SWING

飛距離を伸ばすスタンス幅とボール位置

適切なスタンス幅でのセットアップは、身体をすばやく回転させるための強固な基盤を作る上で非常に大切です。
セットアップが誤っていると、どんな練習も下手を固めるだけであり、ラウンドではミスショットを誘発するだけです。
一方、正しいセットアップは、練習すれば必ず正確にセットアップすることができるようになります。
必ず飛距離が伸びる唯一の練習は、正しいセットアップを練習する事です。

 

肩幅を基準としたスタンス幅はNG

ゴルフスイングの正しいスタンスの幅については、いろいろなセットアップ方法があります。
一方で、間違ったセットアップによって関節の位置がズレてしまうと、関節に大きな負担がかかり背中、腰、膝を怪我してしまう可能性があります。

「スタンスは肩幅」というアドバイスがありますが、これはすべての人にとって正しいスタンス幅になる訳ではありません。
肩幅は広い狭いの個人差が必ず生じます。
スタンスの幅の重要な決定要因は、股関節の位置です。

スタンス幅が狭すぎると、クラブの遠心力に耐えられず、ダウンスイング以降身体がボールに近づきやすくなります。
またスタンス幅が狭すぎると、身体の回転を妨げ大きなエネルギーを生み出すことが出来ません。
※スタンス幅によるエラーについては、別記事で解説します。

 

飛距離が伸びるスタンス幅の設定

大きなエネルギーを生み出すには適切な体重移動を可能にする必要があります。
そのため、体の回転を妨げない範囲の中で、できる限り広いスタンスを設定する必要がります。

 

スタンス幅の設定方法

  1. 股関節からまっすぐ脚を伸ばし正しい姿勢で立つ
  2. くるぶしの延長線上に触れるようにボールを小指側に置く(両足)
  3. さきほど置いたボールの小指側にもう一つボールを置く(両足)
  4. 2つ目のボールの外とくるぶしが一直線上に並ぶ幅まで足を広げる

このスタンス幅が適切な体重移動を可能にしつつ、身体の回転を防げないスタンス幅です。
また、ドライバー以外のクラブでは、番手によっててスタンスの幅を変更する必要はありません。
フルスイングをする場合、基本的にはこのスタンス幅で対応が可能です。

 

正確なインパクトを再現するボールの位置

  1. 上記の正しいスタンス幅でアドレスする
  2. 左くるぶしに沿うようにアライメントスティックやクラブをセットする
  3. アライメントスティックの内側にボール2個置く
  4. 2個目のボール位置が正しいボールの位置

基本的にボールの位置はドライバーショットを除いて、番手によって変える必要はありません。
スタンス幅は、ゴルフのクラブの特性と股関節の位置に基づき、導き出されています
ダウンブローに打つクラブでは、ボールの位置は固定してOKです。

 

ドライバーのスタンス幅設定方法

ドライバーの場合、上記の標準的なフルスイングのスタンス幅から、若干ボールの位置とスタンス幅を変更する必要があります。
アイアンショットと違い、ドライバーショットではややアッパーの軌道で低スピンのショットを打つ必要があるため、スタンス幅を微調整します。

 

ドライバーショットのスタンス(変更点)

  1. スタンス方向は目標の5度右側へ向け平行に構える
  2. 右足をボール2~3個分右側へ移動させる

 

ドライバーショットのボール位置

  1. ボールの右側を左ヒールの内側に合わせる
  2. クラウンとボールの中心が合う高さにティーアップする

ドライバーショットは、ティーアップした状態でアッパーブローもしくはレベルブルーにインパクトし、スピン量と打ち出し角を調整する必要があります。
ダウンブローに打つアイアンとは、ナイスショットに必要な要素が変わるため、セットアップの方法を少し変更しましょう。
※ドライバーに特化したセットアップは別記事で紹介します。

スタスン幅の設定ポイント

  • 肩幅ではなく股関節に基づき設定する
  • 番手ごとにスタンス幅を変える必要はない
  • 毎回同じ場所にセットアップしスイングをシンプルにする
  • ドライバーだけはスタンス幅をやや広げる

YouTube始めました!!

