二重振り子

SWING

ゴルフスイング「二重振り子」の基本動作

ヘッドスピードを上げていく上で、プロとアマチュアの大きな違いはダウンスイングで「二重振り子」を使えているかという点です。

原理を理解しているかは別として、プロのスイングは必ず「二重振り子」の動きによって、ヘッドスピードとスイングの一貫性、精度を上げています。

「二重振り子」には、2つの質量があり、振り子を上手に連動させることで、1つの質量から次の質量に運動量が移動します。
そして、そのエネルギーが移動するタイミングで、ヘッドはさらに加速していきます。

 

「二重振り子」とは

「二重振り子」とは、振り子の先にもうひとつの振り子を連結した「振り子」です。

ゴルフスイングで考えるなら、1つ目の振り子は、左肩を支点とした左腕、2つ目の振り子は、手首を支点としたゴルフクラブから成り立っています。

この「二重振り子」の力学をゴルフで応用することができれば、物理的に言うところの「重力加速度」を生かしたスイングが実現でき、いわゆる「ヘッドが走った」状態を生み出せます。

「二重振り子」によって、インパクト直前に手首を支点としたゴルフクラブが加速し、ヘッドが手を追い越していきます。
一方で「二重振り子」は、振り子一旦揺らすと、カオスと呼ばれる極めて複雑で非周期的な運動が発生することで知られています。

上手く使えば非常に効率的なスイングになる一方、動かし方を間違えると非常に複雑で一貫性のないスイングになります。

 

 

諸刃の刃の「二重振り子」

先ほど説明した通り、「二重振り子」は諸刃の刃でもあります。

そのため、安定感を重視するならば、ゴルフスイングを「振り子」運動に変える必要があります。
例えば、「腕とクラブの三角形を崩さない」といったスイングや、腕とシャフトを一体化したインパクトなんかは、限りなく「振り子」に近いスイングになります。
しかし、このスイングは安定感はあるかもしれませんが、物理学的には本来のエネルギーをすべて注入できない非効率のスイングであるといえます。

「腕とクラブの三角形」にこだわり過ぎると、アプローチ以外のショットは別として、飛距離が出ない弱々しいスイングになってしまう可能性もあります。

 

 

「二重振り子」の効果

重力のみを使って二重振り子を動かす場合、スタート直後は二重振り子の外側のセグメンが、内側のセグメントに遅れて動き始めます。
しかし、最下点に向かうにつれ外側のセグメントは加速していきます。
それぞれのセグメントの質量を同じにした場合、ただの振り子と二重振り子の間では外側のセグメントが最下転に到達するタイミングは同じですが、セグメントの速度が倍近く変わります。

 

スイング2/3を過ぎたあたりから、二重振り子の加速が始まり、スイングの4/5あたりからは、ただの振り子よりも速いスピードで振り子運動が始まります。
スイングアークの最下点では、二重振り子はただの振り子と比較し、およそ2倍のスピードが出ています。

ここで重要なのは、次のセグメントに運動エネルギーが加速しながら受け渡されていくという点です。

各セグメントはそれぞれエネルギーを蓄え、次のセグメントへを加速させます。
ゴルフスイングは、「二重振り子」と比べ遥かに複雑な動きをしますが、「運動連鎖」の点で見ると、トッププロと同様のキネマティックシーケンスを示します。

ゴルフスイングは、腰、胸、腕、クラブの4つのセグメントで構成された「四重振り子」と考えることができます。

 

 

「二重振り子」スイングの仕上げは「右腕」

正しい順序でセグメントを動かすことができれば、「二重振り子」のなかで自然とラグが発生し、インパクト直前でヘッドスピードを爆発的に上げる事ができます。

しかし、クラブを操作したり、腕力でエネルギーを注入してしまうと、シーケンスが中断され、ヘッドスピードは低下し、クラブヘッドは複雑なプレーンを上を移動する事になります。

各セグメントを適切な順序で動かす事で蓄積したエネルギーは、最後は「右腕」を使ってヘッドスピードへ転換します。
しかし、ウンスイングの早い段階で腕を使用するなど右腕の力を入れるタイミングや動かし方が間違っていると、すべてが台無しになってしまします。
飛距離を出そうと考えると、本能的に右腕を積極的に使ってしまうので、まずは正しい「右腕」の動かし方を学びましょう。

 

 

