CONDITION

新型コロナウイルス(COVID-19)にアサイーが効く?!

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン投与が世界的に開始されましたが、私たちに一般市民に順番が回ってくるのはまだ先…
そもそも、安定性の懸念から「ワクチンは打ちたくない」という人が多いのも現実です。
各国の医薬品メーカーが治療薬の開発も進めていますが、実用化されるのはまだ先の話です。

そんな中、日本のアマゾンフルーツ販売メーカーの㈱フルッタフルッタが手がける「アサイー」を原料として、新型コロナウイルス(COVID-19)治療薬の臨床研究、実証事件をカナダのトロント大学が2021年1月25日より開始する事が分かりました。

新型コロナウイルス(COVID-19)(以下:新型コロナ)患者に対するNLRP3誘発性炎症※1の重症化を改善する効果の臨床研究に、当社アサイー原料を使用するための実証実験を2021年1月25日より開始することをお知らせいたします。
https://www.frutafruta.com/news/6958/

そこで今回は、登録販売者の資格を持ち、医薬品製造メーカーで働いている知識と経験を活かしながら、コロナ対策→コンディション改善→ゴルフで経済を回すという強引な紐づけで解説します!

 

「アサイー」とは

アサイーはブラジルのアマゾンを原産とするヤシ科の植物で、スーパーフードの筆頭格です。

アサイーは赤道直下の強い紫外線と強烈な雨といった過酷な環境で育つため、環境ストレスによる活性酸素と戦う抗酸化物質を蓄えます。その代表格がポリフェノールであり、ワインの様な深紫色がその多さを物語っています。また鉄分やカルシウム、マグネシウムなどのミネラル類、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、アミノ酸、α-リノレン酸(オメガ3)、オレイン酸(オメガ9)も含まれています。
https://www.frutafruta.com/fruit/acai/

 

アサイーの主な栄養成分

アサイーの果肉100gには2200㎎ものポリフェノールが含まれています。
果肉100gに生プルーン約58個分相当の鉄分を有しています。
その他、カルシウム、マグネシウム、α-リノレン酸(オメガ3)、オレイン酸(オメガ9)などを含み、ブラジルでは15世紀の大航海時代以前からアマゾンの先住民の貴重な栄養源として食されてきました。

 

アサイーに関わる研究

1.千葉大学での研究

アサイーは血を増やし貧血を改善するのではないか」と仮説を打ち立て、2018年に千葉大学と共同で研究を開始しました。マウスにアサイーを摂取させた結果、造血ホルモンのエリスロポエチン(EPO)の分泌が促され、赤血球数が増加することが明らかとなりました。

 

2.トロント大学での研究

フルッタフルッタはカナダのトロント大学と2021年1月に契約を締結し、新型コロナウィルス(COVID-19)に感染した患者の細胞内に生じるNLRP3誘発性炎症の重症化をアサイーで抑制し得るかの臨床研究を実施することを目的に、当社のアサイー原料を使用するための実証実験を開始いたします。
新型コロナウィルスに関するこれまでの研究では、ウイルスが細胞に感染すると、細胞内のたんぱく質の複合体である NLRP3インフラマソームが活性化して炎症反応を引き起こすことが明らかになっています。

 

「フルッタフルッタ」のアサイーの特徴

1.固形分14%以上の最高濃度(グロッソ=ポルトガル語で「濃い」という意味)のアサイーのみを使用

※最もグレードが高い最高濃度のグロッソは技術的に大量生産に向かずブラジルでもあまり流通していません。中ランクのメヂオか最も薄いポピュラーがほとんどです。

2.トメアスに移住した日系人組合員を中心とするCAMTA(トメアス総合農業協同組合)と独占契約を結び、栽培から生産、出荷まで一貫管理された原料のみを安定供給。

 

新型コロナウイルス(COVID-19)治療に対する期待

トロント大学の、マイケル ファルコ教授と、アナアンドレアザ准教授は、2020年5月から、抗炎症作用を持つ可能性のある安全で天然のアサイーが、新型コロナ患者への治療選択肢となり得るかを臨床研究してきました。
新型コロナにおけるこれまでの研究では、ウイルスが細胞に感染すると、細胞内のタンパク質の複合体である NLRP3 インフラマソームが活性化して炎症反応を引き起こすことが明らかになっています。

アサイーの有効成分が、この NLRP3 インフラマソームレベルを下げ、炎症性サイトカインを減少させることが、新型コロナの治療方法として期待されています。
今回の研究では、フルッタフルッタが保有するアサイー原料がNLRP3 誘発性炎症の悪化を抑制する能力を実証テストします。
「カナダのトロント大学と「アサイーが新型コロナウイルス(COVID-19)起因のNLRP3 誘発性炎症を抑制する効果」に関する実証実験を行う契約締結のお知らせ」より抜粋
https://ssl4.eir-parts.net/doc/2586/tdnet/1917649/00.pdf

