SWING

飛距離が出るパワーフェードの打ち方~インパクトのポイント〜

競技ゴルファーとして戦うために必要になってくる「飛距離」と「正確性」…

ゴルフを始めたばかりの頃は、「飛距離」を求めて「ドロー」の習得をまずは目指しますが、ある程度上手くなってくると、「正確性」を手に入れるために「フェード」の練習を始めます。
そしてもう一段階上の競技ゴルファーとしても結果を残すには、「飛距離」+「正確性」の両方を手に入れる必要があります。
そこで、キーとなってくるスキルが「パワーフェード」です。

「パワーフェード」は「ドロー」と「フェード」のいいとこ取りをした球ですが、簡単に習得することはできません。
この記事では「パワーフェード」を手に入れる上で知っておかなければならない知識、スイングのポイントについて解説していきます。

 

「パワーフェード」と「フェード」の違い

「パワーフェード」は、「フェード」でありながら、「バックスピン量」が抑えられたショットです。
ティーショットでは「フェード」の「正確性」を実現しつつも。「ドロー」の様な低スピンによって「ラン」を稼ぐことができます。
また、風下をググらせるようなボールを打つことも可能で、スコアメイクの幅が格段に広がります。

 

「フェード」の打ち方

フェード

「パワーフェード」の打ち方は「ドロー」の打ち方と似ていますが、まずは「フェード」の打ち方について解説します。

「フェード」は、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指しているために発生します。
この「クラブパス」と「クラブフェースの向き」の違いにより、ボールのスピン軸が右に傾くことで「フェード」になります。
「フェード」は、ターゲットに対して左方向に打ち出されますが、これは「クラブフェース」は、「ターゲットライン」に対して閉じた状態でインパクトするためです。
この時、「クラブパス」も「ターゲットライン」に対してやや左方向に抜いていきます。

 

「フェード」が飛ばない理由

一般的に、「フェード」を打つためには、「ストレート」や「ドロー」を打つ時と比較し、「ダイナミックロフト」と「バックスピン量」が多くなります。
「クラブフェース」をわずかに開いてインパクトする事で、「ダイナミックロフト」が増加し、「アウトtoイン」のクラブパスは「アタックアングル」を増加させます。
そして、「ダイナミックロフト」と「アタックアングル」の差が大きくなると、「スピンロフト」が増加し、「バックスピン量」が増加します。
そのため、「ラン」が出にくくなります。

また、ロフトが増し、オープンフェースになる事でインパクトの効率(スマッシュファクター)が低下し、ボール初速も落ちます。
これは、垂直面(ロフトが高い)と水平面(オープンフェース)の両方で、インパクトがゴルフボールの重心から離れる方向に向いているためです。
さらに、スピン量が増えるという事は、「ボール初速」に変換したかった運動エネルギーを「スピン量」に変換しているため、飛距離が出にくいスイングであるといえます。

「フェード」の特徴

  • 打ち出し角が高くなる
  • 初速が落ちる
  • バックスピン量が増える

 

余談ですが、どうしても「フェード」「スライス」しか打てず、バックスピン量が多い場合は「ロフト」を少し立たせることで、偽「パワーフェード」を打つことが出来ます。
ボール初速が上がらないので、ドロップしたりスライスが酷くなるリスクもありますが…

Yanagi
フェードが飛ばないのはスピン量の影響が大きいんだ…
打ち出し角が高くなる分キャリーが落ちる人も多いぞ!
Mr.T

 

「パワーフェード」の打ち方

「パワーフェード」を打つためには、低スピン、低ロフトでインパクトする技術が必要です。
そのためには、ダイナミックロフトを減らし、レベルブローもしくはアッパーブローに打つことスピンロフトを減らすことでスピンを最小限に抑える必要があります。
また、「スピンの回転軸」の傾きは最小限に抑えなければなりません。

 

「パワーフェード」を打つポイント

  • フェースアングルとクラブパスの関係性を理解する
  • 浅いアタックアングルでスピン量を減らす
  • ハンドファーストでインパクトする
ポイント

 

