TIPS

ボイスキャディCL2(レーザー距離計)を使用レビュー!!

みなさん、レーザー距離計を使ってラウンドしていますか?

私は、ガーミンS62(腕時計型GPS)とニコン「COOLSHOT 80i VR」(レーザー距離計)の2つを使ってラウンドしているのですが、「どっちか片方しか使っちゃダメ!」と言われば間違いなくレーザー距離計を選びます!

ガーミンS62のような腕時計型GPSでは、打ち出し方向や飛距離、目標物の目安をざっくり知るにはお手軽でいいのですが、「どの場所に何yd打つのか」「どの方向に何yd飛ばしてはダメなのか」といった細かい戦略を立てるのは苦手です。
一方で「レーザー距離計」は、毎回計測する煩わしさはあるものの、詳細な戦略、正確な飛距離計測という部分では圧倒的に有利です。

今回、新型レーザー距離計の「ボイスキャディCL2」をお借りしてラウンドする事ができたので、スペックや「Nikon COOLSHOT 80i VR」の比較についてご紹介します!
レーザー距離計を買おうかなと思っている人は、ぜひ参考にしてください!

Yanagi
その通り打てるかどうかは別として正しい距離を把握して戦略を立てることは大切!
「とりあえす」ショットするのではなく、狙いを明確にしないといいショットが打てないぞ!
Mr.T

 

 

「ボイスキャディCL2」のスペック

ボイスキャディCL2

 

  • 主要機能:V-アルゴリズム、2colorOLED、6X広視野角レンズ、スロープ&トーナメント、ピンモード&ノーマルモード(連続測定)、ジョルト機能
  • 本体重量:143.7g
  • サイズ:34×65×103mm
  • 望遠倍率:6倍
  • 誤差範囲:1yd以内
  • 測定範囲:5~700yd
  • 照射回数:約5000回
  • スタイリッシュな白のボディに映える赤の個性的なレンズデザイン
  • 明るさ調節可能な2 color OLED
  • 4つの測定モードを搭載ピンモード(スロープ・トーナメント)/ノーマルモード(スロープ・トーナメント)
  • ロングキー機能で確実にピンを測定

 

 

ボイスキャディCLからの進化ポイント・変化点

【サイズ(幅×高さ×厚み)】

  • CL2:103.0mm×65.0mm×34.0mm
  • CL :99.0mm×64.7mm×32.8mm

若干のサイズアップ!
ですけど、使用感に影響あるほどではないですね!

 

【重量】

  • CL2:144g
  • CL :161g

この「144g」という重量、めちゃくちゃ軽くて使いやすいです!
普段は「Nikon COOLSHOT 80i VR」(200g)を使っているので、その軽さにびっくり!

「Nikon COOLSHOT 80i VR」を腰につけて走ると、その重さの反動で落っことしていまいそうになるのですが、ボイスキャディCL2はその心配が減りました!
また軽くなることで、手ぶれはしやすくなるデメリットがありますが、手ぶれするより先に測定してくれるので、軽量化のメリットしか感じませんでした!

 

【ディスプレイ】

ボイスキャディCL2

 

  • CL2:OLED
  • CL :スーパークリアレンズ

「OLED」とは「Organic Light Emitting Diode」の略で、発光材料に有機物質(Organic)を使った「LED(発光ダイオード)」という意味です。
「OLED」の発色はすごくクリアで見やすかったです!!

 

 

【その他】

低差計測(ON/OFFの切り替え)や距離やクラブ別の弾道分析を基にした「V-アルゴリズムは継承しています。
測定完了をバイブレーションで知らせるジョルト機能や連続スキャンなど、基本的な機能はCLから引き継いでいます。

ボイスキャディCL2

 

 

ここがすごいよ!「ボイスキャディCL2」!!

