CONDITION

【ゴルフが上手くなるメンタル術】トレードオフを受け入れる

私たちの生活には、常に『トレードオフ』がついて回ります。

図らずしも、何かを選ぶたびに何かを捨てているのです。すべてを同時に、同様のクオリティでこなす事は出来ません。この認識が甘い場合、どちらが中途半端になったり、約束の期限を守れなかったりしているはずです。

元リーマン・ブラザーズCFOのエリン・カランは、「仕事がすべてという生き方を選択するつもりはなかった。しかし、月曜の仕事に備え、日曜に30分だけメールやスケジュール管理を始めたのだが、徐々にその時間が伸びていき、結局は何もかもが仕事に呑み込まれていった」とニューヨークタイムズ紙で語っています。この話はエリン・カランに限らず、多くの大企業のCEOも同様です。仕事が出来る人ほど、このトレードオフを見失いやすいのです。

 

すべてを『優先』する事は何も『優先』しないという事

どのような企業にも『社訓』のような形で、様々なステートメント(価値観の宣言)があると思います。この『社訓』は様々な場面の判断基準に繋がる非常に重要な指標ですが、このステートメントが聞こえのいい言葉の羅列だけである会社は注意が必要です。

例えば『われわれは顧客、従業員、株主をもっとも大切にします』というようなステートメントは多く見かけますが、これは最悪の社訓です。

羅列されているだけでは優先順位がわからず、これらの価値が相容れない状況に置かれた時、何を優先し、どう決断するのかが見えてきません。すべてを優先する事は、何も優先しないと同じ事です。

このように、優先順位が明確でなく、上司によって、または状況によって優先事項がコロコロ変わるような会社には長くいるべきではありません。

一方で、リッツ・カールトンの『クレド』やジョンソン・エンド・ジョンソンの『我が信条』などは、最高のステートメントでしょう。優先順位が明確であり、またその目標・ゴールも非常に魅力的であります。

ゴルフが上手くなるメンタル術

  • ピンを攻めたいけどボギーは打ちたくないは中途半端
  • ゴルフは常に二者択一
  • 優先順位1位の事に集中する

 

「タイレノール事件」に対するジョンソン・エンド・ジョンソンの対応

1982年、ジョンソン・エンド・ジョンソンの圧倒的な売り上げを誇る看板商品であった「タイレノール」(解熱鎮痛剤)を服用した人が相次いで亡くなる事件が起こりました。

当然、ジョンソン・エンド・ジョンソンの経営陣は、非常にタフな判断を迫られます。すべての「タイレノール」を回収し、顧客の安全を図れば1億ドル以上の損失が出て株価が大きく下落します。安全性のアピールを徹底し、経済的損失を減らす事もできます。また、被害者の遺族に対する謝罪と補償を真っ先に行う事もできます。

しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンはすでに優先順位は決まっていたのです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンには『我が信条』という頼るべき指針があり、そのステートメントには「顧客が第一で株主は最後」であると、しっかりと石碑に刻まれた優先順位がありました。

この信条に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソンは速やかに「タイレノール」の回収を決定したのです。そこでどれほど多くの損失が出るかは問題ではありませんでした。明確な優先順位があったため、「顧客」と「株主」のトレードオフを受け入れる事ができたのです。

 

トレードオフからは逃れられない

トレードオフから目を背ける事は可能です。しかし、トレードオフから逃れる事は出来ないという事を肝に銘じなければなりません。

『トレードオフ』が起こる状況は、どちらも捨てがたい物を選ばなけらばならない状態にあります。例えば、「高い給料vs長い休暇」「速さvs質」「大切な接待vs家族との時間」というように、どちらも望む事を選ぶ時に『トレードオフ』が発生し、どちらにも「YES」と言いたくなる状況なのです。

しかしここで「どうすれば両方できるか?」と考えてはいけません。ここに完璧な答えは存在せず、「どの問題を引き受けるか?」というタフな『トレードオフ』があるだけなのです。

『ビジョナリー・カンパニー』シリーズの著者であるジム・コリンズは、ピーター・ドラッカーから「偉大な企業をつくるか、偉大な思想をつくるか、どちらかだ。両方は選べない」というアドバイスを受けたと言われています。そしてコリンズは『思想』を選び、彼の思想は世界中の何千万人の人々に影響を与えることになったのです。

トレードオフは痛みを伴いますが、一貫した選択を続けていれば、その結果は理想的な成功として返ってくるチャンスであるのです。『何を諦めなくてはならないか?』と問う代わりに、『何に全力を注ぐのか?』と考えるべきなのです。

