パワーフェードの打ち方

SWING

飛距離が出るパワーフェードの打ち方~インパクトのポイント〜

競技ゴルファーとして戦うために必要になってくる「飛距離」と「正確性」…

ゴルフを始めたばかりの頃は、「飛距離」を求めて「ドロー」の習得をまずは目指しますが、ある程度上手くなってくると、「正確性」を手に入れるために「フェード」の練習を始めます。
そしてもう一段階上の競技ゴルファーとしても結果を残すには、「飛距離」+「正確性」の両方を手に入れる必要があります。
そこで、キーとなってくるスキルが「パワーフェード」です。

「パワーフェード」は「ドロー」と「フェード」のいいとこ取りをした球ですが、簡単に習得することはできません。
この記事では「パワーフェード」を手に入れる上で知っておかなければならない知識、スイングのポイントについて解説していきます。

 

「パワーフェード」と「フェード」の違い

「パワーフェード」は、「フェード」でありながら、「バックスピン量」が抑えられたショットです。
ティーショットでは「フェード」の「正確性」を実現しつつも。「ドロー」の様な低スピンによって「ラン」を稼ぐことができます。
また、風下をググらせるようなボールを打つことも可能で、スコアメイクの幅が格段に広がります。

 

「フェード」の打ち方

フェード

「パワーフェード」の打ち方は「ドロー」の打ち方と似ていますが、まずは「フェード」の打ち方について解説します。

「フェード」は、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指しているために発生します。
この「クラブパス」と「クラブフェースの向き」の違いにより、ボールのスピン軸が右に傾くことで「フェード」になります。
「フェード」は、ターゲットに対して左方向に打ち出されますが、これは「クラブフェース」は、「ターゲットライン」に対して閉じた状態でインパクトするためです。
この時、「クラブパス」も「ターゲットライン」に対してやや左方向に抜いていきます。

 

「フェード」が飛ばない理由

一般的に、「フェード」を打つためには、「ストレート」や「ドロー」を打つ時と比較し、「ダイナミックロフト」と「バックスピン量」が多くなります。
「クラブフェース」をわずかに開いてインパクトする事で、「ダイナミックロフト」が増加し、「アウトtoイン」のクラブパスは「アタックアングル」を増加させます。
そして、「ダイナミックロフト」と「アタックアングル」の差が大きくなると、「スピンロフト」が増加し、「バックスピン量」が増加します。
そのため、「ラン」が出にくくなります。

また、ロフトが増し、オープンフェースになる事でインパクトの効率(スマッシュファクター)が低下し、ボール初速も落ちます。
これは、垂直面(ロフトが高い)と水平面(オープンフェース)の両方で、インパクトがゴルフボールの重心から離れる方向に向いているためです。
さらに、スピン量が増えるという事は、「ボール初速」に変換したかった運動エネルギーを「スピン量」に変換しているため、飛距離が出にくいスイングであるといえます。

「フェード」の特徴

  • 打ち出し角が高くなる
  • 初速が落ちる
  • バックスピン量が増える

 

余談ですが、どうしても「フェード」「スライス」しか打てず、バックスピン量が多い場合は「ロフト」を少し立たせることで、偽「パワーフェード」を打つことが出来ます。
ボール初速が上がらないので、ドロップしたりスライスが酷くなるリスクもありますが…

Yanagi
フェードが飛ばないのはスピン量の影響が大きいんだ…
打ち出し角が高くなる分キャリーが落ちる人も多いぞ!
Mr.T

 

「パワーフェード」の打ち方

「パワーフェード」を打つためには、低スピン、低ロフトでインパクトする技術が必要です。
そのためには、ダイナミックロフトを減らし、レベルブローもしくはアッパーブローに打つことスピンロフトを減らすことでスピンを最小限に抑える必要があります。
また、「スピンの回転軸」の傾きは最小限に抑えなければなりません。

 

「パワーフェード」を打つポイント

  • フェースアングルとクラブパスの関係性を理解する
  • 浅いアタックアングルでスピン量を減らす
  • ハンドファーストでインパクトする
ポイント

 

