ガーミンアプローチS62

TIPS

時計型ゴルフナビ ガーミン アプローチ S62の評価レビューと操作方法の紹介!

2020年4月16日に、ガーミンより「アプローチS62」が発売されました。
「アプローチS62」は、時計型ゴルフナビのハイエンド機であった「アプローチS60」の後継機種です。
今回は、レーザー距離計との違いや時計型ゴルフナビの比較、「アプローチS62」を購入した理由について解説します。
※使用感についてラウンド使用後に追記します。

 

レーザー距離計と時計型ゴルフナビどっちがいいの??

時計型ゴルフナビを買おうと検討している人の中には、レーザー距離計とどちらを買うべきか悩んでいる人も多いと思います。
私は時計型ゴルフナビとレーザー距離計(Nikon)を併用していますが、それぞれメリットデメリットがあります。

両方使っている私の感覚ですが、多少手間がかかってもいいので詳細な攻略方法を考えたい人はレーザー距離計がオススメです。
一方、距離と方向が大体わかればいいよという人は時計型ゴルフナビがお手軽でオススメです。
意外と盲点なのが、老眼が入ってきた人はレーザー距離計だと文字が見えない可能性が…(私の知人がそうでした)

時計型ゴルフナビとレーザー計測器メリットデメリット

これだけ聞くと、時計型ゴルフナビ一択のように感じますが、時計型ゴルフナビにも大きな弱点があります。
時計型ゴルフナビには、すべての障害物が登録されているわけではありません。

また、機種によってはドッグレッグ時の奥行きが分かりにくかったりと、「あそこまで何yd?」が計測できない場合があります。
時計型ゴルフナビやレーザー距離計を検討している人は、セルフプレーの割合も多く、戦略に対してもシビアに考えたい人が多いと思いますので、この点に関しては大きな弱点になります。

 

時計型ゴルフナビの比較

とは言え、お手軽に距離が計測できたり、スコア管理が出来ることは大きな利点です。
私は、スコア管理をより詳細に行うために時計型ゴルフナビを追加購入しました。
時計型ゴルフナビは様々なメーカーから出ていますが、その中から特に優秀だと思う3機種を独断と偏見でピックアップし、比較してみます。

 

機種
GarminApple Watch 5Apple Watch 5EAGLE VISION
Approach S62Arccos CADDIE-watch ACE
価格62,000円64,780円64,600円24,680円
アプリGarmin GolfArccos CADDIEゴルフな日suEV PRO
ログ
SG×××
風向き××
備考Approach CT10
追加で打点登録◎
スタッツ分析は優秀アプリ課金
360円/月×5年
管理アプリが微妙

 

「ガーミンS62」

時計型ゴルフナビのキング。フルカラーの大きな影響を活かし、時計型ながらコースマップが表示できる。
「ガーミンS62」では、「ガーミンS60」で課題であった電池の持ちが大幅に改善され、ガーミンゴルフアプリと連動することで風向きの表示も可能に。

そして「ガーミンS62」の最大の強みは、ガーミンゴルフアプリと連動する事によって、「SG strokes gained)」の分析が可能という点。※後述
また、Suicaでの電子決済が可能となり日本でも使いやすいスマートウォッチに進化。

 

「Apple Watch」+「Arccos CADDIE」

「Arccos CADDIE」はショット分析のパイオニアとして、ラウンド中の全てのショットをオートマチックにトラッキングし、スタッツを分析。
2020年4月のアップデートによって、「Apple Watch」との連携が強化され、スマフォをポケットに入れなくてもデータ収集が可能になった。
「Arccos CADDIE」のアプリも優秀で、「ガーミンS62」のライバル1番手。

 

「Apple Watch」+「ゴルフな日su」(アプリ)

「ゴルフな日su」も2020年4月のアップデートによって、「Apple Watch」との連動が強化。
まだ誤操作はあるものの、「Apple Watch」ひとつでコースマップの確認や風向きの表示ができる。
アプリのバージョンアップも積極的で、「高低差」表示では他の追随を許さない。
ただし、「Apple Watch」だけで「打点登録」するには、360円/月コースの加入が必要。

 

EAGLE VISION watch ACE

時計型ゴルフナビとして多機能ながらも、上記3機種と比較するとグッとお手頃な価格帯に。
グリーン周りでは、ピン方向に連動して画面が回転し、もちろん打点登録やスコア管理も可能。
ラウンド専用時計にはなるが、その分すばらしいコスパで、初めてゴルフ計測器を買う方には一番オススメ。

