TIPS

ヘッドスピード計測器の比較(ユピテルvsプロギア)オススメの使い方

ゴルフ練習道具の中でも人気の「ヘッドスピード計測器」、その精度やメーカーとの違いによって飛距離がどれくらい変わるか気になっている人も多いと思います。

お店で計測した数値やテレビ中継で見るトッププロの数値と比較すると、あれ?こんなに速いの?こんなに遅いの?と感じるシーンが多いはず…
そこで、ヘッドスピード計測器でトップシェアの「ユピテル スイングトレーナー」と「プロギア レッドアイズポケット」をレンジで比較してきました!

また、GC4やフライトスコープでの計測値も参考に、その精度や飛距離測定ブレを検証していきます!
最後にはヘッドスピード計測器の「オススメの使い方」についてもご紹介します!

Yanagi
どの計測器がいいのか、その精度は?めっちゃ気になる
トッププロでも簡易型ヘッドスピード計測器を練習で使うことがあるぞ!
Mr.T

 

簡易型ヘッドスピード計測器の計測方法

まずは、どのような仕組みを使ってヘッドスピードを計測しているのか、簡単に説明します。
練習場に持ちこめるような簡易型の「ヘッドスピード計測器」は、「ネズミ捕り」と同じ原理を使って計測します。
具体的には、「電波法対応マイクロ波センサー」と「ドップラー効果」を使ってヘッドスピードを計算するのです。

 

レーダー式ネズミ捕り

レーダー式取り締まりは、マイクロ波を車に当ててその反射波し、ドップラー効果の原理で車速を割り出します。
往復の周波数の違いから速度を計算しているので「理論値」です。

そのため、設置したレーダーの向き、高さ、障害物や電磁波の影響によって誤動作が頻発します。
実際にレーダー式の取り締まりでは誤測定疑惑によって裁判が行われたりもします。
野球のスピードガンも同じ仕組みです。

 

ドップラー効果

ドップラー効果は、誰もが経験している「音の高さの変化」です。
救急車がサイレンを「ピーポーピーポー」と鳴らしながら近づいてくる際、サイレンの音程は高く聞こえます。
一方で目の前を走り去っていくときは音程が低くなります。

音の高さはその振動数に関係しており、音源の移動速度と振動数(波長)に関係した物理現象をドップラー効果といいます。

 

Yanagi
トラックマンやフライトスコープとは根本的に違うね!
レーダー追尾式とマイクロ波を使ったレーダー式は全く違うぞ!!
Mr.T

 

ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)の試打データ比較

それでは早速、ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)の試打データを公開します!
今回は、ドライバー、6番アイアン、サンドウェッジの3種類を比較しました。
測定場所による誤差を無くすため、置く場所を左右入れ替えながら計測しています。

 

サンドウェッジの比較

ユピテル

  • ヘッドスピード:37.2m/s
  • 飛距離:88yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:37.5m/s
  • 飛距離:計測不能(何度打っても飛距離出ず…)

 

6番アイアンの比較

ユピテル

  • ヘッドスピード:39.8m/s
  • 飛距離:160.5yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:38.6m/s
  • 飛距離:179yd

 

ドライバーの比較(軽くスイング)

ユピテル

  • ヘッドスピード:50.5m/s
  • 飛距離:223.5yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:47.95m/s
  • 飛距離:248.5yd

 

ドライバーの比較(しっかりスイング)

ユピテル

  • ヘッドスピード:55.05m/s
  • 飛距離:250yd

 

プロギア

  • ヘッドスピード:48.75m/s
  • 飛距離:278yd

 

参考値(ドライバー)

GC4

  • ヘッドスピード:48.5m/s
  • 飛距離:289yd

 

フライトスコープ

  • ヘッドスピード:48.4m/s
  • 飛距離:281yd

 

スカイトラック

  • ヘッドスピード:49.6m/s
  • 飛距離:287.3yd

 

ラウンドでの飛距離平均(ガーミンS62)