「パワーフェード」を打つためのスタンスとボールの位置

「フェード」と「パワーフェード」どちらを打つ場合でも、スタンスは開いてはいけません。
ターゲットに対してスタンスを開く必要があるのは、インテンショナルにボールを曲げたい時だけです。

パワーフェードの場合は、標準のストレートショットの場合と同じように、ボールに対処する必要があります。
インサイドからアタックし、クラブフェースをオープンの状態でインパクトすることで、右方向に打ち出し、さらに右に曲げていきます。
スタンスはターゲットに対して平行で、体全体を目標の左方向に向けます。

通常のフェードの場合、スタンスはターゲットに対してスクエアで、体全体も目標に対してスクエアに構えます。
そして、ボールを少しだけ飛球線方向へ移動します。
これにより、「クラブフェース」は「クラブパス」に対して開いているが、「ターゲットライン」に対して閉じている状態を生み出せます。
その結果、ボールは目標の左方向に打ち出され、ターゲットに向かってフェードで戻っていきます。

Yanagi
捕まったフェードとパワーフェードはもしかして違うの??
パワーフェードは右に打ち出すから捕まったフェードとは少し違うね!
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのアタックアングル

「パワーフェード」を打つためには、アタックアングルを浅くしなければなりません。

そのため、スイング軌道としては「ドロー」を打つときと同様、ターゲットラインの内側からボールを捉えなければなりません

「パワーフェード」を打つためには、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指している必要があります。
つまり、ボディラインの右方向に打ち出し、さらにそこから右に曲がります。
これが「パワーフェード」の特徴で、ドローボーラーが「プッシュスライスでめちゃくちゃと飛んだけどOBでした」という球は、「パワーフェード」に非常に近い球筋です。

Yanagi
プッシュスライスがパワーフェード?!得意かも!!
Yanagiの球はただのスライスだ笑
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのインパクト

通常の「フェード」を打つ場合、グリップ圧を少し強くするだけでもインパクトでフェースを閉じにくくなり、「フェード」を打ちやすくなります。
もしくは、ゴルフボールを飛球線方向へ1-2インチ(2.5-5cm)動かすだけでも、インパクト時にクラブ閉じる事で「フェード」を打ちやすくなります。

ただし、「パワーフェード」を打つ場合、フェースアングルとクラブパスを整えるだけでなく、アタックアングルもコントロールしなければなりません。
「パワーフェード」を打つためには、通常のスイングと比較し、右手を少し早いタイミングでリリースしていきます。

右手を早めにリリースすることで、「クラブフェース」がよりオープンになり、インパクトまでにスクエアまで閉じる事は出来なくなります。

「パワーフェード」の最大のリスクは、身体を使わず手打ちになることで、クラブのフェースを閉じながら「アウトtoイン」軌道でインパクトする事です。
この場合、ボールは左方向に打ち出され、さらに「ドロー」回転がかり森の中へボールが消えていきます…

 

「パワーフェード」の打ち方~まとめ~

パワーフェード

「パワーフェード」を打つためには、まずどのような「フェースアングル」と「クラブパス」で「インパクト」しなければならないかを理解しましょう。

目標の左に身体を向けると、どうしてもカット軌道の「スライス」が出やすいので、視覚から入る情報とのズレの違和感に打ち勝たなければならず、また左方向に身体を向けながら「ドロー」を打つようなスイングで振る勇気を手に入れなければなりません。

簡単に習得できる技術ではありませんが、「パワーフェード」を練習すると「ドロー」と「フェード」を簡単に打てるようになるので、是非挑戦してみてください!

