SWING

飛距離が出るパワーフェードの打ち方~インパクトのポイント〜

競技ゴルファーとして戦うために必要になってくる「飛距離」と「正確性」…

ゴルフを始めたばかりの頃は、「飛距離」を求めて「ドロー」の習得をまずは目指しますが、ある程度上手くなってくると、「正確性」を手に入れるために「フェード」の練習を始めます。
そしてもう一段階上の競技ゴルファーとしても結果を残すには、「飛距離」+「正確性」の両方を手に入れる必要があります。
そこで、キーとなってくるスキルが「パワーフェード」です。

「パワーフェード」は「ドロー」と「フェード」のいいとこ取りをした球ですが、簡単に習得することはできません。
この記事では「パワーフェード」を手に入れる上で知っておかなければならない知識、スイングのポイントについて解説していきます。

 

「パワーフェード」と「フェード」の違い

「パワーフェード」は、「フェード」でありながら、「バックスピン量」が抑えられたショットです。
ティーショットでは「フェード」の「正確性」を実現しつつも。「ドロー」の様な低スピンによって「ラン」を稼ぐことができます。
また、風下をググらせるようなボールを打つことも可能で、スコアメイクの幅が格段に広がります。

 

「フェード」の打ち方

フェード

「パワーフェード」の打ち方は「ドロー」の打ち方と似ていますが、まずは「フェード」の打ち方について解説します。

「フェード」は、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指しているために発生します。
この「クラブパス」と「クラブフェースの向き」の違いにより、ボールのスピン軸が右に傾くことで「フェード」になります。
「フェード」は、ターゲットに対して左方向に打ち出されますが、これは「クラブフェース」は、「ターゲットライン」に対して閉じた状態でインパクトするためです。
この時、「クラブパス」も「ターゲットライン」に対してやや左方向に抜いていきます。

 

「フェード」が飛ばない理由

一般的に、「フェード」を打つためには、「ストレート」や「ドロー」を打つ時と比較し、「ダイナミックロフト」と「バックスピン量」が多くなります。
「クラブフェース」をわずかに開いてインパクトする事で、「ダイナミックロフト」が増加し、「アウトtoイン」のクラブパスは「アタックアングル」を増加させます。
そして、「ダイナミックロフト」と「アタックアングル」の差が大きくなると、「スピンロフト」が増加し、「バックスピン量」が増加します。
そのため、「ラン」が出にくくなります。

また、ロフトが増し、オープンフェースになる事でインパクトの効率(スマッシュファクター)が低下し、ボール初速も落ちます。
これは、垂直面(ロフトが高い)と水平面(オープンフェース)の両方で、インパクトがゴルフボールの重心から離れる方向に向いているためです。
さらに、スピン量が増えるという事は、「ボール初速」に変換したかった運動エネルギーを「スピン量」に変換しているため、飛距離が出にくいスイングであるといえます。

「フェード」の特徴

  • 打ち出し角が高くなる
  • 初速が落ちる
  • バックスピン量が増える

 

余談ですが、どうしても「フェード」「スライス」しか打てず、バックスピン量が多い場合は「ロフト」を少し立たせることで、偽「パワーフェード」を打つことが出来ます。
ボール初速が上がらないので、ドロップしたりスライスが酷くなるリスクもありますが…

Yanagi
フェードが飛ばないのはスピン量の影響が大きいんだ…
打ち出し角が高くなる分キャリーが落ちる人も多いぞ!
Mr.T

 

「パワーフェード」の打ち方

「パワーフェード」を打つためには、低スピン、低ロフトでインパクトする技術が必要です。
そのためには、ダイナミックロフトを減らし、レベルブローもしくはアッパーブローに打つことスピンロフトを減らすことでスピンを最小限に抑える必要があります。
また、「スピンの回転軸」の傾きは最小限に抑えなければなりません。

 

「パワーフェード」を打つポイント

  • フェースアングルとクラブパスの関係性を理解する
  • 浅いアタックアングルでスピン量を減らす
  • ハンドファーストでインパクトする
ポイント

 