  • 飛距離:274yd

 

ユピテルスイングトレーナー(GST-5 W)vsプロギア(ニューレッドアイズポケット)精度〜まとめ〜

今回の検証では、プロギア(ニューレッドアイズポケット)のデータは高性能計測器やラウンドでの実測値に近い数値が出ました。
また、ヘッドスピードを上げれば上げる程にユピテルではその測定誤差が出てくる印象です。

ドライバーの計測をメインに使いたい方は、プロギア(ニューレッドアイズポケット)がオススメです。
ヘッドスピードはかなりシビア(実測値に近い)ので、誤差も少なく計測できそうです。

サンドウェッジメインに使いたいんだ!(という人はいないと思いますが…)という場合は、ユピテルがオススメです。

 

ヘッドスピード計測器ので飛距離誤差が生まれる理由

正直いって、簡易型ヘッドスピード計測器の飛距離精度は微妙です。
不確定要素が多すぎる点、理論値に頼りすぎている点から、「飛距離」や「ミート率」については特に誤差が生まれます。
その主な理由は下記の2種類

  1. 計測そのものの誤差
  2. ロフトやスピン量の誤差

です。

まず、「1.計測そのものの誤差」について、もはやこれはどうしようもありません。前述の通り、誤差が生じさせる要因が多数あるため、受け入れざるを得ない誤差です。
ネズミ捕りですら誤差があるのですから、1万円程度の計測器にこれ以上を求めるのは酷な話しです。

一方で気をつけなければならない誤差は「2.ロフトやスピン量の誤差」です。
トータルの飛距離については、各社が集めた試打データを元に、推定飛距離を算出しています。

推定飛距離は、計測したボールスピードおよび各番手における平均的な打ち出し角度、スピン量を用いて算出したトータル飛距離です。
つまり、「6番アイアン」を選んでいても、「飛び系」のアイアンであれば計測器以上に飛びます。
またドライバーにおいても、ヘッドスピードが速い人ほどその誤差は大きくなります。(スピン量やロフト角が全然違う)
また、目測の感覚とのブレに違和感があると思います。

 

ミート率(スマッシュファクター)を気にしてはいけない

飛距離に誤差が出るという事は、ミート率も誤差が出ます。
ミート率は「ボール初速÷ヘッドスピード」によって算出される「理論値」です。

ボール初速にも、ヘッドスピードにも誤差が生まれますから、ミート率(スマッシュファクター)にはさらに大きな誤差が生まれます。
ミート率は数値ではなく、インパクトの手ごたえで感じる方がはるかに正確だと思います。

 

ヘッドスピード計測器のオススメの使い方

ここまでの話を聞くと、「誤差」があるよという話しばかりで「使い物にならない」と感じる方も多いと思います。
確かに、飛距離やミート率を気にして練習しても、実際のコースに役立つかと聞かれれば疑問が生じます。
しかし、私は「計測器」を使って練習する事を強くオススメします。

それは、「ヘッドスピードの変化を数値化する」ためです。

飛距離を伸ばすドリルを取り入れる場合、「ヘッドスピードの変化」に敏感でなければなりません。
具体的には、次の1打、次の1打と最速のヘッドスピードを更新できるようにチャレンジしていくことが、飛距離伸ばす上で最も大切な練習なのです。

また簡易計測器とはいえ、「ヘッドスピードの変化」だけを見れば、その傾向は見えてきます。
同じ計測器を使っていれば、誤差はあるとはいえ自分の変化が数値化されるのです。
※「ヘッドスピード計測器」を使った「飛距離UP」トレーニングはまたの機会に!

簡易型ヘッドスピード計測器

  • ヘッドスピードだけに注目して
  • その速度の進化をチェックする

 

ヘッドスピード計測器を使った効果的な練習

ドラコン世界チャンプが実際に行なっている、ヘッドスピード計測器を使った練習ドリルを紹介しています。

とても簡単かつ効果抜群ですので、ぜひ試してみてください!

