TIPS

ボイスキャディCL2(レーザー距離計)を使用レビュー!!

みなさん、レーザー距離計を使ってラウンドしていますか?

私は、ガーミンS62(腕時計型GPS)とニコン「COOLSHOT 80i VR」(レーザー距離計)の2つを使ってラウンドしているのですが、「どっちか片方しか使っちゃダメ!」と言われば間違いなくレーザー距離計を選びます!

ガーミンS62のような腕時計型GPSでは、打ち出し方向や飛距離、目標物の目安をざっくり知るにはお手軽でいいのですが、「どの場所に何yd打つのか」「どの方向に何yd飛ばしてはダメなのか」といった細かい戦略を立てるのは苦手です。
一方で「レーザー距離計」は、毎回計測する煩わしさはあるものの、詳細な戦略、正確な飛距離計測という部分では圧倒的に有利です。

今回、新型レーザー距離計の「ボイスキャディCL2」をお借りしてラウンドする事ができたので、スペックや「Nikon COOLSHOT 80i VR」の比較についてご紹介します!
レーザー距離計を買おうかなと思っている人は、ぜひ参考にしてください!

Yanagi
その通り打てるかどうかは別として正しい距離を把握して戦略を立てることは大切!
「とりあえす」ショットするのではなく、狙いを明確にしないといいショットが打てないぞ!
Mr.T

 

 

「ボイスキャディCL2」のスペック

ボイスキャディCL2

 

  • 主要機能:V-アルゴリズム、2colorOLED、6X広視野角レンズ、スロープ&トーナメント、ピンモード&ノーマルモード(連続測定)、ジョルト機能
  • 本体重量:143.7g
  • サイズ:34×65×103mm
  • 望遠倍率:6倍
  • 誤差範囲:1yd以内
  • 測定範囲:5~700yd
  • 照射回数:約5000回
  • スタイリッシュな白のボディに映える赤の個性的なレンズデザイン
  • 明るさ調節可能な2 color OLED
  • 4つの測定モードを搭載ピンモード(スロープ・トーナメント)/ノーマルモード(スロープ・トーナメント)
  • ロングキー機能で確実にピンを測定

 

 

ボイスキャディCLからの進化ポイント・変化点

【サイズ(幅×高さ×厚み)】

  • CL2:103.0mm×65.0mm×34.0mm
  • CL :99.0mm×64.7mm×32.8mm

若干のサイズアップ!
ですけど、使用感に影響あるほどではないですね!

 

【重量】

  • CL2:144g
  • CL :161g

この「144g」という重量、めちゃくちゃ軽くて使いやすいです!
普段は「Nikon COOLSHOT 80i VR」(200g)を使っているので、その軽さにびっくり!

「Nikon COOLSHOT 80i VR」を腰につけて走ると、その重さの反動で落っことしていまいそうになるのですが、ボイスキャディCL2はその心配が減りました!
また軽くなることで、手ぶれはしやすくなるデメリットがありますが、手ぶれするより先に測定してくれるので、軽量化のメリットしか感じませんでした!

 

【ディスプレイ】

ボイスキャディCL2

 

  • CL2:OLED
  • CL :スーパークリアレンズ

「OLED」とは「Organic Light Emitting Diode」の略で、発光材料に有機物質(Organic)を使った「LED(発光ダイオード)」という意味です。
「OLED」の発色はすごくクリアで見やすかったです!!

 

 

【その他】

低差計測(ON/OFFの切り替え)や距離やクラブ別の弾道分析を基にした「V-アルゴリズムは継承しています。
測定完了をバイブレーションで知らせるジョルト機能や連続スキャンなど、基本的な機能はCLから引き継いでいます。

ボイスキャディCL2

 

 

ここがすごいよ!「ボイスキャディCL2」!!