「パワーフェード」を打つためのスタンスとボールの位置

「フェード」と「パワーフェード」どちらを打つ場合でも、スタンスは開いてはいけません。
ターゲットに対してスタンスを開く必要があるのは、インテンショナルにボールを曲げたい時だけです。

パワーフェードの場合は、標準のストレートショットの場合と同じように、ボールに対処する必要があります。
インサイドからアタックし、クラブフェースをオープンの状態でインパクトすることで、右方向に打ち出し、さらに右に曲げていきます。
スタンスはターゲットに対して平行で、体全体を目標の左方向に向けます。

通常のフェードの場合、スタンスはターゲットに対してスクエアで、体全体も目標に対してスクエアに構えます。
そして、ボールを少しだけ飛球線方向へ移動します。
これにより、「クラブフェース」は「クラブパス」に対して開いているが、「ターゲットライン」に対して閉じている状態を生み出せます。
その結果、ボールは目標の左方向に打ち出され、ターゲットに向かってフェードで戻っていきます。

Yanagi
捕まったフェードとパワーフェードはもしかして違うの??
パワーフェードは右に打ち出すから捕まったフェードとは少し違うね!
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのアタックアングル

「パワーフェード」を打つためには、アタックアングルを浅くしなければなりません。

そのため、スイング軌道としては「ドロー」を打つときと同様、ターゲットラインの内側からボールを捉えなければなりません

「パワーフェード」を打つためには、インパクト時に「クラブフェース」が「クラブパス」の右を指している必要があります。
つまり、ボディラインの右方向に打ち出し、さらにそこから右に曲がります。
これが「パワーフェード」の特徴で、ドローボーラーが「プッシュスライスでめちゃくちゃと飛んだけどOBでした」という球は、「パワーフェード」に非常に近い球筋です。

Yanagi
プッシュスライスがパワーフェード?!得意かも!!
Yanagiの球はただのスライスだ笑
Mr.T

 

「パワーフェード」を打つためのインパクト

通常の「フェード」を打つ場合、グリップ圧を少し強くするだけでもインパクトでフェースを閉じにくくなり、「フェード」を打ちやすくなります。
もしくは、ゴルフボールを飛球線方向へ1-2インチ(2.5-5cm)動かすだけでも、インパクト時にクラブ閉じる事で「フェード」を打ちやすくなります。

ただし、「パワーフェード」を打つ場合、フェースアングルとクラブパスを整えるだけでなく、アタックアングルもコントロールしなければなりません。
「パワーフェード」を打つためには、通常のスイングと比較し、右手を少し早いタイミングでリリースしていきます。

右手を早めにリリースすることで、「クラブフェース」がよりオープンになり、インパクトまでにスクエアまで閉じる事は出来なくなります。

「パワーフェード」の最大のリスクは、身体を使わず手打ちになることで、クラブのフェースを閉じながら「アウトtoイン」軌道でインパクトする事です。
この場合、ボールは左方向に打ち出され、さらに「ドロー」回転がかり森の中へボールが消えていきます…

 

「パワーフェード」の打ち方~まとめ~

パワーフェード

「パワーフェード」を打つためには、まずどのような「フェースアングル」と「クラブパス」で「インパクト」しなければならないかを理解しましょう。

目標の左に身体を向けると、どうしてもカット軌道の「スライス」が出やすいので、視覚から入る情報とのズレの違和感に打ち勝たなければならず、また左方向に身体を向けながら「ドロー」を打つようなスイングで振る勇気を手に入れなければなりません。

簡単に習得できる技術ではありませんが、「パワーフェード」を練習すると「ドロー」と「フェード」を簡単に打てるようになるので、是非挑戦してみてください!

