトに到達するためには、体の各部分が正確かつ特定のタイミングで正しい順序で加速および減速する必要があります。

ダウンスイングでは、腰(骨盤)、胸、腕、そして最後にゴルフクラブの順番に加速させることで、最も効率的に運動連鎖を発生させることができます。

この動きのポイントは、各セグメントが前のものよりも速い速度に達し、エネルギーを増幅させながら次のセグメントへ受け渡しているという点です。
ゴルフスイングの運動連鎖では、体の各部分にエネルギーを効率的に伝達し、脚と腰からゴルフクラブに至るまで、内側のセグメントから外側のセグメントへと徐々にエネルギーを増加させます。
腰や胸などの大きな内側のセグメントはゆっくりと動き、腕、手、クラブなどの小さな外側のセグメントにエネルギーが進むにつれて速度が増します。

また、次のセグメントにエネルギーを渡すタイミングで、そのセグメントは減速していることにも注目しなければなりません。
加速→減速→次のセグメントを加速という流れを繰り返します。

ただし、この減速は意識的にブレーキをかけたりするものではありません。

正しい「運動連鎖」によって、次のセグメントにエネルギーが移動する事によって引き起こされます。
エネルギーを受け渡すタイミングと順序が正しい場合、各関節の筋肉はエネルギーを増加させ、そのエネルギーを運動連鎖に沿って伝達します。

一方、エネルギーを受け渡すのタイミングが間違っていると、伝達されたエネルギーが失われ、速度が低下します。
また、筋力を使って体の一部を補正しなければならなくなり、怪我をする可能性が出てきます。

 

セグメントの加速と減速の順序

  1. ヒップ(紫色)は加速し、他のセグメントよりも低速でピーク(A)になり、その後急速に減速します。
  2. 胸部(緑)は腰よりもはるかに速い速度(B)でピークに達し、その後急速に減速します。
  3. リードの上腕(赤)は胸部よりも速い速度(C)でピークに達し、その後急速に減速します。
  4. クラブ(青)は激しく加速し続け、インパクト直後(D)に最高速度に達します。

このように、各セグメントがエネルギーを受け渡すたびにエネルギーを受け取ったセグメントは、前のセグメントの2倍の速さに到達します。
また、これら一連のの動きは0.2秒以内に完結し、スイング中での動産としても手が30センチ程度動く間での出来事です。

この動きを意識して減速&加速させることが不可能なのは容易に想像できます。

 

アマチュアが犯すミス

腰の減速が発生しない

多くのアマチュアは、インパクトまで腰を強く回転させるというミスを犯します。
そのため、コアの大きな筋肉によって生成されたエネルギーは、インパクト後まではクラブに放出されません。
見た目はパワフルですが、エネルギーの伝達が十分に行われないため、筋力を十分に活かせていないスイングとなります。

 

意識して「タメ」る

前腕とクラブの間の角度を生き式的に維持する動きが入る人がいます。

クラブヘッドを「遅らせる」、いわゆる「タメ」という動きは、筋肉を緊張させてこの角度を「保持」する事ではありません。

「タメ」は、ヘッドスピードを上げるうえで非常に重要ですが、「キャスティング」を防ぐ意識をもつ程度で、手、手首、腕が柔らかくリラックスした状態を維持できていれば自然に発生します。

意識して「タメ」て、意識して「リリース」という動きでは、運動連鎖が途切れ、ヘッドスピードは上がりません。
「タメ」と「リリース」は、正確なタイミングでヒップ、胸、腕を動かすことで実現できます。
身体で生成したエネルギーを適切なタイミングでクラブに放出することに集中しましょう。

ダウンスイングの最初の3分の2は、エネルギーを蓄積していくステージです。
最初は胴体、次に前腕で順調にスピードを上げ、そして最後の最後にエネルギーをクラブに投入し、インパクトします。

