タイガーウッズのトップオブスイング

SWING

タイガーウッズのハーフウェイバックとトップ

始動に続き、効率的なハーフウェイバックの動きを、タイガーウッズを教科書に確認していきましょう。

タイガーウッズのハーフウェイバック

ハーフウェイバックの間の動きで注目してもらいたいのは、クラブヘッドが手の外側に上がっていることです。
「オンプレーン」が良しとされる伝統的な始動では、ハーフウェイバックのタイミングでクラブが目標位置と平行になるべきであるとされています。

もちろん、ハーフウェイバックでの動きでは「アウトサイド・イン」、「オンプレーン」、「インサイド・アウト」の傾向が人それぞれがあり、インパクトにさえ帳尻が合えばスコアは安定します。
しかし、安定して飛距離を伸ばすという観点からすると、ハーフウェイバックでは「アウトサイド・イン」の軌道が最もエネルギーを効率よく使うことができます。

 

エネルギーロスの少ないハーフウェイバック

効率的なスイングを実現するためには、クラブパスをできるだけ単純にし、スイング後半で出来るだけ修正点を減らす必要があります。
その上で、「オンプレーン」の軌道では、クラブヘッドは無駄に長いスイングパスを移動していると考えるのが自然です。

正しいトップオブスイングに収まるためには、「オンプレーン」に上げるスイングではターゲットラインに向かって無駄な動きが入ります。
そしてその修正のために、複雑な修正と操作が必要です。
スイング中の無駄なクラブの操作はゴルフスイングを複雑にし、スイングの一貫性を失うだけです。

最も効率的なハーフウェイバックでのポジションは、手をつま先の垂直方向上に上げる事を心がけましょう。
ただし、その場所に手先を上げるのではなく、胸、腰、右腕を旋回しながら、そのポジションを通る動きを手に入れてください。

またハーフウェイバックでは、左手首がターゲットラインに平行で、フェースは地面に対して垂直にはなりません。
もし左手首がターゲットラインに対して平行でなければ、腕を旋回しすぎているか、胸の回転が足りていません。
そして左手首がターゲットラインに平行であるが、フェースが垂直になっている場合、グリップがややウィーク過ぎます。
もちろん、ウィークグリップが「悪」ではありませんが、飛距離を最大化し、近年の大型ヘッドに対応するためにも、ストロンググリップをおすすめします。

 

スイングの確認で大切な事

アドレスの位置を除いて、ゴルフスイングには静的なポジションはなく、常にクラブヘッドや身体、運動エネルギーが移動しています。
そのため、ゴルフスイングの確認で最も大切な事は、静止画でクラブヘッド身体の位置ではなく、どのように身体を使い、どのようにクラブが移動してきたかです。
ゴルフスイングの特定の時点での体とゴルフクラブの位置は、スイングの良し悪しを関する上で有用な情報を提供しますが、それがすべてではありません。

 

誤った「始動」におけるスイングの結果

続いてタイガーウッズの素晴らしいトップオブスイングを見てみましょう。

タイガーウッズのトップオブスイング

力強く、完璧にバランスが取れており、最高のダウンスイングをする準備ができています。

一方、アマチュアゴルファーでもこのトップオブスイングに近い形は作れます。
ただし、そこに至るまでの過程によっては、ダウンスイング以降に複雑なクラブの操作が必要になる可能性があります。
スイングが複雑になることで、エネルギーとスイングの一貫性を失います。

例えば、同じようなトップオブスイングでも、インサイドに引きながらこのポジションに持ってきた場合、ダウンスイングではスティープにクラブが入っていきます。
そもまま修正しないでいると、強いフェードやスライスになったり、それを嫌って左に引っ掛けます。
ストレートボールを打つにしても、浮き上がるグリップを必死に抑えこまなければならず、効率的なスイングとはいえません。

 

「シャローイング」って本当に必要??

