CONDITION

【保存版】ラウンドでスコアが出るメンタルコントロール方法

「練習では上手くいったのに!」「肝心なところでミスが出た…」というように、ゴルファーなら誰しも「メンタル」の重要性を痛感しているはずです。
我らがGoogle先生で「ゴルフ メンタル」と検索すると、870万件以上のサイトがヒットしますし、Amazonで「ゴルフ メンタル」を検索すると200冊近く検索にヒットします。誰もが、ゴルフとの向き合い方やラウンドでのメンタルコントロールを学びたいと強く望んでいる証拠ですね。

もちろん、私も例に漏れず「メンタル」につい悩み、もがき、色々な書籍やサイトで「聖杯」を探してきた訳ですが、いよいよもって「聖杯」に近づいた感覚を得ることができました!!
そこで今回は、私がオススメする「ゴルフ メンタル」本と、私自身の成功体験について紹介していきます!!
※「いやいや、言われた通りにするから結論だけ教えろ!」って方は、最後のまとめを読んでください!

Yanagi
「結果は後から付いてくる」を体感してたよ!
メンタルをコントロールする事ができればゴルフがずっと楽しくなるぞ!
Mr.T

 

目の前の一打に集中する事が難しいのがゴルフ

どんなスポーツのインタビューを聞いていると「1つひとつ集中して取り組むことで、結果がついてきた」「無我夢中でよく覚えていない」「相手(ボール)がスローモーションに見えるような状態だった」という、極限の集中状態であったことを語る選手が多くいます。
野球、テニスや卓球などの球技では、ものすごいスピードの中で行うスポーツは比較的そのような「ゾーン」に入りやすい競技です。
一方で、ゴルフのような「考える時間」、「セルフトークできる時間」がある競技は、集中力を保つのが非常に難しいものとなります。

みなさんも、「集中するぞ!!」と思ってラウンドしていても、「集中できていたのか?」との問いに確信をもって「Yes」と答えることは難しいのではないでしょうか?
また、「集中力が不足」してスコアを崩したのか、「集中はしていた」けどスキルが不足してスコアを崩したのか、その評価も難しいと思います。
つまり、「集中力」を指標で示すという「聖杯」がなかなか見つからず苦労しているのです。

 

トッププロとプロの差

どのようなスポーツでも「プロ」になれる時点で、強靭なフィジカルやひとつの目標に向かって打ち込めるタフなメンタルの次元が、私たちアマチュアとは違います。
しかし、「トッププロ」と「プロ」との間では、フィジカルもメンタルも殆ど差がありません。

もちろんゴルフでも、賞金王争いをしているトッププロとシード権ギリギリのプロの間には、フィジカルやスキル面での差は、本当に細い線引きしかありません。
そしてまた、髪の毛のような、蜘蛛の糸の様な差が、決定的に差になる世界です。

では、そのの「差」は何から生まれているのでしょうか?
それは、「集中する方法」や「ゾーンに入る方法」をどれだけ知っているか、もしくはその才能をも持っているかによって生まれています。
圧倒的なスキルの差はありませんから、安定してそれを発揮できる「メンタルコントロール」がどれだけできているかが、成績に大きく影響するのです。

ミスをしたのは正しいスイングを忘れたのではなく、集中力が足りなかっただけですから、心の準備が整えば次はいいショットが打てます。
その点では、プロもアマチュアも同じです。

 

ゴルフとの向き合い方が変わるメンタル本

オススメメンタル本

 

「新インナーゴルフ」

最高の1打を打つために、心はどうあるべきか、どう集中力を高めるか、ゴルフとの向き合い方について解説している本です。
雑念を排除し、真の集中状態に自分をセットするためにはどうしたらいいのか、いわゆる「ゾーン」に入れな理由を解明し、これまでの価値観やスポーツ観とはまったく異なった視点から呈示する実戦的な発想方法について解説しています。
『インナーゴルフ』の基本法則では、【我々が発揮する能力=本来の潜在能力-能力発揮を妨げる妨害活動】と考え、いかにして心の妨害行為を抑制するかに着目します。
ゴルフとの向き合い方や、練習での「メンタル」の育て方など、非常に為になる内容が書かれています。

