CONDITION

【ゴルフが上手くなるメンタル術】ポジティブなマインドセットとは?

『成功』は『自己達成的な予言』によってもたらされるモノです。精神主義のように聞こえてしまうのが残念ですが、自分の人生は良い方向に行く、自分で決めた目標が達成出来ると自分自身を信じている人の方が、遥かに仕事で成果を残す事が出来ます。

また、仕事に対する『ポジティブなマインドセット』は、成果に影響するだけでなく、本人の能力そのモノを引き上げる相乗効果が期待できます。

そして、重要な事は自分の能力を信じるかどうかは、先天的に決まっている特性ではありません。心の状態と同様に、『自信』も変化するのです。『ポジティブなマインドセット』で『支点』を動かす事で、自分の能力を最大限に発揮することが出来るのです。

ゴルフが上手くなるメンタル術

  • 次の一打の成功を言葉にする
  • ポジティブなマインドセットを作ることで能力を100%発揮させる

 

『オバマ元大統領』が証明した『自信』が能力を解放するという事実

ポジティブ心理学は科学ですから、様々な事例を紹介する背景には、きちんと研究成果やデータの裏付けがあります。しかし、精神論に聞こえやすいカテゴリーであるため、その信憑性を疑う人も少なくありません。

ここで、実験ではなく『現実の世界』で実際に証明された、自己評価と能力の解放に関する社会的現象について紹介します。

人種差別によって生まれた黒人と白人の成績ギャップ

内在化した人種のステレオタイプが、黒人と白人の生徒の成績ギャップを作り出しているという事は、何十も前から様々研究の結果で示されていました。また、テスト用紙に人種を書かせると、黒人の生徒の成績が落ちるという研究結果も報告されています。

そこで、ある研究チームは、アフリカ系アメリカ人の『オバマ』氏が大統領選になるという事実が、黒人と白人の成績ギャップに変化をもたらすと考え、選挙前と選挙直後に400人のアメリカ人生徒を対象にテストを行いました。

選挙前のテストでは、黒人生徒は白人生徒よりも成績が悪かったのですが、選挙直後では結果が一変しました。黒人生徒の成績は飛躍的に向上し、白人生徒との成績に差がなくなったのです。この事実をニューヨークタイムズ紙は、『オバマ大統領は、人々を鼓舞するロールモデルになった』と報じました。オバマ大統領が誕生した事で、これまで黒人生徒の成績向上を妨げていた『自己不信』を消しさり、自身が持つ能力を最大限に発揮することを可能としたのです。

もし自己不信に陥っているとすれば、仕事でよい結果を出す事は出来ません。難しいタスクや困難に直面している場合は、失敗する理由ではなく、『成功する理由』に注目しなければなりません。

足りない能力に注目するのではなく、自分が持っている重要な能力について考え、自らの能力をフルに発揮させ、競争優位を持たなければなりません。

 

自分の強みに着目する

自己評価を高めることが、仕事で結果を出す秘訣だとお伝えしましたが、これは自分の弱みを見て見ぬフリをする、空っぽの自己肯定をする、というポジティブシンキングをお勧めしている訳ではありません。また、自分の能力以上の仕事を引き受けてもいいという訳でもありません。

ここで大切な事は、『十分な努力』によって身につけた『自分の強み』に意識を集中させるという事です。いま直面している困難な状況を切り抜けるには、自分がどのような強みがあるのか考えるのです。ただ漠然と「私なら大丈夫」と自惚れるのとは違います。

その状況を克服するための、どのようなスキルを持っているのか、どのような経験を積んできたのか、という事に着目し自己評価を高めていく事が大切なのです。

スタンフォード大学の心理学者であるキャロル・デュエックの研究によると、人は『固定したマインドセット』を持つ者と、『成長のマインドセット』を持つ者に分かれるといいます。

『固定したマインドセット』の持ち主は、自分の能力はもともと決まっていると考え、『成長のマインドセット』の持ち主は、努力によって自分の基本能力を伸ばせると信じています。キャロル・デュエックは、『固定したマインドセット』の人々は、成長の機会を逃す一方、『成長のマインドセット』の人は常に能力が向上していくとい事を、2年間に渡る実証実験で証明しました。

キャロル・デュエックは、373人の中学生を対象とした実験において、「固定」と「成長」のどちらのマインドセットを持っているかを事前にテストし、その後2年間の成績を追跡しました。その結果、『成長のマインドセット』を持っている生徒たちばかりが、テストの平均点を伸ばしている事に気づきました。『成長のマインドセット』を持つ事で、潜在的可能性を最大限に発揮する一方、『固定したマインドセット』は成長を止めてしまうのです。

自分の力は変わりうると信じている人は、現状をより良くするための行動を取り、そのチャンスに気づく事ができます。現実は、それを自分がどう捉えるかに大きく影響され、相対的な時間軸すら伸ばす事ができます。自分自身や自分の仕事をどう捉えるかを変えれば、成果は劇的に改善できるのです。

