SWING

飛距離が出るパワーフェードの打ち方~インパクトのポイント〜

競技ゴルファーとして戦うために必要になってくる「飛距離」と「正確性」…

ゴルフを始めたばかりの頃は、「飛距離」を求めて「ドロー」の習得をまずは目指しますが、ある程度上手くなってくると、「正確性」を手に入れるために「フェード」の練習を始めます。
そしてもう一段階上の競技ゴルファーとしても結果を残すには、「飛距離」+「正確性」の両方を手に入れる必要があります。
そこで、キーとなってくるスキルが「パワーフェード」です。

「パワーフェード」は「ドロー」と「フェード」のいいとこ取りをした球ですが、簡単に習得することはできません。
この記事では「パワーフェード」を手に入れる上で知っておかなければならない知識、スイングのポイントについて解説していきます。

 

「パワーフェード」と「フェード」の違い

「パワーフェード」は、「フェード」でありながら、「バックスピン量」が抑えられたショットです。
ティーショットでは「フェード」の「正確性」を実現しつつも。「ドロー」の様な低スピンによって「ラン」を稼ぐことができます。
また、風下をググらせるようなボールを打つことも可能で、スコアメイクの幅が格段に広がります。

 

「フェード」の打ち方

フェード

「パワーフェード」の打ち方は「ドロー」の打ち方と似ていますが、まずは「フェード」の打ち方について解説します。

「フェード」は、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指しているために発生します。
この「クラブパス」と「クラブフェースの向き」の違いにより、ボールのスピン軸が右に傾くことで「フェード」になります。
「フェード」は、ターゲットに対して左方向に打ち出されますが、これは「クラブフェース」は、「ターゲットライン」に対して閉じた状態でインパクトするためです。
この時、「クラブパス」も「ターゲットライン」に対してやや左方向に抜いていきます。

 

「フェード」が飛ばない理由

一般的に、「フェード」を打つためには、「ストレート」や「ドロー」を打つ時と比較し、「ダイナミックロフト」と「バックスピン量」が多くなります。
「クラブフェース」をわずかに開いてインパクトする事で、「ダイナミックロフト」が増加し、「アウトtoイン」のクラブパスは「アタックアングル」を増加させます。
そして、「ダイナミックロフト」と「アタックアングル」の差が大きくなると、「スピンロフト」が増加し、「バックスピン量」が増加します。
そのため、「ラン」が出にくくなります。

また、ロフトが増し、オープンフェースになる事でインパクトの効率(スマッシュファクター)が低下し、ボール初速も落ちます。
これは、垂直面(ロフトが高い)と水平面(オープンフェース)の両方で、インパクトがゴルフボールの重心から離れる方向に向いているためです。
さらに、スピン量が増えるという事は、「ボール初速」に変換したかった運動エネルギーを「スピン量」に変換しているため、飛距離が出にくいスイングであるといえます。

「フェード」の特徴

  • 打ち出し角が高くなる
  • 初速が落ちる
  • バックスピン量が増える

 

余談ですが、どうしても「フェード」「スライス」しか打てず、バックスピン量が多い場合は「ロフト」を少し立たせることで、偽「パワーフェード」を打つことが出来ます。
ボール初速が上がらないので、ドロップしたりスライスが酷くなるリスクもありますが…

Yanagi
フェードが飛ばないのはスピン量の影響が大きいんだ…
打ち出し角が高くなる分キャリーが落ちる人も多いぞ!
Mr.T

 

「パワーフェード」の打ち方

「パワーフェード」を打つためには、低スピン、低ロフトでインパクトする技術が必要です。
そのためには、ダイナミックロフトを減らし、レベルブローもしくはアッパーブローに打つことスピンロフトを減らすことでスピンを最小限に抑える必要があります。
また、「スピンの回転軸」の傾きは最小限に抑えなければなりません。

 

「パワーフェード」を打つポイント

  • フェースアングルとクラブパスの関係性を理解する
  • 浅いアタックアングルでスピン量を減らす
  • ハンドファーストでインパクトする
ポイント

 

「パワーフェード」を打つためのスタンスとボールの位置

「フェード」と「パワーフェード」どちらを打つ場合でも、スタンスは開いてはいけません。
ターゲットに対してスタンスを開く必要があるのは、インテンショナルにボールを曲げたい時だけです。

パワーフェードの場合は、標準のストレートショットの場合と同じように、ボールに対処する必要があります。
インサイドからアタックし、クラブフェースをオープンの状態でインパクトすることで、右方向に打ち出し、さらに右に曲げていきます。
スタンスはターゲットに対して平行で、体全体を目標の左方向に向けます。

通常のフェードの場合、スタンスはターゲットに対してスクエアで、体全体も目標に対してスクエアに構えます。
そして、ボールを少しだけ飛球線方向へ移動します。
これにより、「クラブフェース」は「クラブパス」に対して開いているが、「ターゲットライン」に対して閉じている状態を生み出せます。
その結果、ボールは目標の左方向に打ち出され、ターゲットに向かってフェードで戻っていきます。