 

禅ゴルフ

「集中している状態」とはどういうものか、「思考」と「感覚認識」という面からアプローチし、解説している本です。
「思考」と「感覚認識」(五感)が共存することは不可能である点に注目し、「感覚認識」(五感)に集中することで雑念を排除するというフローです。
「感覚認識」(五感)に集中している間は、さっきの1打も、今のスコアも、これから打つショットの結果について考える事が出来ません。
具体的には、「視覚的」「聴覚的」「筋感覚」(ショットを打った際に受ける体の感覚:触覚)的なイメージを、できる限り鮮やかにイメージすることが大切です。

 

ゾーンに入る方法を学ぶメンタル本

ビジョン54

「自己不信」ではなく「自信」を積み上げる練習での心構え、ラウンドでの集中力を入れるスイッチの使い方について解説しています。

また具体的なプレショットルーティーンについても詳しく紹介しています。

宮里藍選手やアニカ・ソレンスタム選手が取り入れている思考方法で、書籍は世界中でブームとなりました。
「インナーゴルフ」や「禅ゴルフ」と比べ、より具体的な集中方法を学ぶことができます。

 

ゴルフ メンタルゲームに勝つ方法

具体的な集中力を高める方法、そして集中力を評価する方法を示してくれる本です。
既出の3冊を読んでいる場合は、最後の「メンタルスコアカード」の部分だけを読むだけでもOKです。
「プロセス重視」でラウンドする事で、「結果は後から付いてくる」を体感することができます。
また、1打1打をストロークではなく集中力で評価する事で、ゴルフがめちゃくちゃ楽しい!!
この考えと取り入れた最初のラウンドから、かつてない程の充実感を感じるラウンドができました。
最近はスコアで悩み、ラウンド後に「楽しかった!!」と心から言えず悩んでいましたが、一気に心の靄が晴れていきました。

 

「集中する方法」・「集中力を評価する方法」~まとめ~

最後に、それら4冊から得た知識をもとに、「集中する方法」・「集中力を評価する方法」まとめます。
いまからお伝えする方法は、「インナーゴルフ」や「禅ゴルフ」で得たゴルフとメンタルの関係性の土台の上に、「ビジョン54」や「メンタルゲームに勝つ方法」でのメンタルをコントロールスキルを合わせたものです。

「集中力」を評価する事は「プロセス」を重視する事と同意であり、ショットのあらゆる「結果」を受け入れる準備ができるようになります。

「スコア」や「飛距離」などの「結果」にこだわっていた時は、小さなミスで「ボギー」とした場合は落胆し、ストレスを感じていました。
しかし、「プロセス」を数値で評価できるようになると、例えボギーであっても「集中」できていたのであれば、不思議とストレスは感じません。

一方で「集中力」が不足している中でショットを打った場合にストレスを感じますが、そこは自分でコントロール可能な範囲。
次のショットでは、より「集中」した状態で挑むことができますし、結果は「集中」の後から必ず付いてくるという事を体感できます。

 

「集中する方法」

  1. ボールの後ろに立ち、打つべき距離、ライの状態、天候などから、最大の結果&最小のリスクとなるショットを選択する
  2. ショットしている弾道を意識する
  3. 「視覚的」「聴覚的」「筋感覚」的なイメージを、できる限り鮮やかにイメージ
  4. 息を深く吐きながら重心が頭→腰→太腿と下がっていくことを感じる
  5. イメージを固めたらアドレスに入る
  6. 弾道をイメージしたまま体の一部やフィニッシュの形など「スキル」以外の部分に意識を向けスイングする

「集中力を評価する方法」

これからのラウンドでは、「メンタルスコアカード」というもう1枚のスコアカードを書くようにしてください。

上記1、2、6をすべて実行してショットできたら「1点」、どれかひとつでも欠けていたら「0点」でカウント(メンタルスコア)し、各ホールのスコア記入時にメンタルスコアも集計を集計していきます。

