ダイナミックストレッチング

CONDITION

飛距離がアップするストレッチ~ラウンドスタート前の準備運動~

ゴルファーたるもの、飛距離を伸ばすためにはどんな努力も惜しまない!
飛距離が伸びる可能性があるなら最新のクラブをどんどん試すし、新しいスイング理論や新しい練習器具だって試しちゃう!って方、多いと思います。
しかし、数万円の投資に対して本当に飛距離アップした実感は少なく、また次のモデルを買い替える…という負のループに陥っている人も多いはず。

また、「トレーニングしたら飛距離アップするかな?」と考えても、ジムに行く余裕はないし、自宅の筋トレは続かない…。
多かれ少なかれ、同じような悩みを持っていると思います。

もし、「お金をかけず、たった15分で飛距離5%は伸ばす方法ありますよ!」といったらどうでしょうか?
怪しすぎて逆に聞き耳を持ってくれないかもしれませんね(笑)

「お金をかけず、たった15分で飛距離5%は伸ばす方法」とは、ラウンド前に「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」を取り入れる方法です。

2014年のワールドゴルフサミットでは、「ウォーミングアップ」と「飛距離」の関係性についてベンラングダウン博士が演説していましたが、「飛距離を伸ばす準備運動」が存在するのです。

そこで今回は、「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」(ウォーミングアップ)のやり方についてご紹介します。

ぜひ、練習やラウンド前にこれから紹介する「ダイナミックストレッチング」(ウォーミングアップ)を取り入れて、お手軽に飛距離アップしちゃってください!!

Yanagi
何となくストレッチしてる人、多いよね?
プロゴルファーも全員が全員、正しい準備運動を出来ている訳ではないな!
Mr.T

 

ゴルファーが飛距離の落ちる準備運動を行ってる?!

ここでいう「正しい準備運動」は「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」をいいますが、多くのゴルファーが「飛距離を伸ばす準備運動」を実施できていません。

それどころか、「準備運動」=「ストレッチ」=「静的ストレッチ」と連想する人が多く、飛距離を伸ばすどころか飛距離が落ちる準備運動を取り入れている人が多くいます。

「静的ストレッチ」は反動利用せずにゆっくりと筋を身長する動きで、筋肉の緊張を和らげ柔軟性の向上や関節可動域が拡大される効果があります。
しかし、準備運動で「静的ストレッチ」を取り入れると、必要以上に可動域や柔軟性が向上されてしまい、筋発揮の低下やパフォーマンスの低下につながります。

実際に「静的ストレッチが運動パフォーマンスに与える影響(デメリット)」については、多くの論文が書かれています。
「静的ストレッチ」は、トレーニングが終わった「整理運動」に取り入れる動きです。

スポーツのパフォーマンスを上げるためには「動的ストレッチ」(ダイナミックストレッチング)が必要なのです。

 

 ツアープロやアマチュアゴルファーの準備運動事情

いやいや、アマチュアはともかく、プロはちゃんと準備運動してるでしょ!と思われるかもしれませんが、しっかりと準備運動できている選手は少ないのです。
2008年にレディースヨーロピアンツアーの選手25人を対象に「準備運動」の観察研究(マットブリッジ博士ら)が行われています。
そこでは以下のように報告されています。

  • 25人中2人だけが何らかの形の有酸素運動をしました
  • 動的ストレッチは、観察の1日目と2日目に平均27秒と29秒間続きました。
  • 静的ストレッチは平均73秒と84秒使用されました。
  • 2日間の間に、ティーオフする前に平均65個のボールがレンジで打たれました。
  • 200個のボールを打った別のプレーヤーと比較して、1人のプレーヤーは25個しか打たなかった。
  • 1人のプレーヤーが1日目に169分間、2日目に79分間ウォームアップしました。

引用:The Science Behind A Golf Warm Up(Mon Jul 4, 2016 by Ben Langdown)

このように、ツアープロでさえ、「静的ストレッチ」の割合が多く、十分な「動的ストレッチ」を行えていません。
この選手群では、25人中たった1人だけが「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」を行っています。

確かに統計学としては十分なデータではありませんが、「プロでさえ正しい準備運動が不足している」傾向があると考えてよさそうです。

またTwitterでアンケートを取ったころ、「動的ストレッチ」を取り入れているのは60人中3人だけでしたが、「取り入れたいと思っている」が30%以上もいたので、ここはTPIトレーナーとして解決しなければと思った次第です!!