 

「ガーミンS62」を選んだ理由

「Apple Watch」は日常生活で使う上ではブッチ切りでいい時計ですし,
イーグルビジョンウォッチエースのコスパも見逃せません。
しかし、私は「ガーミンS62」を選びました。
その一番の理由が、自分のショットを「SG(strokes gained)」という観点から分析することが出来るからです。

プロのように頻繁にラウンドに行けないアマチュアゴルファーにとって、1回のラウンドでどれほどの情報を持って帰ってこれるかは非常に重要です。
そして、一番持って帰ってきたい情報は、「どのクラブがスコアに貢献していて、どのショットがスコアを崩す原因になっているか」という事です。
「ショット力」は、パット数やフェアウェイキープ率の単純な数値では計る事ができず、「ショット力」を計るためには「SG(strokes gained)」という視点を取り入れる必要があります。

 

「SG(strokes gained)」とは??

Strokes Gained (SG) は直訳すると「稼いだストローク」です。
PGAツアーでは、ドライバー、アイアン、アプローチ、パットなどの技術力を示す指標として使われ、公式ホームページでも公開しています。

例えば、Aさんが36パット、Bさんが29パットでそれぞれラウンドしてきた場合、一見すると「B」さんの方がパットが上手く見えます。
しかし、長い距離を2パットで沈める事と、2mを外して2パットする場合、同じ2パットですが、内容が全く違います。
ロングパットを2打で確実に沈めると「ストロークを稼いだ」事になりますし、短い距離を2打で上がった場合は「ストロークを損した」となります。
つまり、パット数=パット力ではないのです。

「その1打がいかにスコアに貢献したか」という実力値を物差しにした考えが「SG(strokes gained)」です。

最近のゴルフアプリは優秀で、スコア管理と同時にスタッツ分析が可能になってきています。
実際の飛距離や、フェアウェイキープ率などを集計し、一目でわかるようになっています。
しかし、これだけでは本当の「ショット力」は測れません。

それらの数字だけでは、本当の強みや弱点を見つけることができず、日々の練習では何にフォーカスすればスコアが良くなるのか、見えにくいデータなのです。
※「SG(strokes gained)」について深く学びたい人は「ゴルフデータ革命」を読んでみてください。

ラウンドを重ねれば重ねるほど、自分のショットの傾向や、強み弱みを確認する事ができます。

練習に役立てましょう!!

 

「ガーミンS62」の特徴と魅力

さてさて、ここからは、大きなこだわりをもって購入した「ガーミンS62」の特徴や魅力についてご紹介します。
※ラウンドでの使用感は後日追記します。
機能の詳細については、公式ホームページが最も充実していますので、ここでは他機種との魅力的な部分をご紹介します。

ポイント

  • Garmin Golfアプリを利用して、スコアカード管理やストローク分析が可能
  • Garmin Golfアプリを利用して、「SG(strokes gained)」の分析が可能
  • Garmin Golfアプリを利用して、風速/風向きの表示が可能
  • ガーミンオートショットにより、打点位置の記録が可能
  • プレーの傾向や風速/風向き情報から推奨クラブと狙うべきポイントをオススメするバーチャルキャディ機能付き
  • レイアップ時に便利な3点間距離表示
  • コースの高低差を考慮した推奨距離を表示(競技時はオフにできます)
  • ピンの方向を表示してくれるので、ブラインドショットでも安心(競技時はオフにできます)
  • コース全体のハザードの位置を一覧で表示
  • GPSモードで最大20時間、スマートウォッチモードで最大14日間稼働(大幅改善)
  • TruSwing Jを追加購入すればスイング分析が可能
  • Approach CT10を追加購入すればパターのスタッツ分析も可能
  • ランニングやサイクリング、水泳など各アクティビティの計測に対応
  • Suicaを使用した非接触支払いが可能(2020年5月より)

 

「ガーミンS62」開封の儀とGarmin Golfアプリ初期設定

初めてガーミンの時計型ゴルフナビを使用する場合は、「ガーミンS62」本体とGarmin Golfアプリの初期設定が必要です。

 

 

 

 

サイズ感が分かるように、ボールと比較してみました。男性の腕に対しても液晶が大きいので、女性が日常に使うには少し大きいかもしれません…

ただ、大きな画面のおかげでラウンド中の使用感は向上しています!!

