TIPS

ヘッドスピード計測器の比較(ユピテルvsプロギア)オススメの使い方

ゴルフ練習道具の中でも人気の「ヘッドスピード計測器」、その精度やメーカーとの違いによって飛距離がどれくらい変わるか気になっている人も多いと思います。

お店で計測した数値やテレビ中継で見るトッププロの数値と比較すると、あれ?こんなに速いの?こんなに遅いの?と感じるシーンが多いはず…
そこで、ヘッドスピード計測器でトップシェアの「ユピテル スイングトレーナー」と「プロギア レッドアイズポケット」をレンジで比較してきました!

また、GC2やフライトスコープでの計測値も参考に、その精度や飛距離測定ブレを検証していきます!
最後にはヘッドスピード計測器の「オススメの使い方」についてもご紹介します!

Yanagi
どの計測器がいいのか、その精度は?めっちゃ気になる
トッププロでも簡易型ヘッドスピード計測器を練習で使うことがあるぞ!
Mr.T

 

簡易型ヘッドスピード計測器の計測方法

まずは、どのような仕組みを使ってヘッドスピードを計測しているのか、簡単に説明します。
練習場に持ちこめるような簡易型の「ヘッドスピード計測器」は、「ネズミ捕り」と同じ原理を使って計測します。
具体的には、「電波法対応マイクロ波センサー」と「ドップラー効果」を使ってヘッドスピードを計算するのです。

 

レーダー式ネズミ捕り

レーダー式取り締まりは、マイクロ波を車に当ててその反射波し、ドップラー効果の原理で車速を割り出します。
往復の周波数の違いから速度を計算しているので「理論値」です。

そのため、設置したレーダーの向き、高さ、障害物や電磁波の影響によって誤動作が頻発します。
実際にレーダー式の取り締まりでは誤測定疑惑によって裁判が行われたりもします。
野球のスピードガンも同じ仕組みです。

 

ドップラー効果

ドップラー効果は、誰もが経験している「音の高さの変化」です。
救急車がサイレンを「ピーポーピーポー」と鳴らしながら近づいてくる際、サイレンの音程は高く聞こえます。
一方で目の前を走り去っていくときは音程が低くなります。

音の高さはその振動数に関係しており、音源の移動速度と振動数(波長)に関係した物理現象をドップラー効果といいます。

 

Yanagi
トラックマンやフライトスコープとは根本的に違うね!
レーダー追尾式とマイクロ波を使ったレーダー式は全く違うぞ!!
Mr.T

 

ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)の試打データ比較

それでは早速、ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)の試打データを公開します!
今回は、ドライバー、6番アイアン、サンドウェッジの3種類を比較しました。
測定場所による誤差を無くすため、置く場所を左右入れ替えながら計測しています。

 

サンドウェッジの比較

ユピテル

  • ヘッドスピード:37.2m/s
  • 飛距離:88yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:37.5m/s
  • 飛距離:計測不能(何度打っても飛距離出ず…)

 

6番アイアンの比較

ユピテル

  • ヘッドスピード:39.8m/s
  • 飛距離:160.5yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:38.6m/s
  • 飛距離:179yd

 

ドライバーの比較(軽くスイング)

ユピテル

  • ヘッドスピード:50.5m/s
  • 飛距離:223.5yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:47.95m/s
  • 飛距離:248.5yd

 

ドライバーの比較(しっかりスイング)

ユピテル

  • ヘッドスピード:55.05m/s
  • 飛距離:250yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:48.75m/s
  • 飛距離:278yd

 

参考値(ドライバー)

GC2

  • ヘッドスピード:48.5m/s
  • 飛距離:289yd

 

フライトスコープ

  • ヘッドスピード:48.4m/s
  • 飛距離:281yd

 

スカイトラック

  • ヘッドスピード:49.6m/s
  • 飛距離:287.3yd

 

ラウンドでの飛距離平均(ガーミンS62)

  • 飛距離:274yd

 

ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)精度〜まとめ〜

今回の検証では、プロギア(ニューレッドアイズポケット)のデータは高性能計測器やラウンドでの実測値に近い数値が出ました。
また、ヘッドスピードを上げれば上げる程にユピテルではその測定誤差が出てくる印象です。

ドライバーの計測をメインに使いたい方は、プロギア(ニューレッドアイズポケット)がオススメです。
ヘッドスピードはかなりシビア(実測値に近い)ので、誤差も少なく計測できそうです。

サンドウェッジメインに使いたいんだ!(という人はいないと思いますが…)という場合は、ユピテルがオススメです。

ただ、最新のプロギア計測器(RES EYES POCKET HS-130)は、プロギア公式オンラインのみでの販売で、お値段も2万弱…もちろん精度は上がってるのでが、

これならユピテルでいいかなと思います!

