CONDITION

飛距離がアップするストレッチ~ラウンドスタート前の準備運動~

ゴルファーたるもの、飛距離を伸ばすためにはどんな努力も惜しまない!
飛距離が伸びる可能性があるなら最新のクラブをどんどん試すし、新しいスイング理論や新しい練習器具だって試しちゃう!って方、多いと思います。
しかし、数万円の投資に対して本当に飛距離アップした実感は少なく、また次のモデルを買い替える…という負のループに陥っている人も多いはず。

また、「トレーニングしたら飛距離アップするかな?」と考えても、ジムに行く余裕はないし、自宅の筋トレは続かない…。
多かれ少なかれ、同じような悩みを持っていると思います。

もし、「お金をかけず、たった15分で飛距離5%は伸ばす方法ありますよ!」といったらどうでしょうか?
怪しすぎて逆に聞き耳を持ってくれないかもしれませんね(笑)

「お金をかけず、たった15分で飛距離5%は伸ばす方法」とは、ラウンド前に「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」を取り入れる方法です。

2014年のワールドゴルフサミットでは、「ウォーミングアップ」と「飛距離」の関係性についてベンラングダウン博士が演説していましたが、「飛距離を伸ばす準備運動」が存在するのです。

そこで今回は、「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」(ウォーミングアップ)のやり方についてご紹介します。

ぜひ、練習やラウンド前にこれから紹介する「ダイナミックストレッチング」(ウォーミングアップ)を取り入れて、お手軽に飛距離アップしちゃってください!!

Yanagi
何となくストレッチしてる人、多いよね?
プロゴルファーも全員が全員、正しい準備運動を出来ている訳ではないな!
Mr.T

 

ゴルファーが飛距離の落ちる準備運動を行ってる?!

ここでいう「正しい準備運動」は「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」をいいますが、多くのゴルファーが「飛距離を伸ばす準備運動」を実施できていません。

それどころか、「準備運動」=「ストレッチ」=「静的ストレッチ」と連想する人が多く、飛距離を伸ばすどころか飛距離が落ちる準備運動を取り入れている人が多くいます。

「静的ストレッチ」は反動利用せずにゆっくりと筋を身長する動きで、筋肉の緊張を和らげ柔軟性の向上や関節可動域が拡大される効果があります。
しかし、準備運動で「静的ストレッチ」を取り入れると、必要以上に可動域や柔軟性が向上されてしまい、筋発揮の低下やパフォーマンスの低下につながります。

実際に「静的ストレッチが運動パフォーマンスに与える影響(デメリット)」については、多くの論文が書かれています。
「静的ストレッチ」は、トレーニングが終わった「整理運動」に取り入れる動きです。

スポーツのパフォーマンスを上げるためには「動的ストレッチ」(ダイナミックストレッチング)が必要なのです。

 

 ツアープロやアマチュアゴルファーの準備運動事情

いやいや、アマチュアはともかく、プロはちゃんと準備運動してるでしょ!と思われるかもしれませんが、しっかりと準備運動できている選手は少ないのです。
2008年にレディースヨーロピアンツアーの選手25人を対象に「準備運動」の観察研究(マットブリッジ博士ら)が行われています。
そこでは以下のように報告されています。

  • 25人中2人だけが何らかの形の有酸素運動をしました
  • 動的ストレッチは、観察の1日目と2日目に平均27秒と29秒間続きました。
  • 静的ストレッチは平均73秒と84秒使用されました。
  • 2日間の間に、ティーオフする前に平均65個のボールがレンジで打たれました。
  • 200個のボールを打った別のプレーヤーと比較して、1人のプレーヤーは25個しか打たなかった。
  • 1人のプレーヤーが1日目に169分間、2日目に79分間ウォームアップしました。

引用:The Science Behind A Golf Warm Up(Mon Jul 4, 2016 by Ben Langdown)

このように、ツアープロでさえ、「静的ストレッチ」の割合が多く、十分な「動的ストレッチ」を行えていません。
この選手群では、25人中たった1人だけが「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」を行っています。

確かに統計学としては十分なデータではありませんが、「プロでさえ正しい準備運動が不足している」傾向があると考えてよさそうです。

またTwitterでアンケートを取ったころ、「動的ストレッチ」を取り入れているのは60人中3人だけでしたが、「取り入れたいと思っている」が30%以上もいたので、ここはTPIトレーナーとして解決しなければと思った次第です!!