 

 

「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」のゴルフパフォーマンスに与える影響

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、「地面反力」を有効に使えているかが大きな分かれ道です。
踏んで飛ぶ」=「垂直跳び」の動きを強化する事が、飛距離アップトレーニングで一番大切な部分です。

「動的ストレッチ」を取り入れることで、「垂直跳びテスト」の高さと出力を増加させるといった論文が多く書かれていますが、最大14%も出力アップしたというデータもあります。

一方で、「静的ストレッチ」直後では、「垂直跳びテスト」の高さと出力は最大28%低下し、1時間後も9%低下していたことを示した論文もあります。
つまり、「静的ストレッチ」を準備運動に取り入れると、パフォーマンスが低下する可能性があるのです。

 

「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」の効果

dynamic-warmup

引用:The Science Behind A Golf Warm UpMon Jul 4, 2016 by Ben Langdown

Langdownらは、飛距離が同程度の24名のゴルファーに協力を得て「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」の効果を測定しました。
「ウォーミングアップしない」「ダイナミックストレッチング」「レジスタンスバンドを使ったストレッチング」の3つのグループに分け、ドライバーの飛距離を計測したのです。
その結果、「ダイナミックストレッチング」「レジスタンスバンドを使ったストレッチング」を使ったグループでは、ヘッドスピードが向上し、それに乗じてボールスピード・飛距離が大幅に向上するという結果を得ました。
特に「お尻」(臀筋)を動かくすことで、驚異的な飛距離アップにつながった被験者もいました。

 

「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」の方法

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」がいかに重要か理解いただけたと思います。
「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」については、YouTubeにてご確認ください!

 

飛距離がアップするストレッチ~スタート前の準備運動~まとめ

今回は、「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」を取り入れる事の大切さや、実際オススメ(私も実践している)ウォーミングアップをご紹介しました。
Youtube動画を是非参考にしてみてください!

お金もかけず、簡単に飛距離アップしちゃってください!!

Yanagi
しっかり準備運動するだけで10yd伸びたら嬉しいよね!!
セカンドが1番手短くなることはビッグチャンスだ!!
Mr.T

 

YouTube始めました!!

TPI Power

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛距離が伸びる女性スイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座④ヘッドスピードが上がるダウンスイングでドライバー飛距離アップ〜瞬発的なエネルギーの使い方〜

【概要】 上半身と下半身を分離させ、強烈な捻転差から飛ばす…確かにこれが理想的なダウンスイング・切り返しの動きではありますが、女性やシニアゴルファーにとっては難しい動きです。 そこでまず、筋力に頼らずにヘッドを加速させるエネルギーの使い方を身につけましょう!! 効率的にヘッドを加速させることで、非力な方でもヘッドスピードは上がります!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:24 切り返しのコツ 04:23 実践編 06:35 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座③オーバースイングは直す?直さない??ヘッドスピードが上がる大きなトップでドライバー飛距離アップ〜筋力に頼らずヘッドを加速させる方法〜

【概要】 レッスンでは必ず「オーバースイング」を直すよう指導されますが、果たして「オーバースイング」は悪なのでしょうか? ドラコン大会では「オーバースイング」が当たり前… 正しく「オーバースイング」を使う事ができれば、筋力に頼らずヘッドを加速させる事ができます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:33 オーバースイングの可否 01:08 ダメなオーバースイング 02:35 トップでの手の位置 03:50 手の位置と遠心力 05:44 実践編 07:49 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離 ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜ヒールアップ

YouTube

2021/4/13

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座②ヘッドスピードが上がるテイクバックでドライバー飛距離アップ筋力に頼らずヘッドの加速を最大化!〜左足の使い方を覚えよう〜

【概要】 ヘッドを効率よく加速するためには、大きなテイクバックを作り助走距離を長く取ってあげる必要があります。 女性は男性と比べ柔軟性があるため、大きなトップは作りやすいのですが、筋力がない分トップを大きくすると力んでしまします。 そこで、テイクバック〜切り返しでの左足の使い方を工夫すると、力まずに大きなトップを作ることができ、ヘッドを加速させながらダウンスイングに入る事ができます! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:30 テイクバックでの左足 01:27 左足の使い方 02:47 大きなトップ ...

ReadMore

女性向け飛距離アップメニュー〜オーバースイング

YouTube

2021/4/4

アマチュア女性ゴルファー飛距離アップ講座①ヘッドスピードが上がるテイクバックを覚えよう!筋力に頼らずドライバー飛距離をアップするコツ〜テイクバック編〜

【概要】 筋力の少ない女性ゴルファーやシニアゴルファーが飛距離を伸ばすには、筋力に頼らないスイングを身につけなければなりません。 重量・遠心力を上手に利用し、まずはテイクバックを速く上げるコツを学びましょう! テイクバックが速くなれば、その分飛距離も伸びます!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:31 テイクバックのコツ 00:57 重力の使い方 03:56 まとめ #ゴルフ #ゴルフ女子 #飛距離アップ #練習 #スイング #レッスン #基本 #飛び #飛ばし屋 【Twitter】 https ...

