タイガーウッズの完璧なアドレス

SWING

飛距離が伸びるテイクバックのコツ

ゴルフクラブはその特性から、一度動き出すと軌道を変更するためには大きな力を必要とします。
特にこの「力」は腕力によるものですが、インパクトの直前まで不用意に「腕力」を入力することは、エネルギーの流れを分断し、地面反力や体幹からのエネルギーを失うことを意味します。

「アドレス」や「テイクバック」についてあまり意識をしない人もいますが、ここにエラーがあると、スイング中は常に無駄なエネルギーを使い、スイング中に発生するエネルギーが細切れになります。
正しく「始動」できていなければ、トップオブスイングからスタートしたスイングと同じレベルの飛距離と方向性しか手に入れることはできません。

セットアップについては、別記事で詳しく説明していますので、今回は「テイクバック」について解説していきます。

 

飛距離を出す「テイクバック」に大切なこと

「始動」で大切なポイントは3つです。

  • 「外力」(地面反力・重力)のエネルギーを受け取る
  • 体幹のエネルギーを注入する
  • 正しい軌道にクラブを動かす

腕力に頼らず、効率的なスイングをするためにも、「テイクバック」はとても大切です。

「テイクバック」のタイミングで受け取らなかった「外力」は、もう一度手に入れることはできません。
また、このタイミングで体幹を使えていなければ、大きな筋力からエネルギーを注入するタイミングを逸します。
そして、ゴルフクラブの特性から、間違った方向にクラブを上げてしまうと、軌道修正にエネルギーを使うことになり、効率的にエネルギーを蓄積することができません。

 

理想的な始動と軌道

やはりここでもお手本となるのは、タイガーウッズのスイングです。
クラブヘッドの位置、右腕の位置、左手の軌道に注目して見てみましょう。

ゴルフスイングの「始動」では、トップオブスイングで正しい運動連鎖を行うためにも、できるだけ単純な円運動でクラブヘッドを移動する必要があります。
そしてこのルートは、生体力学に基づき、最も効率的なポジションを通過する必要があります。

 

理想的な始動と軌道のチェック方法

それぞれの体格に合わせ、理想的な始動と軌道を確認してみましょう。

  • 耳の中央から横に水平線を引く(赤線)
  • 足首の中心から垂直線を引く(赤線)
  • アドレスのクラブフェースの中心から、上記の2本線が交差する点まで対角線を引く(緑線)

水平線は、おおよそ右肩がバックスイングの上部になる位置です。
垂直線は、スイングのバランスの中心を表しています。

対角線は、クラブヘッドが進むべきルートを表します。
このルートが最もシンプルで効率的なスイングを実現するスタートラインです。

 

スイングのお手本はタイガーウッズ

  • アドレスでは、右肘は赤線の下に収まる
  • 左腕が水平の9時の位置に達すると、手がクラブパスラインに持ち上がる
  • クラブシャフトがそれに沿って、ターゲットラインを直接指すか、そのすぐ内側を指す
  • ゴルフクラブシャフトが水平の時、クラブヘッドは手の外側にある

これが、非常にシンプルで効率的なボディの動き、非常にシンプルなクラブヘッドパスです。
テイクバックで得たエネルギーを一切無駄にすることなくトップオブスイングに繋げていく理想的なスイングです。

 

「テイクバック」で気を付けるポイント

「スイングプレーン」を強く意識しすぎると、ゴルフクラブの動きにこだわりすぎて、手でクラブを上げてしまいがちです。
しかし、気を付けなければいけない事は、クラブヘッドはスイングプレーンに沿って移動しますが、クラブシャフトは単純にスイングプレーンを沿って移動しないという点です。
ゴルフクラブを人間の体が扱う以上、シャフトをスイングプレーンに沿わせる努力は不要です。

テイクバックを始めると、ゴルフクラブの重量には勢いがあり、また「テコ」の原理が働きます。
そのため、少しでも間違った方向に動き始めたら、ゴルフスイングの後半で正しい軌道に戻すことには多くのエネルギーが必要になります。

