二重振り子

SWING

ゴルフスイング「二重振り子」の基本動作

ヘッドスピードを上げていく上で、プロとアマチュアの大きな違いはダウンスイングで「二重振り子」を使えているかという点です。

原理を理解しているかは別として、プロのスイングは必ず「二重振り子」の動きによって、ヘッドスピードとスイングの一貫性、精度を上げています。

「二重振り子」には、2つの質量があり、振り子を上手に連動させることで、1つの質量から次の質量に運動量が移動します。
そして、そのエネルギーが移動するタイミングで、ヘッドはさらに加速していきます。

 

「二重振り子」とは

「二重振り子」とは、振り子の先にもうひとつの振り子を連結した「振り子」です。

ゴルフスイングで考えるなら、1つ目の振り子は、左肩を支点とした左腕、2つ目の振り子は、手首を支点としたゴルフクラブから成り立っています。

この「二重振り子」の力学をゴルフで応用することができれば、物理的に言うところの「重力加速度」を生かしたスイングが実現でき、いわゆる「ヘッドが走った」状態を生み出せます。

「二重振り子」によって、インパクト直前に手首を支点としたゴルフクラブが加速し、ヘッドが手を追い越していきます。
一方で「二重振り子」は、振り子一旦揺らすと、カオスと呼ばれる極めて複雑で非周期的な運動が発生することで知られています。

上手く使えば非常に効率的なスイングになる一方、動かし方を間違えると非常に複雑で一貫性のないスイングになります。

 

 

諸刃の刃の「二重振り子」

先ほど説明した通り、「二重振り子」は諸刃の刃でもあります。

そのため、安定感を重視するならば、ゴルフスイングを「振り子」運動に変える必要があります。
例えば、「腕とクラブの三角形を崩さない」といったスイングや、腕とシャフトを一体化したインパクトなんかは、限りなく「振り子」に近いスイングになります。
しかし、このスイングは安定感はあるかもしれませんが、物理学的には本来のエネルギーをすべて注入できない非効率のスイングであるといえます。

「腕とクラブの三角形」にこだわり過ぎると、アプローチ以外のショットは別として、飛距離が出ない弱々しいスイングになってしまう可能性もあります。

 

 

「二重振り子」の効果

重力のみを使って二重振り子を動かす場合、スタート直後は二重振り子の外側のセグメンが、内側のセグメントに遅れて動き始めます。
しかし、最下点に向かうにつれ外側のセグメントは加速していきます。
それぞれのセグメントの質量を同じにした場合、ただの振り子と二重振り子の間では外側のセグメントが最下転に到達するタイミングは同じですが、セグメントの速度が倍近く変わります。

 

スイング2/3を過ぎたあたりから、二重振り子の加速が始まり、スイングの4/5あたりからは、ただの振り子よりも速いスピードで振り子運動が始まります。
スイングアークの最下点では、二重振り子はただの振り子と比較し、およそ2倍のスピードが出ています。

ここで重要なのは、次のセグメントに運動エネルギーが加速しながら受け渡されていくという点です。

各セグメントはそれぞれエネルギーを蓄え、次のセグメントへを加速させます。
ゴルフスイングは、「二重振り子」と比べ遥かに複雑な動きをしますが、「運動連鎖」の点で見ると、トッププロと同様のキネマティックシーケンスを示します。

ゴルフスイングは、腰、胸、腕、クラブの4つのセグメントで構成された「四重振り子」と考えることができます。

 

 

「二重振り子」スイングの仕上げは「右腕」

正しい順序でセグメントを動かすことができれば、「二重振り子」のなかで自然とラグが発生し、インパクト直前でヘッドスピードを爆発的に上げる事ができます。

しかし、クラブを操作したり、腕力でエネルギーを注入してしまうと、シーケンスが中断され、ヘッドスピードは低下し、クラブヘッドは複雑なプレーンを上を移動する事になります。

各セグメントを適切な順序で動かす事で蓄積したエネルギーは、最後は「右腕」を使ってヘッドスピードへ転換します。
しかし、ウンスイングの早い段階で腕を使用するなど右腕の力を入れるタイミングや動かし方が間違っていると、すべてが台無しになってしまします。
飛距離を出そうと考えると、本能的に右腕を積極的に使ってしまうので、まずは正しい「右腕」の動かし方を学びましょう。

 

 

