SWING

ドライバーの飛距離が出ないゴルファーの2大共通点!

打倒ゴリマッチョを目指して、飛距離アップ・ヘッドスピードアップトレーニング&勉強を重ねてきました。

そして、圧倒的な飛距離を誇るPGAツアー選手やドラコンプロのスイングと「飛距離に悩む人」のスイングを比較・観察する中で、「絶対的に飛ばない動き」の2大共通点が見えてきました

ドライバーが飛ばない原因は様々ありますが、その中でも特に注意しなければならない点です。

逆に言えば、飛ぶ人はみんな真逆の動きをしています。

ドライバーの飛距離が出ない2つの原因の1つは「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動きです。
そしてもう1つは「インパクトでエネルギーをリリース出来ていない」動きです。

今回は、「ドライバーの飛距離が出ない2つの原因」を明らかにし、またそれらを改善するドリル・練習方法をご紹介していきます!

Yanagi
この2つを治すだけで10yd以上飛距離が伸びる!
飛ばすための共通する動き、個性が出る動き、これらを見極めて練習する事が大切だ!
Mr.T

 

「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動き

この動きの特徴は、「切り替えし」の瞬間に現れます。
それは、

  • 切り替えしで上半身(腕や肩)から動き始める
  • 切り替えしで下半身の踏み込みがない

といった動きです。

この動きが入ると上半身主導のスイングとなり、テイクバックまでに溜めたエネルギーがインパクトに到達する前に枯渇してしまいます。
ヘッドが減速しながらインパクトに向かうので、絶対に飛距離は伸びません。

テイクバック~トップまでに下半身やシャフトに溜めてきた動きがこの瞬間に開放されてしまうので、「飛距離」は「腕力」でしか生み出す事ができません。

エネルギー量は「トップを作った状態からのスイング」と殆ど変わりません。
「飛ばない…」と悩んでいる人の多くは「切り替えし」で失敗しています。

「キネマティックシークエンス」で言えば、アプローチと同じ運動エネルギーの使い方をしています。つまり「飛ばさないための動き」です。

 

 

「切り替えし」で心掛ける動き

「切り替えし」の回転運動は、必ず「股関節」から始めます。
さらに言えば、左足(私は左踵)を強く踏み込みながら「股関節」を動かしていきます。
※人によっては「腰を切る」等と表現しますが、「骨盤」は左右に動く関節ではないので注意してください。

そして「股関節」の動きに引っ張られるようにして「胸」⇒「腕」⇒「クラブヘッド」の順番に動いていきます。
この動く順序が崩れた瞬間、それまでに溜めてきたエネルギーは一瞬にして流れ出します。
そしてそこからは「腕力」に頼った強引なスイングに変わってしまい、飛距離が伸びません。

 

 

「インパクトでエネルギーをリリース出来ていない」動き

続いては、「インパクトにエネルギーをリリース出来ていない」動きについてです。

「エネルギーをリリースするタイミング」が遅く、ヘッドが走るより前にインパクトしてしまう動きです。

いわゆる「振り遅れ」という動きですが、運動神経がいい人やゴルフ歴が長い人は、エネルギーの使い方としては「振り遅れ」ているけれど、インパクトで帳尻を合わせて真っすぐ飛ばしている人もいます。

傾向としては、「ハンドファースト」という言葉や「肩を開かない」といったアドバイスを誤解している人に多い動きで、せっかく溜めてきたエネルギーを使うことなくインパクトしています。

「ハンドファースト」は結果論ですし、「肩を開かない」意識が強すぎると、インパクトで窮屈になり、腕の通り道やエネルギーの行き場がなくなります。

この動きの特徴として、「ヘッドが走らない」ので飛距離は出ませんが、方向性は安定しています。

極端に言えば、アプローチと同じフェース管理でドライバーを打っているという事です。

飛ばすための前腕の使い方と、アプローチでの前腕の使い方は真逆です。

飛ばす人はアプローチが苦手な場合が多く飛ばない人はアプローチが得意な人が多いのは、「前腕の使い方」が違うためです。

 

 

「エネルギーをリリースするタイミングとリリースする場所」

正しい「切り替えし」では、「股関節」⇒「胸」⇒「腕」⇒「クラブヘッド」の順番に身体やクラブが動いていきます。

そして「インパクトにエネルギーを開放する」ためには、「股関節」⇒「胸」⇒「腕」の順番に身体を減速させていく必要があります。

これは頭で分かっていても実行できるものではないので、そういうもんだと覚えておいてください。

順序良く減速する事で各セグメントが加速していきます。

そして「腕」が減速した瞬間、爆発的な勢いで「ヘッド」が加速していきます。

この「ヘッドの加速」と「インパクト」のタイミング(場所)を合わせることが、「インパクトでエネルギーをリリース出来る動き」になります。

この動きの習得には練習が必要ですが、今回は「エネルギーをリリースするタイミング」と「リリースする場所」のポイントだけお伝えします。
※「タイミング」と「場所」を知っているだけで、スイング改造が捗ります。

 