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛ばない人

YouTube

2022/1/4

ドライバーを全力で振っても飛ばない人の原因・共通点はこれ!ヘッドスピードが速い割に飛ばない人はこの動きないかチェック!!

  【概要】 ドライバーを全力で振っても飛ばない人には必ず共通点があります。 その中でも特に重要なのが、ボールの位置とヘッドの最下点です。 飛ばしたい気持ちが強すぎてボールに突っ込むようにスライドしてしまうと、スピン量が増えすぎて飛距離が伸びません。 ドライバーを飛ばしたいからといって一生懸命全力で振ってもなかなか飛ばない、「思ったほど飛ばないね…」なんて言われてしまう方、必見です!   【目次】 00:00 飛ばしのコツ 01:15 飛ばないスイング 01:56 飛ばせるインパクト ...

ReadMore

タオル素振り

YouTube

2022/1/4

全力タオル素振りで飛距離かアップ!!自宅にいながら3分で地面半力の使い方を習得?!お手軽にヘッドスピードが上がる方法の紹介!!

  【概要】 飛距離を伸ばす上でいちばん大切なトレーニングは、全力での素振りです! 今回紹介する素振りは、タオル1本を使って自宅にいながら簡単に飛距離アップ・ヘッドスピードアップさせるドリルです!! 練習場でただ振るだけでは思うようにヘッドスピードは上がらず、飛距離も伸びません。 大切なのは、自分の身体に合わせて全身のエネルギーを効率的に使うこと。 日々のトレーニングに全力素振りを取り入れ、確実に飛距離アップしましょう!! 【目次】 00:00 飛距離アップのコツ 00:33 飛距離が伸びるフッ ...

ReadMore

お尻リリース

YouTube

2022/1/4

前傾キープができないゴルファー必見!!前屈できない人はアーリーエクステンション回避できません…お尻(大臀筋)のコリを筋膜リリースでお手軽解消方法!!

【概要】 前傾キープに悩むゴルファーは多くいますが、前屈できない人はどんなにスイング練習しても身体の起き上がり(アーリーエクステンション)を防ぐ事はできません。 ダウンスイングで体が突っ込んでしまう人のうち、前屈できない人はまずお尻の筋肉とハムストリングをほぐす事から始めましょう!! セルフケアでは難しい大臀筋の筋膜リリースですが、ハンドマッサージガンを使えば自宅でも簡単に解すことができます! 【目次】 00:00 前傾姿勢がキープできない原因 01:17 大臀筋筋膜リリース 03:43 まとめ #前傾キ ...

ReadMore

足首ケア

YouTube

2022/1/4

【ゴルフ】右膝や右腰が前に出ちゃう人必見!わかっているのに直せない…インパクトで体がツッコミ・起き上がってしまう「アーリーエクステンション」の原因は足首の柔軟性?!筋膜リリースでスイング改善!!

【概要】 ダウンスイングで右足の使い方、動きがよく分からない人や分かっているけど右足や右膝、右腰が前に出て困っている人は多いですよね! インパクトでボールに突っ込むような動き、右膝や右腰が前に出るような動き、「アーリーエクステンション」は、スイングだけの問題ではないかもしれません… 実は、股関節や足首の柔軟性が不足していると、ダウンスイングから前傾姿勢が崩れ始め、体は突っ込み始めます… 意識してもなかなか直らなかったという方、ぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 足首の柔軟性 02:15 足首ケ ...

ReadMore

ヘッドが走る

YouTube

2022/1/4

【ヘッドが爆発的に走る感覚】ヘッドを加速させるコツはクラブ特性を理解し正しくクラブを引くこと!非力でも飛ばしたければまずこの練習からスタート!!

  ヘッドを走らせるファーストステップ 小さなエネルギーで効率的にヘッドを走らせるには、クラブ特性を知る事がファーストステップです。 ヘッドを加速させるには、クラブ設計を理解し効率的に「グリップを引く」動きが必要です。 この「引く」という表現は主観的で迷いを生む表現ですが、まずは脱力した素振りでクラブの動きを感じ取る事からスタートしてください。   クラブの特徴を知る 飛距離を伸ばすための順序として、クラブが「主」なのか、スイングが「主」なのか意見が分かれるところですが、私のオススメは ...