 

 

「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」のゴルフパフォーマンスに与える影響

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、「地面反力」を有効に使えているかが大きな分かれ道です。
踏んで飛ぶ」=「垂直跳び」の動きを強化する事が、飛距離アップトレーニングで一番大切な部分です。

「動的ストレッチ」を取り入れることで、「垂直跳びテスト」の高さと出力を増加させるといった論文が多く書かれていますが、最大14%も出力アップしたというデータもあります。

一方で、「静的ストレッチ」直後では、「垂直跳びテスト」の高さと出力は最大28%低下し、1時間後も9%低下していたことを示した論文もあります。
つまり、「静的ストレッチ」を準備運動に取り入れると、パフォーマンスが低下する可能性があるのです。

 

「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」の効果

dynamic-warmup

引用:The Science Behind A Golf Warm UpMon Jul 4, 2016 by Ben Langdown

Langdownらは、飛距離が同程度の24名のゴルファーに協力を得て「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」の効果を測定しました。
「ウォーミングアップしない」「ダイナミックストレッチング」「レジスタンスバンドを使ったストレッチング」の3つのグループに分け、ドライバーの飛距離を計測したのです。
その結果、「ダイナミックストレッチング」「レジスタンスバンドを使ったストレッチング」を使ったグループでは、ヘッドスピードが向上し、それに乗じてボールスピード・飛距離が大幅に向上するという結果を得ました。
特に「お尻」(臀筋)を動かくすことで、驚異的な飛距離アップにつながった被験者もいました。

 

「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」の方法

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」がいかに重要か理解いただけたと思います。
「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」については、YouTubeにてご確認ください!

 

飛距離がアップするストレッチ~スタート前の準備運動~まとめ

今回は、「ゴルフスイングに最適化したダイナミックストレッチング」を取り入れる事の大切さや、実際オススメ(私も実践している)ウォーミングアップをご紹介しました。
Youtube動画を是非参考にしてみてください!

お金もかけず、簡単に飛距離アップしちゃってください!!

Yanagi
しっかり準備運動するだけで10yd伸びたら嬉しいよね!!
セカンドが1番手短くなることはビッグチャンスだ!!
Mr.T

 

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
飛ばない人

YouTube

2022/1/4

ドライバーを全力で振っても飛ばない人の原因・共通点はこれ!ヘッドスピードが速い割に飛ばない人はこの動きないかチェック!!

  【概要】 ドライバーを全力で振っても飛ばない人には必ず共通点があります。 その中でも特に重要なのが、ボールの位置とヘッドの最下点です。 飛ばしたい気持ちが強すぎてボールに突っ込むようにスライドしてしまうと、スピン量が増えすぎて飛距離が伸びません。 ドライバーを飛ばしたいからといって一生懸命全力で振ってもなかなか飛ばない、「思ったほど飛ばないね…」なんて言われてしまう方、必見です!   【目次】 00:00 飛ばしのコツ 01:15 飛ばないスイング 01:56 飛ばせるインパクト ...

ReadMore

タオル素振り

YouTube

2022/1/4

全力タオル素振りで飛距離かアップ!!自宅にいながら3分で地面半力の使い方を習得?!お手軽にヘッドスピードが上がる方法の紹介!!

  【概要】 飛距離を伸ばす上でいちばん大切なトレーニングは、全力での素振りです! 今回紹介する素振りは、タオル1本を使って自宅にいながら簡単に飛距離アップ・ヘッドスピードアップさせるドリルです!! 練習場でただ振るだけでは思うようにヘッドスピードは上がらず、飛距離も伸びません。 大切なのは、自分の身体に合わせて全身のエネルギーを効率的に使うこと。 日々のトレーニングに全力素振りを取り入れ、確実に飛距離アップしましょう!! 【目次】 00:00 飛距離アップのコツ 00:33 飛距離が伸びるフッ ...

ReadMore

お尻リリース

YouTube

2022/1/4

前傾キープができないゴルファー必見!!前屈できない人はアーリーエクステンション回避できません…お尻(大臀筋)のコリを筋膜リリースでお手軽解消方法!!

【概要】 前傾キープに悩むゴルファーは多くいますが、前屈できない人はどんなにスイング練習しても身体の起き上がり(アーリーエクステンション)を防ぐ事はできません。 ダウンスイングで体が突っ込んでしまう人のうち、前屈できない人はまずお尻の筋肉とハムストリングをほぐす事から始めましょう!! セルフケアでは難しい大臀筋の筋膜リリースですが、ハンドマッサージガンを使えば自宅でも簡単に解すことができます! 【目次】 00:00 前傾姿勢がキープできない原因 01:17 大臀筋筋膜リリース 03:43 まとめ #前傾キ ...

ReadMore

足首ケア

YouTube

2022/1/4

【ゴルフ】右膝や右腰が前に出ちゃう人必見!わかっているのに直せない…インパクトで体がツッコミ・起き上がってしまう「アーリーエクステンション」の原因は足首の柔軟性?!筋膜リリースでスイング改善!!