ヘッドスピードを上げようと考えると、どうしても腕や肩の動きに意識を向けてしまいがちです。
しかし、効率的にヘッドスピードを上げるためには、地面から足、腰、そして上半身を通して、増幅させてきたエネルギーを放出するイメージが必要です。
図のポイントAの直前まで、腕は重力などによる外力によって受動的に振られます。
決して、自分の力で「タメ」を作り、頑張って腕を振るのではありません。

 

運動連鎖を使いこなすために

まずは、先ほど説明した効率的なエネルギーの生み出し方、ヘッドスピードをあげるための身体の動かし方があるという事を理解してください。
スイング中は自分の体の中のエネルギーの流れを意識し、インパクトの瞬間ではエネルギーが最も集中した状態クラブヘッドを解放していきます。

また、スイング理論としてはアドレスから始まり、P1~P10すべてのポイントについて、いかに効率的な動き(自分の特徴にあわせた)ができるかという点を積み上げていく必要があります。
内容は多岐にわたるため、それぞれのポイントについては、別記事にてご紹介していきます。

記事のポイント

  • 「運動連鎖」は、地面反力や筋力のエネルギーを保持するために必要要素
  • ダウンスイングでは、腰、胸、腕、ゴルフクラブの順番に加速させる
  • 各セグメントが加速と減速を繰り返しながらエネルギーのバトンを渡す
  • 各セグメントの減速は意識的にブレーキをかけたりするものではない
  • ダウンスイングの最初の3分の2は、エネルギーを蓄積していくステージ
  • スイング中は自分の体の中のエネルギーの流れを意識する

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

ショートパットグリップ

YouTube

2022/2/8

1.5m〜2mのパットを確実に入れるグリップの握り方!必ず芯でスクエアにヒットする最強のグリップはこれだ!!センターシャフトパターでショートパットを確実に入れる方法!!

https://youtu.be/6_6DpcvFbFc 【概要】 スコアを作る上で必ず決めていきたい、1.5〜2mのパット。 センターシャフトのパターと重心アングルグリップを使えば、この距離のショートパットはほぼ確実に入ります! 今回は魔法の様なパターのコツ、確実にパットが入るグリップの握り方について紹介します! パターに限らず、ゴルフのスイングではクラブの重心管理がとても大切で、重心管理さえできていれば、目標に対してクラブをスクエアにインパクトさせることができます。 このグリップは、パターだけでなく、 ...

ReadMore

マン振り練習

YouTube

2022/2/2

【実録】必ずドライバーの飛距離が伸びる練習方法!!1日10分、週に1回、1.5ヶ月でヘッドスピードが5%アップする練習風景を公開します!!

https://youtu.be/cT0vaHgpp50 【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、実際のマン振り練習風景を撮影しました。どんな練習をすれば飛距離が伸びるのか、ヘッドスピードや飛距離を伸ばしていきたい人はぜひ参考にしてください!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! ※動画で使用している「スーパースピードゴルフ」の細かい解説はブログでご確認ください↓↓↓ ht ...

ReadMore

マン振り

YouTube

2022/1/26

ドライバーでマン振りするコツとは??ヘッドスピードを上げたい、飛距離を伸ばしたい人必見!!ドラコン選手はどんなイメージでマン振りしているの?!

https://youtu.be/as3Zo7W88I8   【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、マン振りのコツ、ヘッドスピードを上げる練習のコツを紹介します!! スイングの形を気にするのは、ヘッドスピードを上げてから!身体の動きを気にしている様ではヘッドスピードは伸びないでのです!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 マン振りのコツ ...

ReadMore

体重移動

YouTube

2022/1/26

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる体重移動!!非力でも飛ばせる体重移動のコツとは??ドリルと準備運動の紹介!!

  【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で絶対に必要となってくる正しい体重移動、効率的な体重移動の方法を、具体的な準備運動とスイングドリルで紹介します! 非力でも飛ばすためには、どのようなタイミングでどんな体重移動が必要なのか?? 切り返しでの体重移動のコツやポイント、ドライバー飛距離アップに繋がるドリルを紹介します! ひとつの基準としてまずは一度試してみてください!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:27 正しい体重移動とは? 02:09 体重移動の練習 03:45 体重移動素振 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.