ダウンスイングにおける「右腕」の使い方

右腕は「スピードアーム」と呼ばれることが多く、右腕はスイング前半で溜めたエネルギーをゴルフクラブに伝達する主要な役割を担っています。
一方で、右腕は単にエネルギーを注入するためだけに使うのではなく、右腕自体が「四重振り子」の一部でである事を忘れてはいけません。
タイガーウッズの動きを手本に、右腕の動きを確認してみましょう。

ポイント

  • P5のタイミングまで右腕は肘から約90度に曲がったまま。
  • P5のタイミングでは右肘が右のつま先を指す
  • P6のタイミングで右肘は左足首を指す、
  • P6のタイミングで右腕がまっすぐになると、右肩の動きが一瞬止まる
  • P6のタイミングで右肩の動きが止まってから右腕を使い始める
  • P8のタイミングで右腕は真っすぐ伸びる(引っ張られる)ている

ゴルフスイングでは右腕をつかってリリースするタイミングが非常に重要です。
スイング前半で溜めた力をロスしないためにも、スイングを複雑にしないためにも、右腕で出力する瞬間をじっくりと研究していきましょう。

TPI LESSON

世界最大のゴルフ研究組織「TPI」のメソッドに基づき、あたなのゴルフスイングを進化させてみませんか?
無料ボディスクリーニング実施中です!!

世界最大のゴルフ組織「TPI」の魅力

TPI LESSON

TPIとは TPIとは「タイトリスト パフォーマンス インスティテュート」(以下TPI)をいいます。フィジカル、スウィング、クラブなどの研究や開発を目的にタイトリスト後援のもと設立された組織で、ゴルフ ...

続きを見る

シンプルマスターOP

TIPS

2020/9/23

シンプルマスターOP(オンプレーン)を自作したけど結局は購入した話

ゴルフスイングの悩みの分だけ色々な練習器具が開発&発売されていますが、今回ご紹介する「シンプルマスターOP」はアウトサイドインの軌道や手元の浮きを修正する練習器具です。 とてもシンプルな練習器具なので、使い方によってはスウェーやスライド、強烈なインサイドへのフォローの修正にも使えますが、今回はアマチュアゴルファーが最も悩むアウトサイドイン(カット打ち)の練習方法をご紹介します。 Yanagiどうしても外から入る癖が抜けない… 一人で練習していると癖の修正は難しいぞ?Mr.T   シンプル ...

ReadMore

つま先の向きの決め方

SWING

2020/9/18

飛距離の出るつま先の向き~自分に合った開き方の見つけ方~

いいショットを打つためにも、飛距離を出すためにも、まずは「アドレス」が整ってなければいけません。 次に打つショットの狙いに合わないアドレス・スタンスでは、どんなにいいスイングをしようとしても結果は伴いません。 仕事と同じで「段取り八分・仕事二分」です。 スタンスの向きや体の傾き、手の位置などを注意する人は多いのですが、「つま先の向き」については、あまり意識していない人が多いかもしれません。 そこで今回はTPIのメソッドの中から、「飛距離の出る」(パワーを発揮できる)つま先の向きの見つけ方についてご紹介しま ...

ReadMore

猫背(C字ポスチャー)

CONDITION

2020/9/18

猫背(C字ポスチャー)アドレスのデメリットと治し方

アマチュアゴルファーに多いアドレスの崩れ・乱れには、反り腰(S字ポスチャー)と猫背(C字ポスチャー)の2つがあります。 反り腰(S字ポスチャー)は女性に多くみられるスイングエラーで、猫背(C字ポスチャー)は男性に多く見られるスイングエラーです。 アマチュアゴルファーの約30%の人が猫背(C字ポスチャー)になっていると言われています。 反り腰(S字ポスチャー)や猫背(C字ポスチャー)は悪くないと主張するコーチもいますが、TPIではそれら2つを非効率なスイングを生み出す原因、そして怪我(腰痛)につながる動きと ...

ReadMore

ソニースマートゴルフセンサー

TIPS

2020/9/16

ソニースマートゴルフセンサーの効果的な使い方

スマートゴルフセンサーは、日本プロゴルフ協会(PGA)監修のもと開発されたクラブ取付け型のスイング測定センサー&ティーチングツールです。 ソニースマートゴルフセンサーはスマホやタブレットと同時に使う事でスイングの自動録画や画像の自動連続再生といった映像とデータを表示するアプリケーションが大きな特徴です。(エプソンのMトレーサーと同じような機械) また、ソニースマートゴルフセンサーを使用しているティーチングプロとオンライン上でデータの確認が行えるという、いかにもソニーらしい今の時代ならではの機能も備 ...

ReadMore

PING G425 FW 比較

TIPS

2020/9/12

PING「G425」LST/MAXフェアウェイウッドを試打比較!!

