パワーフェードの打ち方

SWING

飛距離が出るパワーフェードの打ち方~インパクトのポイント〜

競技ゴルファーとして戦うために必要になってくる「飛距離」と「正確性」…

ゴルフを始めたばかりの頃は、「飛距離」を求めて「ドロー」の習得をまずは目指しますが、ある程度上手くなってくると、「正確性」を手に入れるために「フェード」の練習を始めます。
そしてもう一段階上の競技ゴルファーとしても結果を残すには、「飛距離」+「正確性」の両方を手に入れる必要があります。
そこで、キーとなってくるスキルが「パワーフェード」です。

「パワーフェード」は「ドロー」と「フェード」のいいとこ取りをした球ですが、簡単に習得することはできません。
この記事では「パワーフェード」を手に入れる上で知っておかなければならない知識、スイングのポイントについて解説していきます。

 

「パワーフェード」と「フェード」の違い

「パワーフェード」は、「フェード」でありながら、「バックスピン量」が抑えられたショットです。
ティーショットでは「フェード」の「正確性」を実現しつつも。「ドロー」の様な低スピンによって「ラン」を稼ぐことができます。
また、風下をググらせるようなボールを打つことも可能で、スコアメイクの幅が格段に広がります。

 

「フェード」の打ち方

フェード

「パワーフェード」の打ち方は「ドロー」の打ち方と似ていますが、まずは「フェード」の打ち方について解説します。

「フェード」は、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指しているために発生します。
この「クラブパス」と「クラブフェースの向き」の違いにより、ボールのスピン軸が右に傾くことで「フェード」になります。
「フェード」は、ターゲットに対して左方向に打ち出されますが、これは「クラブフェース」は、「ターゲットライン」に対して閉じた状態でインパクトするためです。
この時、「クラブパス」も「ターゲットライン」に対してやや左方向に抜いていきます。

 

「フェード」が飛ばない理由

一般的に、「フェード」を打つためには、「ストレート」や「ドロー」を打つ時と比較し、「ダイナミックロフト」と「バックスピン量」が多くなります。
「クラブフェース」をわずかに開いてインパクトする事で、「ダイナミックロフト」が増加し、「アウトtoイン」のクラブパスは「アタックアングル」を増加させます。
そして、「ダイナミックロフト」と「アタックアングル」の差が大きくなると、「スピンロフト」が増加し、「バックスピン量」が増加します。
そのため、「ラン」が出にくくなります。

また、ロフトが増し、オープンフェースになる事でインパクトの効率(スマッシュファクター)が低下し、ボール初速も落ちます。
これは、垂直面(ロフトが高い)と水平面(オープンフェース)の両方で、インパクトがゴルフボールの重心から離れる方向に向いているためです。
さらに、スピン量が増えるという事は、「ボール初速」に変換したかった運動エネルギーを「スピン量」に変換しているため、飛距離が出にくいスイングであるといえます。

「フェード」の特徴

  • 打ち出し角が高くなる
  • 初速が落ちる
  • バックスピン量が増える

 

余談ですが、どうしても「フェード」「スライス」しか打てず、バックスピン量が多い場合は「ロフト」を少し立たせることで、偽「パワーフェード」を打つことが出来ます。
ボール初速が上がらないので、ドロップしたりスライスが酷くなるリスクもありますが…

Yanagi
フェードが飛ばないのはスピン量の影響が大きいんだ…
打ち出し角が高くなる分キャリーが落ちる人も多いぞ!
Mr.T

 

「パワーフェード」の打ち方

「パワーフェード」を打つためには、低スピン、低ロフトでインパクトする技術が必要です。
そのためには、ダイナミックロフトを減らし、レベルブローもしくはアッパーブローに打つことスピンロフトを減らすことでスピンを最小限に抑える必要があります。
また、「スピンの回転軸」の傾きは最小限に抑えなければなりません。

 