YouTube飛距離UPレッスン

飛距離アップ特化型チャンネルを開設しました!


世界最大のゴルフ研究組織『TPI(Titleist Performance Institute)のメソッドに基づき、飛ばしのテクニックやドリル、飛ばすためのフィットネスを紹介していきます!!


YouTubeを見る
地面半力

YouTube

2021/10/20

【ゴルフ】地面半力習得ドリル!ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わったお手軽ドリルを紹介!!踏み込むタイミング&解き放つタイミング&身体の動きの全てがわかる?!

【概要】 地面半力を上手に使うためのドリルを、ドラコン世界チャンプ5回のレジェンドJason Zubackから教わりました! 地面を踏んだ後どのようなステップワークで飛距離を伸ばしていくか、アライメントスティック1本で簡単に習得することができます! 世界一飛ばす男が実践するとても簡単なドリルを取り入れない理由がありますか?! おそらく!日本で初公開のドリルですので、ぜひチェックしてください!! 【目次】 00:00 地面半力とは 00:46 地面半力の使い方 02:47 地面半力飛距離アップドリル 03: ...

ReadMore

腰の回し方

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい腰の回し方??腰ではなく股関節の使い方を意識するだけで動きが激変!!飛距離が伸びる下半身リードが手に入ります!

【概要】 腰の回し方や腰の切り方といったキーワードはよく耳にしますが、そもそも腰椎は5°しか回りません! 大切なのは腰ではなく股関節の使い方や動かす方向です。 今回は、「腰の回し方」という悪魔の様なキーワードに囚われてしまった方へ向けた、正しい「股関節」の動かし方を解説します。 腰を切る!腰の回し方!という言葉に惑わされて、スイングが乱れたり腰痛になっていませんか?? 股関節の正しい動きを知れば、理想的な下半身リードで分厚いインパクトが実現しますよ!!   【目次】 00:00 正しい腰の動き ...

ReadMore

前傾姿勢キープ

YouTube

2021/9/16

【ゴルフ】前傾姿勢を体感する自宅用ドリル2選!!伸び上がりを防ぐお尻や左サイドの動きを体感しよう!

【概要】 ゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 その前傾姿勢を維持するために、身体はどんな動きが必要か、自宅にいながら体感出来るドリルを2つ紹介します! どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまう人は、ぜひチェックしてください!! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、毎日の生活の中に取り入れましょう!! 【目次】 00:00 アーリーエクステンション 00:28 ...

ReadMore

アーリーエクステンション

YouTube

2021/9/10

【ゴルフ】前傾姿勢を維持する準備運動を取り入れよう!伸び上がりを防ぐお尻の動きを体感ドリル!!

【概要】 多くのゴルファー共通の悩みである「前傾姿勢」キープ。 どんなに意識してもダウンスイングで身体が伸び上がってしまったり、ボールに突っ込んでしまいがちですよね。 そこで今回は、前傾姿勢を維持するための準備運動をご紹介します! 何よりもまず、前傾姿勢をキープした時の身体の感覚を覚え、前傾姿勢を維持するための準備が必要です。 とても簡単なドリルですので、ぜひ準備運動に取り入れてください! 【目次】 00:00 正しい前傾姿勢 00:34 肩の動き確認ドリル 02:06 胸の向き確認ドリル 03:23 前 ...

ReadMore

カット打ち

YouTube

2021/9/10

カット打ちの直し方!!そもそもの原因はテイクバック(始動)にあり?!お手軽修正ドリルでアウトサイドイン軌道から抜け出そう!!

【概要】 多くのゴルファーを悩ますカット打ち。アウトサイドインの軌道は、スピン量が増えロフトが寝るため、ドライバーの飛距離は伸びません! カット打ちの修正となると切り返しやダウンスイングから修正しようという方が多くいますが、そもそもテイクバック(始動)の瞬間にアウトサイドインを誘発する動きになっている人が多くいます。 今回は、カット打ちにならないためのテイクバック(始動)ができているか、アライメントスティックを使ってチェックする方法をご紹介します! 【目次】 00:00 カット打ちになるテイクバック 00 ...