ReadMore

大臀筋リリース

CONDITION

2022/1/4

前傾キープができないゴルファー必見!!前屈できない人はアーリーエクステンション回避できません…マッサージガンを使ってお尻を狙い撃ち!効果的な筋膜リリース!!

【概要】 前傾キープに悩むゴルファーは多くいますが、前屈できない人はどんなにスイング練習しても身体の起き上がり(アーリーエクステンション)を防ぐ事はできません。 ダウンスイングで体が突っ込んでしまう人のうち、前屈できない人はまずお尻の筋肉とハムストリングをほぐす事から始めましょう!! セルフケアでは難しい大臀筋の筋膜リリースですが、ハンドマッサージガン(uFit RELEASER Mini)を使えば自宅でも簡単に解すことができます! 【目次】 00:00 前傾姿勢がキープできない原因 01:25 uFit ...

ReadMore

カット打ちテイクバック

YouTube

2021/11/30

カット打ちの元凶はテイクバック?!正しいクラブの動きを知って脱カット打ち!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しの動きを注意する方も多いと思いますが、そもそも間違った方向にテイクバックしてしまうと、カット打ちが確定します… クラブの重心管理を考え、まずはテイクバックを修正する事でカット打ちを直しましょう!! https://youtu.be/OsbXiGBtixk   【目次】 00:00 カット打ちの原因 01:00 クラブの正しい動き ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/11/30

カット打ちの直し方!!右肘・右肩甲骨の動きを知らなければ、一生カット打ちが直らないところでした…お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! 特に腕力でクラブをコントロールしてしまう男性に多いミス(私もよくなります…)ですが、諸悪の根源は右腕の動き! 腕相撲に勝つ動きでクラブを振ってしまうと100%カット打ちになります!! カット打ちを直すために大切なのは、右肩甲骨や右肘の動きです! 何をやってもカット打ちが直らなかった方はぜひ参考にしてください! https://youtu.be/Jb0Yx1Nc-XU & ...

ReadMore

ハンドファーストドリル

YouTube

2021/11/30

【必見】ハンドファースト習得ドリル!たった5分のドリルでプロの様な強いインパクトが手に入る!!シャローにインからぶっ叩いて飛距離アップしちゃいましょう!!

【概要】 飛距離アップには絶対に欠かせない、「ハンドファースト」のインパクトを簡単に習得できるドリルの紹介です! 無理に形を作るのではなく、クラブの動き、エネルギーの使い方のコツを知るだけで、誰でも簡単いにプロの様なハンドファーストでのインパクトが可能になります!! さらには、勝手にシャローイングも身につきます! たった5分でスイングが激変するので、ぜひチャレンジしてください!! 【目次】 00:00 強いインパクト 00:46 ハンドファーストの作り方 01:44 右手の使い方ドリル 03:01 ハンド ...

ReadMore

右膝右腰出る

YouTube

2021/11/30

【ゴルフ】超簡単!右足の正しい使い方習得ドリル!右膝・右腰が前に出ちゃう人必見!ゴムチューブ1本で正しい動きが分かります!!

【概要】 ダウンスイングで右足の使い方、動きがよく分からない人や分かっているけど右足や右膝、右腰が前に出て困っている人は多いですよね!私も右サイドが前に出るミスをすることが多いので、ゴムチューブを使った練習を取り入れています。 ゴムチューブを使って練習すると、右足や右股関節を内側に倒す、右足で地面を踏むという感覚を養うことができます! 右足・右腰が前に出ちゃう人はぜひ練習方法のひとつに取り入れてください!! 【目次】 00:00 右足の使い方 01:07 右足の動き 02:30 右足の動き修正練習 04: ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-TIPS
-, , , , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.