ポイント

  • ロフトの低いクラブを使う
  • ターゲットの左方向に体を向ける
  • 少しだけグリップ圧を高める
  • 「ドロースイング」と同じように振る
  • 少しフラットなスイングで、ボールをインサイドからアタックする
  • 右手首を通常より少し早くリリースする
  • フォロースルーでリリースを少し遅らせ、フェースが帰らないように注意する
  • ドライバーでスタンスは広げすぎない

YouTubeで解説もしていますので是非ご覧ください!!↓↓↓

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
鬼溜めの方法

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】切り返しで鬼の様にタメが入るコツとは?!飛距離が伸びる「タメ」はグリップの使いに方に秘密があった?!

【概要】 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの特性を理解しましょう! プロの様な「タメ」が入った切り返しを手に入れるには、グリップとヘッドをどう動かすかを知らなければなりません!川崎春花プロのコーチである土手陸コーチに切り返しのコツを教わってきましたので、その内容・練習方法をシェアします! 【目次】 00:00 プロの切り返し 01:05 クラブ重心をキャッチする 03:41 タメが入る切り返し 07:00 タメの作り方まとめ ...

ReadMore

グリップ内圧力変化

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるグリップの使い方・握り方のコツとは?!ヘッドが走る感覚が手に入るグリップの使い方を習得しよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるグリップには、使い方や握り方にコツがあります!アドレス、切り返し、インパクトでそれぞれで正しくグリップを使えれば、ヘッドが加速する感覚が手に入ります! ヘッドスピードを最大化するグリップを手に入れて、ドライバーの飛距離を伸ばしましょう!! 【目次】 00:00 グリップ内圧力変化 01:04 クラブの握り方 03:54 飛距離が伸びるグリップ 08:02 グリップの使い方まとめ #ゴルフ #グリップ #ドライバー #飛距離 #ゴルフレッスン 【こちらの動画もおすすめ】 ...

ReadMore

スライス改善

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】ドライバーのスライスの直し方!原因はグリップの動かす方向?!身体のポジションでスライスを直そうと思っても一生直りません!

【概要】 スライスの単純明快な直し方の解説です!スライスの原因はクラブパスに対してフェースが開いてインパクトするためですが、そもそもフェースが開いてしまうのはグリップの動かし方が真逆だから… フェースが緩やかに閉じ、ボールに向かって正面衝突するローテーションを作るには、クラブ重心の管理とグリップの使い方がポイントです。 身体のポジションでスライスを直そうと思っても一生直りません!   【目次】 00:00 スライスの原因 02:23 クラブ重心管理 04:07 スライス修正ドリル 09:22 ス ...

ReadMore

二重振り子

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】飛距離が伸びる二重振り子の練習で1番最初にやるべき動きはこれ!クラブ様を無視して二重振り子は成り立ちません!手首から先の振り子の作り方から練習しましょう!!

【概要】 二重振り子が大切だと分かっていても、何から練習したらいいか分からない人、必見です! ゴルフスイングで1番大切な事は、グリップにどのようなエネルギーを与えるか?です! つまり手首を支点とした振り子(第1振り子)が最も大切なのですが、ただ動かせばいいという訳ではありません。 グリップに与えるエネルギーの方向が間違っていれば、二重振り子も台無し…振り遅れのスライスしか出ません。 飛距離が伸びる二重振り子を手に入れたければ、何よりもまずクラブを引きながら振り子を作る練習からスタートしましょう!! 【目次 ...

ReadMore

飛ばない動き

YouTube

2022/9/24

ドライバーが「曲がる」「飛ばない」人は”下半身”と’”グリップ”の使い方が間違っている?!ドライバーを全力で振っても”飛ばない”人や”ドライバーが苦手”な初心者必見!!

【概要】 ドライバーを全力で振っても”飛ばない”人や、飛ばすために”下半身リード”の意識が強すぎてヘッドが走らない人には共通する動きが2つあります!ドライバーを飛ばすためのグリップの使い方、ドライバーが飛ばなくなるグリップの使い方、ドライバーが飛ばなくなる下半身の使い方してませんか?? 【目次】 00:00 間違った下半身リード 03:53 グリップの使い方 06:21 ヘッドの走らせ方 07:34 飛距離が伸びない動き #ゴルフ #ドライバー #飛距離アップ #練習方法 #下半身リード   【 ...