「パワーフェード」を打つポイント

  • フェースアングルとクラブパスの関係性を理解する
  • 浅いアタックアングルでスピン量を減らす
  • ハンドファーストでインパクトする
ポイント

 

「パワーフェード」を打つためのスタンスとボールの位置

「フェード」と「パワーフェード」どちらを打つ場合でも、スタンスは開いてはいけません。
ターゲットに対してスタンスを開く必要があるのは、インテンショナルにボールを曲げたい時だけです。

パワーフェードの場合は、標準のストレートショットの場合と同じように、ボールに対処する必要があります。
インサイドからアタックし、クラブフェースをオープンの状態でインパクトすることで、右方向に打ち出し、さらに右に曲げていきます。
スタンスはターゲットに対して平行で、体全体を目標の左方向に向けます。

通常のフェードの場合、スタンスはターゲットに対してスクエアで、体全体も目標に対してスクエアに構えます。
そして、ボールを少しだけ飛球線方向へ移動します。
これにより、「クラブフェース」は「クラブパス」に対して開いているが、「ターゲットライン」に対して閉じている状態を生み出せます。
その結果、ボールは目標の左方向に打ち出され、ターゲットに向かってフェードで戻っていきます。

Yanagi
捕まったフェードとパワーフェードはもしかして違うの??
パワーフェードは右に打ち出すから捕まったフェードとは少し違うね!
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのアタックアングル

「パワーフェード」を打つためには、アタックアングルを浅くしなければなりません。

そのため、スイング軌道としては「ドロー」を打つときと同様、ターゲットラインの内側からボールを捉えなければなりません

「パワーフェード」を打つためには、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指している必要があります。
つまり、ボディラインの右方向に打ち出し、さらにそこから右に曲がります。
これが「パワーフェード」の特徴で、ドローボーラーが「プッシュスライスでめちゃくちゃと飛んだけどOBでした」という球は、「パワーフェード」に非常に近い球筋です。

Yanagi
プッシュスライスがパワーフェード?!得意かも!!
Yanagiの球はただのスライスだ笑
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのインパクト

通常の「フェード」を打つ場合、グリップ圧を少し強くするだけでもインパクトでフェースを閉じにくくなり、「フェード」を打ちやすくなります。
もしくは、ゴルフボールを飛球線方向へ1-2インチ(2.5-5cm)動かすだけでも、インパクト時にクラブ閉じる事で「フェード」を打ちやすくなります。

ただし、「パワーフェード」を打つ場合、フェースアングルとクラブパスを整えるだけでなく、アタックアングルもコントロールしなければなりません。
「パワーフェード」を打つためには、通常のスイングと比較し、右手を少し早いタイミングでリリースしていきます。

右手を早めにリリースすることで、「クラブフェース」がよりオープンになり、インパクトまでにスクエアまで閉じる事は出来なくなります。

「パワーフェード」の最大のリスクは、身体を使わず手打ちになることで、クラブのフェースを閉じながら「アウトtoイン」軌道でインパクトする事です。
この場合、ボールは左方向に打ち出され、さらに「ドロー」回転がかり森の中へボールが消えていきます…

 

「パワーフェード」の打ち方~まとめ~

パワーフェード

「パワーフェード」を打つためには、まずどのような「フェースアングル」と「クラブパス」で「インパクト」しなければならないかを理解しましょう。

目標の左に身体を向けると、どうしてもカット軌道の「スライス」が出やすいので、視覚から入る情報とのズレの違和感に打ち勝たなければならず、また左方向に身体を向けながら「ドロー」を打つようなスイングで振る勇気を手に入れなければなりません。

簡単に習得できる技術ではありませんが、「パワーフェード」を練習すると「ドロー」と「フェード」を簡単に打てるようになるので、是非挑戦してみてください!