2020年9月28日発売予定の、PING待望の新作「G425」シリーズの試打第二段!! 今回は、PING「G425」LSTフェアウェイウッド(3番)とPING「G425」MAXフェアウェイウッド(3番)を試打してきました。 →PING「G425」ドライバーLSTとPING「G425」ドライバーMAXの試打比較はこちらの記事を! 私はクラブをぶんぶん振り回すタイプなので、正直フェアウェイウッドは得意ではありません… 飛ぶけど安定しないから… しかし、PING「G425」のフェアウェイウッドなら3番ウッドも打 ...

ReadMore

G425LSTtoG425MAXの比較

TIPS

2020/9/12

PING「G425」ドライバーLSTとPING「G425」ドライバーMAXを試打比較!!

2020年9月28日発売予定の、PING待望の新作「G425」シリーズ。 PING所属選手の活躍から、年々日本でのシェアを伸ばしてきている中で待望の新シリーズ発売となりました。 最近「G410」シリーズがマークダウンしていた事から、そろそろ新作出るな?と待ち構えていた人も多いでしょう! そこで早速、GC4で「G425」ドライバーLSTと「G425」ドライバーMAXを試打してきましたので、レビューします!! マークダウンしたタイミングで「G410」ドライバーLSTも試打していたので数字を載せていますが、そこ ...

ReadMore

グリップ

TIPS

2020/8/27

飛んで曲がらないゴルフグリップはコレだ!~「捻じれ」を管理するイオミックのススメ~

みなさんはゴルフグリップを選ぶときは何を基準に選んでいますか? クラブのヘッドやシャフトにはこだわる人は多くても、グリップ選びとなると何となく選んでいる人も多いのが実情のような気がしています。 国内のグリップ市場は1300万本~1500万本と言われており非常に大きい市場にも関わらず、「いつもこのメーカーだから」「全部交換すると高くつくからコスト重視で」という人も多いようです。 そこで今回は、私が考えるグリップの重要性と、愛用しているイオミックの特徴についてご紹介したいと思います! 2020年8月現在、ステ ...

ReadMore

反り腰(S字ポスチャー)

CONDITION

2020/9/17

腰痛持ちゴルファー必見!反り腰(S字ポスチャー)の診断方法と治し方

「TPI」では、「ボディコネクション」という考え方に基づき、レッスンを始める前にまず体の動きの制限からスイングエラーを特定します。 その中で最初に診断するのが、アドレスでの前傾姿勢の取り方です。前傾姿勢の取り方のエラーとしては、「反り腰(S字ポスチャー)」「猫背(C字ポスチャー)」がありますが、ここではまず「反り腰(S字ポスチャー)」について解説していきます。 ゴルフスイングの正しいセットアップでは、尾てい骨から背骨のラインが自然と真っ直ぐに保たれている必要がありますが、反り腰(S字ポスチャー)と呼ばれる ...

ReadMore

スリクソンX2

TIPS

2020/8/3

スリクソンX2試打レビュー〜飛距離追求型の実力発揮!吹き上がらずにランが出るボール?!〜

2020年7月17日にスリクソンから発売された、飛距離通追及型ボール「スリクソンX2」!! 今から3年前に登場し、「とにかく飛距離がほしい!」というゴルファーたちから熱烈に支持された飛距離追求型ボール「スリクソン X」の後継モデルとなる『スリクソン X2』が発売され、私が所属するドラコン団体(JPDA)でも公式球して採用されました。 実際の大会では、多くの選手が自らの記録を更新していましたが、私は何でも自分で試さないと気がすまないタイプ!という事で、早速スカイトラックとフライトスコープでデータ計測してきま ...

ReadMore

TIPS

2020/8/2

【ゴルフボールレビュー】ブリヂストンTOUR B XS US仕様と日本仕様に違いはあるのか?

お小遣いゴルファーにとって、ゴルフボールのような消耗品はできるだけ安く済ませたいところ。 一方で、ゴルフボールを妥協したくない気持ちもあるから、セールが来るのをまだかまだかと待ってみたり、ネットショップを徘徊したりと涙ぐましい努力をしているゴルファーも多いと思います。 私は数年前からブリヂストンTOUR B シリーズをエースボールとして愛用しいるのですが、ブリヂストンTOUR B XSはUS仕様が時々お安く売っています。コロナ疲れから散財気味でお小遣いがピンチだったので、ここは背に腹は変えられないという事 ...

ReadMore

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2020 All Rights Reserved.