ダウンスイングにおける「右腕」の使い方

右腕は「スピードアーム」と呼ばれることが多く、右腕はスイング前半で溜めたエネルギーをゴルフクラブに伝達する主要な役割を担っています。
一方で、右腕は単にエネルギーを注入するためだけに使うのではなく、右腕自体が「四重振り子」の一部でである事を忘れてはいけません。
タイガーウッズの動きを手本に、右腕の動きを確認してみましょう。

ポイント

  • P5のタイミングまで右腕は肘から約90度に曲がったまま。
  • P5のタイミングでは右肘が右のつま先を指す
  • P6のタイミングで右肘は左足首を指す、
  • P6のタイミングで右腕がまっすぐになると、右肩の動きが一瞬止まる
  • P6のタイミングで右肩の動きが止まってから右腕を使い始める
  • P8のタイミングで右腕は真っすぐ伸びる(引っ張られる)ている

ゴルフスイングでは右腕をつかってリリースするタイミングが非常に重要です。
スイング前半で溜めた力をロスしないためにも、スイングを複雑にしないためにも、右腕で出力する瞬間をじっくりと研究していきましょう。

TPI LESSON

世界最大のゴルフ研究組織「TPI」のメソッドに基づき、あたなのゴルフスイングを進化させてみませんか?
無料ボディスクリーニング実施中です!!

世界最大のゴルフ組織「TPI」の魅力

TPI LESSON

TPIとは TPIとは「タイトリスト パフォーマンス インスティテュート」(以下TPI)をいいます。フィジカル、スウィング、クラブなどの研究や開発を目的にタイトリスト後援のもと設立された組織で、ゴルフ ...

続きを見る

飛ばない動き

SWING

2020/11/21

ドライバーの飛距離が出ないゴルファーの2大共通点!

打倒ゴリマッチョを目指して、飛距離アップ・ヘッドスピードアップトレーニング&勉強を重ねてきました。 そして、圧倒的な飛距離を誇るPGAツアー選手やドラコンプロのスイングと「飛距離に悩む人」のスイングを比較・観察する中で、「絶対的に飛ばない動き」の2大共通点が見えてきました。 ドライバーが飛ばない原因は様々ありますが、その中でも特に注意しなければならない点です。 逆に言えば、飛ぶ人はみんな真逆の動きをしています。 ドライバーの飛距離が出ない2つの原因の1つは「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動き ...

ReadMore

ひ鍼

CONDITION

2020/11/15

肩こりゴルファー必見!その肩こり100円で治ります!!

ゴルファーの皆さん、肩こってませんか?? 日頃から肩こりに悩んでいる人って結構多いかなと思うんですが、みなさんはどんなケアしていますか?? コラントッテとか、ファイテンみたいな磁気・チタンネックレスをしている人も多いですよね! 普段はふにゃふにゃの肩をしている私ですが、時々めちゃくちゃひどい肩こりになるんです。 毎日素振りしているし、しっかりウォーミングアップしてから練習しているので肩は凝りにくいはずなんですけど、疲労が限界突破するとゴリゴリに凝っちゃうんです。 吐き気するくらいのやつ。 でもそんな時は、 ...

ReadMore

ボイスキャディCL2

TIPS

2020/11/14

ボイスキャディCL2(レーザー距離計)を使用レビュー!!

みなさん、レーザー距離計を使ってラウンドしていますか? 私は、ガーミンS62(腕時計型GPS)とニコン「COOLSHOT 80i VR」(レーザー距離計)の2つを使ってラウンドしているのですが、「どっちか片方しか使っちゃダメ!」と言われば間違いなくレーザー距離計を選びます! ガーミンS62のような腕時計型GPSでは、打ち出し方向や飛距離、目標物の目安をざっくり知るにはお手軽でいいのですが、「どの場所に何yd打つのか」「どの方向に何yd飛ばしてはダメなのか」といった細かい戦略を立てるのは苦手です。 一方で「 ...

ReadMore

ヘッドスピード計測器

TIPS

2020/11/3

ヘッドスピード計測器の比較(ユピテルvsプロギア)オススメの使い方

ゴルフ練習道具の中でも人気の「ヘッドスピード計測器」、その精度やメーカーとの違いによって飛距離がどれくらい変わるか気になっている人も多いと思います。 お店で計測した数値やテレビ中継で見るトッププロの数値と比較すると、あれ?こんなに速いの?こんなに遅いの?と感じるシーンが多いはず… そこで、ヘッドスピード計測器でトップシェアの「ユピテル スイングトレーナー」と「プロギア レッドアイズポケット」をレンジで比較してきました! また、GC4やフライトスコープでの計測値も参考に、その精度や飛距離測定ブレを検証してい ...

