ヘッドスピード計測器

TIPS

ヘッドスピード計測器の比較(ユピテルvsプロギア)オススメの使い方

ゴルフ練習道具の中でも人気の「ヘッドスピード計測器」、その精度やメーカーとの違いによって飛距離がどれくらい変わるか気になっている人も多いと思います。

お店で計測した数値やテレビ中継で見るトッププロの数値と比較すると、あれ?こんなに速いの?こんなに遅いの?と感じるシーンが多いはず…
そこで、ヘッドスピード計測器でトップシェアの「ユピテル スイングトレーナー」と「プロギア レッドアイズポケット」をレンジで比較してきました!

また、GC4やフライトスコープでの計測値も参考に、その精度や飛距離測定ブレを検証していきます!
最後にはヘッドスピード計測器の「オススメの使い方」についてもご紹介します!

Yanagi
どの計測器がいいのか、その精度は?めっちゃ気になる
トッププロでも簡易型ヘッドスピード計測器を練習で使うことがあるぞ!
Mr.T

 

簡易型ヘッドスピード計測器の計測方法

まずは、どのような仕組みを使ってヘッドスピードを計測しているのか、簡単に説明します。
練習場に持ちこめるような簡易型の「ヘッドスピード計測器」は、「ネズミ捕り」と同じ原理を使って計測します。
具体的には、「電波法対応マイクロ波センサー」と「ドップラー効果」を使ってヘッドスピードを計算するのです。

 

レーダー式ネズミ捕り

レーダー式取り締まりは、マイクロ波を車に当ててその反射波し、ドップラー効果の原理で車速を割り出します。
往復の周波数の違いから速度を計算しているので「理論値」です。

そのため、設置したレーダーの向き、高さ、障害物や電磁波の影響によって誤動作が頻発します。
実際にレーダー式の取り締まりでは誤測定疑惑によって裁判が行われたりもします。
野球のスピードガンも同じ仕組みです。

 

ドップラー効果

ドップラー効果は、誰もが経験している「音の高さの変化」です。
救急車がサイレンを「ピーポーピーポー」と鳴らしながら近づいてくる際、サイレンの音程は高く聞こえます。
一方で目の前を走り去っていくときは音程が低くなります。

音の高さはその振動数に関係しており、音源の移動速度と振動数(波長)に関係した物理現象をドップラー効果といいます。

 

Yanagi
トラックマンやフライトスコープとは根本的に違うね!
レーダー追尾式とマイクロ波を使ったレーダー式は全く違うぞ!!
Mr.T

 

ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)の試打データ比較

それでは早速、ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)の試打データを公開します!
今回は、ドライバー、6番アイアン、サンドウェッジの3種類を比較しました。
測定場所による誤差を無くすため、置く場所を左右入れ替えながら計測しています。

 

サンドウェッジの比較

ユピテル

  • ヘッドスピード:37.2m/s
  • 飛距離:88yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:37.5m/s
  • 飛距離:計測不能(何度打っても飛距離出ず…)

 

6番アイアンの比較

ユピテル

  • ヘッドスピード:39.8m/s
  • 飛距離:160.5yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:38.6m/s
  • 飛距離:179yd

 

ドライバーの比較(軽くスイング)

ユピテル

  • ヘッドスピード:50.5m/s
  • 飛距離:223.5yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:47.95m/s
  • 飛距離:248.5yd

 

ドライバーの比較(しっかりスイング)

ユピテル

  • ヘッドスピード:55.05m/s
  • 飛距離:250yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:48.75m/s
  • 飛距離:278yd

 

参考値(ドライバー)

GC4

  • ヘッドスピード:48.5m/s
  • 飛距離:289yd

 

フライトスコープ

  • ヘッドスピード:48.4m/s
  • 飛距離:281yd

 

スカイトラック

  • ヘッドスピード:49.6m/s
  • 飛距離:287.3yd

 

ラウンドでの飛距離平均(ガーミンS62)

  • 飛距離:274yd

 

ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)精度〜まとめ〜

今回の検証では、プロギア(ニューレッドアイズポケット)のデータは高性能計測器やラウンドでの実測値に近い数値が出ました。
また、ヘッドスピードを上げれば上げる程にユピテルではその測定誤差が出てくる印象です。

ドライバーの計測をメインに使いたい方は、プロギア(ニューレッドアイズポケット)がオススメです。
ヘッドスピードはかなりシビア(実測値に近い)ので、誤差も少なく計測できそうです。

サンドウェッジメインに使いたいんだ!(という人はいないと思いますが…)という場合は、ユピテルがオススメです。

 

ヘッドスピード計測器ので飛距離誤差が生まれる理由

正直いって、簡易型ヘッドスピード計測器の飛距離精度は微妙です。
不確定要素が多すぎる点、理論値に頼りすぎている点から、「飛距離」や「ミート率」については特に誤差が生まれます。
その主な理由は下記の2種類