ポイント

  • ロフトの低いクラブを使う
  • ターゲットの左方向に体を向ける
  • 少しだけグリップ圧を高める
  • 「ドロースイング」と同じように振る
  • 少しフラットなスイングで、ボールをインサイドからアタックする
  • 右手首を通常より少し早くリリースする
  • フォロースルーでリリースを少し遅らせ、フェースが帰らないように注意する
  • ドライバーでスタンスは広げすぎない

 

TPI LESSON

世界最大のゴルフ研究組織「TPI」のメソッドに基づき、あたなのゴルフスイングを進化させてみませんか?
無料ボディスクリーニング実施中です!!

世界最大のゴルフ組織「TPI」の魅力

TPI LESSON

TPIとは TPIとは「タイトリスト パフォーマンス インスティテュート」(以下TPI)をいいます。フィジカル、スウィング、クラブなどの研究や開発を目的にタイトリスト後援のもと設立された組織で、ゴルフ ...

続きを見る

飛ばない動き

SWING

2020/11/21

ドライバーの飛距離が出ないゴルファーの2大共通点!

打倒ゴリマッチョを目指して、飛距離アップ・ヘッドスピードアップトレーニング&勉強を重ねてきました。 そして、圧倒的な飛距離を誇るPGAツアー選手やドラコンプロのスイングと「飛距離に悩む人」のスイングを比較・観察する中で、「絶対的に飛ばない動き」の2大共通点が見えてきました。 ドライバーが飛ばない原因は様々ありますが、その中でも特に注意しなければならない点です。 逆に言えば、飛ぶ人はみんな真逆の動きをしています。 ドライバーの飛距離が出ない2つの原因の1つは「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動き ...

ReadMore

ひ鍼

CONDITION

2020/11/15

肩こりゴルファー必見!その肩こり100円で治ります!!

ゴルファーの皆さん、肩こってませんか?? 日頃から肩こりに悩んでいる人って結構多いかなと思うんですが、みなさんはどんなケアしていますか?? コラントッテとか、ファイテンみたいな磁気・チタンネックレスをしている人も多いですよね! 普段はふにゃふにゃの肩をしている私ですが、時々めちゃくちゃひどい肩こりになるんです。 毎日素振りしているし、しっかりウォーミングアップしてから練習しているので肩は凝りにくいはずなんですけど、疲労が限界突破するとゴリゴリに凝っちゃうんです。 吐き気するくらいのやつ。 でもそんな時は、 ...

ReadMore

ボイスキャディCL2

TIPS

2020/11/14

ボイスキャディCL2(レーザー距離計)を使用レビュー!!

みなさん、レーザー距離計を使ってラウンドしていますか? 私は、ガーミンS62(腕時計型GPS)とニコン「COOLSHOT 80i VR」(レーザー距離計)の2つを使ってラウンドしているのですが、「どっちか片方しか使っちゃダメ!」と言われば間違いなくレーザー距離計を選びます! ガーミンS62のような腕時計型GPSでは、打ち出し方向や飛距離、目標物の目安をざっくり知るにはお手軽でいいのですが、「どの場所に何yd打つのか」「どの方向に何yd飛ばしてはダメなのか」といった細かい戦略を立てるのは苦手です。 一方で「 ...

ReadMore

ヘッドスピード計測器

TIPS

2020/11/3

ヘッドスピード計測器の比較(ユピテルvsプロギア)オススメの使い方

ゴルフ練習道具の中でも人気の「ヘッドスピード計測器」、その精度やメーカーとの違いによって飛距離がどれくらい変わるか気になっている人も多いと思います。 お店で計測した数値やテレビ中継で見るトッププロの数値と比較すると、あれ?こんなに速いの?こんなに遅いの?と感じるシーンが多いはず… そこで、ヘッドスピード計測器でトップシェアの「ユピテル スイングトレーナー」と「プロギア レッドアイズポケット」をレンジで比較してきました! また、GC4やフライトスコープでの計測値も参考に、その精度や飛距離測定ブレを検証してい ...

ReadMore

地面反力の使い方

SWING

2020/10/30

地面反力を使おう!お手軽練習器具とドリルの紹介!!