ハーフウェイダウンまでの動きがスティープ過ぎた場合、ダウンスイングからはヘッドはシャローに入っていきます。
最近流行っている「シャローイング」を取り入れるという点では有効ですが、ダウンスイングでインから入りますので、何の修正もしなければ強いドローやフック、あるいは手先で修正し右プッシュが出やすくなります。
そうしないためには、複雑な身体とクラブの動きを入れ続ける必要があります。
これはアマチュアゴルファーにとって簡単な事ではありません。

もちろん、最近のドライバーはヘッドを開閉せずシャローに入れることで飛距離と安定性を手に入れることができますが、運動エネルギーを分断させずシャローイングを実現できるアマチュアゴルファーはどれくらいいるのでしょうか?
「シャローイング」というスイングの形に捉われ過ぎる、無理な体の使い方と「腕力」の注入の方がデメリットがあるように感じます。
限りなくシンプルに、限りなく効率的で一貫性のあるスイングを目指すべきだと考えています。

正しいハーフウェイバックのポイント

  • ハーフウェイバックでは爪先の垂直方向に手がある
  • ハーフウェイバックではヘッドは垂直になりきらない
  • シャローイングに捉われ過ぎる本来持っている力を発揮できない

 

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
YouTubeチャンネル登録

YouTube

2021/1/25

大きな捻転差を作る3つの基本ストレッチ!!自宅トレーニングで深いタメを作る基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、大きなトップと捻転差は必須条件!! デスクワークで凝り固まった上半身を3つの基本ストレッチで解します。 打ちっぱなしだけが練習じゃない! 自宅にいながら5分のストレッチでスイングを改善していきましょう! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 肩のストレッチ 01:59 肩甲骨のストレッチ 03:56 捻転差を作るストレッチ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #トレーニング #捻転差 トレーニングチューブ購入リンク 【Amazon】 https://amzn.to/ ...

ReadMore

フルッタフルッタアサイーベリー

CONDITION

2021/1/21

新型コロナウイルス(COVID-19)にアサイーが効く?!

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン投与が世界的に開始されましたが、私たちに一般市民に順番が回ってくるのはまだ先… そもそも、安定性の懸念から「ワクチンは打ちたくない」という人が多いのも現実です。 各国の医薬品メーカーが治療薬の開発も進めていますが、実用化されるのはまだ先の話です。 そんな中、日本のアマゾンフルーツ販売メーカーの㈱フルッタフルッタが手がける「アサイー」を原料として、新型コロナウイルス(COVID-19)治療薬の臨床研究、実証事件をカナダのトロント大学が2021年1月25日より開 ...

ReadMore

スーパースピードゴルフLevel1

YouTube

2021/1/10

「スーパースピードゴルフ」Level2ドリル〜アームローテーションのスパイスで飛距離アップ!!

【概要】 飛ばし屋は前腕の動きが速く、アームローテーションを上手に使ってヘッドスピードを上げていきます!Level2ドリルを使って、飛ばしのスパイスをゲットしましょう!!   【目次】 00:00 Level2ドリルポイント 01:59 膝立ちドリル 03:48 まとめ

ReadMore

スーパースピードゴルフLevel1

YouTube

2021/1/9

「スーパースピードゴルフ」Level1ドリル

【概要】 ヘッドスピードアップに最適な練習器具「スーパースピードゴルフ」のLevel1ドリルを紹介! オーバーロードトレーニングを理解し飛距離アップに役立ててください! 6週間で20ヤード飛距離アップを目指しましょう!   【目次】 00:00 トレーニングのコツ 01:44 Level1ドリル 05:28 ステップチェンジドリル 07:02 オーバースピードトレーニング仕上げ 07:55 まとめ

ReadMore

オーバースピードトレーニング

YouTube

2021/1/8

ヘッドスピードがアップするオーバーロードトレーニングの解説!!スーパースピードゴルフを使って20yd飛距離アップ!!