  1. 計測そのものの誤差
  2. ロフトやスピン量の誤差

です。

まず、「1.計測そのものの誤差」について、もはやこれはどうしようもありません。前述の通り、誤差が生じさせる要因が多数あるため、受け入れざるを得ない誤差です。
ネズミ捕りですら誤差があるのですから、1万円程度の計測器にこれ以上を求めるのは酷な話しです。

一方で気をつけなければならない誤差は「2.ロフトやスピン量の誤差」です。
トータルの飛距離については、各社が集めた試打データを元に、推定飛距離を算出しています。

推定飛距離は、計測したボールスピードおよび各番手における平均的な打ち出し角度、スピン量を用いて算出したトータル飛距離です。
つまり、「6番アイアン」を選んでいても、「飛び系」のアイアンであれば計測器以上に飛びます。
またドライバーにおいても、ヘッドスピードが速い人ほどその誤差は大きくなります。(スピン量やロフト角が全然違う)
また、目測の感覚とのブレに違和感があると思います。

 

ミート率(スマッシュファクター)を気にしてはいけない

飛距離に誤差が出るという事は、ミート率も誤差が出ます。
ミート率は「ボール初速÷ヘッドスピード」によって算出される「理論値」です。

ボール初速にも、ヘッドスピードにも誤差が生まれますから、ミート率(スマッシュファクター)にはさらに大きな誤差が生まれます。
ミート率は数値ではなく、インパクトの手ごたえで感じる方がはるかに正確だと思います。

 

ヘッドスピード計測器のオススメの使い方

ここまでの話を聞くと、「誤差」があるよという話しばかりで「使い物にならない」と感じる方も多いと思います。
確かに、飛距離やミート率を気にして練習しても、実際のコースに役立つかと聞かれれば疑問が生じます。
しかし、私は「計測器」を使って練習する事を強くオススメします。

それは、「ヘッドスピードの変化を数値化する」ためです。

飛距離を伸ばすドリルを取り入れる場合、「ヘッドスピードの変化」に敏感でなければなりません。
具体的には、次の1打、次の1打と最速のヘッドスピードを更新できるようにチャレンジしていくことが、飛距離伸ばす上で最も大切な練習なのです。

また簡易計測器とはいえ、「ヘッドスピードの変化」だけを見れば、その傾向は見えてきます。
同じ計測器を使っていれば、誤差はあるとはいえ自分の変化が数値化されるのです。
※「ヘッドスピード計測器」を使った「飛距離UP」トレーニングはまたの機会に!

簡易型ヘッドスピード計測器

  • ヘッドスピードだけに注目して
  • その速度の進化をチェックする

 

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
ヘッドスピードを上げるテイクバックのコピー

YouTube

2021/2/27

下半身リードで飛距離を伸ばせ!!まずはこの準備運動とドリルで下半身リードの基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばすには、下半身リードで大きな捻転差を作りヘッドスピードを上げていく必要があります。 ただし、下半身リードを実現させるには、テクニックを覚えるより先に、上半身と下半身を分離させる動きを身体に染み込ませる必要があります。 この動画では、普段の練習に3分追加するだけで確実にスイングが変わる準備運動とスイングドリルをご紹介します!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:56 下半身リードの準備運動 01:33 下半身リードのドリル 03:03 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下半身リー ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバック

YouTube

2021/2/27

ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツ!筋力がなくても飛距離は伸ばせます!!ドラコン練習しながら腕を速く振るポイントを解説!

【概要】 飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げる必要があります! そしてそのコツは、筋力だけに頼らないスイングを心がけること。 今回の動画では、ドラコンスイングの練習風景を流しつつ、ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツをご紹介します! 「力がないから飛ばない」と思っている方は是非参考にしてください! 【目次】 00:00 ドライバー練習 01:48 ドラコンスイング練習 02:25 ヘッドスピードが上がるコツ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #テイクバック #ヘッドスピード 【Twi ...

ReadMore

パワーフェードの打ち方

YouTube

2021/2/27

ドラコンプロ直伝!!飛距離が出る究極の「パワーフェード」の打ち方!!「捕まえたフェード?」「強いフェード?」基礎知識から徹底解説!

【概要】 フェードはドローと比べてスピンロフトが多くなるため、バックスピン量が増えスマッシュファイターが低下します。 そのため、フェードは「飛ばないけど安定性のある」球筋です。 一方で、バックスピン量を減らしたフェード、つまり「パワーフェード」はドローと同様の飛距離を誇り、方向性と飛距離を両立させる球筋です。 トッププロしか打てないと思われがちの「パワーフェード」ですが、理屈を頭に入れておけば誰でも習得できます!! 飛距離と方向性を両立させたい方、必見です!! 【目次】 00:00 パワーフェードとは? ...

ReadMore

ドローとフェードどちらが飛ぶの?

YouTube

2021/2/27

ドローとフェードの基礎知識!どっちが飛ぶか?は理論的に説明できます!!

