SWING

ダウンスイングでヘッドを加速させるコツとドリル

ゴルフスイングの常識であった「頭は動かさない」は、ゴルフスイングの運動力学的な解析が進むにつれて、飛距離を伸ばし安定したインパクトを実現する上では誤った教えであるという認識がようやく広まってきました。
頭を左右に大きく動かすことはゴルフスイングを複雑にしますが、頭を上下に動かす事は運動力学的な視点からは理にかなった動きであると言えます。

今回の記事では、ダウンスイングでヘッドを加速させる上で重要な、「地面反力」「向心力」の役割と使い方について解説していきます。

 

ダウンスイングでの「地面反力」の使い方

筋力に頼らず飛距離を伸ばすためには、切り替えしで左踵を踏み込むようにして身体を沈み込ませ、その反力(地面反力)を使ってスイングを加速させていく事が大切です。

左踵を踏み込む切り替えしができていないと、ダウンスイングで発生したクラブの「遠心力」に対抗する事ができません。
その結果、クラブに引っ張られないように上半身を起こして「遠心力」に対抗したり、チキンウイングによってインパクトを調整するスイングエラーが発生します。

また、左尻を引きながら沈み込み、右腰が前に出ない状態をキープする事ができれば、遠心力に負ける事なく前傾姿勢を維持する事が可能になります。

切り返しの早いタイミングで左踵を踏み込み、左尻主導でダウンスイングすることで「地面反力」を上手に活用する事ができます。

 

ダウンスイングでの「向心力」の使い方

ダウンスイングから発生する「遠心力」に対して、ゴルファーは「向心力」を使うことでスイング姿勢を維持します。
「遠心力」=「向心力」の状態であれば、スムーズなスイングが可能ですが、「向心力」を上手に導き出せなければ、クラブヘッドに身体が引っ張られ、突っ込んだスイングになってしまいます。
そのため、何とかインパクトするために、カット軌道をチキンウイングによってスイングを調整します。

一方、「向心力」が「遠心力」を一時的に上回る事ができれば、スイングスピードをさらに加速させることが可能です。
細い紐を結びつけた5円玉をゴルフクラブと見立てると、「向心力」の使い方をイメージする事ができます。

紐の端を指で持ち5円玉を回転させている時(指を中心に円運動)、5円球が円の外に飛び出そうとする「遠心力」と、円運動をキープするために指が保持している「向心力」は釣り合っています。
ここで円運動の速度を上げようとする場合、ほとんどの人がタイミングよく紐を引っ張ることで円運動を加速させます。
これが「向心力」を使って、円運動を加速させる動きです。
指の動きはとても小さいもので、円の中心から大きくは動きませんが、5円玉の速度をどんどん加速させる事ができると思います。

ゴルフスイングにおいても、「遠心力」と「向心力」を上手に付き合う事が大切です。
ゴルフクラブの遠心力に負けないよう、小さく、しっかりと中央に引き寄せられる動きが入れば、クラブヘッドを大幅に加速させる事ができます。

 

右手左手の役割

先ほどの「向心力」を高めることによって、ヘッドスピードを上げるのは「左手」の役割です。
左腕だけを使って、素振りをする事で感じ取る事ができる動きです。

一方、右手はクラブヘッドをリリースするタイミングでクラブを「押す」事でヘッドスピードを上げる役割を担います。
しかし右手の力は瞬間的なもので、肩に力を入れる必要は全くありません。
ブランコを押すように、タイミングよく、瞬発的にエネルギーを注入するだけです。
ブランコにのった子供の背中を押すように、クラブが下に落ちていくタイミングで右腕を伸ばすことによってグリップを右手で瞬間的に押し込み、クラブを加速させます。
この時、大きな力を入れなくても、クラブを加速させることが出来る事を感じ取る事ができると思います。

 

小さな力でヘッドスピードを上げるドリル

左手のドリル

このドリルでは、地面反力を使ってヘッドを加速させる間隔、左手の感覚を養います。

  1. 左手1本でリズムよく振り子運動を開始
  2. 切り返しのタイミングで左踵を踏み込み左尻を引く

踏み込むこと、クラブを引く事でヘッドが加速する感覚を手に入れてください。

 