 

「アプローチS62」レビュー

念願のラウンドデビューを果たしてきたので、レポートします!

今回お邪魔した「魚津国際カントリークラブ」(富山県)は山岳コースでブラインドホールが多数あり、「アプローチS62」の実力を試すには持って来いのコースです!

 

ピンポインターの実力

 

打点登録

 

レーザー距離計に劣るシーン

レーザー距離計比較

ブラインドホールなど、目視で確認できないコースでは威力を発揮する時計型ゴルフナビですが、目視できる範囲の使い勝手ではレーザー距離計に劣ります。

例えば、ハザードまではいかないけれど右側は崖で左は突き抜けOBとなりそうな場合、時計型ゴルフナビでは崖を超えるの必要な距離であったり、左側はどこまで打っても安全かが分かりません。

その点、レーザー距離計は目に見えるものまでの距離はすべて計測できるので、細かな狙いを定める事ができます。

アプローチS62は画面も大きく、コースレイアウトを確認しやすい機種ですが、それでも細かな作戦を立てる上では、レーザー距離計には敵いません。

 

まとめ

時計型ゴルフナビを使用される際は、ぜひスコア管理、スタッツ分析ができる機種を選んでください。
特に「SG(strokes gained)」を比較できることができれば、日々の練習に大いに役立ちます。
※これらをアナログで管理するのは非常に大変です。

「SG(strokes gained)」は確認したいけど「アプローチS62」は高すぎる!という方には、「アプローチS40」がオススメです。
「アプローチS62」より液晶が小さくなるため、コースマップや風向きの確認はできませんが、Garmin Golfアプリと連携し「SG(strokes gained)」を管理することが可能です。

いずれにせよ!私のオススメは「アプローチS62」です!!

 

 

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離が伸びる女性スイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座④ヘッドスピードが上がるダウンスイングでドライバー飛距離アップ〜瞬発的なエネルギーの使い方〜

【概要】 上半身と下半身を分離させ、強烈な捻転差から飛ばす…確かにこれが理想的なダウンスイング・切り返しの動きではありますが、女性やシニアゴルファーにとっては難しい動きです。 そこでまず、筋力に頼らずにヘッドを加速させるエネルギーの使い方を身につけましょう!! 効率的にヘッドを加速させることで、非力な方でもヘッドスピードは上がります!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 切り返しのコツ 04:23 実践編 06:35 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座③オーバースイングは直す?直さない??ヘッドスピードが上がる大きなトップでドライバー飛距離アップ〜筋力に頼らずヘッドを加速させる方法〜

【概要】 レッスンでは必ず「オーバースイング」を直すよう指導されますが、果たして「オーバースイング」は悪なのでしょうか? ドラコン大会では「オーバースイング」が当たり前… 正しく「オーバースイング」を使う事ができれば、筋力に頼らずヘッドを加速させる事ができます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:33 オーバースイングの可否 01:08 ダメなオーバースイング 02:35 トップでの手の位置 03:50 手の位置と遠心力 05:44 実践編 07:49 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離 ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜ヒールアップ

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座②ヘッドスピードが上がるテイクバックでドライバー飛距離アップ筋力に頼らずヘッドの加速を最大化!〜左足の使い方を覚えよう〜

【概要】 ヘッドを効率よく加速するためには、大きなテイクバックを作り助走距離を長く取ってあげる必要があります。 女性は男性と比べ柔軟性があるため、大きなトップは作りやすいのですが、筋力がない分トップを大きくすると力んでしまします。 そこで、テイクバック〜切り返しでの左足の使い方を工夫すると、力まずに大きなトップを作ることができ、ヘッドを加速させながらダウンスイングに入る事ができます! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:30 テイクバックでの左足 01:27 左足の使い方 02:47 大きなトップ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/4

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座①ヘッドスピードが上がるテイクバックを覚えよう!筋力に頼らずドライバー飛距離をアップするコツ〜テイクバック編〜

【概要】 筋力の少ない女性ゴルファーやシニアゴルファーが飛距離を伸ばすには、筋力に頼らないスイングを身につけなければなりません。 重量・遠心力を上手に利用し、まずはテイクバックを速く上げるコツを学びましょう! テイクバックが速くなれば、その分飛距離も伸びます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:31 テイクバックのコツ 00:57 重力の使い方 03:56 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レッスン #基本 #飛び #飛ばし屋 【Twitter】 https ...