最近のゴルフスイング理論では「地面反力」という言葉がよく出てきます。 「何やら小難しい、新しい理論が出てきたぞ?」と思う方もいるかもしれませんが、スポーツの運動力学において「地面反力」に関する研究は何十年も前から行われていました。 それが最近、ゴルフスイングでも話題になってきているだけで、どちらかというとスポーツの運動力学の中でゴルフは周回遅れである感が否めません。 ではなぜ、ゴルフスイングで「地面反力」が話題になってきているのか、またどうすれば「地面反力」を使えるのかという点について解説していこうと思い ...

ReadMore

3種の神器

TIPS

2020/10/17

独学でシングルを目指す方法〜3種の神器〜

ゴルフを上達する上で、素晴らしいレッスンコーチに出会うほどの幸運はありません! しかしながら、いいコーチにめぐり逢えず独学でシングルを目指す人も多くいると思います。私もその1人で、周りに魅力的なコーチがいないので自らトレーナー資格を取得し、プレーヤー兼トレーナーとしてシングルを目指しています。(地方に住んでいる人は優秀なコーチに出会いにくい現実があると思います…) そのため、スイングを上達するための練習道具や、マネジメントを学ぶための本はたくさん試してきました。 そんな中で、いよいよシングルに到達する手応 ...

ReadMore

スーパースピードゴルフ

SWING

2020/10/17

「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」のススメ

TPIトレーナーであり、PGAツアー選手、ツアーコーチの「マイケル・ナポレオン」によって生み出された「スーパースピードゴルフ」は、実に600名以上のツアープレーヤーが愛用する練習器具です。 マイケルは「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」を開発する事によって、多くのPGAツアー選手の勝利に貢献してきました。 正しく使うことができれば、「スーパースピードゴルフ」以上に効果を生み出す練習器具はありません。 一方で、あまりに効果がある(身体が動いてしまう)ためその負担も大きく、自らの身体的特徴を理解しゴ ...

ReadMore

メンタルスコアカード

CONDITION

2020/10/13

【保存版】ラウンドでスコアが出るメンタルコントロール方法

「練習では上手くいったのに!」「肝心なところでミスが出た…」というように、ゴルファーなら誰しも「メンタル」の重要性を痛感しているはずです。 我らがGoogle先生で「ゴルフ メンタル」と検索すると、870万件以上のサイトがヒットしますし、Amazonで「ゴルフ メンタル」を検索すると200冊近く検索にヒットします。誰もが、ゴルフとの向き合い方やラウンドでのメンタルコントロールを学びたいと強く望んでいる証拠ですね。 もちろん、私も例に漏れず「メンタル」につい悩み、もがき、色々な書籍やサイトで「聖杯」を探して ...

ReadMore

ふるさと納税名門コース

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】名門コースプレー券特集!!

ふるさと納税で一番コスパがいい返礼品は「ツアーボール」だと思いますが、納税額が多い人には名門コースでのプレー券もオススメです。 毎年トッププロの試合が組まれる名門、メジャー大会開催の名門コースでのプレー券・宿泊券のふるさと納税を調べました!! いつかはプレーしたい名門コース、実質2,000円でラウンドしちゃいましょう!! ふるさと納税とは もう知らない人はいないと思いますが、ふるさと納税について簡単にまとめると… 自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる 税金の還付や控除を受けられる、 特産品などの ...

ReadMore

ふるさと納税

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】ゴルフボール高還元率特集!!

みなさん、ふるさと納税してますか?? 毎年毎年、早い時期に申し込んで美味しい果物でも楽しもうかなと思うのですが、気がつけば今年も残すところ3ヶ月… またしても桃やサクランボなど高級果物を食べずに今年が終わりそうです。 という事で、結局ふるさと納税でゴルフボールを頼んで家族から文句を言われてしまうのですが… OBをよく出す私には、とっても大切なボール補充方法なのです!! 私は、ブリジストンTourBXSがエースボールなのでボール選びに迷うことはありませんが、この際だから普段使わないボールを試してみたい!! ...

ReadMore

-SWING
-, , , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2020 All Rights Reserved.