右手のドリル

このドリルでは、右手の力を注入するタイミング、小さな力でクラブヘッドを加速させる感覚を養います。

  1. ドリル1の動きで腰の高さまでテイクバックします
  2. ダウンスイングのタイミングで、右腕を徐々に伸ばしながら右手指でグリップを押し返します

右手はグリップしませんが、通常のスイングと同じように、右肘を体の右側の前、右足の内側に置き、右腕を外側に回転させる動きでグリップを押し返します。

グリップを押し返すタイミングは、ブランコを押してあげるタイミングと全く同じです。
クラブが下がり始める瞬間に、グッとブリップを押します。
ブランコを押すタイミングがずれると、ブランコを加速させるどころか遊んでいる子供が落ちそうになります。
ゴルフスイングでは、力を入れるタイミングがずれることで運動連鎖が途切れ、ここまで溜めたエネルギーを失ってしまいます。
ゴルフクラブの重力を感じながら、左手1本でスイングした時に感じた加速を補うように右手を使ってください。

 

小さな力でHSを上げるコツ

  • 踏む→押す→引く動きで加速させる
  • グリップを中心にした小さな動きでHSは上がる
  • ブランコを加速させるタイミングでグリップを押す

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離が伸びる左足

YouTube

2021/7/9

飛距離が伸びる左足の使い方!!飛ばし屋の左足を真似してヘッドスピードUP!!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、左足の使い方はとても大切です!昔ながらのレッスンでは、左足を我慢!爪先は真っ直ぐ前に!といった、自分の身体の特性を無視した型にはめるレッスンばかりでしたが、左足の向きや動きの正解は1つではありません! 飛ばし屋は、左足をもっと柔軟に使い、怪我を予防しながら飛距離アップしています! 今回の動画は、左足の爪先の向きやヒールアップでの注意ポイントをご紹介しながら、飛距離が伸びる左足の使い方を解説します! https://youtu.be/s2kiBBBmDe4 【目次】 00:00 ...

ReadMore

ハンドファースト

YouTube

2021/7/9

シャンクが出ちゃう根本的な原因と直し方!間違ったハンドファーストではシャンクとスライスの嵐!!!正しいクラブの使い方を覚えましょう!

【概要】 ゴルフが上達してくると突然シャンクに悩まされる事がありますよね。ある程度、スイングが出来てきてもっといいショットを打とう!と思い始めた時に突然訪れるシャンク病… 特に、間違った「ハンドファースト」を取り入れると、シャンクを直すことはできないので注意が必要です! 一方で、クラブの構造を理解し、正しいエネルギーの使い方ができれば、シャンクは怖くありません! この動画では、シャンクが出てしまうクラブの動き、正しいクラブとエネルギーの使い方をご紹介し、シャンクから抜け出すお手伝いをします!! 【目次】 ...

ReadMore

ジョンラーム切り返し

YouTube

2021/7/9

ジョンラームのような切り返しを手に入れるコツ!簡単なドリルで正しい切り返しのタイミングを覚えよう!!

【概要】 コンパクトなトップからダイナミックに切り返すことができれば、腰への負担を減らしつつ飛距離を伸ばすことができます。 今回は、ジョンラームのような大きな捻転差を手に入れるドリルを2つ紹介します! 切り返しの正しいタイミングを習得するドリルで、飛距離アップ、身体の負担軽減をを目指しましょう!! 【目次】 00:00 トップスイングと腰痛 01:43 ショートテイクバック 02:38 ジョンラームドリル 04:28 まとめ #飛距離アップ #切り返し #ダウンスイング #体重移動 #ドリル   ...

ReadMore

クラブの引き方

YouTube

2021/7/2

飛距離が伸びるクラブの引き方・グリップの引き方〜ダウンスイングとインパクトで効率的にエネルギーを使う方法!!

【概要】 「クラブを引く」「グリップを引く」というキーワードをよく耳にすると思いますが、どの方向に?どうやって?なぜ「引く」の?という疑問を持っている方がたくさんいると思います。 今回はクラブを「引く」目的、クラブを「引く」イメージ作りから初め、どのようにしてクラブ(ヘッド)が加速していくのか、具体的に解説していきます! この動きや仕組みが理解できると、あっという間にヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びますのでぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 クラブを引くとは? 01:04 「引く」正体 0 ...