「パワーフェード」を打つためのスタンスとボールの位置

「フェード」と「パワーフェード」どちらを打つ場合でも、スタンスは開いてはいけません。
ターゲットに対してスタンスを開く必要があるのは、インテンショナルにボールを曲げたい時だけです。

パワーフェードの場合は、標準のストレートショットの場合と同じように、ボールに対処する必要があります。
インサイドからアタックし、クラブフェースをオープンの状態でインパクトすることで、右方向に打ち出し、さらに右に曲げていきます。
スタンスはターゲットに対して平行で、体全体を目標の左方向に向けます。

通常のフェードの場合、スタンスはターゲットに対してスクエアで、体全体も目標に対してスクエアに構えます。
そして、ボールを少しだけ飛球線方向へ移動します。
これにより、「クラブフェース」は「クラブパス」に対して開いているが、「ターゲットライン」に対して閉じている状態を生み出せます。
その結果、ボールは目標の左方向に打ち出され、ターゲットに向かってフェードで戻っていきます。

Yanagi
捕まったフェードとパワーフェードはもしかして違うの??
パワーフェードは右に打ち出すから捕まったフェードとは少し違うね!
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのアタックアングル

「パワーフェード」を打つためには、アタックアングルを浅くしなければなりません。

そのため、スイング軌道としては「ドロー」を打つときと同様、ターゲットラインの内側からボールを捉えなければなりません

「パワーフェード」を打つためには、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指している必要があります。
つまり、ボディラインの右方向に打ち出し、さらにそこから右に曲がります。
これが「パワーフェード」の特徴で、ドローボーラーが「プッシュスライスでめちゃくちゃと飛んだけどOBでした」という球は、「パワーフェード」に非常に近い球筋です。

Yanagi
プッシュスライスがパワーフェード?!得意かも!!
Yanagiの球はただのスライスだ笑
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのインパクト

通常の「フェード」を打つ場合、グリップ圧を少し強くするだけでもインパクトでフェースを閉じにくくなり、「フェード」を打ちやすくなります。
もしくは、ゴルフボールを飛球線方向へ1-2インチ(2.5-5cm)動かすだけでも、インパクト時にクラブ閉じる事で「フェード」を打ちやすくなります。

ただし、「パワーフェード」を打つ場合、フェースアングルとクラブパスを整えるだけでなく、アタックアングルもコントロールしなければなりません。
「パワーフェード」を打つためには、通常のスイングと比較し、右手を少し早いタイミングでリリースしていきます。

右手を早めにリリースすることで、「クラブフェース」がよりオープンになり、インパクトまでにスクエアまで閉じる事は出来なくなります。

「パワーフェード」の最大のリスクは、身体を使わず手打ちになることで、クラブのフェースを閉じながら「アウトtoイン」軌道でインパクトする事です。
この場合、ボールは左方向に打ち出され、さらに「ドロー」回転がかり森の中へボールが消えていきます…

 

「パワーフェード」の打ち方~まとめ~

パワーフェード

「パワーフェード」を打つためには、まずどのような「フェースアングル」と「クラブパス」で「インパクト」しなければならないかを理解しましょう。

目標の左に身体を向けると、どうしてもカット軌道の「スライス」が出やすいので、視覚から入る情報とのズレの違和感に打ち勝たなければならず、また左方向に身体を向けながら「ドロー」を打つようなスイングで振る勇気を手に入れなければなりません。

簡単に習得できる技術ではありませんが、「パワーフェード」を練習すると「ドロー」と「フェード」を簡単に打てるようになるので、是非挑戦してみてください!

ポイント

  • ロフトの低いクラブを使う
  • ターゲットの左方向に体を向ける
  • 少しだけグリップ圧を高める
  • 「ドロースイング」と同じように振る
  • 少しフラットなスイングで、ボールをインサイドからアタックする
  • 右手首を通常より少し早くリリースする
  • フォロースルーでリリースを少し遅らせ、フェースが帰らないように注意する
  • ドライバーでスタンスは広げすぎない

YouTubeで解説もしていますので是非ご覧ください!!↓↓↓

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離UP素振り

YouTube

2023/1/22

【飛距離アップ】ヘッドスピードを上げるのに効果抜群なドリルを紹介!!脳のリミッターを解除して飛距離が爆伸びする練習方法!!

