タイガーウッズのトップオブスイング

SWING

タイガーウッズのハーフウェイバックとトップ

始動に続き、効率的なハーフウェイバックの動きを、タイガーウッズを教科書に確認していきましょう。

タイガーウッズのハーフウェイバック

ハーフウェイバックの間の動きで注目してもらいたいのは、クラブヘッドが手の外側に上がっていることです。
「オンプレーン」が良しとされる伝統的な始動では、ハーフウェイバックのタイミングでクラブが目標位置と平行になるべきであるとされています。

もちろん、ハーフウェイバックでの動きでは「アウトサイド・イン」、「オンプレーン」、「インサイド・アウト」の傾向が人それぞれがあり、インパクトにさえ帳尻が合えばスコアは安定します。
しかし、安定して飛距離を伸ばすという観点からすると、ハーフウェイバックでは「アウトサイド・イン」の軌道が最もエネルギーを効率よく使うことができます。

 

エネルギーロスの少ないハーフウェイバック

効率的なスイングを実現するためには、クラブパスをできるだけ単純にし、スイング後半で出来るだけ修正点を減らす必要があります。
その上で、「オンプレーン」の軌道では、クラブヘッドは無駄に長いスイングパスを移動していると考えるのが自然です。

正しいトップオブスイングに収まるためには、「オンプレーン」に上げるスイングではターゲットラインに向かって無駄な動きが入ります。
そしてその修正のために、複雑な修正と操作が必要です。
スイング中の無駄なクラブの操作はゴルフスイングを複雑にし、スイングの一貫性を失うだけです。

最も効率的なハーフウェイバックでのポジションは、手をつま先の垂直方向上に上げる事を心がけましょう。
ただし、その場所に手先を上げるのではなく、胸、腰、右腕を旋回しながら、そのポジションを通る動きを手に入れてください。

またハーフウェイバックでは、左手首がターゲットラインに平行で、フェースは地面に対して垂直にはなりません。
もし左手首がターゲットラインに対して平行でなければ、腕を旋回しすぎているか、胸の回転が足りていません。
そして左手首がターゲットラインに平行であるが、フェースが垂直になっている場合、グリップがややウィーク過ぎます。
もちろん、ウィークグリップが「悪」ではありませんが、飛距離を最大化し、近年の大型ヘッドに対応するためにも、ストロンググリップをおすすめします。

 

スイングの確認で大切な事

アドレスの位置を除いて、ゴルフスイングには静的なポジションはなく、常にクラブヘッドや身体、運動エネルギーが移動しています。
そのため、ゴルフスイングの確認で最も大切な事は、静止画でクラブヘッド身体の位置ではなく、どのように身体を使い、どのようにクラブが移動してきたかです。
ゴルフスイングの特定の時点での体とゴルフクラブの位置は、スイングの良し悪しを関する上で有用な情報を提供しますが、それがすべてではありません。

 

誤った「始動」におけるスイングの結果

続いてタイガーウッズの素晴らしいトップオブスイングを見てみましょう。

タイガーウッズのトップオブスイング

力強く、完璧にバランスが取れており、最高のダウンスイングをする準備ができています。

一方、アマチュアゴルファーでもこのトップオブスイングに近い形は作れます。
ただし、そこに至るまでの過程によっては、ダウンスイング以降に複雑なクラブの操作が必要になる可能性があります。
スイングが複雑になることで、エネルギーとスイングの一貫性を失います。

例えば、同じようなトップオブスイングでも、インサイドに引きながらこのポジションに持ってきた場合、ダウンスイングではスティープにクラブが入っていきます。
そもまま修正しないでいると、強いフェードやスライスになったり、それを嫌って左に引っ掛けます。
ストレートボールを打つにしても、浮き上がるグリップを必死に抑えこまなければならず、効率的なスイングとはいえません。

 

「シャローイング」って本当に必要??

