TIPS

時計型ゴルフナビ ガーミン アプローチ S62の評価レビューと操作方法の紹介!

2020年4月16日に、ガーミンより「アプローチS62」が発売されました。
「アプローチS62」は、時計型ゴルフナビのハイエンド機であった「アプローチS60」の後継機種です。
今回は、レーザー距離計との違いや時計型ゴルフナビの比較、「アプローチS62」を購入した理由について解説します。
※使用感についてラウンド使用後に追記します。

 

レーザー距離計と時計型ゴルフナビどっちがいいの??

時計型ゴルフナビを買おうと検討している人の中には、レーザー距離計とどちらを買うべきか悩んでいる人も多いと思います。
私は時計型ゴルフナビとレーザー距離計(Nikon)を併用していますが、それぞれメリットデメリットがあります。

両方使っている私の感覚ですが、多少手間がかかってもいいので詳細な攻略方法を考えたい人はレーザー距離計がオススメです。
一方、距離と方向が大体わかればいいよという人は時計型ゴルフナビがお手軽でオススメです。
意外と盲点なのが、老眼が入ってきた人はレーザー距離計だと文字が見えない可能性が…(私の知人がそうでした)

時計型ゴルフナビとレーザー計測器メリットデメリット

これだけ聞くと、時計型ゴルフナビ一択のように感じますが、時計型ゴルフナビにも大きな弱点があります。
時計型ゴルフナビには、すべての障害物が登録されているわけではありません。

また、機種によってはドッグレッグ時の奥行きが分かりにくかったりと、「あそこまで何yd?」が計測できない場合があります。
時計型ゴルフナビやレーザー距離計を検討している人は、セルフプレーの割合も多く、戦略に対してもシビアに考えたい人が多いと思いますので、この点に関しては大きな弱点になります。

 

時計型ゴルフナビの比較

とは言え、お手軽に距離が計測できたり、スコア管理が出来ることは大きな利点です。
私は、スコア管理をより詳細に行うために時計型ゴルフナビを追加購入しました。
時計型ゴルフナビは様々なメーカーから出ていますが、その中から特に優秀だと思う3機種を独断と偏見でピックアップし、比較してみます。

 

機種
GarminApple Watch 5Apple Watch 5EAGLE VISION
Approach S62Arccos CADDIE-watch ACE
価格62,000円64,780円64,600円24,680円
アプリGarmin GolfArccos CADDIEゴルフな日suEV PRO
ログ
SG×××
風向き××
備考Approach CT10
追加で打点登録◎
スタッツ分析は優秀アプリ課金
360円/月×5年
管理アプリが微妙

 

「ガーミンS62」

時計型ゴルフナビのキング。フルカラーの大きな影響を活かし、時計型ながらコースマップが表示できる。
「ガーミンS62」では、「ガーミンS60」で課題であった電池の持ちが大幅に改善され、ガーミンゴルフアプリと連動することで風向きの表示も可能に。

そして「ガーミンS62」の最大の強みは、ガーミンゴルフアプリと連動する事によって、「SG strokes gained)」の分析が可能という点。※後述
また、Suicaでの電子決済が可能となり日本でも使いやすいスマートウォッチに進化。

 

「Apple Watch」+「Arccos CADDIE」

「Arccos CADDIE」はショット分析のパイオニアとして、ラウンド中の全てのショットをオートマチックにトラッキングし、スタッツを分析。
2020年4月のアップデートによって、「Apple Watch」との連携が強化され、スマフォをポケットに入れなくてもデータ収集が可能になった。
「Arccos CADDIE」のアプリも優秀で、「ガーミンS62」のライバル1番手。

 

「Apple Watch」+「ゴルフな日su」(アプリ)

「ゴルフな日su」も2020年4月のアップデートによって、「Apple Watch」との連動が強化。
まだ誤操作はあるものの、「Apple Watch」ひとつでコースマップの確認や風向きの表示ができる。
アプリのバージョンアップも積極的で、「高低差」表示では他の追随を許さない。
ただし、「Apple Watch」だけで「打点登録」するには、360円/月コースの加入が必要。

 