【概要】 ドラコンプロが必ず取り入れている練習方法があるのをご存知ですか? 飛距離アップのためには、何よりもまずヘッドスピードを上げる必要があります! ただガムシャラに振るのではなく、効率的にヘッドスピードを上げる練習を取り入れましょう!! 【目次】 00:00 グリップの力感 01:50 脳のリミット外し 03:19 下半身リードドリル 04:57 テイクバックスピードUPドリル 06:03 鬼溜めドリル #ゴルフ #練習方法 #飛距離 #溜め #ゴルフレッスン 【こちらの動画もおすすめ】 ■鬼溜めでき ...

ReadMore

クラブの引き方

YouTube

2023/1/22

【必見】クラブの間違った引き方とは?!「引いてる風」スイングはスライスとシャンクとチーピンしか出ません!!

【概要】 クラブは引いて使うと言うけれど、そのイメージが全く掴めない人、必見です! 「クラブを引く」という動きはどのようなエネルギーをグリップへかけているのか詳細に解説します! クラブを「引ける」と、ロフトが立って力強いドローが打てます! 一方でクラブを「引いてる風」だとスライスとシャンクとチーピンしか出ません… 画面上は同じように見えますが、そこには天と地程の差がありますので要注意です!!   【目次】 00:00 クラブを引くとは? 02:06 クラブの引き方 04:45 引けてるスイング ...

ReadMore

独学練習方法

YouTube

2023/1/22

【ゴルフ】独学・自主練で上手くなるなら絶対に外せないポイントとは?!プロは無意識にできている?!スイング作り・練習で必ず意識してほしい動き!!

【概要】 YouTubeやInstagram、ゴルフ雑誌のレッスンを見て独学で練習に励んでいる方へ、ココを外したら絶対に上達しないポイント、スイング作りや練習で必ず意識して欲しい動きを解説します! どんなレッスンもトッププロのアドバイスも、無意識下にこの動きがあってこそ!! 【目次】 00:00 レッスンの根底にある動き 03:01 飛ばしレッスンのポイント 04:44 素振り棒のデメリット #ゴルフ #練習方法 #飛距離 #溜め #ゴルフレッスン 【こちらの動画もおすすめ】 ■鬼溜めできる動き■ ■クラ ...

ReadMore

鬼溜め改

YouTube

2023/1/22

【ゴルフ】誰でもできる「タメ」の作り方!コレが理解できれば誰でもガルシア級のタメが作れる!!強烈なタメを作る簡単練習方法の紹介!!

【概要】 スイングの形を気にしていては「タメ」は一生作れません!!「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでどの方向にグリップを使うか?です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの偏重心特性を理解しましょう! 「タメ」を作ろうと、グリップを固めて横に押していくとタメが解けて上体が起きるだけ!! プロゴルファーは自然と出来ていて、アマチュアゴルファーの多くが勘違いしている「タメ」を作る動きの差を解説しながら、「タメ」を作る練習方法を紹介します! 【目次】 00:00 タメが生まれるゴルフクラブの ...

ReadMore

溜めの入った切り返し

YouTube

2023/1/22

【ゴルフ】超シンプルで合理的な切り返しのコツは「投げる」だけ?!!溜まる!シャフトがしなる!!ヘッドが走る!!!勝手に飛ぶ!!!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で大切な切り返しの動きの基本は超シンプルに「投げる」動作です! テイクバックで引き上げたクラブの重心をキャッチボールの様に投げ返せば、シャフトが勝手にシナリ、ヘッドが走り、勝手に飛距離が伸びます! 難しいゴルフ理論は置いといて、シンプルに「投げる」「振る」という動作でスイングを考えてみましょう! 【目次】 00:00 スイングの基本動作 01:28 クラブの使い方 02:54 切り返しの動き 05:06 重心の投げ方   【こちらの動画もおすすめ】 ■鬼溜めできる動き■ ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2023/1/22