【概要】 ヘッドスピードアップに必要な身体の動き、エネルギーの使い方について解説! また、ヘッドスピードアップに最適な練習器具「スーパースピードゴルフ」=オーバーロードトレーニングについても紹介! 6週間で20ヤード飛距離アップを目指しましょう!   【目次】 00:00 スイングの運動力学 01:50 ヘッドを加速させるポイント 04:05 スーパースピードゴルフについて 05:04 オーバースピードトレーニングとは 07:43 オーバースピードトレーニングの注意点 08:35 まとめ

ReadMore

ダイナミックストレッチング

YouTube

2021/1/8

15分で飛距離が10yd伸びる魔法の運動

【概要】 ゴルフに最適化した準備運動を取り入れることで、飛距離を5〜10%程度伸ばすことが可能です。 何となく準備運動してるだけの人、必見です!! セカンドで1番手短くなる、魔法の準備運動を取り入れてベストスコア更新しましょう!   【目次】 00:00 今日のトピック 03:24 ゴルフに最適化した準備運動 03:58 下半身ストレッチ 05:45 体幹ストレッチ 10:42 上半身ストレッチ 11:47 全身ストレッチ 14:00 飛距離UPまとめ

ReadMore

ダイナミックストレッチング

CONDITION

2021/1/4

飛距離がアップするストレッチ~ラウンドスタート前の準備運動~

ゴルファーたるもの、飛距離を伸ばすためにはどんな努力も惜しまない! 飛距離が伸びる可能性があるなら最新のクラブをどんどん試すし、新しいスイング理論や新しい練習器具だって試しちゃう!って方、多いと思います。 しかし、数万円の投資に対して本当に飛距離アップした実感は少なく、また次のモデルを買い替える…という負のループに陥っている人も多いはず。 また、「トレーニングしたら飛距離アップするかな?」と考えても、ジムに行く余裕はないし、自宅の筋トレは続かない…。 多かれ少なかれ、同じような悩みを持っていると思います。 ...

ReadMore

飛ばない動き

SWING

2020/11/21

ドライバーの飛距離が出ないゴルファーの2大共通点!

打倒ゴリマッチョを目指して、飛距離アップ・ヘッドスピードアップトレーニング&勉強を重ねてきました。 そして、圧倒的な飛距離を誇るPGAツアー選手やドラコンプロのスイングと「飛距離に悩む人」のスイングを比較・観察する中で、「絶対的に飛ばない動き」の2大共通点が見えてきました。 ドライバーが飛ばない原因は様々ありますが、その中でも特に注意しなければならない点です。 逆に言えば、飛ぶ人はみんな真逆の動きをしています。 ドライバーの飛距離が出ない2つの原因の1つは「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動き ...

ReadMore

ひ鍼

CONDITION

2020/11/15

肩こりゴルファー必見!その肩こり100円で治ります!!

ゴルファーの皆さん、肩こってませんか?? 日頃から肩こりに悩んでいる人って結構多いかなと思うんですが、みなさんはどんなケアしていますか?? コラントッテとか、ファイテンみたいな磁気・チタンネックレスをしている人も多いですよね! 普段はふにゃふにゃの肩をしている私ですが、時々めちゃくちゃひどい肩こりになるんです。 毎日素振りしているし、しっかりウォーミングアップしてから練習しているので肩は凝りにくいはずなんですけど、疲労が限界突破するとゴリゴリに凝っちゃうんです。 吐き気するくらいのやつ。 でもそんな時は、 ...

ReadMore

ボイスキャディCL2

TIPS

2020/11/14

ボイスキャディCL2(レーザー距離計)を使用レビュー!!

みなさん、レーザー距離計を使ってラウンドしていますか? 私は、ガーミンS62(腕時計型GPS)とニコン「COOLSHOT 80i VR」(レーザー距離計)の2つを使ってラウンドしているのですが、「どっちか片方しか使っちゃダメ!」と言われば間違いなくレーザー距離計を選びます! ガーミンS62のような腕時計型GPSでは、打ち出し方向や飛距離、目標物の目安をざっくり知るにはお手軽でいいのですが、「どの場所に何yd打つのか」「どの方向に何yd飛ばしてはダメなのか」といった細かい戦略を立てるのは苦手です。 一方で「 ...

ReadMore

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.