「エネルギーをリリースするタイミング」

クラブが地面と平行になった時(手が右膝前あたり)

「エネルギーをリリースする場所」

ボールから飛球線方向に1クラブレングス前方

 

この2つがエネルギーをリリースする「基本」です。

この「基本」をベースに、それぞれの身体的特徴を考慮しながら飛距離の伸びるスイングを作っていきます。
この2つを意識するだけで、自ずと「キネマティックシークエンス」が整っていきます。
※これだけで完璧にはなりませんが、かなり改善します。

 

 

「キネマティックシーケンス」とは

キネマティックシークエンス

トッププロのスイングを3Dモーションキャプチャーなど最新の科学技術を使って計測すると、どのトッププロも同じような方法で、ヘッドスピードを加速させていくことが分かっています。

これは、タイガーウッズとジムフューリクのスイングは見た目は全く違いますが、運動力学的には同じ様は波形を計測するのです。

すべての優れたボールストライカーは、下半身からヘッドスピードを生み出し、そのスピードを上半身から腕に伝達し、最後にヘッドを加速させます。
これらの効率的な一連の動きを「キネマティックシーケンス」といいます。

 

 

ドライバーの飛距離が出ない2つの原因~まとめ~

ゴルフスイングの形は無数に存在しますが、効率的なスイングはその人にとって1つかありません。

ここで言う「効率的なスイング」とは、「その人が持っている筋力・クラブのエネルギーを最高効率でインパクトする」ことをいいます。

そして、「飛距離に悩む人」の多くが、「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動きや「インパクトでエネルギーを開放出来ていない」動きを持ち合わせています。

ひと言でいうと「キネマティックシークエンス」が絶対的に乱れているのです。

今日挙げた2つの動きは、車で言う「エンジン」と「タイヤ」です。
トップでの「掌屈」、「オーバースイング」、「シャットクロス」切り替えしでの「シャローイング」等は、「ボディデザイン」です。

どんなに速そうな「ボディデザイン」でも、「エンジン」が貧弱であれば軽自動車にも勝てません。
「タイヤ」がなければ動力を伝える事もできません。

「ボディデザイン」が多少いびつであっても、エンジンとタイヤがしっかりしていれば速く走る事ができます。

飛距離で悩んでいる人は、「切り替えし」での動き「リリースする場所」に焦点を当ててて、飛ぶ人のスイングと自分のスイングを比べてみてください!

 

Yanagi
これから飛ばす動きが身につくドリルを開発していくよ!
飛ばすための本質を体に落とし込めるドリルを開発してくれ!
Mr.T

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離が伸びる左足

YouTube

2021/7/9

飛距離が伸びる左足の使い方!!飛ばし屋の左足を真似してヘッドスピードUP!!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、左足の使い方はとても大切です!昔ながらのレッスンでは、左足を我慢!爪先は真っ直ぐ前に!といった、自分の身体の特性を無視した型にはめるレッスンばかりでしたが、左足の向きや動きの正解は1つではありません! 飛ばし屋は、左足をもっと柔軟に使い、怪我を予防しながら飛距離アップしています! 今回の動画は、左足の爪先の向きやヒールアップでの注意ポイントをご紹介しながら、飛距離が伸びる左足の使い方を解説します! https://youtu.be/s2kiBBBmDe4 【目次】 00:00 ...

ReadMore

ハンドファースト

YouTube

2021/7/9

シャンクが出ちゃう根本的な原因と直し方!間違ったハンドファーストではシャンクとスライスの嵐!!!正しいクラブの使い方を覚えましょう!

【概要】 ゴルフが上達してくると突然シャンクに悩まされる事がありますよね。ある程度、スイングが出来てきてもっといいショットを打とう!と思い始めた時に突然訪れるシャンク病… 特に、間違った「ハンドファースト」を取り入れると、シャンクを直すことはできないので注意が必要です! 一方で、クラブの構造を理解し、正しいエネルギーの使い方ができれば、シャンクは怖くありません! この動画では、シャンクが出てしまうクラブの動き、正しいクラブとエネルギーの使い方をご紹介し、シャンクから抜け出すお手伝いをします!! 【目次】 ...

ReadMore

ジョンラーム切り返し

YouTube

2021/7/9

ジョンラームのような切り返しを手に入れるコツ!簡単なドリルで正しい切り返しのタイミングを覚えよう!!

【概要】 コンパクトなトップからダイナミックに切り返すことができれば、腰への負担を減らしつつ飛距離を伸ばすことができます。 今回は、ジョンラームのような大きな捻転差を手に入れるドリルを2つ紹介します! 切り返しの正しいタイミングを習得するドリルで、飛距離アップ、身体の負担軽減をを目指しましょう!! 【目次】 00:00 トップスイングと腰痛 01:43 ショートテイクバック 02:38 ジョンラームドリル 04:28 まとめ #飛距離アップ #切り返し #ダウンスイング #体重移動 #ドリル   ...

ReadMore

クラブの引き方

YouTube

2021/7/2

飛距離が伸びるクラブの引き方・グリップの引き方〜ダウンスイングとインパクトで効率的にエネルギーを使う方法!!