ポイント

  • ロフトの低いクラブを使う
  • ターゲットの左方向に体を向ける
  • 少しだけグリップ圧を高める
  • 「ドロースイング」と同じように振る
  • 少しフラットなスイングで、ボールをインサイドからアタックする
  • 右手首を通常より少し早くリリースする
  • フォロースルーでリリースを少し遅らせ、フェースが帰らないように注意する
  • ドライバーでスタンスは広げすぎない

 

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
ヘッドスピードを上げるテイクバックのコピー

YouTube

2021/2/27

下半身リードで飛距離を伸ばせ!!まずはこの準備運動とドリルで下半身リードの基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばすには、下半身リードで大きな捻転差を作りヘッドスピードを上げていく必要があります。 ただし、下半身リードを実現させるには、テクニックを覚えるより先に、上半身と下半身を分離させる動きを身体に染み込ませる必要があります。 この動画では、普段の練習に3分追加するだけで確実にスイングが変わる準備運動とスイングドリルをご紹介します!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:56 下半身リードの準備運動 01:33 下半身リードのドリル 03:03 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下半身リー ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバック

YouTube

2021/2/27

ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツ!筋力がなくても飛距離は伸ばせます!!ドラコン練習しながら腕を速く振るポイントを解説!

【概要】 飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げる必要があります! そしてそのコツは、筋力だけに頼らないスイングを心がけること。 今回の動画では、ドラコンスイングの練習風景を流しつつ、ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツをご紹介します! 「力がないから飛ばない」と思っている方は是非参考にしてください! 【目次】 00:00 ドライバー練習 01:48 ドラコンスイング練習 02:25 ヘッドスピードが上がるコツ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #テイクバック #ヘッドスピード 【Twi ...

ReadMore

パワーフェードの打ち方

YouTube

2021/2/27

ドラコンプロ直伝!!飛距離が出る究極の「パワーフェード」の打ち方!!「捕まえたフェード?」「強いフェード?」基礎知識から徹底解説!

【概要】 フェードはドローと比べてスピンロフトが多くなるため、バックスピン量が増えスマッシュファイターが低下します。 そのため、フェードは「飛ばないけど安定性のある」球筋です。 一方で、バックスピン量を減らしたフェード、つまり「パワーフェード」はドローと同様の飛距離を誇り、方向性と飛距離を両立させる球筋です。 トッププロしか打てないと思われがちの「パワーフェード」ですが、理屈を頭に入れておけば誰でも習得できます!! 飛距離と方向性を両立させたい方、必見です!! 【目次】 00:00 パワーフェードとは? ...

ReadMore

ドローとフェードどちらが飛ぶの?

YouTube

2021/2/27

ドローとフェードの基礎知識!どっちが飛ぶか?は理論的に説明できます!!

【概要】 ドローの方がフェードより飛ぶと言われていますが、なぜドローの方が飛びやすいのか理論的に説明できますか? Dプレーン理論を簡単に紹介しながら、ドローやフェードが出る仕組み、ドローがフェードより飛ぶ理由を理論的に解説します! この知識があるだけで練習効率もグンとアップするので、Dプレーン理論を知らない方、ドローが比較的飛びやすい仕組みを説明できない方は是非ご覧ください! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:19 出玉の方向 00:37 ドローの原理 01:20 フェードの原理 02:06 ス ...

ReadMore

KrankGolf試打レビュー

YouTube

2021/2/27

Krank Golf フォーミュラPro 11試打レビュー!!世界の飛ばし屋が使うドライバーの飛距離性のはいかに?!

【概要】 世界のドラコン大会で通算22勝を誇る、飛ばし屋御用達のクラブメーカー「KrankGolf」!! 2020〜2021年モデルであるフォーミュラPro11を試打レビューします!! 低ロフト*低スピンモデルが欲しい人は必見です!! 48インチのシャフトには苦戦しましたが、ヘッドは最高でした!! 【目次】 00:00 KrankGolf紹介 02:39 試打開始 04:09 マン振りで試打 05:25 まとめ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #ゴルフクラブ #試打 #レビュー 【Twitter】 ht ...