【ゴルフ】飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!右手と左手の使い方、股関節と肩の回し方のポイントをシンプルに解説!!これさえ守れば絶対飛ぶ!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で大切なテイクバックの上げ方は、とってもシンプルです! クラブ目線、身体目線で2つずつのポイントを抑えれば、自己最大の飛距離間違いなし!! この動画を見れば右手と左手の使い方、股関節と胸椎・肩の回し方が分かります!! 【目次】 00:00 重心の取り方 01:36 ローテーション管理 03:14 クラブの使い方 03:50 股関節の動き 05:35 肩の動き 07:27 飛距離が伸びるテイクバックまとめ   【こちらの動画もおすすめ】 ■鬼溜めできる動き■ ■クラブの引 ...

ReadMore

YouTube

2022/11/22

【Auto Flex】軽硬シャフトはもう古い?!オートフレックス全シャフトスペック試打レビュー!!オートフレックスを最大限に活かすスペックの選び方!!

【期間限定】オートフレックス公式サイト20%OFFクーポン発券中!! オンラインストアで販売中の 2022LimitedEditionが期間限定20%OFFで購入できます! クーポン適用期間:2022年12月31日まで 公式HP( https://autoflexshaft.jp/order-shop/)にてクーポンコード QRPDDX2J6PG8 をご入力いただくとチェックアウト時に入力20%OFF割引が適用されます!   【YouTube概要】 軽柔ぶっ飛びシャフトで有名なオートフレックス! ...

ReadMore

飛距離伸びない原因

YouTube

2022/11/18

【必見】いくら練習してもドライバーの飛距離が伸びない人の「特徴」〜シャローイングの練習ダメ絶対〜

【概要】 たくさん練習してもドライバーの飛距離が伸びない人、ゴルフが上手くならない人にはある一定の「特徴」があります! 最新のスイング理論や、飛ばし屋のスイング研究に余念がなく、情熱を持って飛距離アップのトレーニングを積んでいるものの、なかなか飛距離が伸びないという方… その悩みを持っている方のほぼ100%が、本質的なある部分を勘違いしながら練習しています。 シャローイング、地面半力、捻転差、下半身リード、これらの言葉・形には意味はありません。 飛距離が伸びない理由、この動画で解決してください! 【目次】 ...

ReadMore

飛距離UP

YouTube

2022/11/3

【ゴルフ】ドライバーが飛ぶ人と飛ばない人の決定的な違い!!飛距離アップに欠かせない2つの要素とは?!ヘッドスピード以外に大切なことがあった!!

【概要】 ドライバーが飛ぶ人と飛ばない人の決定的な違いには2つのスキルが大きく影響しています。 もちろん、アスリート並のフィジカルを持ちヘッドスピードが速ければその分飛距離は伸びますが、アマチュアゴルファーが飛ばないげんいんはフィジカルだけの問題ではありません! 自分の最大限の飛距離を出すために重要な身体の動き、クラブの使い方について解説します!! 【目次】 00:00 本日のテーマ 02:17 飛ばないインパクト 04:01 最下点管理 06:25 飛距離が伸びる切り返し 11:09 飛距離を伸ばすコツ ...

ReadMore

魔法のホース

YouTube

2022/10/9

【ゴルフ】スイング作りで1番大切な練習!!クラブの遠心力を感じれない・ガチガチに力んで飛距離が伸びない人必見!Instagramフォロワー2万人越え兼濱開人プロもオススメする「魔法のホース」の使い方!

【概要】 スイング作りで大切な練習は「最下点」を安定させることと合わせて、クラブの「遠心力」を感じる練習です。 クラブを効率よく使い、飛距離を伸ばすためにはまずは「クラブの邪魔をしない振り心地=遠心力に身を委ねる」感覚を手に入れましょう!! Instagramフォロワー2万人越え、みんなのゴルフダイジェストでも連載を持つ兼濱開人プロもオススメする「魔法のホース」を使って、まずは遠心力を感じましょう!! 【目次】 00:00 遠心力の感じ方 02:19 リリース練習 #ゴルフ #練習方法 #遠心力 #飛距離 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2023 All Rights Reserved.