 

医薬品と健康食品、機能性表示食品の開発スピードの違い

医薬品として新薬を発売する場合

基礎研究~臨床試験&承認までおよそ9~17年の期間、500億円規模の費用が発生します。

  • 基礎研究:2~3年
  • 非臨床試験:3~5年
  • 臨床試験(治験)3~7年
  • 承認&発表:1~2年

2020年の1年間で新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチンが開発&投与されたことが、いかにすごい事かお分かりいただけると思います。

 

健康食品

医薬品と違い「効果」を表記しない健康食品は、医薬品とくらべて開発スピード、開発費用のハードルがグッと下がります。
製品の安定性試験や薬事的な手続きを経ても2年程度で新製品を開発&発売できます。

 

機能性表示食品

医薬品まではいかなくても、科学的根拠に基づいた「機能性」を事業者の責任で表示する事ができます。
医薬品は「国」のお墨付き、「機能性表示食品」は「論文」と「メーカー」のお墨付きという感じです。
安全性や機能性を表示する根拠を消費者庁へ届け出るもので、必ずしも臨床試験を行わなくてもOKであるため、開発スピードが速くなります。
私見ですが、トロント大学の臨床研究データを根拠として、フルッタフルッタの「アサイー」商品が「機能性表示食品」になる可能性があると考えています。

 

1.安全性の評価は?

以下のいずれかによって、評価されます。
●今まで広く食べられていたかどうかの食経験
●安全性に関する既存情報の調査
●動物や人を用いての安全性試験の実施
医薬品との相互作用などについても評価されます。

 

2.機能性の評価は?

以下のいずれかによって、評価されます。
●最終製品を用いた臨床試験
●最終製品又は機能性関与成分に関する文献調査(研究レビュー)

※「どのような科学的根拠に基づいて」「どのような人が」「どのように摂取すると」「どのような機能性があるのか」が明らかにされます。

 

「フルッタフルッタ」のアサイー商品一覧

今すぐにコロナ対策として飲むことができる「フルッタフルッタ」の「アサイー」商品に大きな期待をしています!
新型コロナウイルス(COVID-19)に対する効果は今後検証されていきますが、身体にいい事は間違いないですから、予防対策のひとつとして取り入れたいですね!

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

ショートパットグリップ

YouTube

2022/2/8

1.5m〜2mのパットを確実に入れるグリップの握り方!必ず芯でスクエアにヒットする最強のグリップはこれだ!!センターシャフトパターでショートパットを確実に入れる方法!!

https://youtu.be/6_6DpcvFbFc 【概要】 スコアを作る上で必ず決めていきたい、1.5〜2mのパット。 センターシャフトのパターと重心アングルグリップを使えば、この距離のショートパットはほぼ確実に入ります! 今回は魔法の様なパターのコツ、確実にパットが入るグリップの握り方について紹介します! パターに限らず、ゴルフのスイングではクラブの重心管理がとても大切で、重心管理さえできていれば、目標に対してクラブをスクエアにインパクトさせることができます。 このグリップは、パターだけでなく、 ...

ReadMore

マン振り練習

YouTube

2022/2/2

【実録】必ずドライバーの飛距離が伸びる練習方法!!1日10分、週に1回、1.5ヶ月でヘッドスピードが5%アップする練習風景を公開します!!

https://youtu.be/cT0vaHgpp50 【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、実際のマン振り練習風景を撮影しました。どんな練習をすれば飛距離が伸びるのか、ヘッドスピードや飛距離を伸ばしていきたい人はぜひ参考にしてください!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! ※動画で使用している「スーパースピードゴルフ」の細かい解説はブログでご確認ください↓↓↓ ht ...

ReadMore

マン振り

YouTube

2022/1/26

ドライバーでマン振りするコツとは??ヘッドスピードを上げたい、飛距離を伸ばしたい人必見!!ドラコン選手はどんなイメージでマン振りしているの?!

https://youtu.be/as3Zo7W88I8   【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、マン振りのコツ、ヘッドスピードを上げる練習のコツを紹介します!! スイングの形を気にするのは、ヘッドスピードを上げてから!身体の動きを気にしている様ではヘッドスピードは伸びないでのです!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 マン振りのコツ ...

ReadMore

体重移動

YouTube

2022/1/26

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる体重移動!!非力でも飛ばせる体重移動のコツとは??ドリルと準備運動の紹介!!

  【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で絶対に必要となってくる正しい体重移動、効率的な体重移動の方法を、具体的な準備運動とスイングドリルで紹介します! 非力でも飛ばすためには、どのようなタイミングでどんな体重移動が必要なのか?? 切り返しでの体重移動のコツやポイント、ドライバー飛距離アップに繋がるドリルを紹介します! ひとつの基準としてまずは一度試してみてください!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:27 正しい体重移動とは? 02:09 体重移動の練習 03:45 体重移動素振 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-CONDITION
-

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.