ReadMore

TPIスクリーニング

YouTube

2021/2/27

飛距離が伸びる身体の使い方を知ってますか??PGAトップ選手のほとんどが取り入れている『TPIボディスクリーニング』をご紹介!!

  【概要】 ゴルフに必要な柔軟性や安定性がどれほど備わってるか測った事はありますか? 自分の身体を知らずに練習しても、ゴルフは上手くなりません!! PGA選手ではもはや当たり前となっている『TPIボディスクリーニング』によって、自分の強みや弱みをチェックしましょう!! この動画では、オンラインでの『TPIボディスクリーニング』風景をダイジェスト版でお届けします!世界のゴルフレッスンを覗き見てください! 『TPIボディスクリーニング』を体験したいという方は、LINEやメール、Twitterからご ...

ReadMore

前傾姿勢をキープする下半身の作り方

YouTube

2021/2/6

前傾姿勢をキープする下半身作り方!5分のストレッチで基礎を作って飛距離を伸ばす!!

【概要】 色んなドリルを取り入れても前傾姿勢が崩れてしまう人は、「前傾姿勢」をキープするための身体の準備が出来ていません! 肩・肩甲骨・胸椎といった上半身の柔軟性に合わせて、股関節周りの柔軟性や「内転筋」(内股)の強さも必要です! この動画では、「前傾姿勢」をキープするために最低限必要な下半身の動きを改善するストレッチを3つ紹介します! 毎日5分のストレッチで、綺麗なスイングの基礎を作りましょう!! 【目次】 00:00​ 今日のトピック 00:45​ オーバーヘッドディープスクワット 02:55​ オー ...

ReadMore

上半身下半身分離ストレッチ

YouTube

2021/2/6

下半身リードが出来ない人必見!強烈な捻転差を作り出すストレッチで飛距離アップ!!

【概要】 切り返しでの捻転差(Xファクター)を作り、強烈なタメで飛距離を伸ばす!! そのためには下半身リードのスイングを身につける必要がありますが、これはドリルなどのテクニックだけで身につくものではありません。 何よりもまず、上半身と下半身を分離させる動きが出来なければならないのです。 この動画では、上半身を安定させ下半身を独立して動かすために必要な柔軟性を作り出すストレッチを3つ紹介します! 毎日5分のストレッチで、ローリーマキロイの様な強烈なタメを手に入れましょう!! 【目次】 00:00​ 今日のト ...

ReadMore

大きなトップを作るストレッチ

YouTube

2021/2/6

お手軽に飛距離アップ!!テレビを見ながら出来る!大きなトップを作る肩・肩甲骨のストレッチ!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、大きなトップは必須条件!! 分かっているけど、なかなかストレッチの時間を確保出来ない方必見です!! テレビを見ながらできる、肩甲骨のストレッチと肩のストレッチを3つ紹介します。 デスクワークで凝り固まった肩まわりをゆるゆるにしちゃいましょう! テレビを見ながら5分のストレッチでスイングを改善!! 【目次】 00:00​ 今日のトピック 00:32​ 肩をほぐす下準備 01:43​ 肩甲骨はがし 02:48​ 肩甲骨ほぐし 04:10​ 肩ほぐし 05:43​ まとめ #ゴルフ ...

ReadMore

YouTube

2021/1/25

大きな捻転差を作る3つの基本ストレッチ!!自宅トレーニングで深いタメを作る基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、大きなトップと捻転差は必須条件!! デスクワークで凝り固まった上半身を3つの基本ストレッチで解します。 打ちっぱなしだけが練習じゃない! 自宅にいながら5分のストレッチでスイングを改善していきましょう! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 肩のストレッチ 01:59 肩甲骨のストレッチ 03:56 捻転差を作るストレッチ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #トレーニング #捻転差 トレーニングチューブ購入リンク 【Amazon】 https://amzn.to/ ...

ReadMore

-SWING
-, , , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.