ゴルフが上手くなるメンタル術

  • ミスして当たり前という態度はとらない
  • 自分のゴルファーとしての強みを再認識する
  • ショットが成功するイメージを高める

 

自身の仕事を『天職』と捉える事ができるか

イェール大学の心理学者であるエイミー・ウェズニスキーは、仕事の捉え方と業績の関係性を長年に渡って研究しています。その研究の中で、あらゆる業種の労働者との面接を重ね、仕事に対する『マインドセット』には3種類に分ける事ができると結論づけました。

仕事に対する『マインドセット』は

  • 勤め
  • 専門職
  • 天から与えられた使命

の3種だという事です。仕事を「勤め」と捉えている人にとって、仕事は作業であり、働かなくては生きていけないから働いているに過ぎません。仕事を「専門職」と捉えている人は、技術を高め成功に繋げたいと考えています。そして、仕事を「天から与えられた使命」と捉えている人にとっては、仕事そのものが目標であり、報酬の大小は関係ありません。その仕事が世の中のためになると信じており、仕事自体に意義や目的、満足感を得る事ができます。そして「天職」だと考えられるからこそ、フロー状態で仕事に励む事ができ、結果として大きな成果を挙げることができるのです。

そして大切な事は、どんな仕事でも「天職」にする事ができるという事です。そこに社会的地位や、報酬の大きさは関係ありません。『マインドセット』と同様に、自分の仕事をどう認識するかが、仕事の成果に影響するのです。

 

仕事のマインドセットを高める方法

自分の裁量で仕事に変化を加える事が出来ず、また仕事のやりがいを見出せていない場合はどうすればいいでしょうか。その場合、ハーバード大学の超人気講師であるタル・ベンシャハーの『天職記述書』を実践するといいでしょう。その方法は、

  1. 自分の仕事について、他の人が是非やりたいと応募するように書き表す
  2. この時事実を捻じ曲げてはいけない
  3. その仕事から得られる意義を強調する
  4. 今の仕事は人生の大きな目標にどう繋がるか考える

というものです。

どんな仕事でも、それを人生の目標や価値観と結びつける事ができれば、そこに大きな意義をもたらせる事が可能になります。日々の仕事を個人的なビジョンと同調させる事が、自らがその仕事を天職と捉えるための第一歩となります。

 

仕事の意義を考えることによって新しい可能性が開かれる。そして、その可能性は自らが構築するものである(エイミー・ウェズニスキー)

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

ショートパットグリップ

YouTube

2022/2/8

1.5m〜2mのパットを確実に入れるグリップの握り方!必ず芯でスクエアにヒットする最強のグリップはこれだ!!センターシャフトパターでショートパットを確実に入れる方法!!

https://youtu.be/6_6DpcvFbFc 【概要】 スコアを作る上で必ず決めていきたい、1.5〜2mのパット。 センターシャフトのパターと重心アングルグリップを使えば、この距離のショートパットはほぼ確実に入ります! 今回は魔法の様なパターのコツ、確実にパットが入るグリップの握り方について紹介します! パターに限らず、ゴルフのスイングではクラブの重心管理がとても大切で、重心管理さえできていれば、目標に対してクラブをスクエアにインパクトさせることができます。 このグリップは、パターだけでなく、 ...

ReadMore

マン振り練習

YouTube

2022/2/2

【実録】必ずドライバーの飛距離が伸びる練習方法!!1日10分、週に1回、1.5ヶ月でヘッドスピードが5%アップする練習風景を公開します!!

https://youtu.be/cT0vaHgpp50 【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、実際のマン振り練習風景を撮影しました。どんな練習をすれば飛距離が伸びるのか、ヘッドスピードや飛距離を伸ばしていきたい人はぜひ参考にしてください!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! ※動画で使用している「スーパースピードゴルフ」の細かい解説はブログでご確認ください↓↓↓ ht ...

ReadMore

マン振り

YouTube

2022/1/26

ドライバーでマン振りするコツとは??ヘッドスピードを上げたい、飛距離を伸ばしたい人必見!!ドラコン選手はどんなイメージでマン振りしているの?!

https://youtu.be/as3Zo7W88I8   【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、マン振りのコツ、ヘッドスピードを上げる練習のコツを紹介します!! スイングの形を気にするのは、ヘッドスピードを上げてから!身体の動きを気にしている様ではヘッドスピードは伸びないでのです!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 マン振りのコツ ...

ReadMore

体重移動

YouTube

2022/1/26

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる体重移動!!非力でも飛ばせる体重移動のコツとは??ドリルと準備運動の紹介!!

  【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で絶対に必要となってくる正しい体重移動、効率的な体重移動の方法を、具体的な準備運動とスイングドリルで紹介します! 非力でも飛ばすためには、どのようなタイミングでどんな体重移動が必要なのか?? 切り返しでの体重移動のコツやポイント、ドライバー飛距離アップに繋がるドリルを紹介します! ひとつの基準としてまずは一度試してみてください!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:27 正しい体重移動とは? 02:09 体重移動の練習 03:45 体重移動素振 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-CONDITION
-, ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.