 

戦略的に慎重に選び取る

トレードオフに目を背けるのではく、戦略的に、そして慎重に選び取らなければなりません。

エッセンシャルに生きるためには、普通の人よりも多くの選択肢を検討する必要があります。非エッセンシャルの人は、あらゆるモノに反応し、何にでも手を出してしまいます。そして全てが中途半端な結果になるのです。しかし、エッセンシャル思考で生きている人は、数多くの選択肢を慎重に検討し、「これだけは」ということだけを実行するのです。非エッセンシャルの人と比べ行動の数は少ないかもしれませんが、やると決めた事については最高の結果を出す事が出来るのです。

ゴルフが上手くなるメンタル術

  • トレードオフから目を背ける事は可能だが逃れる事は出来ない
  • この状況で「何に全力を注ぐのか」を考える

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
脱振り遅れ

YouTube

2022/5/22

振り遅れ(腕遅れ)を直す練習方法!シャローイングや下半身リード意識が強すぎて振り遅れちゃってる人は見てください!左サイドを封じて思いっきり右サイドを使う練習がオススメ!!

【概要】 振り遅れを直し、飛距離が出るインパクトを手に入れるには、右腕(右サイド)の使い方が重要です! 振り遅れを防止するには、何よりもまず右腕をしっかり使い、積極的に右サイドを使いながらのスイングに挑戦してみましょう! 左腕や左サイドリード、下半身リード、ボディターンといったキーワードに捕らわれすぎて、振り遅れ(腕遅れ)で飛距離を損している人がたくさん… また、シャローイングやインサイドアウトの意識が強すぎて、第一振り子が身体から遅れてしまっている人も多くいます。 グリップエンドが身体の後方に外れる事な ...

ReadMore

飛距離が伸びるインパクト

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方!!下半身リード、地面半力…難しい事は考えず、ただただ「右手で叩く」だけ!!

【概要】 ドライバーの飛距離が伸びるシンプルなインパクトの作り方、それは右手でモノを「叩く」形です。 飛距離アップというと、下半身リード、地面半力、といったキーワードが出てきますが、これはクラブを完璧に使えるプロのチューンナップ部分での動きです。 飛距離を伸ばすためには右手の使い方が重要で、その形を作るには「叩く」という練習が最適です。 モノを叩くを上半身は開いていきますし、胸は開かない、右手は使うなと教わってきた人は驚くかもしれませんが、プロのインパクトの形を良くみてみましょう!みんな上半身は開き、右手 ...

ReadMore

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】初心者必見!!プロの様なアイアンスイングを手に入れる方法!!〜アイアンが上手くなる基本練習〜ゴルフクラブ主導で10分間練習すればスイングが見違える!!

【概要】 プロの様なアイアンスイングを手に入れるために1番大切な事は「クラブ主導」でスイングを作ること! 巷のレッスンにありがちな、ハンドファースト、ため、捻転差、下半身リード、ポジション…などを気にしていれば、一生身につかない動きがあります。 ゴルフを始めた人、ハーフで40を切れない人は、何よりもまずゴルフクラブの使い方を覚えましょう! ゴルフクラブ主導で素振りをすれば、プロの様にしか振れません。 どの様な意識で練習すればいいか、まずはこの動画で学んでください!!   【目次】 00:00 今 ...

ReadMore

森守洋

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】上手い人と下手な人の違い?プロゴルファーが無意識に出来ていてアマチュアゴルファーが全然出来ていないクラブの使い方を森守洋コーチに教わってきました!!

【概要】 プロゴルファーやスクラッチゴルファーの方が出来ていて、80台の壁を破れない人が出来ていない、「動き」があります。 それは、クラブ重心の使い方! プロゴルファーは無意識でもクラブを完璧に使いこなし、その上で身体の細かい動きをチューンナップしています。 しかし社会人になってからゴルフを始めた人は、クラブの動きを学ぶ前に、スイングの形や身体の細いかい動きにフォーカスしてしまいます。 この決定的な違いが、上手い人と下手な人の違いです。 森守洋コーチのゼミに入門し、その辺りの基本的な考えから勉強してきまし ...

ReadMore

腕の使い方

YouTube

2022/5/22

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる腕の使い方!ボディターンや下半身リードに惑わされている人、必見!!正しい腕の使い方を練習して振り遅れ防止!!