またそのような操作は、エネルギー転送が中断されるため、スイングのタイミングを難しくします。
そして、軌道修正によりクラブヘッドに間違った方向へのエネルギーを与え、ゴルフスイングを非常に複雑にし、一貫性を失います。

「テイクバック」では、地面反力をきっかけに体幹を意識してテイクバックを開始する事で、シャフトではなくヘッドの位置を整えていきましょう。

正しい「始動」ポイント

  • シャフトはスイングプレーンを移動しない
  • ヘッドがスイングプレーンを移動する
  • 胸を回すことでヘッドを動かす

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
YouTubeチャンネル登録
フルッタフルッタアサイーベリー

CONDITION

2021/1/21

新型コロナウイルス(COVID-19)にアサイーが効く?!

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン投与が世界的に開始されましたが、私たちに一般市民に順番が回ってくるのはまだ先… そもそも、安定性の懸念から「ワクチンは打ちたくない」という人が多いのも現実です。 各国の医薬品メーカーが治療薬の開発も進めていますが、実用化されるのはまだ先の話です。 そんな中、日本のアマゾンフルーツ販売メーカーの㈱フルッタフルッタが手がける「アサイー」を原料として、新型コロナウイルス(COVID-19)治療薬の臨床研究、実証事件をカナダのトロント大学が2021年1月25日より開 ...

ReadMore

スーパースピードゴルフLevel1

YouTube

2021/1/10

「スーパースピードゴルフ」Level2ドリル〜アームローテーションのスパイスで飛距離アップ!!

【概要】 飛ばし屋は前腕の動きが速く、アームローテーションを上手に使ってヘッドスピードを上げていきます!Level2ドリルを使って、飛ばしのスパイスをゲットしましょう!!   【目次】 00:00 Level2ドリルポイント 01:59 膝立ちドリル 03:48 まとめ

ReadMore

スーパースピードゴルフLevel1

YouTube

2021/1/9

「スーパースピードゴルフ」Level1ドリル

【概要】 ヘッドスピードアップに最適な練習器具「スーパースピードゴルフ」のLevel1ドリルを紹介! オーバーロードトレーニングを理解し飛距離アップに役立ててください! 6週間で20ヤード飛距離アップを目指しましょう!   【目次】 00:00 トレーニングのコツ 01:44 Level1ドリル 05:28 ステップチェンジドリル 07:02 オーバースピードトレーニング仕上げ 07:55 まとめ

ReadMore

オーバースピードトレーニング

YouTube

2021/1/8

ヘッドスピードがアップするオーバーロードトレーニングの解説!!スーパースピードゴルフを使って20yd飛距離アップ!!

【概要】 ヘッドスピードアップに必要な身体の動き、エネルギーの使い方について解説! また、ヘッドスピードアップに最適な練習器具「スーパースピードゴルフ」=オーバーロードトレーニングについても紹介! 6週間で20ヤード飛距離アップを目指しましょう!   【目次】 00:00 スイングの運動力学 01:50 ヘッドを加速させるポイント 04:05 スーパースピードゴルフについて 05:04 オーバースピードトレーニングとは 07:43 オーバースピードトレーニングの注意点 08:35 まとめ

ReadMore

ダイナミックストレッチング

YouTube

2021/1/8

15分で飛距離が10yd伸びる魔法の運動

【概要】 ゴルフに最適化した準備運動を取り入れることで、飛距離を5〜10%程度伸ばすことが可能です。 何となく準備運動してるだけの人、必見です!! セカンドで1番手短くなる、魔法の準備運動を取り入れてベストスコア更新しましょう!   【目次】 00:00 今日のトピック 03:24 ゴルフに最適化した準備運動 03:58 下半身ストレッチ 05:45 体幹ストレッチ 10:42 上半身ストレッチ 11:47 全身ストレッチ 14:00 飛距離UPまとめ