※上記3、4、5は、より集中力を上げるオプションです。

メンタルスコアカード

  • ショット数/メンタルポイント=%で示す
  • トッププロのメンタルスコアは90%以上
  • シード選手のメンタルスコアは約85%
  • 下部ツアー選手のメンタルスコアは約80%
  • アマチュアゴルファー(シングルハンデ)のメンタルスコアは60%台
  • パーで上がってもメンタルポイントが50%では×
  • トリで上がってもメンタルポイントが100%なら〇

 

「集中力」を維持する方法

  • 「ショット」の評価ではなく「メンタル」の評価にだけ注目する
  • 「ショット」と「ショット」の間では、ゴルフ場の景色や同伴者との会話を楽しむ
  • 背筋を伸ばし胸を張り、足の裏から伝わる芝生の感覚を楽しみながら、次のショット地点へ向かう
  • 練習では「should(すべきこと)」ではなく「is(今どうあるか)」に感覚を研ぎ澄ます
  • スイングをコントロールするのではなく、球筋のイメージを鮮明に保ち、体が動くままにスイングする
  • 思い通りのショットが打てたら、早々にティーを拾うのではなく、美しい放物線を眺める
Yanagi
スコア集計アプリのパット数のところにメンタルスコアを入力したよ!

メンタルスコアカードサンプル

メンタルスコアの向上とスコアの向上を後から振り返る事ができるな!
Mr.T

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
地面半力

YouTube

2021/10/20

【ゴルフ】地面半力習得ドリル!ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わったお手軽ドリルを紹介!!踏み込むタイミング&解き放つタイミング&身体の動きの全てがわかる?!

【概要】 地面半力を上手に使うためのドリルを、ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わりました! 地面を踏んだ後どのようなステップワークで飛距離を伸ばしていくか、アライメントスティック1本で簡単に習得することができます! 世界一飛ばす男が実践するとても簡単なドリルを取り入れない理由がありますか?! おそらく!日本で初公開のドリルですので、ぜひチェックしてください!! 【目次】 00:00 地面半力とは 00:46 地面半力の使い方 02:47 地面半力飛距離アップドリル 03: ...

ReadMore

腰の回し方

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい腰の回し方??腰ではなく股関節の使い方を意識するだけで動きが激変!!飛距離が伸びる下半身リードが手に入ります!

【概要】 腰の回し方や腰の切り方といったキーワードはよく耳にしますが、そもそも腰椎は5°しか回りません! 大切なのは腰ではなく股関節の使い方や動かす方向です。 今回は、「腰の回し方」という悪魔の様なキーワードに囚われてしまった方へ向けた、正しい「股関節」の動かし方を解説します。 腰を切る!腰の回し方!という言葉に惑わされて、スイングが乱れたり腰痛になっていませんか?? 股関節の正しい動きを知れば、理想的な下半身リードで分厚いインパクトが実現しますよ!!   【目次】 00:00 正しい腰の動き ...

ReadMore

前傾姿勢キープ

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】前傾姿勢を体感する自宅用ドリル2選!!伸び上がりを防ぐお尻や左サイドの動きを体感しよう!

【概要】 ゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 その前傾姿勢を維持するために、身体はどんな動きが必要か、自宅にいながら体感出来るドリルを2つ紹介します! どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまう人は、ぜひチェックしてください!! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、毎日の生活の中に取り入れましょう!! 【目次】 00:00 アーリーエクステンション 00:28 ...

ReadMore

アーリーエクステンション

YouTube

2021/9/10

【ゴルフ】前傾姿勢を維持する準備運動を取り入れよう!伸び上がりを防ぐお尻の動きを体感ドリル!!

