SWING

ゴルフスイング「二重振り子」の基本動作

ヘッドスピードを上げていく上で、プロとアマチュアの大きな違いはダウンスイングで「二重振り子」を使えているかという点です。

原理を理解しているかは別として、プロのスイングは必ず「二重振り子」の動きによって、ヘッドスピードとスイングの一貫性、精度を上げています。

「二重振り子」には、2つの質量があり、振り子を上手に連動させることで、1つの質量から次の質量に運動量が移動します。
そして、そのエネルギーが移動するタイミングで、ヘッドはさらに加速していきます。

 

「二重振り子」とは

「二重振り子」とは、振り子の先にもうひとつの振り子を連結した「振り子」です。

ゴルフスイングで考えるなら、1つ目の振り子は、左肩を支点とした左腕、2つ目の振り子は、手首を支点としたゴルフクラブから成り立っています。

この「二重振り子」の力学をゴルフで応用することができれば、物理的に言うところの「重力加速度」を生かしたスイングが実現でき、いわゆる「ヘッドが走った」状態を生み出せます。

「二重振り子」によって、インパクト直前に手首を支点としたゴルフクラブが加速し、ヘッドが手を追い越していきます。
一方で「二重振り子」は、振り子一旦揺らすと、カオスと呼ばれる極めて複雑で非周期的な運動が発生することで知られています。

上手く使えば非常に効率的なスイングになる一方、動かし方を間違えると非常に複雑で一貫性のないスイングになります。

 

 

諸刃の刃の「二重振り子」

先ほど説明した通り、「二重振り子」は諸刃の刃でもあります。

そのため、安定感を重視するならば、ゴルフスイングを「振り子」運動に変える必要があります。
例えば、「腕とクラブの三角形を崩さない」といったスイングや、腕とシャフトを一体化したインパクトなんかは、限りなく「振り子」に近いスイングになります。
しかし、このスイングは安定感はあるかもしれませんが、物理学的には本来のエネルギーをすべて注入できない非効率のスイングであるといえます。

「腕とクラブの三角形」にこだわり過ぎると、アプローチ以外のショットは別として、飛距離が出ない弱々しいスイングになってしまう可能性もあります。

 

 

「二重振り子」の効果

重力のみを使って二重振り子を動かす場合、スタート直後は二重振り子の外側のセグメンが、内側のセグメントに遅れて動き始めます。
しかし、最下点に向かうにつれ外側のセグメントは加速していきます。
それぞれのセグメントの質量を同じにした場合、ただの振り子と二重振り子の間では外側のセグメントが最下転に到達するタイミングは同じですが、セグメントの速度が倍近く変わります。

 

スイング2/3を過ぎたあたりから、二重振り子の加速が始まり、スイングの4/5あたりからは、ただの振り子よりも速いスピードで振り子運動が始まります。
スイングアークの最下点では、二重振り子はただの振り子と比較し、およそ2倍のスピードが出ています。

ここで重要なのは、次のセグメントに運動エネルギーが加速しながら受け渡されていくという点です。

各セグメントはそれぞれエネルギーを蓄え、次のセグメントへを加速させます。
ゴルフスイングは、「二重振り子」と比べ遥かに複雑な動きをしますが、「運動連鎖」の点で見ると、トッププロと同様のキネマティックシーケンスを示します。

ゴルフスイングは、腰、胸、腕、クラブの4つのセグメントで構成された「四重振り子」と考えることができます。

 

 

「二重振り子」スイングの仕上げは「右腕」

正しい順序でセグメントを動かすことができれば、「二重振り子」のなかで自然とラグが発生し、インパクト直前でヘッドスピードを爆発的に上げる事ができます。

しかし、クラブを操作したり、腕力でエネルギーを注入してしまうと、シーケンスが中断され、ヘッドスピードは低下し、クラブヘッドは複雑なプレーンを上を移動する事になります。

各セグメントを適切な順序で動かす事で蓄積したエネルギーは、最後は「右腕」を使ってヘッドスピードへ転換します。
しかし、ウンスイングの早い段階で腕を使用するなど右腕の力を入れるタイミングや動かし方が間違っていると、すべてが台無しになってしまします。
飛距離を出そうと考えると、本能的に右腕を積極的に使ってしまうので、まずは正しい「右腕」の動かし方を学びましょう。

 

 