ReadMore

地面反力の使い方

SWING

2020/10/30

地面反力を使おう!お手軽練習器具とドリルの紹介!!

最近のゴルフスイング理論では「地面反力」という言葉がよく出てきます。 「何やら小難しい、新しい理論が出てきたぞ?」と思う方もいるかもしれませんが、スポーツの運動力学において「地面反力」に関する研究は何十年も前から行われていました。 それが最近、ゴルフスイングでも話題になってきているだけで、どちらかというとスポーツの運動力学の中でゴルフは周回遅れである感が否めません。 ではなぜ、ゴルフスイングで「地面反力」が話題になってきているのか、またどうすれば「地面反力」を使えるのかという点について解説していこうと思い ...

ReadMore

3種の神器

TIPS

2020/10/17

独学でシングルを目指す方法〜3種の神器〜

ゴルフを上達する上で、素晴らしいレッスンコーチに出会うほどの幸運はありません! しかしながら、いいコーチにめぐり逢えず独学でシングルを目指す人も多くいると思います。私もその1人で、周りに魅力的なコーチがいないので自らトレーナー資格を取得し、プレーヤー兼トレーナーとしてシングルを目指しています。(地方に住んでいる人は優秀なコーチに出会いにくい現実があると思います…) そのため、スイングを上達するための練習道具や、マネジメントを学ぶための本はたくさん試してきました。 そんな中で、いよいよシングルに到達する手応 ...

ReadMore

スーパースピードゴルフ

SWING

2020/10/17

「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」のススメ

TPIトレーナーであり、PGAツアー選手、ツアーコーチの「マイケル・ナポレオン」によって生み出された「スーパースピードゴルフ」は、実に600名以上のツアープレーヤーが愛用する練習器具です。 マイケルは「スーパースピードゴルフトレーニングシステム」を開発する事によって、多くのPGAツアー選手の勝利に貢献してきました。 正しく使うことができれば、「スーパースピードゴルフ」以上に効果を生み出す練習器具はありません。 一方で、あまりに効果がある(身体が動いてしまう)ためその負担も大きく、自らの身体的特徴を理解しゴ ...

ReadMore

メンタルスコアカード

CONDITION

2020/10/13

【保存版】ラウンドでスコアが出るメンタルコントロール方法

「練習では上手くいったのに!」「肝心なところでミスが出た…」というように、ゴルファーなら誰しも「メンタル」の重要性を痛感しているはずです。 我らがGoogle先生で「ゴルフ メンタル」と検索すると、870万件以上のサイトがヒットしますし、Amazonで「ゴルフ メンタル」を検索すると200冊近く検索にヒットします。誰もが、ゴルフとの向き合い方やラウンドでのメンタルコントロールを学びたいと強く望んでいる証拠ですね。 もちろん、私も例に漏れず「メンタル」につい悩み、もがき、色々な書籍やサイトで「聖杯」を探して ...

ReadMore

ふるさと納税名門コース

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】名門コースプレー券特集!!

ふるさと納税で一番コスパがいい返礼品は「ツアーボール」だと思いますが、納税額が多い人には名門コースでのプレー券もオススメです。 毎年トッププロの試合が組まれる名門、メジャー大会開催の名門コースでのプレー券・宿泊券のふるさと納税を調べました!! いつかはプレーしたい名門コース、実質2,000円でラウンドしちゃいましょう!! ふるさと納税とは もう知らない人はいないと思いますが、ふるさと納税について簡単にまとめると… 自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる 税金の還付や控除を受けられる、 特産品などの ...

ReadMore

ふるさと納税

TIPS

2020/10/3

【2020年ふるさと納税】ゴルフボール高還元率特集!!

みなさん、ふるさと納税してますか?? 毎年毎年、早い時期に申し込んで美味しい果物でも楽しもうかなと思うのですが、気がつけば今年も残すところ3ヶ月… またしても桃やサクランボなど高級果物を食べずに今年が終わりそうです。 という事で、結局ふるさと納税でゴルフボールを頼んで家族から文句を言われてしまうのですが… OBをよく出す私には、とっても大切なボール補充方法なのです!! 私は、ブリジストンTourBXSがエースボールなのでボール選びに迷うことはありませんが、この際だから普段使わないボールを試してみたい!! ...

ReadMore

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2020 All Rights Reserved.