ReadMore

YouTube

2022/9/24

ヘッドスピードだけじゃない!!ドライバーの飛距離を最大化するインパクトとは?!「ヘッドスピード別」正しいアッパーブローを知り入射角を揃えよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離を最大化するには、ヘッドスピードを上げるだけでは足りません!ヘッドスピードに合わせて、適切なアッパーブロー(入射角)でインパクトする事によって、適切なバックスピン量と打ち出し角が保たれ、最も効率的に飛ばす事ができます! アッパーブローの意思が強すぎて飛距離を損している人、適正な入射角が分からない人はぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 入射角 00:32 HS別アッパーブロー 03:20 適切な最下点の作り方 04:36 入射角イメージ #ゴルフ #アッパーブロー # ...

ReadMore

正しいダウンブロー

YouTube

2022/9/24

ダウンブローの打ち方「イメージと事実の差」とは?プロはこんなにレベルブローに打ってるの?!正しいダウンブローの意識づくり・練習方法を紹介!!

【概要】 ダウンブローと聞くと、上から叩く、潰すというイメージが先行しますが、実はPGA男子プロの入射角はそれほど鋭角ではありません。一生懸命「ハンドファースト」で打とう、「上から打とう」という意識が強すぎで、インパクトが安定しない…なんて悩みはありませんか?それは間違ったイメージによってダウンブローが強すぎているのかも?!正しいダウンブローのイメージ作りと、基本的な練習方法をご紹介します!!   【目次】 00:00 ダウンブローとは 02:04 適切な入射角 03:06 ダウンブローインパク ...

ReadMore

溜めの作り方

YouTube

2022/9/24

飛距離が伸びる「タメ」の作り方!どうしても力みがとれない人に向けた強制タメ発生ドリルの紹介!!これでダメなら諦めてください…強烈ドリルで脳をアップデート!!

【概要】 どうしても力みが取れずに切り返しでタメが解けてしまうという方、朗報です!! 今回は強制的にタメが生まれてしまう、ちょっと過激なドリル・練習方法を紹介します! 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、切り返しで手首を柔軟に使い時間差を作る必要がありますが、力んでいるとラグが発生しません。 なので…力む暇さえない高速素振りドリルで改善してみてください!!   【目次】 00:00 タメが生まれる動き 01:51 タメ強制発生ドリル ...

ReadMore

下半身リード

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】飛距離が伸びる下半身の使い方をマスターしよう!非力でも飛ばすコツは下半身の踏み込みと重心位置に隠されていた?!

【概要】 ヘッドを最大限に加速させるために下半身を正しく使うコツを取り入れましょう! 単純に下半身リード、左足の踏み込みといういう意識だけでは飛距離に繋がらない下半身の動きになってしまいます。 筋力に頼らず、重力や遠心力、シャフトの力を使って飛距離を伸ばすために、下半身がどのように動くべきなのか? 具体的なポイントとドリルを紹介します!   【目次】 00:00 下半身リードのコツ 02:46 下半身リードドリル① 04:26 下半身リードドリル② 06:37 下半身リードまとめ #ゴルフ #飛 ...

ReadMore

右手の使い方

YouTube

2022/7/15

【ゴルフ】飛距離が伸びる右手の使い方!全力でぶっ叩けば勝手にハンドファースト!!コツを掴めば切り返しで勝手にタメが生まれてシャローイングできる練習方法!!

【概要】 ゴルフで1番大切なのは「右手」を上手に使うこと!下半身リード、左サイドリードはトッププロらの感覚表現で、スイングの80%は右手でクラブをどう使えるかにかかっています! 右手さえ上手に使えれば勝手にハンドファーストは作られますし、切り返しでのタメも生まれてインサイドアウト軌道、シャローイングしながらのスイングが手に入ります! まずは、右手をどのように使うのか、どのようにし右手でボールを叩くのか、そこを極めてから下半身リードや左サイドを気にしてみましょう! https://www.youtube.c ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.