ダウンスイングにおける「右腕」の使い方

右腕は「スピードアーム」と呼ばれることが多く、右腕はスイング前半で溜めたエネルギーをゴルフクラブに伝達する主要な役割を担っています。
一方で、右腕は単にエネルギーを注入するためだけに使うのではなく、右腕自体が「四重振り子」の一部でである事を忘れてはいけません。
タイガーウッズの動きを手本に、右腕の動きを確認してみましょう。

ポイント

  • P5のタイミングまで右腕は肘から約90度に曲がったまま。
  • P5のタイミングでは右肘が右のつま先を指す
  • P6のタイミングで右肘は左足首を指す、
  • P6のタイミングで右腕がまっすぐになると、右肩の動きが一瞬止まる
  • P6のタイミングで右肩の動きが止まってから右腕を使い始める
  • P8のタイミングで右腕は真っすぐ伸びる(引っ張られる)ている

ゴルフスイングでは右腕をつかってリリースするタイミングが非常に重要です。
スイング前半で溜めた力をロスしないためにも、スイングを複雑にしないためにも、右腕で出力する瞬間をじっくりと研究していきましょう。

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
鬼溜めの方法

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】切り返しで鬼の様にタメが入るコツとは?!飛距離が伸びる「タメ」はグリップの使いに方に秘密があった?!

【概要】 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、まずゴルフクラブの特性を理解しましょう! プロの様な「タメ」が入った切り返しを手に入れるには、グリップとヘッドをどう動かすかを知らなければなりません!川崎春花プロのコーチである土手陸コーチに切り返しのコツを教わってきましたので、その内容・練習方法をシェアします! 【目次】 00:00 プロの切り返し 01:05 クラブ重心をキャッチする 03:41 タメが入る切り返し 07:00 タメの作り方まとめ ...

ReadMore

グリップ内圧力変化

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるグリップの使い方・握り方のコツとは?!ヘッドが走る感覚が手に入るグリップの使い方を習得しよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるグリップには、使い方や握り方にコツがあります!アドレス、切り返し、インパクトでそれぞれで正しくグリップを使えれば、ヘッドが加速する感覚が手に入ります! ヘッドスピードを最大化するグリップを手に入れて、ドライバーの飛距離を伸ばしましょう!! 【目次】 00:00 グリップ内圧力変化 01:04 クラブの握り方 03:54 飛距離が伸びるグリップ 08:02 グリップの使い方まとめ #ゴルフ #グリップ #ドライバー #飛距離 #ゴルフレッスン 【こちらの動画もおすすめ】 ...

ReadMore

スライス改善

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】ドライバーのスライスの直し方!原因はグリップの動かす方向?!身体のポジションでスライスを直そうと思っても一生直りません!

【概要】 スライスの単純明快な直し方の解説です!スライスの原因はクラブパスに対してフェースが開いてインパクトするためですが、そもそもフェースが開いてしまうのはグリップの動かし方が真逆だから… フェースが緩やかに閉じ、ボールに向かって正面衝突するローテーションを作るには、クラブ重心の管理とグリップの使い方がポイントです。 身体のポジションでスライスを直そうと思っても一生直りません!   【目次】 00:00 スライスの原因 02:23 クラブ重心管理 04:07 スライス修正ドリル 09:22 ス ...

ReadMore

二重振り子

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】飛距離が伸びる二重振り子の練習で1番最初にやるべき動きはこれ!クラブ様を無視して二重振り子は成り立ちません!手首から先の振り子の作り方から練習しましょう!!

【概要】 二重振り子が大切だと分かっていても、何から練習したらいいか分からない人、必見です! ゴルフスイングで1番大切な事は、グリップにどのようなエネルギーを与えるか?です! つまり手首を支点とした振り子(第1振り子)が最も大切なのですが、ただ動かせばいいという訳ではありません。 グリップに与えるエネルギーの方向が間違っていれば、二重振り子も台無し…振り遅れのスライスしか出ません。 飛距離が伸びる二重振り子を手に入れたければ、何よりもまずクラブを引きながら振り子を作る練習からスタートしましょう!! 【目次 ...

ReadMore

飛ばない動き

YouTube

2022/9/24

ドライバーが「曲がる」「飛ばない」人は”下半身”と’”グリップ”の使い方が間違っている?!ドライバーを全力で振っても”飛ばない”人や”ドライバーが苦手”な初心者必見!!