Yanagi
捕まったフェードとパワーフェードはもしかして違うの??
パワーフェードは右に打ち出すから捕まったフェードとは少し違うね!
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのアタックアングル

「パワーフェード」を打つためには、アタックアングルを浅くしなければなりません。

そのため、スイング軌道としては「ドロー」を打つときと同様、ターゲットラインの内側からボールを捉えなければなりません

「パワーフェード」を打つためには、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指している必要があります。
つまり、ボディラインの右方向に打ち出し、さらにそこから右に曲がります。
これが「パワーフェード」の特徴で、ドローボーラーが「プッシュスライスでめちゃくちゃと飛んだけどOBでした」という球は、「パワーフェード」に非常に近い球筋です。

Yanagi
プッシュスライスがパワーフェード?!得意かも!!
Yanagiの球はただのスライスだ笑
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのインパクト

通常の「フェード」を打つ場合、グリップ圧を少し強くするだけでもインパクトでフェースを閉じにくくなり、「フェード」を打ちやすくなります。
もしくは、ゴルフボールを飛球線方向へ1-2インチ(2.5-5cm)動かすだけでも、インパクト時にクラブ閉じる事で「フェード」を打ちやすくなります。

ただし、「パワーフェード」を打つ場合、フェースアングルとクラブパスを整えるだけでなく、アタックアングルもコントロールしなければなりません。
「パワーフェード」を打つためには、通常のスイングと比較し、右手を少し早いタイミングでリリースしていきます。

右手を早めにリリースすることで、「クラブフェース」がよりオープンになり、インパクトまでにスクエアまで閉じる事は出来なくなります。

「パワーフェード」の最大のリスクは、身体を使わず手打ちになることで、クラブのフェースを閉じながら「アウトtoイン」軌道でインパクトする事です。
この場合、ボールは左方向に打ち出され、さらに「ドロー」回転がかり森の中へボールが消えていきます…

 

「パワーフェード」の打ち方~まとめ~

パワーフェード

「パワーフェード」を打つためには、まずどのような「フェースアングル」と「クラブパス」で「インパクト」しなければならないかを理解しましょう。

目標の左に身体を向けると、どうしてもカット軌道の「スライス」が出やすいので、視覚から入る情報とのズレの違和感に打ち勝たなければならず、また左方向に身体を向けながら「ドロー」を打つようなスイングで振る勇気を手に入れなければなりません。

簡単に習得できる技術ではありませんが、「パワーフェード」を練習すると「ドロー」と「フェード」を簡単に打てるようになるので、是非挑戦してみてください!

ポイント

  • ロフトの低いクラブを使う
  • ターゲットの左方向に体を向ける
  • 少しだけグリップ圧を高める
  • 「ドロースイング」と同じように振る
  • 少しフラットなスイングで、ボールをインサイドからアタックする
  • 右手首を通常より少し早くリリースする
  • フォロースルーでリリースを少し遅らせ、フェースが帰らないように注意する
  • ドライバーでスタンスは広げすぎない

 

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
チキンウイング修正

YouTube

2021/4/27

チキンウイングの直し方は超簡単!フォロースルーで左肘が抜ける癖がある人は片手素振りで改善しましょう!!

【概要】 左肘が引けてしまうチキンウイングは、飛距離が落ちるだけでなく、肘や手首の怪我にも繋がるスイングエラーです! チキンウイングの直し方は意外と簡単で、ヘッドをローテーションさせエネルギーをリリースする感覚を掴むことができれば修正できます!お手軽ドリルで直していきましょう! 一方でカット打ち(アウトサイドイン)が原因でチキンウイングとなってしまう場合は、まずは、肩周りの硬さや上半身と下半身の分離ができるようにストレッチやモビリティドリルでの改善が必要です。 チキンウイングの原因に合わせて、適切なドリル ...

ReadMore

カット打ちの直し方

YouTube

2021/4/25

カット打ちの直し方!!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! ボール3つを使った簡単は修正ドリルでカット打ちのスライサーから卒業しましょう! 一方でカット打ち(アウトサイドイン)となってしまう原因として、肩周りの硬さや上半身と下半身の分離ができないという身体的な制限がある場合は、まずは肩周りのストレッチや股関節のモビリティドリルで改善していきましょう!   【目次】 00:00 カット打ちのデメリット 02:13 カット ...

ReadMore

肩の回し方

YouTube

2021/4/19

正しい肩の回し方!ゴルフスイングは縦回転?横回転?飛距離が伸びる正しい肩の動きのチェック方法&準備運動・ドリルをご紹介!

【概要】 みなさん、正しい左肩の回し方出来ていますか?テイクバックでの肩の動きが悪いと、前傾姿勢が崩れ飛距離ロスや再現性の低下につながります。 ゴルフスイングを縦回転や横回転といったキーワードで考えるのではなく、まずは自分の身体に合わせて正しく肩を動かせているかチェックしましょう。 肩の入り方が甘い人は、動画後半で紹介する準備運動やドリルを取り入れ、肩の動きを改善してください。 【目次】 00:00 今日のトピック 00:14 正しい肩の動き 01:09 肩の動きと前傾姿勢 02:26 フラットショルダー ...

