SWING

タイガーウッズのハーフウェイバックとトップ

始動に続き、効率的なハーフウェイバックの動きを、タイガーウッズを教科書に確認していきましょう。

タイガーウッズのハーフウェイバック

ハーフウェイバックの間の動きで注目してもらいたいのは、クラブヘッドが手の外側に上がっていることです。
「オンプレーン」が良しとされる伝統的な始動では、ハーフウェイバックのタイミングでクラブが目標位置と平行になるべきであるとされています。

もちろん、ハーフウェイバックでの動きでは「アウトサイド・イン」、「オンプレーン」、「インサイド・アウト」の傾向が人それぞれがあり、インパクトにさえ帳尻が合えばスコアは安定します。
しかし、安定して飛距離を伸ばすという観点からすると、ハーフウェイバックでは「アウトサイド・イン」の軌道が最もエネルギーを効率よく使うことができます。

 

エネルギーロスの少ないハーフウェイバック

効率的なスイングを実現するためには、クラブパスをできるだけ単純にし、スイング後半で出来るだけ修正点を減らす必要があります。
その上で、「オンプレーン」の軌道では、クラブヘッドは無駄に長いスイングパスを移動していると考えるのが自然です。

正しいトップオブスイングに収まるためには、「オンプレーン」に上げるスイングではターゲットラインに向かって無駄な動きが入ります。
そしてその修正のために、複雑な修正と操作が必要です。
スイング中の無駄なクラブの操作はゴルフスイングを複雑にし、スイングの一貫性を失うだけです。

最も効率的なハーフウェイバックでのポジションは、手をつま先の垂直方向上に上げる事を心がけましょう。
ただし、その場所に手先を上げるのではなく、胸、腰、右腕を旋回しながら、そのポジションを通る動きを手に入れてください。

またハーフウェイバックでは、左手首がターゲットラインに平行で、フェースは地面に対して垂直にはなりません。
もし左手首がターゲットラインに対して平行でなければ、腕を旋回しすぎているか、胸の回転が足りていません。
そして左手首がターゲットラインに平行であるが、フェースが垂直になっている場合、グリップがややウィーク過ぎます。
もちろん、ウィークグリップが「悪」ではありませんが、飛距離を最大化し、近年の大型ヘッドに対応するためにも、ストロンググリップをおすすめします。

 

スイングの確認で大切な事

アドレスの位置を除いて、ゴルフスイングには静的なポジションはなく、常にクラブヘッドや身体、運動エネルギーが移動しています。
そのため、ゴルフスイングの確認で最も大切な事は、静止画でクラブヘッド身体の位置ではなく、どのように身体を使い、どのようにクラブが移動してきたかです。
ゴルフスイングの特定の時点での体とゴルフクラブの位置は、スイングの良し悪しを関する上で有用な情報を提供しますが、それがすべてではありません。

 

誤った「始動」におけるスイングの結果

続いてタイガーウッズの素晴らしいトップオブスイングを見てみましょう。

タイガーウッズのトップオブスイング

力強く、完璧にバランスが取れており、最高のダウンスイングをする準備ができています。

一方、アマチュアゴルファーでもこのトップオブスイングに近い形は作れます。
ただし、そこに至るまでの過程によっては、ダウンスイング以降に複雑なクラブの操作が必要になる可能性があります。
スイングが複雑になることで、エネルギーとスイングの一貫性を失います。

例えば、同じようなトップオブスイングでも、インサイドに引きながらこのポジションに持ってきた場合、ダウンスイングではスティープにクラブが入っていきます。
そもまま修正しないでいると、強いフェードやスライスになったり、それを嫌って左に引っ掛けます。
ストレートボールを打つにしても、浮き上がるグリップを必死に抑えこまなければならず、効率的なスイングとはいえません。

 

「シャローイング」って本当に必要??

ハーフウェイダウンまでの動きがスティープ過ぎた場合、ダウンスイングからはヘッドはシャローに入っていきます。
最近流行っている「シャローイング」を取り入れるという点では有効ですが、ダウンスイングでインから入りますので、何の修正もしなければ強いドローやフック、あるいは手先で修正し右プッシュが出やすくなります。
そうしないためには、複雑な身体とクラブの動きを入れ続ける必要があります。
これはアマチュアゴルファーにとって簡単な事ではありません。

もちろん、最近のドライバーはヘッドを開閉せずシャローに入れることで飛距離と安定性を手に入れることができますが、運動エネルギーを分断させずシャローイングを実現できるアマチュアゴルファーはどれくらいいるのでしょうか?
「シャローイング」というスイングの形に捉われ過ぎる、無理な体の使い方と「腕力」の注入の方がデメリットがあるように感じます。
限りなくシンプルに、限りなく効率的で一貫性のあるスイングを目指すべきだと考えています。

正しいハーフウェイバックのポイント

  • ハーフウェイバックでは爪先の垂直方向に手がある
  • ハーフウェイバックではヘッドは垂直になりきらない
  • シャローイングに捉われ過ぎる本来持っている力を発揮できない

 

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

ショートパットグリップ

YouTube

2022/2/8

1.5m〜2mのパットを確実に入れるグリップの握り方!必ず芯でスクエアにヒットする最強のグリップはこれだ!!センターシャフトパターでショートパットを確実に入れる方法!!

https://youtu.be/6_6DpcvFbFc 【概要】 スコアを作る上で必ず決めていきたい、1.5〜2mのパット。 センターシャフトのパターと重心アングルグリップを使えば、この距離のショートパットはほぼ確実に入ります! 今回は魔法の様なパターのコツ、確実にパットが入るグリップの握り方について紹介します! パターに限らず、ゴルフのスイングではクラブの重心管理がとても大切で、重心管理さえできていれば、目標に対してクラブをスクエアにインパクトさせることができます。 このグリップは、パターだけでなく、 ...

ReadMore

マン振り練習

YouTube

2022/2/2

【実録】必ずドライバーの飛距離が伸びる練習方法!!1日10分、週に1回、1.5ヶ月でヘッドスピードが5%アップする練習風景を公開します!!

https://youtu.be/cT0vaHgpp50 【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、実際のマン振り練習風景を撮影しました。どんな練習をすれば飛距離が伸びるのか、ヘッドスピードや飛距離を伸ばしていきたい人はぜひ参考にしてください!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! ※動画で使用している「スーパースピードゴルフ」の細かい解説はブログでご確認ください↓↓↓ ht ...

ReadMore

マン振り

YouTube

2022/1/26

ドライバーでマン振りするコツとは??ヘッドスピードを上げたい、飛距離を伸ばしたい人必見!!ドラコン選手はどんなイメージでマン振りしているの?!

https://youtu.be/as3Zo7W88I8   【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、マン振りのコツ、ヘッドスピードを上げる練習のコツを紹介します!! スイングの形を気にするのは、ヘッドスピードを上げてから!身体の動きを気にしている様ではヘッドスピードは伸びないでのです!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 マン振りのコツ ...

ReadMore

体重移動

YouTube

2022/1/26

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる体重移動!!非力でも飛ばせる体重移動のコツとは??ドリルと準備運動の紹介!!

  【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で絶対に必要となってくる正しい体重移動、効率的な体重移動の方法を、具体的な準備運動とスイングドリルで紹介します! 非力でも飛ばすためには、どのようなタイミングでどんな体重移動が必要なのか?? 切り返しでの体重移動のコツやポイント、ドライバー飛距離アップに繋がるドリルを紹介します! ひとつの基準としてまずは一度試してみてください!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:27 正しい体重移動とは? 02:09 体重移動の練習 03:45 体重移動素振 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.