【概要】 「クラブを引く」「グリップを引く」というキーワードをよく耳にすると思いますが、どの方向に?どうやって?なぜ「引く」の?という疑問を持っている方がたくさんいると思います。 今回はクラブを「引く」目的、クラブを「引く」イメージ作りから初め、どのようにしてクラブ(ヘッド)が加速していくのか、具体的に解説していきます! この動きや仕組みが理解できると、あっという間にヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びますのでぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 クラブを引くとは? 01:04 「引く」正体 0 ...

ReadMore

腰痛ゴルファースイング

YouTube

2021/6/30

【ゴルフ】腰痛の原因と改善方法!腰痛ゴルファーがジョンラームのスイングを参考にすべき理由とは??

【概要】 ゴルフで腰痛を引き起こす最もの原因は、自分自身の可動域を無視したトップの作り方にあります。 股関節や肩甲骨、胸椎といった関節の可動域が狭い状態で大きなトップを作ろうとすると、腰を左に曲げながらクラブを担ぐようにトップを作ってしまいます。 このように、本来の動作や運動を行うのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行うことを代償動作(代償運動)といい、腰痛を引き起こす1番の原因です。 そのため腰痛ゴルファーにとって1番の改善策は、関節の可動域を改善しイメージに合うスイングができる身体作りですが、 ...

ReadMore

ジョンラームスイング

YouTube

2021/6/30

身体が硬い・肩が回らない・股関節が動かない人必見!ジョンラームのスイングはアマチュアゴルファー向け?!飛ばしのコツを教えます!!

【概要】 身体が硬い人、肩が回らない人、股関節が動かない人は、どのプロのスイングを参考にすべきでしょうか?意外に思うかもしれませんが、それは「ジョンラーム」のスイングです。 強靭な肉体と柔軟性から繰り出されるレーザービームのようなショットはトッププロの中でも1、2を争う飛距離と精度で到底真似できそうにありませんが、実はアマチュアゴルファーが真似すべきポイントが多くあるのがジョンラームのスイングです。 もちろん、あれほどシャローに振るのは難しいですし、テイクバックの途中から下半身リードで切り返していく部分を ...

ReadMore

ヘッドスピードトレーニング

YouTube

2021/6/30

ヘッドスピードを上げる3分トレーニング!!世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてる飛距離アップドリルの紹介!!

ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げることが大切です! 世界ドラコンチャンプのジャスティンジェームス(430yd以上飛ばしちゃう怪物)が取り入れてるドリルを使って飛距離を伸ばしましょう!! 3分のドリルで、確実にヘッドスピードが上げていく練習方法をご紹介します!! 闇雲に練習してもヘッドスピードは伸びません…正しいマン振りの方法で、確実にドライバーの飛距離を伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:57 ヘッドスピード計測器について 01:58 ヘッ ...

ReadMore

ヒールヒット改善

YouTube

2021/6/14

ドローボールが簡単に打てるドリル!?ギア効果を利用してドローを打つコツをご紹介!!

【概要】 ボール1個を使って、ドローボールを簡単に打てるドリルをご紹介します! 体が突っ込んでしまいドローボールを打てない人、インサイドアウトに降っているのに、何故かドローボールが打てない人、ギア効果を利用してドローボールを打つコツを取り入れてみてください! ヒールヒットを改善すれば、素敵なドローボーラーに変身できますよ!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:10 ドロボールの原理 00:59 ギア効果 02:35 ヒールヒット改善ドリル 05:48 まとめ #飛距離アップ #ドライ ...

ReadMore

笹生優花スイング

YouTube

2021/6/14

【祝】2021年全米女子オープンゴルフ優勝!笹王優花のスイングとマキロイのスイングはココを真似したい!!飛距離が伸びる胸と肩甲骨の使い方!!

【概要】 笹生優花選手はマキロイのスイングを目指してトレーニングしてきた事が有名ですが、今回は笹生優香&ローリーマキロイのスイングに近づけるコツを紹介します!! 2人のフィジカルはアマチュアゴルファーとかけ離れていますが、ハードな筋トレではなく、簡単なストレッチでも笹生優花、マキロイのスイングに近づけるポイントですので、ぜひ参考にしてください! 今回解説する動きは飛距離アップにとても大切な動きです! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:51 胸椎の使い方 03:47 胸椎ストレッチ 05:04 ま ...

ReadMore

タオル体重移動

YouTube

2021/6/14

タオルを使った体重移動ドリル!下半身リードで飛距離を伸ばせ!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす体重移動は欠かせないスキルです! 体重移動のドリルは色々ありますが、今回はタオルを使ったお手軽体重移動ドリルをご紹介します! 飛距離で悩む人の多くは、切り返しで左足を上手に使えてません。 体重移動のポイントは、切り返しでしっかりと左踵を踏み込むことですが、このタイミングやフットワークの感覚が分からない方はこのタオルドリルを取り入れて、体重移動の感覚を掴みましょう!!   【目次】 00:00 今日のトピック 00:51 タオルドリル 01:56 ドリル実践編 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.