ReadMore

飛距離アップストレッチ

YouTube

2021/4/19

飛距離が伸びるスタート前の準備運動!!3分で10ヤード飛距離アップするゴルフウォームアップ!!

【概要】 飛距離を伸ばす裏技のご紹介!スタート前の準備運動を工夫するだけで、5〜10ydの飛距離アップが可能です! 自分の筋力を呼び覚まし、本来持っている力を発揮させましょう! たった3分でお手軽に飛距離が伸びるゴルフのウォーミングアップを取り入れましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:41 準備運動 04:44 まとめ #ゴルフ #飛距離アップ #ウォーミングアップ #準備運動 #練習 #スイング #レッスン #アドレス #姿勢 #基本 #飛び #飛ばし屋 【Twitter】 http ...

ReadMore

飛距離が伸びるアドレス(猫背)

YouTube

2021/4/19

猫背を直して飛距離アップ!!ドライバーのアドレスを見直そう!飛距離が伸る正しい前傾姿勢の作り方!〜猫背のアドレスでは飛距離が伸びません!

【概要】 猫背のアドレスでは上半身の回転や胸椎の伸展に制限がかかるため、大きなトップが作れず飛距離が伸びません。 また、猫背を修正せずに大きなトップを作るには、身体の軸をずらしたり、腰に負担のかかるテイクバックが必要で、デメリットしかありません。 この動画では、『猫背』(C字ポスチャー)になっている方のチェック方法や修正方法を解説しています。 いま一度アドレスを見つめ直し、飛距離アップを目指しましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:53 猫背のデメリット 02:55 反り腰の直し方 05 ...

ReadMore

反り腰

YouTube

2021/4/19

ドライバーのアドレスを見直そう!飛距離が伸る正しい前傾姿勢の作り方!〜怪我につながる反り腰の直して飛距離アップを目指す〜

【概要】 正しいアドレスは、飛距離を伸ばす上で必要不可欠なチェックポイントです。 また正しくアドレスを作れない場合、飛距離が伸びないだけでなく、腰や肩を怪我してしまう可能性もあります。 この動画では、『反り腰』(S字ポスチャー)になっている方のチェック方法や修正方法を解説しています。 いま一度アドレスを見つめ直し、飛距離アップを目指しましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:36 反り腰のデメリット 02:54 反り腰の直し方 04:08 正しい前傾姿勢の作り方 04:53 まとめ #ゴル ...

ReadMore

飛距離が伸びる女性スイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座④ヘッドスピードが上がるダウンスイングでドライバー飛距離アップ〜瞬発的なエネルギーの使い方〜

【概要】 上半身と下半身を分離させ、強烈な捻転差から飛ばす…確かにこれが理想的なダウンスイング・切り返しの動きではありますが、女性やシニアゴルファーにとっては難しい動きです。 そこでまず、筋力に頼らずにヘッドを加速させるエネルギーの使い方を身につけましょう!! 効率的にヘッドを加速させることで、非力な方でもヘッドスピードは上がります!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 切り返しのコツ 04:23 実践編 06:35 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座③オーバースイングは直す?直さない??ヘッドスピードが上がる大きなトップでドライバー飛距離アップ〜筋力に頼らずヘッドを加速させる方法〜

【概要】 レッスンでは必ず「オーバースイング」を直すよう指導されますが、果たして「オーバースイング」は悪なのでしょうか? ドラコン大会では「オーバースイング」が当たり前… 正しく「オーバースイング」を使う事ができれば、筋力に頼らずヘッドを加速させる事ができます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:33 オーバースイングの可否 01:08 ダメなオーバースイング 02:35 トップでの手の位置 03:50 手の位置と遠心力 05:44 実践編 07:49 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離 ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜ヒールアップ

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座②ヘッドスピードが上がるテイクバックでドライバー飛距離アップ筋力に頼らずヘッドの加速を最大化!〜左足の使い方を覚えよう〜

【概要】 ヘッドを効率よく加速するためには、大きなテイクバックを作り助走距離を長く取ってあげる必要があります。 女性は男性と比べ柔軟性があるため、大きなトップは作りやすいのですが、筋力がない分トップを大きくすると力んでしまします。 そこで、テイクバック〜切り返しでの左足の使い方を工夫すると、力まずに大きなトップを作ることができ、ヘッドを加速させながらダウンスイングに入る事ができます! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:30 テイクバックでの左足 01:27 左足の使い方 02:47 大きなトップ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/4

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座①ヘッドスピードが上がるテイクバックを覚えよう!筋力に頼らずドライバー飛距離をアップするコツ〜テイクバック編〜

【概要】 筋力の少ない女性ゴルファーやシニアゴルファーが飛距離を伸ばすには、筋力に頼らないスイングを身につけなければなりません。 重量・遠心力を上手に利用し、まずはテイクバックを速く上げるコツを学びましょう! テイクバックが速くなれば、その分飛距離も伸びます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:31 テイクバックのコツ 00:57 重力の使い方 03:56 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レッスン #基本 #飛び #飛ばし屋 【Twitter】 https ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.