EAGLE VISION watch ACE

時計型ゴルフナビとして多機能ながらも、上記3機種と比較するとグッとお手頃な価格帯に。
グリーン周りでは、ピン方向に連動して画面が回転し、もちろん打点登録やスコア管理も可能。
ラウンド専用時計にはなるが、その分すばらしいコスパで、初めてゴルフ計測器を買う方には一番オススメ。

 

「ガーミンS62」を選んだ理由

「Apple Watch」は日常生活で使う上ではブッチ切りでいい時計ですし,
イーグルビジョンウォッチエースのコスパも見逃せません。
しかし、私は「ガーミンS62」を選びました。
その一番の理由が、自分のショットを「SG(strokes gained)」という観点から分析することが出来るからです。

プロのように頻繁にラウンドに行けないアマチュアゴルファーにとって、1回のラウンドでどれほどの情報を持って帰ってこれるかは非常に重要です。
そして、一番持って帰ってきたい情報は、「どのクラブがスコアに貢献していて、どのショットがスコアを崩す原因になっているか」という事です。
「ショット力」は、パット数やフェアウェイキープ率の単純な数値では計る事ができず、「ショット力」を計るためには「SG(strokes gained)」という視点を取り入れる必要があります。

 

「SG(strokes gained)」とは??

Strokes Gained (SG) は直訳すると「稼いだストローク」です。
PGAツアーでは、ドライバー、アイアン、アプローチ、パットなどの技術力を示す指標として使われ、公式ホームページでも公開しています。

例えば、Aさんが36パット、Bさんが29パットでそれぞれラウンドしてきた場合、一見すると「B」さんの方がパットが上手く見えます。
しかし、長い距離を2パットで沈める事と、2mを外して2パットする場合、同じ2パットですが、内容が全く違います。
ロングパットを2打で確実に沈めると「ストロークを稼いだ」事になりますし、短い距離を2打で上がった場合は「ストロークを損した」となります。
つまり、パット数=パット力ではないのです。

「その1打がいかにスコアに貢献したか」という実力値を物差しにした考えが「SG(strokes gained)」です。

最近のゴルフアプリは優秀で、スコア管理と同時にスタッツ分析が可能になってきています。
実際の飛距離や、フェアウェイキープ率などを集計し、一目でわかるようになっています。
しかし、これだけでは本当の「ショット力」は測れません。

それらの数字だけでは、本当の強みや弱点を見つけることができず、日々の練習では何にフォーカスすればスコアが良くなるのか、見えにくいデータなのです。
※「SG(strokes gained)」について深く学びたい人は「ゴルフデータ革命」を読んでみてください。

ラウンドを重ねれば重ねるほど、自分のショットの傾向や、強み弱みを確認する事ができます。

練習に役立てましょう!!

 

「ガーミンS62」の特徴と魅力

さてさて、ここからは、大きなこだわりをもって購入した「ガーミンS62」の特徴や魅力についてご紹介します。
※ラウンドでの使用感は後日追記します。
機能の詳細については、公式ホームページが最も充実していますので、ここでは他機種との魅力的な部分をご紹介します。

ポイント

  • Garmin Golfアプリを利用して、スコアカード管理やストローク分析が可能
  • Garmin Golfアプリを利用して、「SG(strokes gained)」の分析が可能
  • Garmin Golfアプリを利用して、風速/風向きの表示が可能
  • ガーミンオートショットにより、打点位置の記録が可能
  • プレーの傾向や風速/風向き情報から推奨クラブと狙うべきポイントをオススメするバーチャルキャディ機能付き
  • レイアップ時に便利な3点間距離表示
  • コースの高低差を考慮した推奨距離を表示(競技時はオフにできます)
  • ピンの方向を表示してくれるので、ブラインドショットでも安心(競技時はオフにできます)
  • コース全体のハザードの位置を一覧で表示
  • GPSモードで最大20時間、スマートウォッチモードで最大14日間稼働(大幅改善)
  • TruSwing Jを追加購入すればスイング分析が可能
  • Approach CT10を追加購入すればパターのスタッツ分析も可能
  • ランニングやサイクリング、水泳など各アクティビティの計測に対応
  • Suicaを使用した非接触支払いが可能(2020年5月より)

 

「ガーミンS62」開封の儀とGarmin Golfアプリ初期設定

初めてガーミンの時計型ゴルフナビを使用する場合は、「ガーミンS62」本体とGarmin Golfアプリの初期設定が必要です。

 

 

 

 

サイズ感が分かるように、ボールと比較してみました。男性の腕に対しても液晶が大きいので、女性が日常に使うには少し大きいかもしれません…

ただ、大きな画面のおかげでラウンド中の使用感は向上しています!!