【概要】 正しく腕を使って、しっかりとドライバー飛ばせてますか??ボディターンや下半身リードは、ヘッドを加速させるための手段の一つです。そしてヘッドを加速させるには、グリップと接している腕を速く振らなくてはなりません。 手打ちはダメ、体は開かない、下半身リード、ハンドファーストという言葉に惑わされてはいけません! 腕を使う感覚のないプロは、自然と腕を加速させて打てているだけです!腕を使えずにドライバーの飛距離が伸びずに悩んでいる人、ぜひ参考にしてください!!   【目次】 00:00 飛距離が伸 ...

ReadMore

飛距離が伸びるテイクバック

YouTube

2022/5/22

ドライバーの飛距離が伸びるテイクバックの上げ方!自分の身体に合わせた最高の捻転差を作れるドリル紹介!!

【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上でとても大切なテイクバック。しっかりと捻転差を作り、下半身にパワーを溜めるテイクバックがないと、いわゆる手打ちの弱々しいインパクトになってしまいます。 一方で、トップオブスイングの形は人それぞれで、「これが正解」という形がないのも事実です。 この動画では、自分の筋力や関節の柔軟性、可動域、体幹の安定性に合わせた、あたな自身の最高に飛ばせるテイクバックの上げ方を紹介します!   【目次】 00:00 今日のテーマ 00:35 理想的なテイクバック 02:29 ...

ReadMore

ショートパットグリップ

YouTube

2022/2/8

1.5m〜2mのパットを確実に入れるグリップの握り方!必ず芯でスクエアにヒットする最強のグリップはこれだ!!センターシャフトパターでショートパットを確実に入れる方法!!

https://youtu.be/6_6DpcvFbFc 【概要】 スコアを作る上で必ず決めていきたい、1.5〜2mのパット。 センターシャフトのパターと重心アングルグリップを使えば、この距離のショートパットはほぼ確実に入ります! 今回は魔法の様なパターのコツ、確実にパットが入るグリップの握り方について紹介します! パターに限らず、ゴルフのスイングではクラブの重心管理がとても大切で、重心管理さえできていれば、目標に対してクラブをスクエアにインパクトさせることができます。 このグリップは、パターだけでなく、 ...

ReadMore

マン振り練習

YouTube

2022/2/2

【実録】必ずドライバーの飛距離が伸びる練習方法!!1日10分、週に1回、1.5ヶ月でヘッドスピードが5%アップする練習風景を公開します!!

https://youtu.be/cT0vaHgpp50 【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、実際のマン振り練習風景を撮影しました。どんな練習をすれば飛距離が伸びるのか、ヘッドスピードや飛距離を伸ばしていきたい人はぜひ参考にしてください!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! ※動画で使用している「スーパースピードゴルフ」の細かい解説はブログでご確認ください↓↓↓ ht ...

ReadMore

マン振り

YouTube

2022/1/26

ドライバーでマン振りするコツとは??ヘッドスピードを上げたい、飛距離を伸ばしたい人必見!!ドラコン選手はどんなイメージでマン振りしているの?!

https://youtu.be/as3Zo7W88I8   【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばすには、何よりも先ず「全力」で「速く振る」=マン振りの練習を取り組まなければなりません! 今回は、マン振りのコツ、ヘッドスピードを上げる練習のコツを紹介します!! スイングの形を気にするのは、ヘッドスピードを上げてから!身体の動きを気にしている様ではヘッドスピードは伸びないでのです!! 「速く振る」感覚を掴み、限界を超えてヘッドスピードを伸ばしていきましょう!! 【目次】 00:00 マン振りのコツ ...

ReadMore

体重移動

YouTube

2022/1/26

【ゴルフ】ドライバーの飛距離が伸びる体重移動!!非力でも飛ばせる体重移動のコツとは??ドリルと準備運動の紹介!!

  【概要】 ドライバーの飛距離を伸ばす上で絶対に必要となってくる正しい体重移動、効率的な体重移動の方法を、具体的な準備運動とスイングドリルで紹介します! 非力でも飛ばすためには、どのようなタイミングでどんな体重移動が必要なのか?? 切り返しでの体重移動のコツやポイント、ドライバー飛距離アップに繋がるドリルを紹介します! ひとつの基準としてまずは一度試してみてください!! 【目次】 00:00 今日のトピック 00:27 正しい体重移動とは? 02:09 体重移動の練習 03:45 体重移動素振 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-CONDITION
-,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2022 All Rights Reserved.