タイガーウッズのトップオブスイング

SWING

タイガーウッズのハーフウェイバックとトップ

始動に続き、効率的なハーフウェイバックの動きを、タイガーウッズを教科書に確認していきましょう。

タイガーウッズのハーフウェイバック

ハーフウェイバックの間の動きで注目してもらいたいのは、クラブヘッドが手の外側に上がっていることです。
「オンプレーン」が良しとされる伝統的な始動では、ハーフウェイバックのタイミングでクラブが目標位置と平行になるべきであるとされています。

もちろん、ハーフウェイバックでの動きでは「アウトサイド・イン」、「オンプレーン」、「インサイド・アウト」の傾向が人それぞれがあり、インパクトにさえ帳尻が合えばスコアは安定します。
しかし、安定して飛距離を伸ばすという観点からすると、ハーフウェイバックでは「アウトサイド・イン」の軌道が最もエネルギーを効率よく使うことができます。

 

エネルギーロスの少ないハーフウェイバック

効率的なスイングを実現するためには、クラブパスをできるだけ単純にし、スイング後半で出来るだけ修正点を減らす必要があります。
その上で、「オンプレーン」の軌道では、クラブヘッドは無駄に長いスイングパスを移動していると考えるのが自然です。

正しいトップオブスイングに収まるためには、「オンプレーン」に上げるスイングではターゲットラインに向かって無駄な動きが入ります。
そしてその修正のために、複雑な修正と操作が必要です。
スイング中の無駄なクラブの操作はゴルフスイングを複雑にし、スイングの一貫性を失うだけです。

最も効率的なハーフウェイバックでのポジションは、手をつま先の垂直方向上に上げる事を心がけましょう。
ただし、その場所に手先を上げるのではなく、胸、腰、右腕を旋回しながら、そのポジションを通る動きを手に入れてください。

またハーフウェイバックでは、左手首がターゲットラインに平行で、フェースは地面に対して垂直にはなりません。
もし左手首がターゲットラインに対して平行でなければ、腕を旋回しすぎているか、胸の回転が足りていません。
そして左手首がターゲットラインに平行であるが、フェースが垂直になっている場合、グリップがややウィーク過ぎます。
もちろん、ウィークグリップが「悪」ではありませんが、飛距離を最大化し、近年の大型ヘッドに対応するためにも、ストロンググリップをおすすめします。

 

スイングの確認で大切な事

アドレスの位置を除いて、ゴルフスイングには静的なポジションはなく、常にクラブヘッドや身体、運動エネルギーが移動しています。
そのため、ゴルフスイングの確認で最も大切な事は、静止画でクラブヘッド身体の位置ではなく、どのように身体を使い、どのようにクラブが移動してきたかです。
ゴルフスイングの特定の時点での体とゴルフクラブの位置は、スイングの良し悪しを関する上で有用な情報を提供しますが、それがすべてではありません。

 

誤った「始動」におけるスイングの結果

続いてタイガーウッズの素晴らしいトップオブスイングを見てみましょう。

タイガーウッズのトップオブスイング

力強く、完璧にバランスが取れており、最高のダウンスイングをする準備ができています。

一方、アマチュアゴルファーでもこのトップオブスイングに近い形は作れます。
ただし、そこに至るまでの過程によっては、ダウンスイング以降に複雑なクラブの操作が必要になる可能性があります。
スイングが複雑になることで、エネルギーとスイングの一貫性を失います。

例えば、同じようなトップオブスイングでも、インサイドに引きながらこのポジションに持ってきた場合、ダウンスイングではスティープにクラブが入っていきます。
そもまま修正しないでいると、強いフェードやスライスになったり、それを嫌って左に引っ掛けます。
ストレートボールを打つにしても、浮き上がるグリップを必死に抑えこまなければならず、効率的なスイングとはいえません。

 

「シャローイング」って本当に必要??