 

「アプローチS62」レビュー

念願のラウンドデビューを果たしてきたので、レポートします!

今回お邪魔した「魚津国際カントリークラブ」(富山県)は山岳コースでブラインドホールが多数あり、「アプローチS62」の実力を試すには持って来いのコースです!

 

ピンポインターの実力

 

打点登録

 

レーザー距離計に劣るシーン

レーザー距離計比較

ブラインドホールなど、目視で確認できないコースでは威力を発揮する時計型ゴルフナビですが、目視できる範囲の使い勝手ではレーザー距離計に劣ります。

例えば、ハザードまではいかないけれど右側は崖で左は突き抜けOBとなりそうな場合、時計型ゴルフナビでは崖を超えるの必要な距離であったり、左側はどこまで打っても安全かが分かりません。

その点、レーザー距離計は目に見えるものまでの距離はすべて計測できるので、細かな狙いを定める事ができます。

アプローチS62は画面も大きく、コースレイアウトを確認しやすい機種ですが、それでも細かな作戦を立てる上では、レーザー距離計には敵いません。

 

まとめ

時計型ゴルフナビを使用される際は、ぜひスコア管理、スタッツ分析ができる機種を選んでください。
特に「SG(strokes gained)」を比較できることができれば、日々の練習に大いに役立ちます。
※これらをアナログで管理するのは非常に大変です。

「SG(strokes gained)」は確認したいけど「アプローチS62」は高すぎる!という方には、「アプローチS40」がオススメです。
「アプローチS62」より液晶が小さくなるため、コースマップや風向きの確認はできませんが、Garmin Golfアプリと連携し「SG(strokes gained)」を管理することが可能です。

いずれにせよ!私のオススメは「アプローチS62」です!!

 

 

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
地面半力

YouTube

2021/10/20

【ゴルフ】地面半力習得ドリル!ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わったお手軽ドリルを紹介!!踏み込むタイミング&解き放つタイミング&身体の動きの全てがわかる?!

【概要】 地面半力を上手に使うためのドリルを、ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わりました! 地面を踏んだ後どのようなステップワークで飛距離を伸ばしていくか、アライメントスティック1本で簡単に習得することができます! 世界一飛ばす男が実践するとても簡単なドリルを取り入れない理由がありますか?! おそらく!日本で初公開のドリルですので、ぜひチェックしてください!! 【目次】 00:00 地面半力とは 00:46 地面半力の使い方 02:47 地面半力飛距離アップドリル 03: ...

ReadMore

腰の回し方

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい腰の回し方??腰ではなく股関節の使い方を意識するだけで動きが激変!!飛距離が伸びる下半身リードが手に入ります!

【概要】 腰の回し方や腰の切り方といったキーワードはよく耳にしますが、そもそも腰椎は5°しか回りません! 大切なのは腰ではなく股関節の使い方や動かす方向です。 今回は、「腰の回し方」という悪魔の様なキーワードに囚われてしまった方へ向けた、正しい「股関節」の動かし方を解説します。 腰を切る!腰の回し方!という言葉に惑わされて、スイングが乱れたり腰痛になっていませんか?? 股関節の正しい動きを知れば、理想的な下半身リードで分厚いインパクトが実現しますよ!!   【目次】 00:00 正しい腰の動き ...

ReadMore

前傾姿勢キープ

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】前傾姿勢を体感する自宅用ドリル2選!!伸び上がりを防ぐお尻や左サイドの動きを体感しよう!

【概要】 ゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 その前傾姿勢を維持するために、身体はどんな動きが必要か、自宅にいながら体感出来るドリルを2つ紹介します! どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまう人は、ぜひチェックしてください!! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、毎日の生活の中に取り入れましょう!! 【目次】 00:00 アーリーエクステンション 00:28 ...

ReadMore

アーリーエクステンション

YouTube

2021/9/10

【ゴルフ】前傾姿勢を維持する準備運動を取り入れよう!伸び上がりを防ぐお尻の動きを体感ドリル!!