【概要】 ドライバーを全力で振っても”飛ばない”人や、飛ばすために”下半身リード”の意識が強すぎてヘッドが走らない人には共通する動きが2つあります!ドライバーを飛ばすためのグリップの使い方、ドライバーが飛ばなくなるグリップの使い方、ドライバーが飛ばなくなる下半身の使い方してませんか?? 【目次】 00:00 間違った下半身リード 03:53 グリップの使い方 06:21 ヘッドの走らせ方 07:34 飛距離が伸びない動き #ゴルフ #ドライバー #飛距離アップ #練習方法 #下半身リード   【 ...

ReadMore

YouTube

2022/9/24

ヘッドスピードだけじゃない!!ドライバーの飛距離を最大化するインパクトとは?!「ヘッドスピード別」正しいアッパーブローを知り入射角を揃えよう!!

【概要】 ドライバーの飛距離を最大化するには、ヘッドスピードを上げるだけでは足りません!ヘッドスピードに合わせて、適切なアッパーブロー(入射角)でインパクトする事によって、適切なバックスピン量と打ち出し角が保たれ、最も効率的に飛ばす事ができます! アッパーブローの意思が強すぎて飛距離を損している人、適正な入射角が分からない人はぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 入射角 00:32 HS別アッパーブロー 03:20 適切な最下点の作り方 04:36 入射角イメージ #ゴルフ #アッパーブロー # ...

ReadMore

正しいダウンブロー

YouTube

2022/9/24

ダウンブローの打ち方「イメージと事実の差」とは?プロはこんなにレベルブローに打ってるの?!正しいダウンブローの意識づくり・練習方法を紹介!!

【概要】 ダウンブローと聞くと、上から叩く、潰すというイメージが先行しますが、実はPGA男子プロの入射角はそれほど鋭角ではありません。一生懸命「ハンドファースト」で打とう、「上から打とう」という意識が強すぎで、インパクトが安定しない…なんて悩みはありませんか?それは間違ったイメージによってダウンブローが強すぎているのかも?!正しいダウンブローのイメージ作りと、基本的な練習方法をご紹介します!!   【目次】 00:00 ダウンブローとは 02:04 適切な入射角 03:06 ダウンブローインパク ...

ReadMore

溜めの作り方

YouTube

2022/9/24

飛距離が伸びる「タメ」の作り方!どうしても力みがとれない人に向けた強制タメ発生ドリルの紹介!!これでダメなら諦めてください…強烈ドリルで脳をアップデート!!

【概要】 どうしても力みが取れずに切り返しでタメが解けてしまうという方、朗報です!! 今回は強制的にタメが生まれてしまう、ちょっと過激なドリル・練習方法を紹介します! 「タメ」を作る上で1番大切な事は、切り返しでのグリップの使い方です!強烈な深いタメを作るためには、切り返しで手首を柔軟に使い時間差を作る必要がありますが、力んでいるとラグが発生しません。 なので…力む暇さえない高速素振りドリルで改善してみてください!!   【目次】 00:00 タメが生まれる動き 01:51 タメ強制発生ドリル ...

ReadMore

下半身リード

YouTube

2022/9/24

【ゴルフ】飛距離が伸びる下半身の使い方をマスターしよう!非力でも飛ばすコツは下半身の踏み込みと重心位置に隠されていた?!

【概要】 ヘッドを最大限に加速させるために下半身を正しく使うコツを取り入れましょう! 単純に下半身リード、左足の踏み込みといういう意識だけでは飛距離に繋がらない下半身の動きになってしまいます。 筋力に頼らず、重力や遠心力、シャフトの力を使って飛距離を伸ばすために、下半身がどのように動くべきなのか? 具体的なポイントとドリルを紹介します!   【目次】 00:00 下半身リードのコツ 02:46 下半身リードドリル① 04:26 下半身リードドリル② 06:37 下半身リードまとめ #ゴルフ #飛 ...

ReadMore

右手の使い方

YouTube

2022/7/15

【ゴルフ】飛距離が伸びる右手の使い方!全力でぶっ叩けば勝手にハンドファースト!!コツを掴めば切り返しで勝手にタメが生まれてシャローイングできる練習方法!!

【概要】 ゴルフで1番大切なのは「右手」を上手に使うこと!下半身リード、左サイドリードはトッププロらの感覚表現で、スイングの80%は右手でクラブをどう使えるかにかかっています! 右手さえ上手に使えれば勝手にハンドファーストは作られますし、切り返しでのタメも生まれてインサイドアウト軌道、シャローイングしながらのスイングが手に入ります! まずは、右手をどのように使うのか、どのようにし右手でボールを叩くのか、そこを極めてから下半身リードや左サイドを気にしてみましょう! https://www.youtube.c ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.