ReadMore

飛距離アップドリル

YouTube

2021/3/14

脱手打ちには下半身リードが必須!!上半身と下半身を分離するドリルで大きな捻転差を身につけようリード!

【概要】 トップスイングで動きが止まり、そこから一気にダウンスイングを開始すると、上半身と下半身の捻転差(Xファクター)が生まれず、手打ちの弱々しいスイングになってしまいます。 下半身リードのスイングで手打ちから抜け出すには、上半身と下半身の動きに時間差が必要です! 今回は、下半身リードでタメを作る感覚を手に入れてもらう基本的なドリルを紹介します! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:25 下半身リードエクササイズの復習 00:46 下半身リードドリル 05:15 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下 ...

ReadMore

飛距離を伸ばす考え方

YouTube

2021/3/14

飛距離が伸びない3つの原因〜筋トレだけやっていても絶対に飛距離は伸びません!

【概要】 飛距離を伸ばすためにはヘッドスピードの向上が不可欠ですが、筋トレだけ頑張ってもヘッドスピードは絶対に上がりません。 排気量をバカでかくすればF1マシンが速くなる訳ではないのと同様、ヘッドスピードを上げるには3つの視点から改善していく必要があります。 この動画では、飛距離を伸ばす上での考え方、自分との向き合い方を考えていただければいいなと思います! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:58 ヘッドスピードを構成する3要素 07:25 弱点との向き合い方 10:51 まとめ #ゴルフ #飛距 ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバックのコピー

YouTube

2021/2/27

下半身リードで飛距離を伸ばせ!!まずはこの準備運動とドリルで下半身リードの基礎を作ろう!!

【概要】 飛距離を伸ばすには、下半身リードで大きな捻転差を作りヘッドスピードを上げていく必要があります。 ただし、下半身リードを実現させるには、テクニックを覚えるより先に、上半身と下半身を分離させる動きを身体に染み込ませる必要があります。 この動画では、普段の練習に3分追加するだけで確実にスイングが変わる準備運動とスイングドリルをご紹介します!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:56 下半身リードの準備運動 01:33 下半身リードのドリル 03:03 まとめ #ゴルフ #飛距離 #下半身リー ...

ReadMore

ヘッドスピードを上げるテイクバック

YouTube

2021/2/27

ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツ!筋力がなくても飛距離は伸ばせます!!ドラコン練習しながら腕を速く振るポイントを解説!

【概要】 飛距離を伸ばすには、何よりもまずヘッドスピードを上げる必要があります! そしてそのコツは、筋力だけに頼らないスイングを心がけること。 今回の動画では、ドラコンスイングの練習風景を流しつつ、ヘッドスピードが上がるテイクバックのコツをご紹介します! 「力がないから飛ばない」と思っている方は是非参考にしてください! 【目次】 00:00 ドライバー練習 01:48 ドラコンスイング練習 02:25 ヘッドスピードが上がるコツ #ゴルフ #飛距離 #ドライバー #テイクバック #ヘッドスピード 【Twi ...

ReadMore

パワーフェードの打ち方

YouTube

2021/2/27

ドラコンプロ直伝!!飛距離が出る究極の「パワーフェード」の打ち方!!「捕まえたフェード?」「強いフェード?」基礎知識から徹底解説!

【概要】 フェードはドローと比べてスピンロフトが多くなるため、バックスピン量が増えスマッシュファイターが低下します。 そのため、フェードは「飛ばないけど安定性のある」球筋です。 一方で、バックスピン量を減らしたフェード、つまり「パワーフェード」はドローと同様の飛距離を誇り、方向性と飛距離を両立させる球筋です。 トッププロしか打てないと思われがちの「パワーフェード」ですが、理屈を頭に入れておけば誰でも習得できます!! 飛距離と方向性を両立させたい方、必見です!! 【目次】 00:00 パワーフェードとは? ...

ReadMore

ドローとフェードどちらが飛ぶの?

YouTube

2021/2/27

ドローとフェードの基礎知識!どっちが飛ぶか?は理論的に説明できます!!

【概要】 ドローの方がフェードより飛ぶと言われていますが、なぜドローの方が飛びやすいのか理論的に説明できますか? Dプレーン理論を簡単に紹介しながら、ドローやフェードが出る仕組み、ドローがフェードより飛ぶ理由を理論的に解説します! この知識があるだけで練習効率もグンとアップするので、Dプレーン理論を知らない方、ドローが比較的飛びやすい仕組みを説明できない方は是非ご覧ください! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:19 出玉の方向 00:37 ドローの原理 01:20 フェードの原理 02:06 ス ...

ReadMore

-CONDITION
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.