 

ヘッドスピード計測器ので飛距離誤差が生まれる理由

正直いって、簡易型ヘッドスピード計測器の飛距離精度は微妙です。
不確定要素が多すぎる点、理論値に頼りすぎている点から、「飛距離」や「ミート率」については特に誤差が生まれます。
その主な理由は下記の2種類

  1. 計測そのものの誤差
  2. ロフトやスピン量の誤差

です。

まず、「1.計測そのものの誤差」について、もはやこれはどうしようもありません。前述の通り、誤差が生じさせる要因が多数あるため、受け入れざるを得ない誤差です。
ネズミ捕りですら誤差があるのですから、1万円程度の計測器にこれ以上を求めるのは酷な話しです。

一方で気をつけなければならない誤差は「2.ロフトやスピン量の誤差」です。
トータルの飛距離については、各社が集めた試打データを元に、推定飛距離を算出しています。

推定飛距離は、計測したボールスピードおよび各番手における平均的な打ち出し角度、スピン量を用いて算出したトータル飛距離です。
つまり、「6番アイアン」を選んでいても、「飛び系」のアイアンであれば計測器以上に飛びます。
またドライバーにおいても、ヘッドスピードが速い人ほどその誤差は大きくなります。(スピン量やロフト角が全然違う)
また、目測の感覚とのブレに違和感があると思います。

 

ミート率(スマッシュファクター)を気にしてはいけない

飛距離に誤差が出るという事は、ミート率も誤差が出ます。
ミート率は「ボール初速÷ヘッドスピード」によって算出される「理論値」です。

ボール初速にも、ヘッドスピードにも誤差が生まれますから、ミート率(スマッシュファクター)にはさらに大きな誤差が生まれます。
ミート率は数値ではなく、インパクトの手ごたえで感じる方がはるかに正確だと思います。

 

ヘッドスピード計測器のオススメの使い方

ここまでの話を聞くと、「誤差」があるよという話しばかりで「使い物にならない」と感じる方も多いと思います。
確かに、飛距離やミート率を気にして練習しても、実際のコースに役立つかと聞かれれば疑問が生じます。
しかし、私は「計測器」を使って練習する事を強くオススメします。

それは、「ヘッドスピードの変化を数値化する」ためです。

飛距離を伸ばすドリルを取り入れる場合、「ヘッドスピードの変化」に敏感でなければなりません。
具体的には、次の1打、次の1打と最速のヘッドスピードを更新できるようにチャレンジしていくことが、飛距離伸ばす上で最も大切な練習なのです。

また簡易計測器とはいえ、「ヘッドスピードの変化」だけを見れば、その傾向は見えてきます。
同じ計測器を使っていれば、誤差はあるとはいえ自分の変化が数値化されるのです。
※「ヘッドスピード計測器」を使った「飛距離UP」トレーニングはまたの機会に!

簡易型ヘッドスピード計測器

  • ヘッドスピードだけに注目して
  • その速度の進化をチェックする

 

ヘッドスピード計測器を使った効果的な練習

ドラコン世界チャンプが実際に行なっている、ヘッドスピード計測器を使った練習ドリルを紹介しています。

実際に私の飛距離アップレッスン受講している方にも取り入れてもらってますが、今のところ100%の確率で飛距離アップしている練習方法です!

とても簡単かつ効果抜群ですので、ぜひ試してみてください!

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
クラブを引く押す

YouTube

2022/6/18

ゴルフクラブの正しい引き方とは?!「引く」スイング、「押す」スイングは切り返しからのグリップを見えれば一目瞭然!!タメのあるスイングで脱カット打ち!!飛距離アップ!!!

【概要】 クラブは引いて使うと言うけれど、そのイメージが全く掴めない人、必見です! カット打ちが直らない、タメが作れない人は正しくクラブを引けていないのですが、この「クラブを引く」という動きはどのようなエネルギーをグリップへかけているかと言うことです! クラブを引いて、タメのある力強いスイングに進化しましょう!! 【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:55 クラブの引き方 05:10 クラブの引く方向 06:54 引いて叩くドリル 10:04 クラブの引き方まとめ # ...

ReadMore

タメの作り方

YouTube

2022/6/9

飛距離が伸びる「タメ」の作り方!アマチュアゴルファーが勘違いしているやってはいけない動きとは?!強烈なタメを作る簡単練習方法の紹介!!

【概要】 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの特性を理解しましょう! 「タメ」を作ろうと、一生懸命グリップを引き込む動きも一歩間違えば逆にアーリーリリースとなる動きに繋がります! プロゴルファーは自然と出来ていて、アマチュアゴルファーの多くが勘違いしている「タメ」を作る動きの差を解説しながら、「タメ」を作るドリルを紹介します!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:51 ゴルフクラブの使い方 02:35 タメ ...

ReadMore

飛距離アップ準備運動

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びる準備運動!!その準備運動で大丈夫?!正しいウォーミングアップで飛距離を最大化!!

【概要】 ゴルフに最適化した準備運動を取り入れることで、その場でドライバーの飛距離を5%程度伸ばすことが可能です! 怪我の防止だけでなく、スイングエラーの改善にも重要な準備運動を覚えれば、練習の質、スイングの質がどんどん上がっていきます!! 自分の能力を最大限発揮して、最長飛距離を更新していきましょう!   https://youtu.be/rRCdDIYURI0   【目次】 00:00 ゴルフ準備運動 01:04 足首準備運動 02:24 骨盤準備運動 02:54 股関節準備運動 ...

ReadMore

テイクバックドリル

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離を伸ばす練習方法はこれ!お手軽トレーニングでシャフトを走らせるテイクバックを覚えよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で1番大切なのはヘッドスピードを上げる事ですが、そのヘッドスピードを上げるためにはシャフトを上手に走らせる事ができるかが勝負の分かれ道です。 テイクバックでシャフトに負荷をかける事がで切れば、切り返しの瞬間に強烈なシナリが発生し、ヘッドが自動的に加速します。 リミッターを解除する練習方法は飛距離アップに即効性があるのでぜひ試してみてください!!   【目次】 00:00 本日のテーマ 00:35 シャフトの使い方 01:50 テイクバックドリル 05:02 ...

ReadMore

脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.