ハーフウェイダウンまでの動きがスティープ過ぎた場合、ダウンスイングからはヘッドはシャローに入っていきます。
最近流行っている「シャローイング」を取り入れるという点では有効ですが、ダウンスイングでインから入りますので、何の修正もしなければ強いドローやフック、あるいは手先で修正し右プッシュが出やすくなります。
そうしないためには、複雑な身体とクラブの動きを入れ続ける必要があります。
これはアマチュアゴルファーにとって簡単な事ではありません。

もちろん、最近のドライバーはヘッドを開閉せずシャローに入れることで飛距離と安定性を手に入れることができますが、運動エネルギーを分断させずシャローイングを実現できるアマチュアゴルファーはどれくらいいるのでしょうか?
「シャローイング」というスイングの形に捉われ過ぎる、無理な体の使い方と「腕力」の注入の方がデメリットがあるように感じます。
限りなくシンプルに、限りなく効率的で一貫性のあるスイングを目指すべきだと考えています。

正しいハーフウェイバックのポイント

  • ハーフウェイバックでは爪先の垂直方向に手がある
  • ハーフウェイバックではヘッドは垂直になりきらない
  • シャローイングに捉われ過ぎる本来持っている力を発揮できない

 

TPI LESSON

世界最大のゴルフ研究組織「TPI」のメソッドに基づき、あたなのゴルフスイングを進化させてみませんか?
無料ボディスクリーニング実施中です!!

世界最大のゴルフ組織「TPI」の魅力

TPI LESSON

TPIとは TPIとは「タイトリスト パフォーマンス インスティテュート」(以下TPI)をいいます。フィジカル、スウィング、クラブなどの研究や開発を目的にタイトリスト後援のもと設立された組織で、ゴルフ ...

続きを見る

3種の神器

TIPS

2020/10/17

独学でシングルを目指す方法〜3種の神器〜

ゴルフを上達する上で、素晴らしいレッスンコーチに出会うほどの幸運はありません! しかしながら、いいコーチにめぐり逢えず独学でシングルを目指す人も多くいると思います。私もその1人で、周りに魅力的なコーチがいないので自らトレーナー資格を取得し、プレーヤー兼トレーナーとしてシングルを目指しています。(地方に住んでいる人は優秀なコーチに出会いにくい現実があると思います…) そのため、スイングを上達するための練習道具や、マネジメントを学ぶための本はたくさん試してきました。 そんな中で、いよいよシングルに到達する手応 ...

ReadMore

スーパースピードゴルフ

SWING

2020/10/17

「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」のススメ

TPIトレーナーであり、PGAツアー選手、ツアーコーチの「マイケル・ナポレオン」によって生み出された「スーパースピードゴルフ」は、実に600名以上のツアープレーヤーが愛用する練習器具です。 マイケルは「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」を開発する事によって、多くのPGAツアー選手の勝利に貢献してきました。 正しく使うことができれば、「スーパースピードゴルフ」以上に効果を生み出す練習器具はありません。 一方で、あまりに効果がある(身体が動いてしまう)ためその負担も大きく、自らの身体的特徴を理解しゴ ...

ReadMore

メンタルスコアカード

CONDITION

2020/10/13

【保存版】ラウンドでスコアが出るメンタルコントロール方法

「練習では上手くいったのに!」「肝心なところでミスが出た…」というように、ゴルファーなら誰しも「メンタル」の重要性を痛感しているはずです。 我らがGoogle先生で「ゴルフ メンタル」と検索すると、870万件以上のサイトがヒットしますし、Amazonで「ゴルフ メンタル」を検索すると200冊近く検索にヒットします。誰もが、ゴルフとの向き合い方やラウンドでのメンタルコントロールを学びたいと強く望んでいる証拠ですね。 もちろん、私も例に漏れず「メンタル」につい悩み、もがき、色々な書籍やサイトで「聖杯」を探して ...

ReadMore

ふるさと納税名門コース

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】名門コースプレー券特集!!

ふるさと納税で一番コスパがいい返礼品は「ツアーボール」だと思いますが、納税額が多い人には名門コースでのプレー券もオススメです。 毎年トッププロの試合が組まれる名門、メジャー大会開催の名門コースでのプレー券・宿泊券のふるさと納税を調べました!! いつかはプレーしたい名門コース、実質2,000円でラウンドしちゃいましょう!! ふるさと納税とは もう知らない人はいないと思いますが、ふるさと納税について簡単にまとめると… 自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる 税金の還付や控除を受けられる、 特産品などの ...

ReadMore

ふるさと納税

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】ゴルフボール高還元率特集!!