【概要】 ダウンスイングで右足の使い方、動きがよく分からない人や分かっているけど右足や右膝、右腰が前に出て困っている人は多いですよね! インパクトでボールに突っ込むような動き、右膝や右腰が前に出るような動き、「アーリーエクステンション」は、スイングだけの問題ではないかもしれません… 実は、股関節や足首の柔軟性が不足していると、ダウンスイングから前傾姿勢が崩れ始め、体は突っ込み始めます… 意識してもなかなか直らなかったという方、ぜひ参考にしてください! 【目次】 00:00 足首の柔軟性 02:15 足首ケ ...

ReadMore

ヘッドが走る

YouTube

2022/1/4

【ヘッドが爆発的に走る感覚】ヘッドを加速させるコツはクラブ特性を理解し正しくクラブを引くこと!非力でも飛ばしたければまずこの練習からスタート!!

  ヘッドを走らせるファーストステップ 小さなエネルギーで効率的にヘッドを走らせるには、クラブ特性を知る事がファーストステップです。 ヘッドを加速させるには、クラブ設計を理解し効率的に「グリップを引く」動きが必要です。 この「引く」という表現は主観的で迷いを生む表現ですが、まずは脱力した素振りでクラブの動きを感じ取る事からスタートしてください。   クラブの特徴を知る 飛距離を伸ばすための順序として、クラブが「主」なのか、スイングが「主」なのか意見が分かれるところですが、私のオススメは ...

ReadMore

大臀筋リリース

CONDITION

2022/1/4

前傾キープができないゴルファー必見!!前屈できない人はアーリーエクステンション回避できません…マッサージガンを使ってお尻を狙い撃ち!効果的な筋膜リリース!!

【概要】 前傾キープに悩むゴルファーは多くいますが、前屈できない人はどんなにスイング練習しても身体の起き上がり(アーリーエクステンション)を防ぐ事はできません。 ダウンスイングで体が突っ込んでしまう人のうち、前屈できない人はまずお尻の筋肉とハムストリングをほぐす事から始めましょう!! セルフケアでは難しい大臀筋の筋膜リリースですが、ハンドマッサージガン(uFit RELEASER Mini)を使えば自宅でも簡単に解すことができます! 【目次】 00:00 前傾姿勢がキープできない原因 01:25 uFit ...

ReadMore

カット打ちテイクバック

YouTube

2021/11/30

カット打ちの元凶はテイクバック?!正しいクラブの動きを知って脱カット打ち!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しの動きを注意する方も多いと思いますが、そもそも間違った方向にテイクバックしてしまうと、カット打ちが確定します… クラブの重心管理を考え、まずはテイクバックを修正する事でカット打ちを直しましょう!! https://youtu.be/OsbXiGBtixk   【目次】 00:00 カット打ちの原因 01:00 クラブの正しい動き ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/11/30

カット打ちの直し方!!右肘・右肩甲骨の動きを知らなければ、一生カット打ちが直らないところでした…お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! 特に腕力でクラブをコントロールしてしまう男性に多いミス(私もよくなります…)ですが、諸悪の根源は右腕の動き! 腕相撲に勝つ動きでクラブを振ってしまうと100%カット打ちになります!! カット打ちを直すために大切なのは、右肩甲骨や右肘の動きです! 何をやってもカット打ちが直らなかった方はぜひ参考にしてください! https://youtu.be/Jb0Yx1Nc-XU & ...

ReadMore

ハンドファーストドリル

YouTube

2021/11/30

【必見】ハンドファースト習得ドリル!たった5分のドリルでプロの様な強いインパクトが手に入る!!シャローにインからぶっ叩いて飛距離アップしちゃいましょう!!

【概要】 飛距離アップには絶対に欠かせない、「ハンドファースト」のインパクトを簡単に習得できるドリルの紹介です! 無理に形を作るのではなく、クラブの動き、エネルギーの使い方のコツを知るだけで、誰でも簡単いにプロの様なハンドファーストでのインパクトが可能になります!! さらには、勝手にシャローイングも身につきます! たった5分でスイングが激変するので、ぜひチャレンジしてください!! 【目次】 00:00 強いインパクト 00:46 ハンドファーストの作り方 01:44 右手の使い方ドリル 03:01 ハンド ...

ReadMore

右膝右腰出る

YouTube

2021/11/30

【ゴルフ】超簡単!右足の正しい使い方習得ドリル!右膝・右腰が前に出ちゃう人必見!ゴムチューブ1本で正しい動きが分かります!!

【概要】 ダウンスイングで右足の使い方、動きがよく分からない人や分かっているけど右足や右膝、右腰が前に出て困っている人は多いですよね!私も右サイドが前に出るミスをすることが多いので、ゴムチューブを使った練習を取り入れています。 ゴムチューブを使って練習すると、右足や右股関節を内側に倒す、右足で地面を踏むという感覚を養うことができます! 右足・右腰が前に出ちゃう人はぜひ練習方法のひとつに取り入れてください!! 【目次】 00:00 右足の使い方 01:07 右足の動き 02:30 右足の動き修正練習 04: ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-CONDITION
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.