【概要】 多くのゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまいがちですよね。 そこで今回は、前傾姿勢を維持するための準備運動をご紹介します! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、ぜひ準備運動に取り入れてください! 【目次】 00:00 正しい前傾姿勢 00:34 肩の動き確認ドリル 02:06 胸の向き確認ドリル 03:23 前 ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/9/10

カット打ちの直し方!!そもそもの原因はテイクバック(始動)にあり?!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しやダウンスイングから修正しようという方が多くいますが、そもそもテイクバック(始動)の瞬間にアウトサイドインを誘発する動きになっている人が多くいます。 今回は、カット打ちにならないためのテイクバック(始動)ができているか、アライメントスティックを使ってチェックする方法をご紹介します! 【目次】 00:00 カット打ちになるテイクバック 00 ...

ReadMore

前傾姿勢チェック

YouTube

2021/8/30

【ゴルフ】前傾姿勢キープの第一歩!!切り返しからインパクトまでの下半身の動きをチェックするドリルを紹介!!

【概要】 切り返しから身体が起きてしまう方は、何よりもまず下半身の正しい動きをチェックする事が大切です! アライメントスティック1本あれば、正しく下半身が動いているかチェックできますので、ぜひチャレンジしてみてください!! #飛距離アップ #前傾姿勢 #下半身 #切り返し #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:35 前傾姿勢チェックドリル 01:52 まとめ 【Twitter】 https://twitter.com/Out_Drive300 ↑↑↑ Twitterでもゴルフ情報発信してま ...

ReadMore

ゴルフ右腰痛

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】右腰痛を引き起こす原因は間違った「背骨」の使い方!!原因と対策・修正ドリルを紹介!!

【概要】 腰痛に悩むゴルファーは多くいますが、その中でも「右腰」に痛みを感じる方は、「背骨」の動きが間違っている可能性大!! 飛距離を伸ばそうと大きなトップを作る意識が強すぎて、トップオブスイングで体が飛球線方向へ傾いている方は注意が必要です! 「腰痛」を引き起こす原因と対策&修正ドリルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください! #飛距離アップ #腰痛 #リバーススパインアングル #トップ #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:48 背骨の動き 01:43 腰痛修正ドリル① 02:31 腰 ...

ReadMore

明治の大砲

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】フィニッシュで体重が右に残る「ハンギングバック」の直し方!ダフる・ボールが上がらない女性ゴルファーは要注意?!

【概要】 テイクバックで右に体重移動したまま、インパクトを迎えてしまう「ハンギングバック」というスイングエラー。 特に下半身や体幹の筋力少ない女性ゴルファーに多いミスの一つです。 ドライバーでダフる・ボールが上がらないという方はぜひチェックしてみてください! #飛距離アップ #体重移動 #ハンギングバック #テイクバック #ドリル   【目次】 00:00 ハンギングバックとは? 01:27 ハンギングバック修正ドリル 02:27 まとめ 【Twitter】 https://twitter.co ...

ReadMore

スライド

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい体重移動とは?その動きバンプじゃなくスライドです!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでしっかりと左サイドに体重移動を行なっていくことが大切で。 また左サイドに乗ることで、右サイドに手の通り道ができ美しいスイングにもつながります。 が、しかし!いわゆる「バンプ」という左サイドへの体重移動は、ひとつ間違えると「スライド」という間違った体重移動になります。 スライドが起こると、左サイドがロックされスイング後半は手打ちの状態になってしまい方向性が安定しませんし、ヘッドスピードも低下するので飛距離が伸びません。 今回は「スライド」がどういった動きなの ...

ReadMore

スウェー

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】正しい体重移動できてますか??スウェーのチェックポイントと直し方!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、テイクバックでしっかりと右足に体重移動していく事が大切ですが、あまりにその意識が大きいと「スウェー」というスイングエラーになっている場合があります。 また、身体を捻転差せずにクラブを担ぐようにテイクバックをしてしまいスウェーしているゴルファーも多くいます。 正しい体重移動ができているか?まずはテイクバックで「スウェー」していないか、確認してみましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:07 スウェーとは? 01:56 スウェー対策 02:41 スウェー対策ド ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.