みなさん、ふるさと納税してますか?? 毎年毎年、早い時期に申し込んで美味しい果物でも楽しもうかなと思うのですが、気がつけば今年も残すところ3ヶ月… またしても桃やサクランボなど高級果物を食べずに今年が終わりそうです。 という事で、結局ふるさと納税でゴルフボールを頼んで家族から文句を言われてしまうのですが… OBをよく出す私には、とっても大切なボール補充方法なのです!! 私は、ブリジストンTourBXSがエースボールなのでボール選びに迷うことはありませんが、この際だから普段使わないボールを試してみたい!! ...

ReadMore

SWING

2020/9/30

【超重要】上半身と下半身を分離させるコツ〜ドリル紹介〜

ゴルフスイングにおいて、プロとアマとの決定的な差は「上半身と下半身の分離ができているか」です。 多くのアマチュアゴルファーは、切り替えしで上半身と下半身が連動して動いてしまい、飛距離を伸ばすことができません。 切り替えしで、胸の向きと腰の向きの差(Xファクター)が大きければ大きいほど飛距離が伸びるとされていますが、残念ながら自然とその動きが出来る人はほとんどいません。 もちろん、強烈なXファクターを生み出し力強いインパクトを実現するにはアスリートと同様の筋力や柔軟性が必要ですので、プロと同じ様に「上半身と ...

ReadMore

GOLF SHOP~Drive for Show!!~

TIPS

2020/10/2

「temite」公認アンバサダー(ゴルフショップ)に就任しました!!

ご報告!! なんと! 「temite」の運営様からお声掛けいただきまして、ゴルフアカウントの公認アンバサダーに就任しました! 人生がゴルフに染まっているため、日常を呟くだけでゴルフアカウントになっていたTwitterですが、日々の練習風景やゴルフTIPSの紹介tweetが目に留まり「temite」公認プロとしてゴルフショップの開設のご依頼をいただきました! これからの時代、「個」のつながりが需要になってくるとの思いから、「お前が言うならやってみよう」「お前が言うなら使ってみよう」といってもらえる存在になり ...

ReadMore

シンプルマスターOP

TIPS

2020/9/23

シンプルマスターOP(オンプレーン)を自作したけど結局は購入した話

ゴルフスイングの悩みの分だけ色々な練習器具が開発&発売されていますが、今回ご紹介する「シンプルマスターOP」はアウトサイドインの軌道や手元の浮きを修正する練習器具です。 とてもシンプルな練習器具なので、使い方によってはスウェーやスライド、強烈なインサイドへのフォローの修正にも使えますが、今回はアマチュアゴルファーが最も悩むアウトサイドイン(カット打ち)の練習方法をご紹介します。 Yanagiどうしても外から入る癖が抜けない… 一人で練習していると癖の修正は難しいぞ?Mr.T   シンプル ...

ReadMore

つま先の向きの決め方

SWING

2020/9/18

飛距離の出るつま先の向き~自分に合った開き方の見つけ方~

いいショットを打つためにも、飛距離を出すためにも、まずは「アドレス」が整ってなければいけません。 次に打つショットの狙いに合わないアドレス・スタンスでは、どんなにいいスイングをしようとしても結果は伴いません。 仕事と同じで「段取り八分・仕事二分」です。 スタンスの向きや体の傾き、手の位置などを注意する人は多いのですが、「つま先の向き」については、あまり意識していない人が多いかもしれません。 そこで今回はTPIのメソッドの中から、「飛距離の出る」(パワーを発揮できる)つま先の向きの見つけ方についてご紹介しま ...

ReadMore

猫背(C字ポスチャー)

CONDITION

2020/9/18

猫背(C字ポスチャー)アドレスのデメリットと治し方

アマチュアゴルファーに多いアドレスの崩れ・乱れには、反り腰(S字ポスチャー)と猫背(C字ポスチャー)の2つがあります。 反り腰(S字ポスチャー)は女性に多くみられるスイングエラーで、猫背(C字ポスチャー)は男性に多く見られるスイングエラーです。 アマチュアゴルファーの約30%の人が猫背(C字ポスチャー)になっていると言われています。 反り腰(S字ポスチャー)や猫背(C字ポスチャー)は悪くないと主張するコーチもいますが、TPIではそれら2つを非効率なスイングを生み出す原因、そして怪我(腰痛)につながる動きと ...

ReadMore

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2020 All Rights Reserved.