【概要】 ドローの方がフェードより飛ぶと言われていますが、なぜドローの方が飛びやすいのか理論的に説明できますか? Dプレーン理論を簡単に紹介しながら、ドローやフェードが出る仕組み、ドローがフェードより飛ぶ理由を理論的に解説します! この知識があるだけで練習効率もグンとアップするので、Dプレーン理論を知らない方、ドローが比較的飛びやすい仕組みを説明できない方は是非ご覧ください! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:19 出玉の方向 00:37 ドローの原理 01:20 フェードの原理 02:06 ス ...

ReadMore

KrankGolf試打レビュー

YouTube

2021/2/27

Krank Golf フォーミュラPro 11試打レビュー!!世界の飛ばし屋が使うドライバーの飛距離性のはいかに?!

【概要】 世界のドラコン大会で通算22勝を誇る、飛ばし屋御用達のクラブメーカー「KrankGolf」!! 2020〜2021年モデルであるフォーミュラPro11を試打レビューします!! 低ロフト*低スピンモデルが欲しい人は必見です!! 48インチのシャフトには苦戦しましたが、ヘッドは最高でした!! 【目次】 00:00 KrankGolf紹介 02:39 試打開始 04:09 マン振りで試打 05:25 まとめ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #ゴルフクラブ #試打 #レビュー 【Twitter】 ht ...

ReadMore

TPIスクリーニング

YouTube

2021/2/27

飛距離が伸びる身体の使い方を知ってますか??PGAトップ選手のほとんどが取り入れている『TPIボディスクリーニング』をご紹介!!

  【概要】 ゴルフに必要な柔軟性や安定性がどれほど備わってるか測った事はありますか? 自分の身体を知らずに練習しても、ゴルフは上手くなりません!! PGA選手ではもはや当たり前となっている『TPIボディスクリーニング』によって、自分の強みや弱みをチェックしましょう!! この動画では、オンラインでの『TPIボディスクリーニング』風景をダイジェスト版でお届けします!世界のゴルフレッスンを覗き見てください! 『TPIボディスクリーニング』を体験したいという方は、LINEやメール、Twitterからご ...

ReadMore

前傾姿勢をキープする下半身の作り方

YouTube

2021/2/6

前傾姿勢をキープする下半身作り方!5分のストレッチで基礎を作って飛距離を伸ばす!!

【概要】 色んなドリルを取り入れても前傾姿勢が崩れてしまう人は、「前傾姿勢」をキープするための身体の準備が出来ていません! 肩・肩甲骨・胸椎といった上半身の柔軟性に合わせて、股関節周りの柔軟性や「内転筋」(内股)の強さも必要です! この動画では、「前傾姿勢」をキープするために最低限必要な下半身の動きを改善するストレッチを3つ紹介します! 毎日5分のストレッチで、綺麗なスイングの基礎を作りましょう!! 【目次】 00:00​ 今日のトピック 00:45​ オーバーヘッドディープスクワット 02:55​ オー ...

ReadMore

上半身下半身分離ストレッチ

YouTube

2021/2/6

下半身リードが出来ない人必見!強烈な捻転差を作り出すストレッチで飛距離アップ!!

【概要】 切り返しでの捻転差(Xファクター)を作り、強烈なタメで飛距離を伸ばす!! そのためには下半身リードのスイングを身につける必要がありますが、これはドリルなどのテクニックだけで身につくものではありません。 何よりもまず、上半身と下半身を分離させる動きが出来なければならないのです。 この動画では、上半身を安定させ下半身を独立して動かすために必要な柔軟性を作り出すストレッチを3つ紹介します! 毎日5分のストレッチで、ローリーマキロイの様な強烈なタメを手に入れましょう!! 【目次】 00:00​ 今日のト ...

ReadMore

大きなトップを作るストレッチ

YouTube

2021/2/6

お手軽に飛距離アップ!!テレビを見ながら出来る!大きなトップを作る肩・肩甲骨のストレッチ!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、大きなトップは必須条件!! 分かっているけど、なかなかストレッチの時間を確保出来ない方必見です!! テレビを見ながらできる、肩甲骨のストレッチと肩のストレッチを3つ紹介します。 デスクワークで凝り固まった肩まわりをゆるゆるにしちゃいましょう! テレビを見ながら5分のストレッチでスイングを改善!! 【目次】 00:00​ 今日のトピック 00:32​ 肩をほぐす下準備 01:43​ 肩甲骨はがし 02:48​ 肩甲骨ほぐし 04:10​ 肩ほぐし 05:43​ まとめ #ゴルフ ...

ReadMore

YouTube

2021/1/25

大きな捻転差を作る3つの基本ストレッチ!!自宅トレーニングで深いタメを作る基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばす上で、大きなトップと捻転差は必須条件!! デスクワークで凝り固まった上半身を3つの基本ストレッチで解します。 打ちっぱなしだけが練習じゃない! 自宅にいながら5分のストレッチでスイングを改善していきましょう! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 肩のストレッチ 01:59 肩甲骨のストレッチ 03:56 捻転差を作るストレッチ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #トレーニング #捻転差 トレーニングチューブ購入リンク 【Amazon】 https://amzn.to/ ...

ReadMore

-TIPS
-, , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.