ReadMore

前傾姿勢チェック

YouTube

2021/8/30

【ゴルフ】前傾姿勢キープの第一歩!!切り返しからインパクトまでの下半身の動きをチェックするドリルを紹介!!

【概要】 切り返しから身体が起きてしまう方は、何よりもまず下半身の正しい動きをチェックする事が大切です! アライメントスティック1本あれば、正しく下半身が動いているかチェックできますので、ぜひチャレンジしてみてください!! #飛距離アップ #前傾姿勢 #下半身 #切り返し #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:35 前傾姿勢チェックドリル 01:52 まとめ 【Twitter】 https://twitter.com/Out_Drive300 ↑↑↑ Twitterでもゴルフ情報発信してま ...

ReadMore

ゴルフ右腰痛

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】右腰痛を引き起こす原因は間違った「背骨」の使い方!!原因と対策・修正ドリルを紹介!!

【概要】 腰痛に悩むゴルファーは多くいますが、その中でも「右腰」に痛みを感じる方は、「背骨」の動きが間違っている可能性大!! 飛距離を伸ばそうと大きなトップを作る意識が強すぎて、トップオブスイングで体が飛球線方向へ傾いている方は注意が必要です! 「腰痛」を引き起こす原因と対策&修正ドリルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください! #飛距離アップ #腰痛 #リバーススパインアングル #トップ #ドリル 【目次】 00:00 今日のトピック 00:48 背骨の動き 01:43 腰痛修正ドリル① 02:31 腰 ...

ReadMore

明治の大砲

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】フィニッシュで体重が右に残る「ハンギングバック」の直し方!ダフる・ボールが上がらない女性ゴルファーは要注意?!

【概要】 テイクバックで右に体重移動したまま、インパクトを迎えてしまう「ハンギングバック」というスイングエラー。 特に下半身や体幹の筋力少ない女性ゴルファーに多いミスの一つです。 ドライバーでダフる・ボールが上がらないという方はぜひチェックしてみてください! #飛距離アップ #体重移動 #ハンギングバック #テイクバック #ドリル   【目次】 00:00 ハンギングバックとは? 01:27 ハンギングバック修正ドリル 02:27 まとめ 【Twitter】 https://twitter.co ...

ReadMore

スライド

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】ダウンスイングでの正しい体重移動とは?その動きバンプじゃなくスライドです!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでしっかりと左サイドに体重移動を行なっていくことが大切で。 また左サイドに乗ることで、右サイドに手の通り道ができ美しいスイングにもつながります。 が、しかし!いわゆる「バンプ」という左サイドへの体重移動は、ひとつ間違えると「スライド」という間違った体重移動になります。 スライドが起こると、左サイドがロックされスイング後半は手打ちの状態になってしまい方向性が安定しませんし、ヘッドスピードも低下するので飛距離が伸びません。 今回は「スライド」がどういった動きなの ...

ReadMore

スウェー

YouTube

2021/8/10

【ゴルフ】正しい体重移動できてますか??スウェーのチェックポイントと直し方!!

【概要】 飛距離を伸ばすためには、テイクバックでしっかりと右足に体重移動していく事が大切ですが、あまりにその意識が大きいと「スウェー」というスイングエラーになっている場合があります。 また、身体を捻転差せずにクラブを担ぐようにテイクバックをしてしまいスウェーしているゴルファーも多くいます。 正しい体重移動ができているか?まずはテイクバックで「スウェー」していないか、確認してみましょう!! 【目次】 00:00 今日のトピック 01:07 スウェーとは? 01:56 スウェー対策 02:41 スウェー対策ド ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Yanagi

TPIゴルフトレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 YouTube、TwitterやGridgeでも情報を発信しています!

-SWING
-, , , ,

Copyright© Drive for Show&Drive for Dough , 2021 All Rights Reserved.