ReadMore

ダイナミックストレッチング

CONDITION

2021/1/4

飛距離がアップするストレッチ~ラウンドスタート前の準備運動~

ゴルファーたるもの、飛距離を伸ばすためにはどんな努力も惜しまない! 飛距離が伸びる可能性があるなら最新のクラブをどんどん試すし、新しいスイング理論や新しい練習器具だって試しちゃう!って方、多いと思います。 しかし、数万円の投資に対して本当に飛距離アップした実感は少なく、また次のモデルを買い替える…という負のループに陥っている人も多いはず。 また、「トレーニングしたら飛距離アップするかな?」と考えても、ジムに行く余裕はないし、自宅の筋トレは続かない…。 多かれ少なかれ、同じような悩みを持っていると思います。 ...

ReadMore

飛ばない動き

SWING

2020/11/21

ドライバーの飛距離が出ないゴルファーの2大共通点!

打倒ゴリマッチョを目指して、飛距離アップ・ヘッドスピードアップトレーニング&勉強を重ねてきました。 そして、圧倒的な飛距離を誇るPGAツアー選手やドラコンプロのスイングと「飛距離に悩む人」のスイングを比較・観察する中で、「絶対的に飛ばない動き」の2大共通点が見えてきました。 ドライバーが飛ばない原因は様々ありますが、その中でも特に注意しなければならない点です。 逆に言えば、飛ぶ人はみんな真逆の動きをしています。 ドライバーの飛距離が出ない2つの原因の1つは「インパクトまでにエネルギーが流れ出てしまう」動き ...

ReadMore

ひ鍼

CONDITION

2020/11/15

肩こりゴルファー必見!その肩こり100円で治ります!!

ゴルファーの皆さん、肩こってませんか?? 日頃から肩こりに悩んでいる人って結構多いかなと思うんですが、みなさんはどんなケアしていますか?? コラントッテとか、ファイテンみたいな磁気・チタンネックレスをしている人も多いですよね! 普段はふにゃふにゃの肩をしている私ですが、時々めちゃくちゃひどい肩こりになるんです。 毎日素振りしているし、しっかりウォーミングアップしてから練習しているので肩は凝りにくいはずなんですけど、疲労が限界突破するとゴリゴリに凝っちゃうんです。 吐き気するくらいのやつ。 でもそんな時は、 ...

ReadMore

ボイスキャディCL2

TIPS

2020/11/14

ボイスキャディCL2(レーザー距離計)を使用レビュー!!

みなさん、レーザー距離計を使ってラウンドしていますか? 私は、ガーミンS62(腕時計型GPS)とニコン「COOLSHOT 80i VR」(レーザー距離計)の2つを使ってラウンドしているのですが、「どっちか片方しか使っちゃダメ!」と言われば間違いなくレーザー距離計を選びます! ガーミンS62のような腕時計型GPSでは、打ち出し方向や飛距離、目標物の目安をざっくり知るにはお手軽でいいのですが、「どの場所に何yd打つのか」「どの方向に何yd飛ばしてはダメなのか」といった細かい戦略を立てるのは苦手です。 一方で「 ...

ReadMore

ヘッドスピード計測器

TIPS

2020/11/3

ヘッドスピード計測器の比較(ユピテルvsプロギア)オススメの使い方

ゴルフ練習道具の中でも人気の「ヘッドスピード計測器」、その精度やメーカーとの違いによって飛距離がどれくらい変わるか気になっている人も多いと思います。 お店で計測した数値やテレビ中継で見るトッププロの数値と比較すると、あれ?こんなに速いの?こんなに遅いの?と感じるシーンが多いはず… そこで、ヘッドスピード計測器でトップシェアの「ユピテル スイングトレーナー」と「プロギア レッドアイズポケット」をレンジで比較してきました! また、GC4やフライトスコープでの計測値も参考に、その精度や飛距離測定ブレを検証してい ...

ReadMore

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.