ReadMore

飛距離アップドリル

YouTube

2021/3/14

脱手打ちには下半身リードが必須!!上半身と下半身を分離するドリルで大きな捻転差を身につけようリード!

【概要】 トップスイングで動きが止まり、そこから一気にダウンスイングを開始すると、上半身と下半身の捻転差(Xファクター)が生まれず、手打ちの弱々しいスイングになってしまいます。 下半身リードのスイングで手打ちから抜け出すには、上半身と下半身の動きに時間差が必要です! 今回は、下半身リードでタメを作る感覚を手に入れてもらう基本的なドリルを紹介します! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:25 下半身リードエクササイズの復習 00:46 下半身リードドリル 05:15 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下 ...

ReadMore

飛距離を伸ばす考え方

YouTube

2021/3/14

飛距離が伸びない3つの原因〜筋トレだけやっていても絶対に飛距離は伸びません!

【概要】 飛距離を伸ばすためにはヘッドスピードの向上が不可欠ですが、筋トレだけ頑張ってもヘッドスピードは絶対に上がりません。 排気量をバカでかくすればF1マシンが速くなる訳ではないのと同様、ヘッドスピードを上げるには3つの視点から改善していく必要があります。 この動画では、飛距離を伸ばす上での考え方、自分との向き合い方を考えていただければいいなと思います! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:58 ヘッドスピードを構成する3要素 07:25 弱点との向き合い方 10:51 まとめ #ゴルフ #飛距 ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバックのコピー

YouTube

2021/2/27

下半身リードで飛距離を伸ばせ!!まずはこの準備運動とドリルで下半身リードの基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばすには、下半身リードで大きな捻転差を作りヘッドスピードを上げていく必要があります。 ただし、下半身リードを実現させるには、テクニックを覚えるより先に、上半身と下半身を分離させる動きを身体に染み込ませる必要があります。 この動画では、普段の練習に3分追加するだけで確実にスイングが変わる準備運動とスイングドリルをご紹介します!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:56 下半身リードの準備運動 01:33 下半身リードのドリル 03:03 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下半身リー ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバック

YouTube

2021/2/27

ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツ!筋力がなくても飛距離は伸ばせます!!ドラコン練習しながら腕を速く振るポイントを解説!

【概要】 飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げる必要があります! そしてそのコツは、筋力だけに頼らないスイングを心がけること。 今回の動画では、ドラコンスイングの練習風景を流しつつ、ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツをご紹介します! 「力がないから飛ばない」と思っている方は是非参考にしてください! 【目次】 00:00 ドライバー練習 01:48 ドラコンスイング練習 02:25 ヘッドスピードが上がるコツ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #テイクバック #ヘッドスピード 【Twi ...

ReadMore

パワーフェードの打ち方

YouTube

2021/2/27

ドラコンプロ直伝!!飛距離が出る究極の「パワーフェード」の打ち方!!「捕まえたフェード?」「強いフェード?」基礎知識から徹底解説!

【概要】 フェードはドローと比べてスピンロフトが多くなるため、バックスピン量が増えスマッシュファイターが低下します。 そのため、フェードは「飛ばないけど安定性のある」球筋です。 一方で、バックスピン量を減らしたフェード、つまり「パワーフェード」はドローと同様の飛距離を誇り、方向性と飛距離を両立させる球筋です。 トッププロしか打てないと思われがちの「パワーフェード」ですが、理屈を頭に入れておけば誰でも習得できます!! 飛距離と方向性を両立させたい方、必見です!! 【目次】 00:00 パワーフェードとは? ...

ReadMore

ドローとフェードどちらが飛ぶの?

YouTube

2021/2/27

ドローとフェードの基礎知識!どっちが飛ぶか?は理論的に説明できます!!

【概要】 ドローの方がフェードより飛ぶと言われていますが、なぜドローの方が飛びやすいのか理論的に説明できますか? Dプレーン理論を簡単に紹介しながら、ドローやフェードが出る仕組み、ドローがフェードより飛ぶ理由を理論的に解説します! この知識があるだけで練習効率もグンとアップするので、Dプレーン理論を知らない方、ドローが比較的飛びやすい仕組みを説明できない方は是非ご覧ください! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:19 出玉の方向 00:37 ドローの原理 01:20 フェードの原理 02:06 ス ...

ReadMore

-TIPS
-, , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.