ハーフウェイダウンまでの動きがスティープ過ぎた場合、ダウンスイングからはヘッドはシャローに入っていきます。
最近流行っている「シャローイング」を取り入れるという点では有効ですが、ダウンスイングでインから入りますので、何の修正もしなければ強いドローやフック、あるいは手先で修正し右プッシュが出やすくなります。
そうしないためには、複雑な身体とクラブの動きを入れ続ける必要があります。
これはアマチュアゴルファーにとって簡単な事ではありません。

もちろん、最近のドライバーはヘッドを開閉せずシャローに入れることで飛距離と安定性を手に入れることができますが、運動エネルギーを分断させずシャローイングを実現できるアマチュアゴルファーはどれくらいいるのでしょうか?
「シャローイング」というスイングの形に捉われ過ぎる、無理な体の使い方と「腕力」の注入の方がデメリットがあるように感じます。
限りなくシンプルに、限りなく効率的で一貫性のあるスイングを目指すべきだと考えています。

正しいハーフウェイバックのポイント

  • ハーフウェイバックでは爪先の垂直方向に手がある
  • ハーフウェイバックではヘッドは垂直になりきらない
  • シャローイングに捉われ過ぎる本来持っている力を発揮できない

 

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離が伸びる女性スイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座④ヘッドスピードが上がるダウンスイングでドライバー飛距離アップ〜瞬発的なエネルギーの使い方〜

【概要】 上半身と下半身を分離させ、強烈な捻転差から飛ばす…確かにこれが理想的なダウンスイング・切り返しの動きではありますが、女性やシニアゴルファーにとっては難しい動きです。 そこでまず、筋力に頼らずにヘッドを加速させるエネルギーの使い方を身につけましょう!! 効率的にヘッドを加速させることで、非力な方でもヘッドスピードは上がります!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 切り返しのコツ 04:23 実践編 06:35 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座③オーバースイングは直す?直さない??ヘッドスピードが上がる大きなトップでドライバー飛距離アップ〜筋力に頼らずヘッドを加速させる方法〜

【概要】 レッスンでは必ず「オーバースイング」を直すよう指導されますが、果たして「オーバースイング」は悪なのでしょうか? ドラコン大会では「オーバースイング」が当たり前… 正しく「オーバースイング」を使う事ができれば、筋力に頼らずヘッドを加速させる事ができます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:33 オーバースイングの可否 01:08 ダメなオーバースイング 02:35 トップでの手の位置 03:50 手の位置と遠心力 05:44 実践編 07:49 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離 ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜ヒールアップ

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座②ヘッドスピードが上がるテイクバックでドライバー飛距離アップ筋力に頼らずヘッドの加速を最大化!〜左足の使い方を覚えよう〜

【概要】 ヘッドを効率よく加速するためには、大きなテイクバックを作り助走距離を長く取ってあげる必要があります。 女性は男性と比べ柔軟性があるため、大きなトップは作りやすいのですが、筋力がない分トップを大きくすると力んでしまします。 そこで、テイクバック〜切り返しでの左足の使い方を工夫すると、力まずに大きなトップを作ることができ、ヘッドを加速させながらダウンスイングに入る事ができます! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:30 テイクバックでの左足 01:27 左足の使い方 02:47 大きなトップ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/4

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座①ヘッドスピードが上がるテイクバックを覚えよう!筋力に頼らずドライバー飛距離をアップするコツ〜テイクバック編〜

【概要】 筋力の少ない女性ゴルファーやシニアゴルファーが飛距離を伸ばすには、筋力に頼らないスイングを身につけなければなりません。 重量・遠心力を上手に利用し、まずはテイクバックを速く上げるコツを学びましょう! テイクバックが速くなれば、その分飛距離も伸びます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:31 テイクバックのコツ 00:57 重力の使い方 03:56 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レッスン #基本 #飛び #飛ばし屋 【Twitter】 https ...

ReadMore

飛距離アップドリル

YouTube

2021/3/14

脱手打ちには下半身リードが必須!!上半身と下半身を分離するドリルで大きな捻転差を身につけようリード!