【概要】 多くのゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまいがちですよね。 そこで今回は、前傾姿勢を維持するための準備運動をご紹介します! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、ぜひ準備運動に取り入れてください! 【目次】 00:00 正しい前傾姿勢 00:34 肩の動き確認ドリル 02:06 胸の向き確認ドリル 03:23 前 ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/9/10

カット打ちの直し方!!そもそもの原因はテイクバック(始動)にあり?!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しやダウンスイングから修正しようという方が多くいますが、そもそもテイクバック(始動)の瞬間にアウトサイドインを誘発する動きになっている人が多くいます。 今回は、カット打ちにならないためのテイクバック(始動)ができているか、アライメントスティックを使ってチェックする方法をご紹介します! 【目次】 00:00 カット打ちになるテイクバック 00 ...

ReadMore

前傾姿勢チェック

YouTube

2021/8/30

【ゴルフ】前傾姿勢キープの第一歩!!切り返しからインパクトまでの下半身の動きをチェックするドリルを紹介!!

【概要】 切り返しから身体が起きてしまう方は、何よりもまず下半身の正しい動きをチェックする事が大切です! アライメントスティック1本あれば、正しく下半身が動いているかチェックできますので、ぜひチャレンジしてみてください!! #飛距離アップ #前傾姿勢 #下半身 #切り返し #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:35 前傾姿勢チェックドリル 01:52 まとめ 【Twitter】 https://twitter.com/Out_Drive300 ↑↑↑ Twitterでもゴルフ情報発信してま ...

ReadMore

ゴルフ右腰痛

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】右腰痛を引き起こす原因は間違った「背骨」の使い方!!原因と対策・修正ドリルを紹介!!

【概要】 腰痛に悩むゴルファーは多くいますが、その中でも「右腰」に痛みを感じる方は、「背骨」の動きが間違っている可能性大!! 飛距離を伸ばそうと大きなトップを作る意識が強すぎて、トップオブスイングで体が飛球線方向へ傾いている方は注意が必要です! 「腰痛」を引き起こす原因と対策&修正ドリルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください! #飛距離アップ #腰痛 #リバーススパインアングル #トップ #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:48 背骨の動き 01:43 腰痛修正ドリル① 02:31 腰 ...

ReadMore

明治の大砲

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】フィニッシュで体重が右に残る「ハンギングバック」の直し方!ダフる・ボールが上がらない女性ゴルファーは要注意?!

【概要】 テイクバックで右に体重移動したまま、インパクトを迎えてしまう「ハンギングバック」というスイングエラー。 特に下半身や体幹の筋力少ない女性ゴルファーに多いミスの一つです。 ドライバーでダフる・ボールが上がらないという方はぜひチェックしてみてください! #飛距離アップ #体重移動 #ハンギングバック #テイクバック #ドリル   【目次】 00:00 ハンギングバックとは? 01:27 ハンギングバック修正ドリル 02:27 まとめ 【Twitter】 https://twitter.co ...

ReadMore

スライド

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい体重移動とは?その動きバンプじゃなくスライドです!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでしっかりと左サイドに体重移動を行なっていくことが大切で。 また左サイドに乗ることで、右サイドに手の通り道ができ美しいスイングにもつながります。 が、しかし!いわゆる「バンプ」という左サイドへの体重移動は、ひとつ間違えると「スライド」という間違った体重移動になります。 スライドが起こると、左サイドがロックされスイング後半は手打ちの状態になってしまい方向性が安定しませんし、ヘッドスピードも低下するので飛距離が伸びません。 今回は「スライド」がどういった動きなの ...

ReadMore

スウェー

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】正しい体重移動できてますか??スウェーのチェックポイントと直し方!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、テイクバックでしっかりと右足に体重移動していく事が大切ですが、あまりにその意識が大きいと「スウェー」というスイングエラーになっている場合があります。 また、身体を捻転差せずにクラブを担ぐようにテイクバックをしてしまいスウェーしているゴルファーも多くいます。 正しい体重移動ができているか?まずはテイクバックで「スウェー」していないか、確認してみましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:07 スウェーとは? 01:56 スウェー対策 02:41 スウェー対策ド ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-CONDITION
-, , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.