ReadMore

腰痛ゴルファースイング

YouTube

2021/6/30

【ゴルフ】腰痛の原因と改善方法!腰痛ゴルファーがジョンラームのスイングを参考にすべき理由とは??

【概要】 ゴルフで腰痛を引き起こす最もの原因は、自分自身の可動域を無視したトップの作り方にあります。 股関節や肩甲骨、胸椎といった関節の可動域が狭い状態で大きなトップを作ろうとすると、腰を左に曲げながらクラブを担ぐようにトップを作ってしまいます。 このように、本来の動作や運動を行うのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行うことを代償動作(代償運動)といい、腰痛を引き起こす1番の原因です。 そのため腰痛ゴルファーにとって1番の改善策は、関節の可動域を改善しイメージに合うスイングができる身体作りですが、 ...

ReadMore

ジョンラームスイング

YouTube

2021/6/30

身体が硬い・肩が回らない・股関節が動かない人必見!ジョンラームのスイングはアマチュアゴルファー向け?!飛ばしのコツを教えます!!

【概要】 身体が硬い人、肩が回らない人、股関節が動かない人は、どのプロのスイングを参考にすべきでしょうか?意外に思うかもしれませんが、それは「ジョンラーム」のスイングです。 強靭な肉体と柔軟性から繰り出されるレーザービームのようなショットはトッププロの中でも1、2を争う飛距離と精度で到底真似できそうにありませんが、実はアマチュアゴルファーが真似すべきポイントが多くあるのがジョンラームのスイングです。 もちろん、あれほどシャローに振るのは難しいですし、テイクバックの途中から下半身リードで切り返していく部分を ...

ReadMore

ヘッドスピードトレーニング

YouTube

2021/6/30

ヘッドスピードを上げる3分トレーニング!!世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてる飛距離アップドリルの紹介!!

ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げることが大切です! 世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてるドリルを使って飛距離を伸ばしましょう!! 3分のドリルで、確実にヘッドスピードが上げていく練習方法をご紹介します!! 闇雲に練習してもヘッドスピードは伸びません…正しいマン振りの方法で、確実にドライバーの飛距離を伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:57 ヘッドスピード計測器について 01:58 ヘッ ...

ReadMore

ヒールヒット改善

YouTube

2021/6/14

ドローボールが簡単に打てるドリル!?ギア効果を利用してドローを打つコツをご紹介!!

【概要】 ボール1個を使って、ドローボールを簡単に打てるドリルをご紹介します! 体が突っ込んでしまいドローボールを打てない人、インサイドアウトに降っているのに、何故かドローボールが打てない人、ギア効果を利用してドローボールを打つコツを取り入れてみてください! ヒールヒットを改善すれば、素敵なドローボーラーに変身できますよ!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:10 ドロボールの原理 00:59 ギア効果 02:35 ヒールヒット改善ドリル 05:48 まとめ #飛距離アップ #ドライ ...

ReadMore

笹生優花スイング

YouTube

2021/6/14

【祝】2021年全米女子オープンゴルフ優勝!笹王優花のスイングとマキロイのスイングはココを真似したい!!飛距離が伸びる胸と肩甲骨の使い方!!

【概要】 笹生優花選手はマキロイのスイングを目指してトレーニングしてきた事が有名ですが、今回は笹生優香&ローリーマキロイのスイングに近づけるコツを紹介します!! 2人のフィジカルはアマチュアゴルファーとかけ離れていますが、ハードな筋トレではなく、簡単なストレッチでも笹生優花、マキロイのスイングに近づけるポイントですので、ぜひ参考にしてください! 今回解説する動きは飛距離アップにとても大切な動きです! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:51 胸椎の使い方 03:47 胸椎ストレッチ 05:04 ま ...

ReadMore

タオル体重移動

YouTube

2021/6/14

タオルを使った体重移動ドリル!下半身リードで飛距離を伸ばせ!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす体重移動は欠かせないスキルです! 体重移動のドリルは色々ありますが、今回はタオルを使ったお手軽体重移動ドリルをご紹介します! 飛距離で悩む人の多くは、切り返しで左足を上手に使えてません。 体重移動のポイントは、切り返しでしっかりと左踵を踏み込むことですが、このタイミングやフットワークの感覚が分からない方はこのタオルドリルを取り入れて、体重移動の感覚を掴みましょう!!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:51 タオルドリル 01:56 ドリル実践編 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.