ボイスキャディCL2

正直言って、各社レーザー距離計のフラッグシップモデルの性能差はほとんどありません笑
それこそ、どのメーカーが好きかで選べばいいなかと思うのですが、「ボイスキャディCL2」の特徴でめちゃくちゃオススメポイントがあります。

それは、「計測スピードの速さ」です。

「スピード・ディテクティング・ブースター」と呼ばれる技術で、0.5秒でピンを測定してくれます。
この「0.5秒」ってめちゃくちゃ速いです。
ボタンを押したらすぐに計測完了です。

「Nikon COOLSHOT 80i VR」の場合、ボタンを押してピントがあって飛距離計測というスピードは、一眼レフカメラがピントを合わせるくらいの時間です。
それでも十分速いのですが、「ククッ」とレンズが動くワンテンポの間があります。

「ボイスキャディCL2」は「ピッ」って感じです。

「ククッ」と「ピッ」
この差ってプレー中は結構大きいと思うんですよね。

スロープレーにならないよう気を使いつつも、しっかり距離を計測したい。
距離を計測したらそこから戦略を立てたいってなると、やっぱり計測スピードは速ければ速いほど言い訳です。

「Nikon COOLSHOT 80i VR」を購入してもうすぐ3年…
「ボイスキャディCL2」に買い替えようかなと心が揺れております…

これから「レーザー飛距離計測器」を買うよ!って方は、「ボイスキャディCL2」オススメですよ!!

Yanagi
「ククッ」と「ピッ」の体感差はすごく大きい!!
計測スピードにストレスを感じないことは最高のメリットだ!!
Mr.T

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
クラブを引く押す

YouTube

2022/6/18

ゴルフクラブの正しい引き方とは?!「引く」スイング、「押す」スイングは切り返しからのグリップを見えれば一目瞭然!!タメのあるスイングで脱カット打ち!!飛距離アップ!!!

【概要】 クラブは引いて使うと言うけれど、そのイメージが全く掴めない人、必見です! カット打ちが直らない、タメが作れない人は正しくクラブを引けていないのですが、この「クラブを引く」という動きはどのようなエネルギーをグリップへかけているかと言うことです! クラブを引いて、タメのある力強いスイングに進化しましょう!! 【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:55 クラブの引き方 05:10 クラブの引く方向 06:54 引いて叩くドリル 10:04 クラブの引き方まとめ # ...

ReadMore

タメの作り方

YouTube

2022/6/9

飛距離が伸びる「タメ」の作り方!アマチュアゴルファーが勘違いしているやってはいけない動きとは?!強烈なタメを作る簡単練習方法の紹介!!

【概要】 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの特性を理解しましょう! 「タメ」を作ろうと、一生懸命グリップを引き込む動きも一歩間違えば逆にアーリーリリースとなる動きに繋がります! プロゴルファーは自然と出来ていて、アマチュアゴルファーの多くが勘違いしている「タメ」を作る動きの差を解説しながら、「タメ」を作るドリルを紹介します!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:35 タメ ...

ReadMore

飛距離アップ準備運動

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びる準備運動!!その準備運動で大丈夫?!正しいウォーミングアップで飛距離を最大化!!

【概要】 ゴルフに最適化した準備運動を取り入れることで、その場でドライバーの飛距離を5%程度伸ばすことが可能です! 怪我の防止だけでなく、スイングエラーの改善にも重要な準備運動を覚えれば、練習の質、スイングの質がどんどん上がっていきます!! 自分の能力を最大限発揮して、最長飛距離を更新していきましょう!   https://youtu.be/rRCdDIYURI0   【目次】 00:00 ゴルフ準備運動 01:04 足首準備運動 02:24 骨盤準備運動 02:54 股関節準備運動 ...

ReadMore

テイクバックドリル

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離を伸ばす練習方法はこれ!お手軽トレーニングでシャフトを走らせるテイクバックを覚えよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で1番大切なのはヘッドスピードを上げる事ですが、そのヘッドスピードを上げるためにはシャフトを上手に走らせる事ができるかが勝負の分かれ道です。 テイクバックでシャフトに負荷をかける事がで切れば、切り返しの瞬間に強烈なシナリが発生し、ヘッドが自動的に加速します。 リミッターを解除する練習方法は飛距離アップに即効性があるのでぜひ試してみてください!!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:35 シャフトの使い方 01:50 テイクバックドリル 05:02 ...

ReadMore

脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.