ボイスキャディCL2

正直言って、各社レーザー距離計のフラッグシップモデルの性能差はほとんどありません笑
それこそ、どのメーカーが好きかで選べばいいなかと思うのですが、「ボイスキャディCL2」の特徴でめちゃくちゃオススメポイントがあります。

それは、「計測スピードの速さ」です。

「スピード・ディテクティング・ブースター」と呼ばれる技術で、0.5秒でピンを測定してくれます。
この「0.5秒」ってめちゃくちゃ速いです。
ボタンを押したらすぐに計測完了です。

「Nikon COOLSHOT 80i VR」の場合、ボタンを押してピントがあって飛距離計測というスピードは、一眼レフカメラがピントを合わせるくらいの時間です。
それでも十分速いのですが、「ククッ」とレンズが動くワンテンポの間があります。

「ボイスキャディCL2」は「ピッ」って感じです。

「ククッ」と「ピッ」
この差ってプレー中は結構大きいと思うんですよね。

スロープレーにならないよう気を使いつつも、しっかり距離を計測したい。
距離を計測したらそこから戦略を立てたいってなると、やっぱり計測スピードは速ければ速いほど言い訳です。

「Nikon COOLSHOT 80i VR」を購入してもうすぐ3年…
「ボイスキャディCL2」に買い替えようかなと心が揺れております…

これから「レーザー飛距離計測器」を買うよ!って方は、「ボイスキャディCL2」オススメですよ!!

Yanagi
「ククッ」と「ピッ」の体感差はすごく大きい!!
計測スピードにストレスを感じないことは最高のメリットだ!!
Mr.T

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
地面半力

YouTube

2021/10/20

【ゴルフ】地面半力習得ドリル!ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わったお手軽ドリルを紹介!!踏み込むタイミング&解き放つタイミング&身体の動きの全てがわかる?!

【概要】 地面半力を上手に使うためのドリルを、ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わりました! 地面を踏んだ後どのようなステップワークで飛距離を伸ばしていくか、アライメントスティック1本で簡単に習得することができます! 世界一飛ばす男が実践するとても簡単なドリルを取り入れない理由がありますか?! おそらく!日本で初公開のドリルですので、ぜひチェックしてください!! 【目次】 00:00 地面半力とは 00:46 地面半力の使い方 02:47 地面半力飛距離アップドリル 03: ...

ReadMore

腰の回し方

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい腰の回し方??腰ではなく股関節の使い方を意識するだけで動きが激変!!飛距離が伸びる下半身リードが手に入ります!

【概要】 腰の回し方や腰の切り方といったキーワードはよく耳にしますが、そもそも腰椎は5°しか回りません! 大切なのは腰ではなく股関節の使い方や動かす方向です。 今回は、「腰の回し方」という悪魔の様なキーワードに囚われてしまった方へ向けた、正しい「股関節」の動かし方を解説します。 腰を切る!腰の回し方!という言葉に惑わされて、スイングが乱れたり腰痛になっていませんか?? 股関節の正しい動きを知れば、理想的な下半身リードで分厚いインパクトが実現しますよ!!   【目次】 00:00 正しい腰の動き ...

ReadMore

前傾姿勢キープ

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】前傾姿勢を体感する自宅用ドリル2選!!伸び上がりを防ぐお尻や左サイドの動きを体感しよう!

【概要】 ゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 その前傾姿勢を維持するために、身体はどんな動きが必要か、自宅にいながら体感出来るドリルを2つ紹介します! どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまう人は、ぜひチェックしてください!! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、毎日の生活の中に取り入れましょう!! 【目次】 00:00 アーリーエクステンション 00:28 ...

ReadMore

アーリーエクステンション

YouTube

2021/9/10

【ゴルフ】前傾姿勢を維持する準備運動を取り入れよう!伸び上がりを防ぐお尻の動きを体感ドリル!!