【概要】 トップスイングで動きが止まり、そこから一気にダウンスイングを開始すると、上半身と下半身の捻転差(Xファクター)が生まれず、手打ちの弱々しいスイングになってしまいます。 下半身リードのスイングで手打ちから抜け出すには、上半身と下半身の動きに時間差が必要です! 今回は、下半身リードでタメを作る感覚を手に入れてもらう基本的なドリルを紹介します! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:25 下半身リードエクササイズの復習 00:46 下半身リードドリル 05:15 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下 ...

ReadMore

飛距離を伸ばす考え方

YouTube

2021/3/14

飛距離が伸びない3つの原因〜筋トレだけやっていても絶対に飛距離は伸びません!

【概要】 飛距離を伸ばすためにはヘッドスピードの向上が不可欠ですが、筋トレだけ頑張ってもヘッドスピードは絶対に上がりません。 排気量をバカでかくすればF1マシンが速くなる訳ではないのと同様、ヘッドスピードを上げるには3つの視点から改善していく必要があります。 この動画では、飛距離を伸ばす上での考え方、自分との向き合い方を考えていただければいいなと思います! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:58 ヘッドスピードを構成する3要素 07:25 弱点との向き合い方 10:51 まとめ #ゴルフ #飛距 ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバックのコピー

YouTube

2021/2/27

下半身リードで飛距離を伸ばせ!!まずはこの準備運動とドリルで下半身リードの基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばすには、下半身リードで大きな捻転差を作りヘッドスピードを上げていく必要があります。 ただし、下半身リードを実現させるには、テクニックを覚えるより先に、上半身と下半身を分離させる動きを身体に染み込ませる必要があります。 この動画では、普段の練習に3分追加するだけで確実にスイングが変わる準備運動とスイングドリルをご紹介します!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:56 下半身リードの準備運動 01:33 下半身リードのドリル 03:03 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下半身リー ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバック

YouTube

2021/2/27

ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツ!筋力がなくても飛距離は伸ばせます!!ドラコン練習しながら腕を速く振るポイントを解説!

【概要】 飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げる必要があります! そしてそのコツは、筋力だけに頼らないスイングを心がけること。 今回の動画では、ドラコンスイングの練習風景を流しつつ、ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツをご紹介します! 「力がないから飛ばない」と思っている方は是非参考にしてください! 【目次】 00:00 ドライバー練習 01:48 ドラコンスイング練習 02:25 ヘッドスピードが上がるコツ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #テイクバック #ヘッドスピード 【Twi ...

ReadMore

パワーフェードの打ち方

YouTube

2021/2/27

ドラコンプロ直伝!!飛距離が出る究極の「パワーフェード」の打ち方!!「捕まえたフェード?」「強いフェード?」基礎知識から徹底解説!

【概要】 フェードはドローと比べてスピンロフトが多くなるため、バックスピン量が増えスマッシュファイターが低下します。 そのため、フェードは「飛ばないけど安定性のある」球筋です。 一方で、バックスピン量を減らしたフェード、つまり「パワーフェード」はドローと同様の飛距離を誇り、方向性と飛距離を両立させる球筋です。 トッププロしか打てないと思われがちの「パワーフェード」ですが、理屈を頭に入れておけば誰でも習得できます!! 飛距離と方向性を両立させたい方、必見です!! 【目次】 00:00 パワーフェードとは? ...

ReadMore

ドローとフェードどちらが飛ぶの?

YouTube

2021/2/27

ドローとフェードの基礎知識!どっちが飛ぶか?は理論的に説明できます!!

【概要】 ドローの方がフェードより飛ぶと言われていますが、なぜドローの方が飛びやすいのか理論的に説明できますか? Dプレーン理論を簡単に紹介しながら、ドローやフェードが出る仕組み、ドローがフェードより飛ぶ理由を理論的に解説します! この知識があるだけで練習効率もグンとアップするので、Dプレーン理論を知らない方、ドローが比較的飛びやすい仕組みを説明できない方は是非ご覧ください! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:19 出玉の方向 00:37 ドローの原理 01:20 フェードの原理 02:06 ス ...

ReadMore

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.