【概要】 多くのゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまいがちですよね。 そこで今回は、前傾姿勢を維持するための準備運動をご紹介します! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、ぜひ準備運動に取り入れてください! 【目次】 00:00 正しい前傾姿勢 00:34 肩の動き確認ドリル 02:06 胸の向き確認ドリル 03:23 前 ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/9/10

カット打ちの直し方!!そもそもの原因はテイクバック(始動)にあり?!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しやダウンスイングから修正しようという方が多くいますが、そもそもテイクバック(始動)の瞬間にアウトサイドインを誘発する動きになっている人が多くいます。 今回は、カット打ちにならないためのテイクバック(始動)ができているか、アライメントスティックを使ってチェックする方法をご紹介します! 【目次】 00:00 カット打ちになるテイクバック 00 ...

ReadMore

前傾姿勢チェック

YouTube

2021/8/30

【ゴルフ】前傾姿勢キープの第一歩!!切り返しからインパクトまでの下半身の動きをチェックするドリルを紹介!!

【概要】 切り返しから身体が起きてしまう方は、何よりもまず下半身の正しい動きをチェックする事が大切です! アライメントスティック1本あれば、正しく下半身が動いているかチェックできますので、ぜひチャレンジしてみてください!! #飛距離アップ #前傾姿勢 #下半身 #切り返し #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:35 前傾姿勢チェックドリル 01:52 まとめ 【Twitter】 https://twitter.com/Out_Drive300 ↑↑↑ Twitterでもゴルフ情報発信してま ...

ReadMore

ゴルフ右腰痛

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】右腰痛を引き起こす原因は間違った「背骨」の使い方!!原因と対策・修正ドリルを紹介!!

【概要】 腰痛に悩むゴルファーは多くいますが、その中でも「右腰」に痛みを感じる方は、「背骨」の動きが間違っている可能性大!! 飛距離を伸ばそうと大きなトップを作る意識が強すぎて、トップオブスイングで体が飛球線方向へ傾いている方は注意が必要です! 「腰痛」を引き起こす原因と対策&修正ドリルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください! #飛距離アップ #腰痛 #リバーススパインアングル #トップ #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:48 背骨の動き 01:43 腰痛修正ドリル① 02:31 腰 ...

ReadMore

明治の大砲

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】フィニッシュで体重が右に残る「ハンギングバック」の直し方!ダフる・ボールが上がらない女性ゴルファーは要注意?!

【概要】 テイクバックで右に体重移動したまま、インパクトを迎えてしまう「ハンギングバック」というスイングエラー。 特に下半身や体幹の筋力少ない女性ゴルファーに多いミスの一つです。 ドライバーでダフる・ボールが上がらないという方はぜひチェックしてみてください! #飛距離アップ #体重移動 #ハンギングバック #テイクバック #ドリル   【目次】 00:00 ハンギングバックとは? 01:27 ハンギングバック修正ドリル 02:27 まとめ 【Twitter】 https://twitter.co ...

ReadMore

スライド

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい体重移動とは?その動きバンプじゃなくスライドです!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでしっかりと左サイドに体重移動を行なっていくことが大切で。 また左サイドに乗ることで、右サイドに手の通り道ができ美しいスイングにもつながります。 が、しかし!いわゆる「バンプ」という左サイドへの体重移動は、ひとつ間違えると「スライド」という間違った体重移動になります。 スライドが起こると、左サイドがロックされスイング後半は手打ちの状態になってしまい方向性が安定しませんし、ヘッドスピードも低下するので飛距離が伸びません。 今回は「スライド」がどういった動きなの ...

ReadMore

スウェー

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】正しい体重移動できてますか??スウェーのチェックポイントと直し方!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、テイクバックでしっかりと右足に体重移動していく事が大切ですが、あまりにその意識が大きいと「スウェー」というスイングエラーになっている場合があります。 また、身体を捻転差せずにクラブを担ぐようにテイクバックをしてしまいスウェーしているゴルファーも多くいます。 正しい体重移動ができているか?まずはテイクバックで「スウェー」していないか、確認してみましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:07 スウェーとは? 01:56 スウェー対策 02:41 スウェー対策ド ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.